【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

256MBとか、1680×1050ピクセルとか、720万画素とか・・・
私たちが一度は電化製品で目にする数字なんですが、どうしてこんなに切りの悪い数字なんでしょうか?これってちゃんとした理由があるのでしょうか?
気になって眠れません><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

我々は数を数えるときに、指を折って数えますが、指を全て折ったら桁を繰り上がて新たに数え続けます。

これが10進法というものです。10本の指を持っているので、当たり前のことと感じますが、コンピューターにとっては不自然な数え方です。

なぜなら、コンピューターは人間と違って10本の指がありません。電気がONかOFFかの2種類でしか数えられません。なので2進法で数えるほうが処理しやすいのです。2進法で数を数えると人間には切り良い数値が、逆に切りの悪い数値になります。

256Mは2進数で表すと100000000Mです。切りがいいです。
人間の切りの良い100Mを2進数で表すと1100100Mです。中途半端です。

Windowsパソコンをお使いなら、標準で付いてくる電卓を起動し、表示メニューから関数電卓を選んでみてください。

10進数で数値を入力してから2進数に切り替えると、コンピューターで使われている切りの悪い数値が切り良く見えてきますよ。

ただし、10進数でも2進数でも切りの悪い数値も多いです。ここらへんは、人間とコンピューターの相互に都合の良い部分を探って生まれた数値です。

ディスプレイの画面サイズ等もそうです。はじめにテレビのサイズありきだったので、2進数から見ても若干中途半端な部分があります。

あまり人間が直接触らないパソコン内部の部分(メモリ容量、CPUのクロック等)はパソコンの都合良い数値が出やすく、人間が触れやすい部分(モニタの解像度、印刷用紙サイズ、キーボードの106個のキー数など)はパソコンが人間に合わせているので、2進数では切り悪くなりやすいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ナットクです!!
ありがとうございました!!!!

お礼日時:2008/07/24 01:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング