ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

先日、吉祥寺のフリークライミングのジムに初めて行き、ボルダリングをしました。

帰る時には腕がパンパンになりましたが、楽しかったので続けたいと思います。

さて、調べてみるとクライマーの体重は標準よりかなり落とした方が楽だそうですね。
私の今のステータスは、身長170センチ/体重67キロとかなりぽよっています。
今まで腕立ては定期的に行ってきたのですが、お腹が。。。

クライマーの皆さんはどうやってダイエットしたのでしょうか?
やっぱり、毎日ジョギングとかしているのでしょうか。。。?

初心者なので教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

フリークライミング暦5年です。



結論から言うと、初心者の時は、ジム又は外岩で登りこむのが一番のトレーニング&ダイエットになります。つまり定期的にジムに通っていれば、何もしなくてもクライマーの体型に近づいていきます。指を痛めない程度に、頻繁に通いましょう!
ルートクライミングでなく、ボルダリングだけを楽しむのであれば、そんなに体重は気にしなくてもいいのでは・・・

ボルダリングは、MAXパワーを向上させるので筋肉が付いて重くなっちゃうんですよね^^;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ベテランの方からアドバイス頂き、ありがとうございます。
現段階では週に1回しか行けないかもしれないですが、
できるだけ無理をしないで登りたいと思います!

お礼日時:2008/07/30 22:57

クライミングだからといって特別なダイエット方法があるわけではありません。


痩せるためのモチベーションとしては効果があり、また、精神的に痩せようとするという意味では普通にしているよりも何倍もましですが。
食事に気を付け、有酸素運動を心がけましょう。

補助的な運動としては腕立て伏せより懸垂の方が意味がありますが、主として使う筋力の反対側の筋力もある程度鍛える必要があるので腕立て伏せも無意味ではありません。
主として鍛えるべき筋肉は、前腕の諸筋、上腕二頭筋、広背筋、ローテータカフ、身体張力のための腹筋、脊柱起立筋等です。

でも、特別体力が無いということでもない限り、まずは登りましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になる意見ありがとうございます。
筋肉にも精通していらっしゃるのですね。

痩せるには有酸素運動で、クライミングは無酸素運動が多いのですね。

今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

お礼日時:2008/07/30 22:55

競技とかに出るならともかく、趣味程度でやるのに体重はあまり関係ないです。


まあ、100kgとかあるなら別ですが、170cm/67kgなら問題ないでしょう。
腕がパンパンになるのは、登り方がまだまだ下手だからです。
腕の力だけで登るのではなく、足の力を生かした登り方とか、ちょっとした動作の中でこまめに腕を休ませるとかそんな感じです。
腕を曲げた状態でつかまっていると、あっというまに消耗します。
こんなとき、腕を伸ばした状態でつかまるようにすると、消耗を抑えられます。

まあ、私もまだまだ初心者で、なかなか理屈どおりにはいかないのですが、だいたいそんな感じらしいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

問題ないと言って頂き、ほっと致しました。
腕の使い方が下手だから、疲れてしまうのですね。
全身を使って登るのがクライミングですものね。
これからも頑張りたいと思います!

お礼日時:2008/07/30 22:58

答えではないのですが、腕立てふせは


クライミングにはあまり効果がないかと思います。
体重を減らす為の運動にもなりません。

クライミングで使う筋肉は腕立て伏せで使う
『突き放す』ものと違い、『引き寄せる』筋肉です。
むだな筋肉をつけてしまって重くなるよりも
懸垂などをして使う筋力を鍛えた方が良いと思います。

TVでみたのですが、有名なプロクライマーの平山ユージさんは
腕立てふせが一回もできないそうです。
クライミングに必要な筋肉だけつけていくとそうなるみたいです。

この回答への補足

クライミングに適切な筋肉というのがやはりあるわけですね。
自分考えでやるより、登れば適切な筋肉が付くのは当然でしたね!
今後の方針を決められるような意見で、とても参考になります♪

補足日時:2008/07/30 22:59
    • good
    • 1

 フリークライミングをするのにダイエット(体重落とす)のではなく、フリークライミングをするのに体力を付けたら体重が落ちちゃった、なんです。



 腕立て伏せや腹筋背筋、ランニングなど基礎体力を付ける事で登れます
結果的に体重も落ちますし、腹もへっこむし(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

