【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

今旧帝大の理学部1年生です。
センターは740点でした。最後の3か月で成績が急上昇して今の大学に受かりました。医学部までは到達できなかったです。
将来医学研究がしたいです。動機も明確です。治療も興味あります。
理学部でもできるかなと思いきや、医学系の教授に相談したら医学研究したいなら医学部入りなおしたほうがいいといわれものすごい迷っています。

後期から勉強しなおして再受験か、(今年はもう間に合わない気もする、でも間に合わせてやるという意志もある)今のままがんばる、もっと視野を広げるか(後悔するかも、でも再受験の決断ができない、将来どうなるかわからない)。

誰か身近にこんな人がいたらその人が次にどう行動したか教えてほしいです。
参考にしたいです。
親からは好きにしろといわれています(母子家庭)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんわ。



博士過程の同期で学位を取ったはいいが就職が上手く決まらず医学部に入りなおした人がいます。
しかも複数です。一人は東大の理三に通って皆で大騒ぎになった記憶があります。

他の方がレスされている通り、医学部にはこういった人間が結構いるので多少の浪人は気にしなくていいんじゃないかな。と思います。

ただこの友人は28で医学部に入ったので当然ながら研究職は無理だったようです。
医学の博士号取るとなると40超えるのかな。さすがに厳しかったらしい。
どれだけ勉強する気なんだお前はって話ですけどね。
ただこういう姿勢には見習う点も多々あります。

今は総合病院で働いてるので年くってるから医師免許持っていても職にあぶれてしまうといったことは無さそうですが。

というか母子家庭なのは関係ありませんよね。
親が5人いても普通の会社員じゃ私大の学費なんて払えないでしょうし。

あと大学教員の身から大学生活について、休学や退学は絶対にしてはいけません。
質問者さんの学科がよくわからないんであれですが
基本的に大学のテストなんて受験勉強に比べたら息抜き程度の勉強量で単位は取れます。

それに休学すると後が厳しいんです。
私の学科にも病気で休学していた学生がいますが、復学当初は友達があまりいなかったと言ってました。
これはつまり代返だとかノートの貸し借りだとかが出来ないということで
、単位取得がより難しくなります。

受験に失敗した 友達もいない 楽しくない大学生活
目も当てられません。


これは医学部に再入学した友人の受け売りですが印象に残ってます。
私がよく二つのこと(彼の場合、就職活動と受験勉強)を並行してやれたな。と聞くと。
時間が足りないので損をしないでおこうとかなり集中できた。
悩む暇が無かったのも良かったかもしれない。
プレッシャーもいい意味でバランスが取れた。

だそうです。

資格試験の為に仕事を辞めたが、辞めない時の方が勉強がはかどっていた。なんてのはよくある話です。


私は受験制度について詳しくありませんが、別の友人は編入試験で医学部に合格していました。
こういった道もあるにはあるので、気楽にやってください。

ややこしい長文になって恐縮ですが
一言でまとめると休学や退学は絶対にやめて欲しいというアドバイスです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親からは再受験は勝手にすればいいけど退学してはいけないという条件付きでした。
前期は心残りがありながらも大学生活をエンジョイしたので、夏休みからは心残りをなくすために大学も行きつつ工夫して受験勉強をしようと思っています。
アドバイスありがとうございました。気楽にがんばります。

お礼日時:2008/07/31 14:11

関東の私大理工系在学の四年生の男です。


私は今年どうしても医師(臨床医)になりたく医学部学士編入をし、何校か合格を頂くこともできました。

質問者様の状況からだと以下の選択肢があります。

(1)学士を取ってから医学部に学士編入(大学により二年次、三年次とあります。)する。
旧帝大クラスの学力の方なら学科試験は間違いなくパスできると思います。ただこの場合、デメリットとしては、医学部卒業の年齢が順調にいっても26才(三年次の場合)、27才(二年次の場合)ですから、同年齢の方たちとはキャリアの差があります。

(2)筑波大学が最近、医学部の編入を学士から一般(二年次)に変えました。ですから、質問者様も受験資格があります。
ただこの場合質問者様がどちらにお住まいか分かりませんが、引越しをしなくてはならず、尚且つ入学金などもかかってしまいます。
ただ、(1)よりは早い年齢で卒業できると言うメリットもあります。


