歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

バスロッドエバーグーリーンのタクティクスエクスプロージョンのグリップが外せません。
入れる時に奥まで入れすぎたせいだと思いますが、どなたか外せる方法を知っていましたら教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

 ここ20年釣りに行く暇が無い現役整備士です。

私が昔教わったのは、外したいジョイント部分の両側をひざの後ろで掴み(こぶしはひざの脇にピッタリくっつける)、力を入れてひざを左右に開くと竿も左右に引っ張られ、結構酷い固着も外れます。その際滑り止めのゴム板を使うのも良いでしょう。No,1の回答では釣具屋とありますが100円ショップで「ビンのフタあけ」みたいな名前で売ってます。それでも外れなければジョイントのすきまにCRC5-56の様な潤滑剤を滲み込ませてから再度実行してみて下さい。尚、潤滑剤使用の際は付近の材質に影響があるといけないので、終了後すぐにアルコールやブレーキクリーナー等で洗浄して下さい。
 余談ですがウチにあるエバーグリーンのコンバットスティック・ザ・マグナムは、前オーナーがグリップが外れず何を思ったかグリップに一番近い飾りスレッドの部分をペンチで掴んで廻しやがった(!)せいでクリア塗装が無残に剥けてしまっており、お陰で他は綺麗で新品同様なのにリサイクル屋で3000円(!!・定価は確か46000円位)で買えました!らっきー!!その後自分で研磨、ウレタン再塗装によりそんな状態だったとは誰も思わない逸品になりましたとさ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。
膝の裏ですか!やってみます。

お礼日時:2008/07/25 22:42

固着を外すには力技しかありません。

 
ただ、釣具店に「竿ぬき」という固着外しのための道具が売っています。これは竿を掴む時に力が入れ易いようにする為のただのゴム板ですが、釣具店の店頭でなら固着外しはサービスでやってくれるところが殆どでしょうから、一度釣具店に持って行ってみて下さい。
それで抜けないならどうしようもないのであきらめて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
ゴムの手がありましたね!やって見ます。

お礼日時:2008/07/25 22:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2ピースロッドが抜けない

タイトル通りなんですけどロッドの継ぎ目が抜けなくなりました。
ゴム手袋で引っ張ったりドライアーで乾燥させたりするのですがビクともしません。
なにか最終兵器をご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

和竿などではムリに抜かず陰干しをしながら完全にフェルール内が乾燥するまで安置、というのが基本です。なにしろ抜けない理屈はフェルール内に水分が浸入して中の空気が薄くなるために発生しますから、竹で作った和竿はムリに扱うと致命傷というわけ。
もちろん今回の症状はカーボンロッドと言う大前提ですのである程度の無理が利きます(もちろん無理をしたら折れます)。そこで「ドライヤーなどで暖めた」前提で話を進めますと…

フライショップで時折売っているロッド・グリッパー(加藤毛鉤店サイト真ん中:http://katofly.keddy.ne.jp/acclinedressing.htm|サーフェイス・アウトフィッターズサイトやや下左側http://www.surface-fly.com/shopping/accessory/accessory-accessory/shopping-accessory-accessory.html)があると意外と簡単に抜けてしまいます。なにしろフライロッドはフェルール固着が避けて通れないトラブルなので、私の工房で売っているロッドにはもれなくおまけで付けています(ワンピースは除く)。
もちろん「高いなぁ」と感じるかもしれませんが、そんな人には100円ショップで売っているビンの蓋を開ける時に使用するグリッパーがありますのでそちらで充分でしょう。要は手が滑ってウザイから滑らないようにする、たったコレだけで簡単に抜けちゃう場合がほとんどです。

さらに今後固着を避けるために、フェルール部分にガムテープを巻く事をお勧めします(雰囲気は↑加藤毛鉤店のロッド・クリッパーのすぐ下)。これはフライのスペイキャスティング用ロッドでは必須の作業で、フェルールへの水の浸入を防ぐ&使っている最中のロッドのネジレを防ぐ効果があります。基本ガムテープは100円ショップのもので充分なのでお試しあれ。