クライミングの為のダイエットをしていない方は多いのですね。
結果的に落ちるというのが自然な運動方法なのですね。
クライミングの方々は皆様優しいですね。ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/30 23:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキレイな筋肉をつけたい。クライマーです。アドバイスお願いします。

どうも。久し振りに質問します。よろしくお願いします。
32の会社員、クライミング(ボルダリング)してます。
クライミング歴は2か月、週に2~3回(3時間)主にパンプ系。
それとは別に週末に市民体育館で筋トレ(1時間)しています。
身長:175cm、体重:64kg ちと痩せ型です。
ようやく筋肉がついてきているなと実感してます。

筋トレ内容
【家にて】腕立、腹筋、背筋、懸垂、10kgダンベル、スクワット、握力(約40分で2セット)
【市民体育館ジムにて】腹筋、背筋等はマシン関係(8台程度)(約1時間で3セット)

そして、先日プロテインの存在を知りました。
「筋肉を効率良くつけるにはいいのではないかと・・・」。
ホエイ100というのが良いというところまで分かりました。
摂取の仕方も分かりました。

目的の体重増加(痩せ気味をやめたい)と筋肉増加(キレイな体へ)
にプロテインで体をつくることは可能でしょうか?

それともプロテイン無しで、このまま続けるほうがいいのでしょうか?
なんか筋トレあとの30分がもったいなく感じてしまってます。
今までは筋トレあとにアクエリアスを飲んでいました。

(AQUAザバスアクアのホエイプロテイン100を購入しようと考えています。)

まとまりのない文章ですがアドバイスよろしくお願いします。

どうも。久し振りに質問します。よろしくお願いします。
32の会社員、クライミング(ボルダリング)してます。
クライミング歴は2か月、週に2~3回(3時間)主にパンプ系。
それとは別に週末に市民体育館で筋トレ(1時間)しています。
身長:175cm、体重:64kg ちと痩せ型です。
ようやく筋肉がついてきているなと実感してます。

筋トレ内容
【家にて】腕立、腹筋、背筋、懸垂、10kgダンベル、スクワット、握力(約40分で2セット)
【市民体育館ジムにて】腹筋、背筋等はマシン関係(8台程度)...続きを読む

Aベストアンサー

No3です。
ポストワークアウトドリンクの糖質についてですが、まず量に関してはご自分の体に聞いてくださいとしか申し上げられません。
糖質の種類ですが、書物によっていろいろな事が書かれています。ポストワークアウトドリンクはまず吸収しやすいものでなければなりませんが、候補として果糖、ブドウ糖、マルトデキストリンがあげられます。(砂糖は果糖とブドウ糖の混合物です)
運動後の脂肪燃焼をストップさせないのは果糖であると書かれている書物もありますし、糖質はグリコーゲンは肝臓と筋肉に蓄えられますが、果糖は主に肝臓に優先的に回され、血糖になり(脂肪燃焼をストップさせる)ブドウ糖、マルトデキストリンは筋肉に回され、こちらは血糖にならないのでよろしいと書かれている書物もあります。ブドウ糖は単体で入手可能ですが、マルトデキストリンは単体では見たことがありません(カーボショッツという商品がありマルトデキストリンらしいのですがこれをいつも使うのは金額的に張るかな)
一方血糖値が上がればインシュリンが出てきてアミノ酸が筋肉に取りこまれる量が増えるのも確かで(脂肪も増えますが)バルクアップには血糖値を上げたいんですよね。というところで何を信じるか、脂肪燃焼を優先させるか、バルクアップを優先させるかでどの糖質を摂るかが分かれます。スポーツドリンクの成分を見てください。(たしかコ○コーラの500ccで糖質が40~50gだったような?)
プロテインについて蛇足ですが、アメリカの物は国産に比べると値段が半値~1/4位なんですよね。

No3です。
ポストワークアウトドリンクの糖質についてですが、まず量に関してはご自分の体に聞いてくださいとしか申し上げられません。
糖質の種類ですが、書物によっていろいろな事が書かれています。ポストワークアウトドリンクはまず吸収しやすいものでなければなりませんが、候補として果糖、ブドウ糖、マルトデキストリンがあげられます。(砂糖は果糖とブドウ糖の混合物です)
運動後の脂肪燃焼をストップさせないのは果糖であると書かれている書物もありますし、糖質はグリコーゲンは肝臓と筋肉に蓄...続きを読む

Qタニタの体脂肪計アスリートモードって?