(3)今の大学の医学部に転部、転科する。
この場合卒業する年齢は限りなく同年齢の方たちと同じ24、25才になると思います。また、入学金もかからず、引越す可能性もあまりないでしょう。(医学部のある場所がとてつもなく遠いなら別ですが…)

わたしの場合臨床医になりたかったので、年齢というものがかなりネックになりました。なので学士編入で合格できたのかもしれません。(受験生のなかには20代後半や30代のかたも多かったので…)
ただ、質問者様の場合は研究医ということなので臨床医ほどは年齢を気にする必要もないかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

学士編入合格おめでとうございます。

選択肢の(2)は知らなかったです。調べてみます。
ただ今の大学は自宅通いなので金銭的に問題が出てしまいます。それは後で考えるとして
(3)は医学部医学科だけ他学部から転部できないと書かれていたのでだめでした。

どうもありがとうございました!臨床医がんばってください。

お礼日時:2008/07/31 14:30

そりゃ医学部の教授に相談したら、医学部へ来いって言うでしょう。

逆に、理学部の教授に相談したら、臨床研究やるんじゃなければ理学部で出来るって引き留めるのでは?

研究者を目指すなら「旧帝大」というのは『地の利』があります。医学部へ行くにしても、旧帝大へ行かなければ、その『地の利』を失う事になります。成績が急上昇したという事は、すでに急降下している可能性もあります。医者になりたいという事にこだわらず、大学教員等の研究者になりたいというのでしたら、再受験はリスクが高いギャンブルだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指摘ありがとうございました。
とにかく今の迷いの状態を抜け出したいので模試をうけてみます。

お礼日時:2008/07/24 20:07

>親からは好きにしろといわれています(母子家庭)


どういう状況で「好きにしろ。」と言われているのかわかりませんが、
今すぐ大学を辞めて、予備校に通って、その後医学部に合格して6年間医学部に通えるだけの経済的な見込みがあるのであれば、親御さんの言うとおり好きにすればいいでしょう。つまり、医学部を再受験すればいいと思います。
もちろん、資金的に進学が可能かどうかを検証する作業は、あなたの作業ですよ。

>誰か身近にこんな人がいたらその人が次にどう行動したか教えてほしいです。
私自身、医学部を再受験した友人を何人も知っています。
ただ、センターの試験が○○点だったとか母子家庭だったとか、そんな個別ケースまで一致しているケースはないです。
というか、そんなに自分に自信がなければリスクを冒すのはやめればいいじゃんって話です。
「どう行動するか?」は個人の判断の範疇であり、他人の意見でコロコロ変化させるものではないはずです。
もちろん、ある程度の情報収集は必要なわけですが、「医学部の再受験」というテーマであれば、資金的な問題さえクリアすれば、後は決断するかどうかだけの問題のはずです。
例えば、誰かに「医者なら4浪してでもなる価値がある。」と言われなければ決断できないとか、逆に、「医者よりも稼げる仕事はいくらでもあるし、現在ではそれほどスーパーな仕事ではなくなった。」という話を聞いただけでモチベーションが低下する方なら、正直やめた方がいいと思います。

どちらにしろ、再受験をするなら「来年から真剣にやる。」とかヌルいことを言わずに、この夏から始めるくらいの気合や覚悟がなければ難しいと思います。
そういう覚悟ができる人というのは、どういった進路に進むにしても自分の人生を楽しめるのだと思います。

この回答への補足

医進模試ではなく全統模試の間違いでした。

補足日時:2008/07/24 22:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
まず医進模試を受けてみます。
どういった進路に進んでも楽しもうと思います。

お礼日時:2008/07/24 19:12

現在の大学に在学しながら、再受験も可能です。


ただし相当の勉強量がいると思いますが・・・
自身の子供が医学部に在学中ですが、周りには、
再受験の人や、年齢がかなり上の人が結構いるとか・・・

志しさえあれば、多少時間がかかっても、夢が実現するんじゃないかな?
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
その中に大学を休学せずに再受験して受かった人はいるのでしょうか?

お礼日時:2008/07/24 19:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医者は何科が一番楽ですか?

卒業して研修医も終えたら希望する科に行きますが、

一番楽で責任も少ないのは何科ですか?

また、こんな事を考える様では医師に向いてませんか?