どうも、釣りバカです。

和竿などではムリに抜かず陰干しをしながら完全にフェルール内が乾燥するまで安置、というのが基本です。なにしろ抜けない理屈はフェルール内に水分が浸入して中の空気が薄くなるために発生しますから、竹で作った和竿はムリに扱うと致命傷というわけ。
もちろん今回の症状はカーボンロッドと言う大前提ですのである程度の無理が利きます(もちろん無理をしたら折れます)。そこで「ドライヤーなどで暖めた」前提で話を進めますと…

フライショップで時折売っているロッド・グリッパ...続きを読む

Q竿が抜けません。

つなぎの竿が抜けなくて困っています。
何かいい方法で抜けないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

竿の固着に関する質問がすごく多いですけど、滑り止めにゴムを当てて握り、両足のヒザ裏に挟んで足の力と腕の力の両方で引っ張るのが一番手軽で効果的です。
二人がかりで引っ張る(もちろんゴムを当てて握るのが効果倍増)のも良いですが、絶対にねじるのはNGですよ。
ソリッドブランクスの竿ならともかく、カーボンチューブラ竿では一発で割れます。
ちなみに石鹸水や油(55-6なども)を垂らすのは、全くと言っていいほど効果は無いです。
釣具店で「竿ぬきゴム」などの名称で売っていますのでそちらをどうぞ。

Qバットジョイントが奥まで入らない

オフショアロッドのバットジョイントのロッドで、スピゴットフェルール部が以前に比べて奥まで入らなくなってしまいました(フェルール部の三分の一も入っていません)。あまりにも差し込みが少ないと使用上問題があるので、何か対策があれば教えていただきたいのですが。

Aベストアンサー

メーカーに調整を出すのが一番ですが、ご自分でする場合は800番~1500番の耐水ペーパー(紙やすり)を使用し、濡らしたペーパーをブランクに少し巻いて回しながら当りを取っていきます。
時間を掛けてゆっくり磨くようにやるのがコツです。当りはパイプを軽く差し込んだ状態から回しながら差し込みます。ある程度回したところで抜くと当りのキツイ部分の色が変わっているのでその部分を磨いていきます。
もし、磨きすぎて緩々になった場合は、フェルール用のロウを塗るか、瞬間接着材を塗布し、完全に乾かした後磨いて調子を出します、ただ瞬間接着材は扱いが大変なのでいらないブランクで練習してください。

QリールにPEラインを巻くときの下糸は?

リールにPEラインを巻くときの下糸は?
PE0.8号/150mのリールにラインを巻きたいのですが、購入したPEは100m巻きのものです。
使用している内にだんだんとラインも短くなっていくと思いますが、最初に下糸を巻いてからPEラインを巻くのでしょうか?
また、その際に下糸とPEを結ぶのに最適なノットを教えて下さい。一度結んで見たのですが結び目にラインが引っかかり、キャストしても飛ばなくなってしました。
リールはシャロースプールです。初歩的なことですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0.8号を150mとはシマノのシャロースプールなんでしょうね。
まず150mものを買わなかったのが非常にもったいないですね。

100mだと少しづつ結節やトラブルなどで短くなったらそっくり替えないと短くなりすぎて使えないですね。
150m巻いておけばPEは吸水率が0に近いのでスプールに近い部分はほとんど新品状態で
PEは巻き癖も付きませんからまた巻き返しで新品状態からスタート出来ます。

ですから#1さんのPEは海水を吸いやすいという解説は間違っていますね。
http://www.yoz-ami.jp/Line/009.html
PEはソルトにしろエギングにしろ常に巻き返しで使いますからしょっちゅう経験していることですが
反対に巻き返した部分は全く濡れた形跡もなくスプールも完全に乾燥した状態です。

つい最近も昨年秋から今年の春まで使ったよつあみのエギングラインGESO-Xを巻き返して
今シーズン用に備えましたが、使用後は毎回温い水で塩抜きをしてスプールを洗っていたにも
関わらずキャスティングで引き出されていく部分から下はほとんど新品状態で全く濡れていません。

