ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

大学院入試で内部進学と外部進学ではどちらが合格しやすいのでしょうか?

A 回答 (1件)

・国立大学では、内部進学者の優遇を無くし、単純に試験の成績だけで合否を判断するようになっている。

(面接があるところも、実際はほとんど試験の点数ランクで合格者を決めている)
・内部進学の場合、「過去問が手に入りやすい」「先輩から入試の話を聞ける」などの有利な点があり、それが合格率を高めている、という面もある。また研究室によっては院入試の勉強の時間を与えてくれるところもある。(別の大学だと、しっかり論文を書いて卒業しなければならない→卒論を受験勉強が同時)
・このような点から、内部進学者の受験時の優遇を無くしても、合格率は高いままであることが多い。

あなたの大学はどこですか?そしてどこを狙っていますか?やはり偏差値に差が大きいと、頭の構造自体が違うことになるので、上を目指すのは難しいと思いますので…
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学院の内部進学で合格できるか不安

大学4年生なのですが、1週間余りすると大学院の試験があります。数学科に在籍していて、院は内部進学で、数学専攻を受ける予定ですが、合格できるか不安があります。試験は基礎、専門、英語とあるのですが、過去問を解いてみると、基礎科目でなんとか5割、専門に至っては、2~3割しか取れないのです。英語も未知数です。こんな状況では、かなりやばいですよね?それなりに勉強して、単位もあまり落とさずに来たのですが、どうも1年2年での勉強が甘かったせいか、基礎が完全じゃないんです。他の院はどの道可能性が薄いと考えて受験しないつもりです。どうしても院で2年間勉強したいという思いが強いので、就職は考えていません。だからこそ、2ヶ月ぐらい院試大作してきていても、不安なんです。質問なんですが、皆さん、内部進学の大学院は、もっと余裕を持って受けられましたか?私のように「合格するのかどうか」という瀬戸際で不安を感じながら受けられた方、実際の結果はどうでしたか?特に理系の皆さんで、院を受けられた先輩方に話を聞きたいです。もしよければ詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

 通常,9月の院試は外部生の受験もある上,就職活動断念組もいるなど,内部者にとっても少し難しいです.
 一般的に,大学院の内部進学で,合格するには専門・一般トータルで5割以上が相場です.
 したがって,専門に自信がないなら,他で8割取れるよう努力するか,専門の対策を強化し,全体で5割(出来れば6割)取れるように頑張るしかありません.
 なお,内部進学の場合は,5~6月頃の推薦試験(面接のみ)を受けるのが流行っており,この場合ほぼ100%合格します.
 健闘をお祈りします.

Q他大学院進学後の就職

私は現在大学生(工学部)なのです。将来、興味のある他大学の研究室(自大学よりも偏差値の高い)に進学し、修士課程を終えた後、就職する予定なのですが、他大学院進学することは就職活動においての不利なのでしょうか?(自大学に残って3年研究するほうが企業の評価が良いのでしょうか?)実際に他大学大学院に進学した方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

私は地方大学(正直偏差値の低い)大学を卒業し、いわゆる「旧制7帝国大学(東京大学・京都大学・大阪大学・名古屋大学・東北大学・北海道大学・九州大学)偏差値の高い」へ大学院試験をパスして進学したものです(私も工学部)。

>他大学院進学することは就職活動においての不利なのでしょうか?

実は現在、私はとある東証1部のいわゆる一流企業で採用担当業務(主に理系対象)を行っています(本来研究・開発職ですが、現在はおもしろそうなので一時的に転勤しました。将来はまた元の部署に戻ります)。

結論から先に申しますと、「企業側は一応は大学(院でない方)も見ているが、基本は最終学歴出身者(大学院)」として扱われます(でないと私は、大学(院でない方)の学歴を就職氷河期に今の巨大企業には就職できなかったと思います)。
実際、ほとんど大学(院でない方)の学歴はほぼ影響しないと考えて良いでしょう。なんだかんだ言って、日本の企業(特に大企業)はまだまだ学歴を重視しています(他社の採用担当の方とも数多くお話させていただいているので間違いない)。企業側からすれば、ものすごい数のエントリーシートの中から選ぶとき、1番手堅く簡単な基準ですからね。

あなたが1番聞きたいと思われる点:「もしあなたが進みたい大学院が現在の大学より偏差値が上の大学(院)であれば、まちがいなく「他大学院進学を」お勧めします。就職に有利です。」

大切なことは、3年間の研究(大学・大学院の専門が違っても良いです)で「何を学んだか」です。
具体的には、研究成果やその知識より(むしろこれはどうでも良い。たかが3年間の内容。企業では少なくとも30年は働くので現在の力より伸びしろがほしい)も、ものの考え方のプロセス(仮説⇒検証・論理性)等の根本的なスキルを評価されます。
SPI(ただしこれはセンター会場の試験結果に限る。自宅や研究室だと代理受験で不正可能だから)・面接・グループワーク・プレゼンテーション(パワーポイント)の中で、「基礎能力・論理性・問題解決能力・コミュニケーション能力」を評価されます。

意外と曲者なのが、「コミュニケーション能力」で、一朝一夕に鍛えることはできません。しかしながら、適度な笑顔(好印象)、企業研究を徹底的に行い質問しまくる積極性、相手の話を聞きながら真摯にうなずく姿勢(一方的にしゃべりまくるのではなく)は、意識してシミュレーションを繰り返せば何とかなるのではないでしょうか(私の時はなんとかなりました)。
1点コツを伝授:あなたがもしおとなしくてあまりしゃべらない系のタイプなら、まわりにいる好印象の人間(友達)の表情・話し方・態度を「コピー」しましょう。面接で印象がめっちゃ違ってきます。逆に能力はあるのにここで差がつくもったいない学生が多い‥

また、就職活動の中で就職セミナーに行くだけでなく、いわゆる「就職活動の学校(エントリーシートの書き方や面接での対応を教えてくれる)」に通われるのをお勧めします。理系出身者は意外とこのあたりが盲点です(院1年生になったらすぐにでも)。

最後に、余裕があれば
(1)TOEICの勉強(できれば600点以上)
(2)office(ワードやエクセル、パワポ等)の資格「MOS」(これらはどの企業でも使用するので、1から教える面倒さを考えると意外に重宝がられます。)
の勉強・資格取得を院の2年間で身につけましょう(ちなみに私のTOEIC点数:341点(1年初期)⇒689点(就職活動時)まで上がりました)
あとは希望業種の資格とかですかね(入ってからとらせてくれるところも多いですが、「もう俺は持ってるぞ!」とアピールするとぜんぜん違う)

以上、長文になってしまい、質問者様の聞きたいことと離れた内容まで語ってしまいましたが、参考にはなると思います。
大学院試験は、志望大学院に学部から入学するより断然楽ですから、しっかり勉強して自身を持って偏差値の高い大学院を狙ってください。あなたの「可能性」をつぶさないためにも!!

<結論>
Q. 私は現在大学生(工学部)なのです。将来、興味のある他大学の研究室(自大学よりも偏差値の高い)に進学し、修士課程を終えた後、就職する予定なのですが、他大学院進学することは就職活動においての不利なのでしょうか?(自大学に残って3年研究するほうが企業の評価が良いのでしょうか?)

A. 断然有利です!!

私は地方大学(正直偏差値の低い)大学を卒業し、いわゆる「旧制7帝国大学(東京大学・京都大学・大阪大学・名古屋大学・東北大学・北海道大学・九州大学)偏差値の高い」へ大学院試験をパスして進学したものです(私も工学部)。

>他大学院進学することは就職活動においての不利なのでしょうか?

実は現在、私はとある東証1部のいわゆる一流企業で採用担当業務(主に理系対象)を行っています(本来研究・開発職ですが、現在はおもしろそうなので一時的に転勤しました。将来はまた元の部署に戻ります)。

...続きを読む


人気Q&Aランキング