フィットネスジムに通い始めて1年半ほどになります。週五日のペースで有酸素運動30分、筋トレ1時間半くらい続けてきました。そのジムにはタニタの体脂肪計がおいてあり、スタンダードモードとアスリートモードを選択して計測するようになっています。ジムに入った当初にスタンダードモードで体脂肪を計ると17%弱で、その後半年ほどは有酸素運動のおかげか順調に14%弱くらいまで減っていきました。
ところが一年ほどたった頃でしょうか。少しずつ体脂肪率が増え始め、今では18~19%になっています。食生活もかわってないし有酸素運動もかわらず行っているのに、筋肉量が増えるのはわかるのですが体脂肪率がアップするのはどうしても理解できませんでした。
そんなとき「そういえばアスリートモードってのもあるなあ・・・」と思い、そのモードを選択して計測すると体脂肪率が11%と出ました。いったいこの違いは何なのでしょうか?スタンダードモードとアスリートモードの違いをインストラクターに聞いてもいまいち納得できる答えが返ってきませんでした。おわかりになる方がおられましたらよろしくお願い致します。

フィットネスジムに通い始めて1年半ほどになります。週五日のペースで有酸素運動30分、筋トレ1時間半くらい続けてきました。そのジムにはタニタの体脂肪計がおいてあり、スタンダードモードとアスリートモードを選択して計測するようになっています。ジムに入った当初にスタンダードモードで体脂肪を計ると17%弱で、その後半年ほどは有酸素運動のおかげか順調に14%弱くらいまで減っていきました。
ところが一年ほどたった頃でしょうか。少しずつ体脂肪率が増え始め、今では18~19%になっています。食生活もかわ...続きを読む

Aベストアンサー

体重計がその人の体重そのものを正確に測っているのに対し、タニタなど一般の体脂肪計はその人の「体脂肪率」を測っているわけではありません。その人の身体の「電気抵抗」(電気の流れやすさ)を測っているだけです。
そして、脂肪は電気を通しづらく、筋肉は電気を通しやすい性質を利用します。だいたいの目安として、これくらいの性別・体重の人で電気抵抗これくらいなら、体脂肪率いくらだ、という「統計的な推定値」を表示します。
ところが、本格アスリートの場合、身体の中の筋肉量や水分量のバランスが平均とかけ離れているため、上記の「統計的な推定値」が当てはまらなくなります。(体脂肪率が過大に推計されます。)そこでアスリートモードを利用します。

ですから、同じ「体重」「電気抵抗値」が測定されたのに対し、体脂肪計は「もしこの人が一般人なら体脂肪率○%」「もしこの人がアスリートなら体脂肪率●%」という推定値を表示します。だから、
>普通の人がアスリートモードで計ってもやっぱり体脂肪は低い値
になります。

体脂肪計で推定する体脂肪率自体、上記のように推定値ですから本当にその人の体脂肪率を正確に測っているか怪しいです。同じ人でも違うメイカーの製品だと違う数字になったりします。同じ人が、同じ条件で、同じ製品で測った時に、体脂肪率が増えているか・減っているかの目安にはなりますが。

そして一般人とアスリートの違いですが、「週12時間以上の運動」という基準で厳密な壁があるわけではありません。(質問者さんの場合は、数字から見てアスリートモードでの推定値に、ほぼ当てはまるような気もしますが。)そこそこ運動する人の場合、体脂肪率は「スタンダードモード」と「アスリートモード」の推計値の途中のどこかにある、というのが正確なところだと思います。