ですから買うときはちょっと高くても2シーズン使うことを考えたら強度もある8本よりの
150m巻きを買っておいた方がずっと得と言うことになりますね。

とは言え買ってしまった物は仕方ありませんから、下記の質問の#1さんの下巻き計算法がベストです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6247039.html
下巻き糸も要らないPEがあればPEで下巻きした方がいいですね。
PEがなければフロロ、なければナイロンでも構いませんがPE以外ならなるべく細い方が最後まで
巻いたときの形がきれいになります。
PE同士でも電車結びの片方のユニノットを4、5回巻けば抜けることはありませんし、結節も小さくなります。

でもすでに結び目にキャストの際にひっかかるというのはすでに長さが足りないということですから
なるべく早めに150m巻きに買い替えた方が無難かもしれませんね。
キャストの度に同じような場所が結び目に引っかかっていたらその部分が一気に弱って最悪その部分で
切れてものすごい超高切れになる可能性もありますよ。

0.8号を150mとはシマノのシャロースプールなんでしょうね。
まず150mものを買わなかったのが非常にもったいないですね。

100mだと少しづつ結節やトラブルなどで短くなったらそっくり替えないと短くなりすぎて使えないですね。
150m巻いておけばPEは吸水率が0に近いのでスプールに近い部分はほとんど新品状態で
PEは巻き癖も付きませんからまた巻き返しで新品状態からスタート出来ます。

ですから#1さんのPEは海水を吸いやすいという解説は間違っていますね。
http://www.yoz-ami.jp/Line/009.html
...続きを読む

Q「琵琶湖、浜からヘビキャロ大遠投、タックル」

琵琶湖の浜からのウェーダーでのヘビキャロを考えています。


この間、浜で数人のアングラーがヘビキャロで大遠投しているのを見て圧巻しました。

シンカーが遥か沖に着水、それも相当の距離で驚きました。

自分も似たようなセッティングで試みましたが到底及びません・・・


皆さんはどのようなタックルをご使用されているのでしょうか?ロッド名やリール等教えていただけたら幸いです。ちなみにタックルはベイトです。投げ方のアドバイスも教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

昔からある琵琶湖のスタイルの一つですね(今は昔ほど人気ないでしょうけど)。
ウェーディングでのヘビキャロは結構投げにくいです、まずは陸から練習すると良いかと。
セットするワームとシンカーの重量によりますが、結構キャスト時にクルクル回ってる人が多いです。
大半がシンカーの重量不足やリーダーの長さのバランスの悪さが原因です。
シンカーは1oz又は7号・8号程度のナツメ及び丸オモリ、リーダーの長さは40cm~150cm。
飛距離を求めるならオモリは重くリーダーは短いほうが良いです。


自分がヘビキャロの遠投で使用するタックルは66MHか70EHです。
リールはABUのリールをセットすることが多いですが何でも良いでしょう。
ロッドは長ければ長いほど硬ければ硬いほど良いと思います。
長さ:ロングリーダーを使いやすくなる事と飛距離への影響
硬さ:ルアーへのアクションの伝達及び操作、フッキングのし易さ

キャストは普通のオーバーヘッドではなくスイングするようなスリークォターが良いでしょう。
ロッドが硬いので長く加速させてロッドをしならせる必要がある為です。

昔からある琵琶湖のスタイルの一つですね(今は昔ほど人気ないでしょうけど)。
ウェーディングでのヘビキャロは結構投げにくいです、まずは陸から練習すると良いかと。
セットするワームとシンカーの重量によりますが、結構キャスト時にクルクル回ってる人が多いです。
大半がシンカーの重量不足やリーダーの長さのバランスの悪さが原因です。
シンカーは1oz又は7号・8号程度のナツメ及び丸オモリ、リーダーの長さは40cm~150cm。
飛距離を求めるならオモリは重くリーダーは短いほうが良いで...続きを読む

Q釣り竿(バスロッド)を宅配便で送りたいんですが...