セットで教えてください、どなたかお願いします。。

Aベストアンサー

医者をやる以上は、大なり小なり責任の大きさ(≒訴訟リスク)は不可避なため、実の所責任の大小というのはあんまり重要な因子ではないのです。ただし産婦人科・小児科は例外です。リスクの観点からみれば丸腰で紛争地帯に行くようなものですから、止めましょう。

責任の100%回避が無理な以上、1 楽な環境、2 儲かる、3 つぶしが利くなどを考慮する必要がありますが、正直言って科による差よりも職場による差が大きすぎます (同じ内科でも老人病院で楽&高給な所もあれば、大学病院で激務薄給の所もあるので)

というわけで質問者さんが楽をしたいのか、金を儲けたいのか、安定した生活を望みたいのか、あるいはパートナーに稼いでもらって自分はのんびりとフリーター医生活を満喫したいのか。そこら辺が分からないと詳しくは書けません。

Q25歳以上で大学へ行ったひと

経験談を聞かせてください。




1、何の目標があって何学部にいったのか
また、その動機は ?
2、受験勉強の期間
3、就職はできましたか?

Aベストアンサー

経歴は自分のHNをクリックしていただけるとわかりますので、あとで読んでみてください。

私は24歳11ヶ月で明治大学法学部に社会人入学試験を受験して入学し、卒業しました。

1.本当は政治系学部に入学して、市議会議員or町議会議員になるためのステップにしようと思っていたのですが、明大だけは願書を取り寄せた時点で政経学部の願書提出〆切が終わっていたため、やむを得ず同じ社会科学系学部の法学部にしたというのが偽らざる理由です。しかし、他の大学も合格してみて、明治の学費の安さが際立っていたので(当時は新校舎が未建設だったのでかなり安かったが、新校舎建設を機に学費が上がったらしい)、それが決め手になりました。

2.受験期間は二年です。何気に浪人しました(笑)一年目は9月くらいから勉強を始め、2月に受験した為、ほとんど勉強らしい勉強をせず、受験に望んだ為、国士舘大学二部政経学部と早稲田大学政経学部を受験し、前者に何故か合格し、後者は当然落ちました(汗)ちなみにその当時の偏差値は20ちょいくらいでした(滝汗)。ゆえに「こんな状態で大学生になるのはおこがましい・・・」という思いがあったので、国士舘大学の入学は辞退して、浪人という道を選びました。そして、一年間の猛勉強の結果、翌年の春は十校くらい受けて、落ちたのが三校ぐらいでしたので、努力が実って晴れて大学生になることが出来ました。

3.就職は現在していますよ。ただ、普通の18~20歳くらいの年齢で入学した大学生のような就職活動は出来ませんよ(※年齢制限があるため、求人がないから)。ゆえに、とりあえず卒業後は法学部だったので、司法試験を受験すべく勉強しました。が、結婚適齢期になったため、今のかみさんに騒がれて断念し、足しげくハローワークに通って、現在の職場を見つけました。

個人的には「25歳以上で大学に入る」という行為はあなたが女性だったら勧めますが、あなたが男性なら絶対勧めません。理由はこんなことをいうと物議をかもし出すかもしれませんが、女性の場合は最悪結婚すれば、永久就職が出来ますが、男性の場合は日本ではまだまだ「専業主夫」は一般的ではないですからねぇ。

『学歴に劣等感がある』からという理由で男性が受験して、入学するには、ハイリスク・ハイリターンの素ですよ。私一個人としては、社会人入学試験は何も大学だけが行っているのではありません。専門学校でも看護学校でも行っています。今、私が25歳なら、間違いなく『医療系の学校』を受験して、手に職をつけるという狙いで受験しますね。医療系の以外の理系学部や文系学部では就職は困難だと思います。

もし受けるのなら、スキルアップして大学を卒業するというのが、もっとも理想的だと思いますので、帝京平成大学のヒューマンケア学部or健康メディカル学部を受験していると思います。医療系は一旦資格を取ってしまえば、その業界は就職が売り手市場なため、年齢制限に関係なく、就職が出来ますしね。

経歴は自分のHNをクリックしていただけるとわかりますので、あとで読んでみてください。

私は24歳11ヶ月で明治大学法学部に社会人入学試験を受験して入学し、卒業しました。

1.本当は政治系学部に入学して、市議会議員or町議会議員になるためのステップにしようと思っていたのですが、明大だけは願書を取り寄せた時点で政経学部の願書提出〆切が終わっていたため、やむを得ず同じ社会科学系学部の法学部にしたというのが偽らざる理由です。しかし、他の大学も合格してみて、明治の学費の安さが際立っていた...続きを読む