体重計がその人の体重そのものを正確に測っているのに対し、タニタなど一般の体脂肪計はその人の「体脂肪率」を測っているわけではありません。その人の身体の「電気抵抗」(電気の流れやすさ)を測っているだけです。
そして、脂肪は電気を通しづらく、筋肉は電気を通しやすい性質を利用します。だいたいの目安として、これくらいの性別・体重の人で電気抵抗これくらいなら、体脂肪率いくらだ、という「統計的な推定値」を表示します。
ところが、本格アスリートの場合、身体の中の筋肉量や水分量のバランスが...続きを読む

Qリードクライミングを始めたい。パートナー不在のとき

はじめまして。32の会社員です。
ボルダリングを1年ほどやってきまして、
今年はリードクライミングに挑戦したいと考えました。
仕事帰りにクライミングジムへ通っています。
ジムで質問してみたのですがリードクライミングは
基本的には二人でひと組で参加お願いしますとのこと。

パートナーがいなくてもリードを始めることはできるのでしょうか。
それともやはりパートナーをどうにかして捜すところからの
スタートになるのでしょうか?

「今、一人でもこんな方法だったら出来るよ」というアドバイスを
頂けると幸いですよろしくお願いします。

Aベストアンサー

リードクライミングにはビレイヤーが不可欠です。(でなければリードではなくソロクライミングかフリーソロですよ)
ジムによっては、スタッフがしてくれる場合もあると思いますが、通常はパートナーが必要です。

昔はジムや岩場で、有る程度顔見知りになり技量がわかっているもの同士で組んだりしていましたけどね。

Q【ボルダリング手の平の痛み】

先日ボルダリングジムに入会しました。
これからボチボチ始めていこうと思っています。

普段はトレーニングジムに通いそれなりに鍛えていますので、筋力的には特に問題はなく、よく言われる『初心者は前腕がすぐにパンパンになってしまう』と言うことも特にありませんでした。

が、ホールドを掴む際に徐々に手の平が痛くなってきます。
『関節が痛い』のではなく、手の平の皮膚(細かく言えば指の皮膚)がホールドに負けてマメができそうな痛みです。

期間を開けず定期的に通えば、皮膚が厚くなり慣れるものだとは思うのですが、私の場合、通えても月に一度か二度程度。
この程度で慣れて行くものでしょうか。

当面はジムでのクライミングのみですが、この先継続して行くなら、行く行くはアウトドアで実際の岩も登ってみたいのですが、室内クライミングのホールド程度で根を上げる用な手の平では恐らく傷だらけになって、すぐに使い物にならなくなりそうです。

また、実際に手の平の皮膚の痛みが出るのは、やはり体の使い方に問題があるのでしょうか。

手の平の皮膚の痛みを軽減する方法や、体の使い方など、経験者の方の体験談があれば教えていただきたいと思い質問いたしました。

先日ボルダリングジムに入会しました。
これからボチボチ始めていこうと思っています。

普段はトレーニングジムに通いそれなりに鍛えていますので、筋力的には特に問題はなく、よく言われる『初心者は前腕がすぐにパンパンになってしまう』と言うことも特にありませんでした。

が、ホールドを掴む際に徐々に手の平が痛くなってきます。
『関節が痛い』のではなく、手の平の皮膚(細かく言えば指の皮膚)がホールドに負けてマメができそうな痛みです。

期間を開けず定期的に通えば、皮膚が厚くなり慣れ...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です。
ここはダイエットカテなので登山技術的なことはほどほどにしておきますが、お礼文で気になったので補足的に答えておきます。

>今の方が腕力に頼る事が多くなっていると言う事でしょうか?

今のようなボルダリングの登り方を見ていると昔と今とは登り方自体はかなり違うと思います。
しかしながら、基本的な考え方は同じと思います。
その基本的な考え方というのは、両足なら人間は何時間でも立っていることができますが、両手でぶら下がった状態では数分でも腕力は尽きてしまいます。人間の場合、腕力と脚力の差はそれほど大きい訳です。腕力に頼った登り方は体重を預けるときの一時的なものであって、それがクライミングの基本として「脚で登る」ことには今も昔も変わらないと思います。その基本を間違えるといつか事故がおこります。

難易度の高い場所をクリアする場合には腕力を使う「腕力登攀」は技術としては昔も必要でした。とくに人工登攀と言われるような登り方だと多くの腕力を使いますが、オーバーハングを超えるような場合でも常に脚で登り、空中に大きく身体が出ている状態でも3点支持を意識しなければならないと思います。