バスロッド(1m90cm位)を宅配便で送りたいのですが、どのように梱包すればよいか教えて下さい。

Aベストアンサー

もしそれが、取り外せないのであれば
通常の宅急便では、縦、横、高さの合計が160までなので
ヤマトの場合は、宅急便ではなく、ヤマト便になります、
そして送り方ですが、marimo_cxさんの言うように
するか、後はダンボールなどの、強いもので
箱を作って、その中に入れ、動かないように
エアパッキンなど、なければ新聞紙でも入れ、
梱包すれば、いいでしょう。
そして送り状に、品名を書くところがありますから
そこに品名、そして壊れ物注意などの補足を入れれば
いいでしょう。
更に付け足すと、ヤマトの場合は手渡しに当たる
VIP扱いと言うのあがります、これは発送の際に
運転手か、事務の方にお願いしてください。
佐川なんかは、確か手渡し伝票があったと思います。
私のところも使いますが、
高額品なんかを扱うときに使います。
あなたにとってそれが宝物であれば(勿論そうですよね)使われては?

参考URL:http://www.kuronekoyamato.co.jp/

QステンレスフレームSICガイドのサビ(錆)の取り方

S社のルアーロッドのSICガイドのステンレスフレーム部分に茶色い錆と青い錆ができてしまいました。
どなたかいい除去方法をご存知ではありませんでしょうか?
むやみやたらにさび取り剤を使ってガイドがだめになっても困りますので・・・。
また、今後の予防としてCRCのような錆止めをあらかじめ吹きかけておいてもよいものなのでしょうか?

Aベストアンサー

錆の取り方はNo.1の方の方法がベストだと思います。

予防としてのCRCはオススメできません。
CRCは錆取り効果はありますが、防水、コーティングの性能はありませんし、CRCは速乾性ではないのでラインもベタつきます。

私は随分長いことボナンザの「ボナコート」を使用しています。
磯竿、ソルト系のルアーロッド全般のガイドにすべて釣行の前日に吹いて帰ってきてからはごく低温のシャワーで塩分を落としすぐにペーパータオルで水分を完璧に拭き取ります。(布より完璧に水分が取れますのでオススメ)
5年以上使用している磯竿もありますがガイドは新品同様です。

http://www.bonanza-co.com/item13.html

Qシーバスロッドの傷

いつも適切なアドバイス有難う御座います。
本日、釣りから帰ってきていつも通り竿を洗って乾いたタオルで拭いていた所、トップガイドと2番ガイトの間(いわゆる穂先?)に1ミリ~5ミリ程度の傷がいくつか入っていました。いつ入った傷か解りません。
後グリップの少し上(バット?)の所にも1センチほどの傷がありました。これらの傷が原因で簡単に折れたりするのでしょうか?
普段投げるルアーは28g前後のバイブレーションやジグ、10g前後のミノーが中心です。
ちなみに竿はダイコーのプレミアブロスです。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

竿を作っている立場から申しますと…
まず傷に紙を挟んでみてください。「挟めない」であれば傷は塗装の上を撫でている程度なので全く心配ありません。が、「挟めた」であれば紙に印をつけて深さを測ります。0.5mm(目測で1mmの半分)以下なら塗装についた傷なので、後々傷から水や空気が侵食して塗装が剥げる事はあり得ますが釣りそのものに深刻な影響はありません。0.5mm以上であれば塗装の下/ブランクに傷がついている可能性があります。
塗装面の傷であればピカールや自動車用のワックス(コンパウンドの配合が多いホワイト車用がベスト)で磨いて拭き取ればあっという間に解決します。が、後者の傷となると一旦塗装を剥いでカーボン粉を混ぜたエポキシで傷口を埋めて再塗装する…と厄介な作業になります。

一般的なロッドはエポキシ系の塗料を使用していますが、漆塗りのように皮膜はコンマ何mmの世界ではなく意外と分厚い塗料でブランクを保護しているので使用者が考えているほどヤワにはできていません。そうでないと「使えるか、こんなもん!」ですからね。驚くほど苛酷な環境に晒されているロッドですから、当然ですね。

質問文面を見る限り傷に対して過敏になっていらっしゃるようなのでピカールや自動車用ワックス等の研磨剤を用意して月に1度は磨く習慣を持つと心配は一気になくなるとお見受けしました。ロッドのケアに余念がない方のようなので是非磨いてあげてください。