Q研究医に興味を持っている高校生です。研究医の実情について教えてください。

医学部を目指そうと思っている高校生です。
私は臨床医よりも、研究医に興味を持っています。
臨床医の場合、既に治療法がわかっている病気の患者さんを治していくことはできると思いますが、
原因や治療法がよくわかっていない病気の患者さんを救うのは難しいと思います。
研究医なら、そこを先に進めるために必要な研究ができると考えるからです。
(もちろん、未解明の病気の研究はとてもとても難しいものでしょうが。)

私は研究医という職業にとても魅力を感じていますが、
実際には良い面ばかりでなく、辛い所がたくさんあると思います。
医学部を目指すにあたっては、研究医の職業として辛いところ、「現実」を知っておきたいと思います。

まとめると、以下のことを知っておきたいです。
(1)研究医のつらい所、嫌なことなど教えてほしいです。(特に臨床医と比較して)
(2)研究医になるのは、臨床医になるよりかなり難しいですか?
(3)研究医は臨床医と比べて、一般に収入は少ないのですか?

長々と書いてしまいましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

私の知人で基礎研究に「ハマって抜けられなくなった」方はもともと優秀な臨床医の方でしたが、大学院での基礎研究をきっかけに基礎医学の教室へ移られ、現在は大学の助教授になっておられます。このような道は特殊なものかも知れませんが、可能性の一つとしてご紹介しておきます。

給料についてですが、基礎の教室に進めば、そこはそこで非常勤としても職員に違いはありませんので、授業料を払って研究する大学院生とは違い、給料はもらえます。ただ、医学系であれ、何系であれ、研究者というのは給与待遇は余り良くないようです。どのくらいか具体的には知らないのですけど・・・。

基礎系と臨床系との一番の違いはつぶしがきくかどうかです。基礎系は最初から基礎に進んでいた場合、臨床は出来ませんので研究を止めれば食いはぐれますが、臨床系であれば研究を止めても臨床医療は続けていけますので、食いはぐれることはありません。ポストの数そのものは臨床でも基礎でもそれ程大差はないと思いますが、こういった点から、基礎の方がよりポストにしがみついておく必要があるかも知れません。

あと、基礎は成功しにくいとか、役に立たないとか言われますが、科学の研究というのは、一見役に立たないような研究が山積みされて、そこに初めて新しい知見というものができあがるものだと思います。

こんなエピソードがあります。ある科学者が1800年代後半に光速測定の実験を行ったそうです。その結果は予想された結果が出ず、単なる失敗と考えられていたそうです。しかし、かのアインシュタインはその結果が失敗だとは思わずに、その結果から相対性理論の根底の原理である「光速不変の原理」が確立されたそうです。失敗は成功のもとと言いますが、何の変哲もない結果からとんでもない新理論が見つかることがあるのです。
また、アインシュタインは日本に講演に来た際にこう言っているそうです。
「科学者がある偉大な業績を持ち得ることは単なる幸運にすぎず、隠れた多くの業績者がいるのである」
好きこそものの上手なれ、だと思います。進む方向は色々あると思いますが、今時、ご自身の夢を持って仕事を探されている人は少ないと思います。どうか、どの道に進まれるにせよ、今のお気持ちを忘れないでいてください。ご健闘をお祈り致します。

No.1です。

私の知人で基礎研究に「ハマって抜けられなくなった」方はもともと優秀な臨床医の方でしたが、大学院での基礎研究をきっかけに基礎医学の教室へ移られ、現在は大学の助教授になっておられます。このような道は特殊なものかも知れませんが、可能性の一つとしてご紹介しておきます。

給料についてですが、基礎の教室に進めば、そこはそこで非常勤としても職員に違いはありませんので、授業料を払って研究する大学院生とは違い、給料はもらえます。ただ、医学系であれ、何系であれ、研究者というの...続きを読む

Q医者にやりがいを感じていますか?それとも後悔していますか?