今のようにスポーツ化した登り方は墜落しても大丈夫なような登り方です。そのために大胆な身体の使い方をしても(墜落しても)よいので腕力を使っても大きな問題はおきません。しかしながら、足下数百メートルとか千数百メートルの本番の岩壁をトップで登る者は、途中にビレイをしたところより上に登ればその倍の落差を墜落してしまいます。そういうような本番の登り方では腕力でガンガン登るような登り方は出来ないと思います。

私たちの頃の練習は常に本番の岩壁を登っている状態を想定したものでしたので、必然的に今のような室内で楽しめるようなクライミングのスタイルとは違うような気がします。そういう意味では今の人達のほうがクライミングの技術的なことはレベルが高いですが、綜合的な安全についてはどうかなと思ったりします。

指先ですが、鍛えていると皮が厚くなってくることは確かです。
登山家として有名だった某氏は気が狂ったように毎日岩場で練習していてその手を見せてもらいましたが大きくて指先はカチカチでした。

No.3です。
ここはダイエットカテなので登山技術的なことはほどほどにしておきますが、お礼文で気になったので補足的に答えておきます。

>今の方が腕力に頼る事が多くなっていると言う事でしょうか?

今のようなボルダリングの登り方を見ていると昔と今とは登り方自体はかなり違うと思います。
しかしながら、基本的な考え方は同じと思います。
その基本的な考え方というのは、両足なら人間は何時間でも立っていることができますが、両手でぶら下がった状態では数分でも腕力は尽きてしまいます。人間の場合、...続きを読む

Qクライミング:筋トレ

最近ボルタリングを始めました。
ボルタリングジムには遠くてあまり通えないので、
自宅でできるおすすめのトレーニングはあるでしょうか?

ぶら下がり棒を持っているので
毎日ぶらさがってますがまだ1分くらいしかもちません。

Aベストアンサー

例えば、ベンチプレスで100kgを挙げるとか、スクワットで記録更新を目指すとか、ビルダー系、パワーリフティング系の高負荷低回数トレーニングがボルタリングに必要ないことは、体重増加を抑える意味でもおわかりいただけると思います。

ボルダリングの動きを考えた時に必要だと思われる筋力をあげておきます。

(1)広背筋
腕で身体を引き上げるのに重要な筋肉です。
ぶら下がる事のできる機材をお持ちの様ですのでひたすら懸垂をする事をお勧めします。
肥大目的のトレーニングは必要ありませんから、ウェイトで負荷を加える必要はないです。
自重で回数を増やすことに専念すればよいと思います。
あるいは、身体を引き上げた状態でキープするトレーニングも良いでしょうね。

(2)ピンチ力
十把一絡げに『握力』と表現する人が多いですが、クライミングに必要なのは、ピンチ力(=物をつまむ力)でありクラッシュ力(握りつぶす力)は殆ど必要ありません。
ピンチ力はボルダリングには特に重要な筋力だと思います。
よくあるハンドグリッパーはクラッシュ力を鍛える為の器具ですので、ピンチ力をアップするには殆ど意味がありません。
ピンチ力を鍛えるにはピンチブロックやブロックウェイト等、専用の機材もありますが、わざわざ用意しなくても、適度な重さのもの(ダンベル、辞書、砂入りペットボトル等々)を指を使いつまみ上げて保持する動作で鍛えられるでしょう。
様々な大きさのものを使えばより良いかもしれませんね。
あるいは、懸垂台で指先だけを使ってぶら下がる事も効果ありです。

(3)大腿筋
身体を持ち上げる筋肉ですがこれもスクワット、ランジ等、自重系で。

(4)その他、インナーマッスル
ランニング、クランチ、背筋などで丁寧にトレーニングすると良いと思います。

なお、当方は数度のボルダリングの経験はありますが、普段はパワー系、肥大系トレーニングばかりしており、ボルダリングの専門知識は持ち合わせておりません。
インストラクターさんなど、専門知識を持ち合わせた方の回答があればいいですね。

例えば、ベンチプレスで100kgを挙げるとか、スクワットで記録更新を目指すとか、ビルダー系、パワーリフティング系の高負荷低回数トレーニングがボルタリングに必要ないことは、体重増加を抑える意味でもおわかりいただけると思います。

ボルダリングの動きを考えた時に必要だと思われる筋力をあげておきます。

(1)広背筋
腕で身体を引き上げるのに重要な筋肉です。
ぶら下がる事のできる機材をお持ちの様ですのでひたすら懸垂をする事をお勧めします。
肥大目的のトレーニングは必要ありませんから...続きを読む

Q筋肉量を1kg増やすにはどれくらいの期間必要?