どうも、釣りバカです。

竿を作っている立場から申しますと…
まず傷に紙を挟んでみてください。「挟めない」であれば傷は塗装の上を撫でている程度なので全く心配ありません。が、「挟めた」であれば紙に印をつけて深さを測ります。0.5mm(目測で1mmの半分)以下なら塗装についた傷なので、後々傷から水や空気が侵食して塗装が剥げる事はあり得ますが釣りそのものに深刻な影響はありません。0.5mm以上であれば塗装の下/ブランクに傷がついている可能性があります。
塗装面の傷であればピカール...続きを読む

Qガイド交換を頼める釣具店

今、手元にお気に入りのルアーロッドがあり、もうかれこれ10年以上使っています。
しかし、古いモデルだけあって付いているガイドがSICではなくFUJIハードガイドです。最近極細PEラインを使用した釣りが多くなってきたのでガイドをSICに交換したいのですが、自分でできる技能はないですし、思い入れのあるロッドなのでちゃんと技術のある釣具店に依頼したいのですが地元には上州屋、キャスティングといった量販店しかありません。

そこで、JR常磐線沿線(上野~取手間辺りまで)、または東京山手線沿線(内回りで東京~新宿辺りまで)にてこうした要望をかなえてくれそうな釣具店を教えてもらえないでしょうか?

また、こうした依頼では一般的に納期や金額はいくら位かかるものなのでしょうか?
ステンレスSICかチタンSICか?によっても違うとは思いますが、何か参考になりそうな情報をお持ちの方がいたらアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

cherrytrout申します。
リメイクですが・・・・
東京都
http://www.tokyo-sunrise.com/tsshop/htmldata/index2.html
愛知県
http://www.orihime.ne.jp/~bassstop/modify.html
大阪市。超有名なマタギです。
http://www.matagi.co.jp

失礼な言い方ですが・・
Sic交換はガイド代金4500円と仮定して、リメイクはガイド交換のみ、化粧飾り無しの場合でも取り外しと取り付けで大体1個のガイドで1200円~1500円は取られます。仮に8個のガイド交換工賃だけで10000円以上
ガイドを合わせると15.000円はかかります。

ここまで投資しても良ければとりあえず見積もりを出させた方が良いと思います。普通、納期は混んでいなければ1~2週間は見ておいた方が良いと思います。

Qトップウォーターでおすすめのラインを教えてください!

リールはバスポンドのダイレクトドライブ最近買いました。
ラインは何ポンドがいいのでしょうか?投げるプラグにもよると思いますが、それほどばかでかいプラグはなげないと思います。
ナイロンでいいのでしょうか?PEはどうでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、こんばんわ。
結論から言ってどう攻めるかによって変わると思います。
(どちらかというと好みか??)
ラインとして3種類の選択があるとおもいます。
(釈迦に説法でしょうが念のため)
ナイロン...テンションをかけると伸びる。ラインの傷に多少弱い。水に浮きやすい。しなやか。溶明である。
フロロ...傷に強い。水より重い。伸びない。少し白い。
PE...全然伸びない。引っ張り強度は最高。傷に弱い。熱に弱い。しなやかだがしなやかすぎてキャスティング時にガイドに絡む可能性有り。
簡単に書くとこんな物でしょう。
強引に引き抜くならPEかフロロが良いでしょう。とくにオープンエリアのヒシ藻相手ならPEが良いかも。
逆に立木など攻める場合ならナイロンかフロロが良いです。
キャスティングのスムーズさならナイロンが絶対です。
個人的には比重の軽いトップを正確にキャスティングできるナイロンが好みです。(と言っても、もう大分バス釣りはご無沙汰ですが(^^;)
太さは状況によって答えは全然変わりますので何とも言えませんが8~16lbですね。(全然答えになってない...)
もし、ご参考になったなら幸いです

どうも、こんばんわ。
結論から言ってどう攻めるかによって変わると思います。
(どちらかというと好みか??)
ラインとして3種類の選択があるとおもいます。
(釈迦に説法でしょうが念のため)
ナイロン...テンションをかけると伸びる。ラインの傷に多少弱い。水に浮きやすい。しなやか。溶明である。
フロロ...傷に強い。水より重い。伸びない。少し白い。
PE...全然伸びない。引っ張り強度は最高。傷に弱い。熱に弱い。しなやかだがしなやかすぎてキャスティング時にガイドに絡む可能性有り...続きを読む


人気Q&Aランキング