こんにちは、進路に悩む受験生です。先日、医学生や勤務医の方のブログを拝見させて頂き、あまりの激務ぶりに驚きました。
 多くのお医者さんは「やりがい」があるから医者を続けるとおっしゃいます。ところが医療には限界があり、医療によって命を救われる方もいれば、医療によって必要以上に苦痛を味わい亡くなる方もいるわけですよね。助かる人が多くなるほど、助からない人の悲しみが増すという考え方もできます。(素人考えですが)
 お医者さん(又は医学生さん)がどこかで医療に理想とのギャップを感じてしまった場合、いったいどこから「やりがい」をみつけ、ハードな(自己を犠牲にした)仕事をこなしているのでしょうか。最近では悪いニュースも多く、お金だけでは絶対に割に合わない仕事だと思いますが。

うまくまとまりませんでしたが、だいたいの質問は
 ・医学部入学後、どんな時(事)に理想と現実のギャップを感じましたか?
 ・それをふまえて、医者にやりがいを感じていますか?それとも後悔していますか?
です。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

現役の外科医です。
理想と現実のギャップといえば、医学生の時には治療すれば皆良くなるものと思っていた(これが幻想でした)のに、現場では治療の
甲斐なく不幸な転機をとる方がいらっしゃることでしょうか。
それでも治療した多くの方は元気に退院されますし、感謝の言葉を頂いた時は何物にも代え難い喜びを感じるものです。よって、やりがいを感じて仕事をしています。
昨今の報道で医療現場の荒廃が伝えられている通り、私の勤務先も勤務医はどんどん辞めてゆき、診療内容を縮小する事態に陥っています。
国民に対しての啓蒙が必要です。医療に「100%絶対安全」は求めてはならないこと、ヒトの命には限りがあること、病院にかかればすべての病気が治ると考えてはいけないこと等々、、。
もちろん、われわれが十分な説明のもとに、出来る限り安全な医療を提供する義務を負っていることは大前提ですが、、。少し論点がずれましたが、参考にして下さい。

Q30代半ば~後半で大学に通う現実。

質問見て頂きありがとうございます。

男性です。

現在工場で仕事をしてますが、高校中退後に大検合格しただけなので、

実際は中卒に近い学歴となりコンプレックスを抱いてます。また教養も殆ど無く不安な毎日です。

今の日本の現状で30代後半で大学卒業後の就職 進路などを考えた場合、愚かで

非現実的ですか?

宜しくお願いします。


(1)独身 

(2)借金は無く、蓄えも4ケタ以上ある為国立なら学費や生活は十分やっていけると思ってます。

(3)この年から狙うなら勉強に時間をかけて、国立上位を目指したいと思ってます。

(4)大学卒業後は新たに仕事を探すと思います。

Aベストアンサー

参考までに

私の知り得る限り、学歴がモノを言うのは入社時です。
40前の人間が会社で学歴を評価されることはないでしょう。
つまり、貴方が大学にを卒業しても、就職すらできないし、40歳の大卒を社会は望んでいないと思います。

私は貴方のコンプレックスや向上心の向ける方向は難関資格だと思います。
夜間の専門学校でも行き、仕事に直結する業務独占資格を取得すべきとおもいます。
業務独占資格とは、その資格がないと仕事が出来ないと言うものです。
しかし、誰でも取得でき、かつ需要より供給が多い資格は、取得してもあまり意味がないでしょう。
そろばん3級とか、危険物とか、大型トラックとか、あまり意味はないでしょう。
たとえば、1級建築士も良い例です。現行では非常に難関資格ですが、バブル期に乱発したせいで、現在40才以上の取得者が多く、供給過剰です。
顕著な例としては、看護師などは完全に供給不足です。
看護師になれと言っているのではなく、白紙から目指される場合は、そのような視点で資格を見てください。
現在、供給不足な資格は、職安や転職サイトで多くの求人要件となっている資格が人気で、需要も高いです。

参考までに

私の知り得る限り、学歴がモノを言うのは入社時です。
40前の人間が会社で学歴を評価されることはないでしょう。
つまり、貴方が大学にを卒業しても、就職すらできないし、40歳の大卒を社会は望んでいないと思います。

私は貴方のコンプレックスや向上心の向ける方向は難関資格だと思います。
夜間の専門学校でも行き、仕事に直結する業務独占資格を取得すべきとおもいます。
業務独占資格とは、その資格がないと仕事が出来ないと言うものです。
しかし、誰でも取得でき、かつ需要より供給が多い資格...続きを読む


人気Q&Aランキング