最近、あまりにもこの手の話題が多いので気になって「あえて」質問させて頂きます。

筋肉の量を1kg増やすにはどれくらいのトレーニングが必要なのでしょうか?
またどれくらいの期間が必要なんでしょうか?

週3,4回程度の有酸素運動を1か月ぐらいで筋肉が1kgも増えるなんてあるんでしょうか?
また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )

仮に増えたとしても生半可なトレーニングじゃ1か月で1kg増量なんて無理な気がしますが????

Aベストアンサー

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
※1年で12kgは無理でw

筋肉の水分含有量は75%~80%です。
脱水症状気味の有無、パンプアップの有無で変化しちゃいます
ヒトの体は50%が筋肉とも言われています。
つまり60kgの50%の30kg中の変動分5%程度
1.5kgは筋繊維の変化がなくとも「筋肉量の変化」がある

日ごろから運動してないなどスタート時の条件を細工すれば
2時間もあれば1kgふやせるんじゃねwwwww(草生やしておく)


なお一般的になっている体組成計の数値でしたら
複数の周波数の信号を体に送って通電状態から類推している機械ですので
トイレいったり蒸しタオルで足の裏拭いたり
水飲んだり 塩分取りすぎてむくんでたり
風呂入ってくるとか
数字はあるていどコントロールできるかと。
(説明書には風呂上りにとかNGって書いてある)

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
...続きを読む

Q体脂肪はどこまで落とせるか?

タイトルどおりです。
体脂肪はどこまで落とせるのでしょうか?

現在、体脂肪率5%以下を目指してトレーニング中です。
内容としては、
・腕立て伏せ200回
・逆立ち、ブリッジをそれぞれ5分
・スクワット2000回
・フリーランニング3時間

食事は
・水代わりにリンゴ酢
・玄米、大豆食品、海草、魚介類、野菜・果物
・砂糖、プロテイン等は一切摂取しない。

という具合です。
ちなみに、私の体脂肪率は9.2%です。

Aベストアンサー

知っている限り、もっとも低い体脂肪を持つ人たちは、ツールドフランスなどに参加するプロのロードレーサー(特に登りを得意とするヒルクライマー)や、計量直前のプロボクサー、コンテスト前のボディビルダーといった方たちです。

かれらの平均体脂肪率は4%前後。中には3%という人もいます。
ここまでくると、皮膚に筋肉の繊維がくっきりと浮かび上がり、人体標本に肌色や茶色のスプレーを吹き付けたような状態になります(お風呂上りなどだと血管も全身に浮かび上がるので、かなり怖い)。

ただ、彼らのトレーニング量は1日平均6時間以上。ピークは8時間を超えることもあり、常人がたどり着けるレベルではありません。

それに、この状態はあくまで一時的なものであり、断崖絶壁で目隠しして綱渡りするような、きわめて危ういバランスの上で成り立っています。

なぜなら、人間は生理的な仕組みとして、危機的状況に陥ったときでも大丈夫なようになるべく脂肪を蓄えるようにできています。

ですから、脂肪を落とせば落とすほど、体は危機感を感じ「脂肪を蓄えろ」と命令するようになりますから、脂肪はどんどん落ちにくくなります。それに逆らって脂肪を落とし続けるということは、体にとてつもない負荷がかかります。

男性でも体や精神になにも異常を起こさずに健康を保てる体脂肪率の限界は8%くらいまでがギリギリとされます。それも運動以外に完全な栄養と睡眠が確保できていると仮定したうえでです。

医学的にも3%程度までが、体のパフォーマンスを落とさずに脂肪を落とせる限度とされていますし、それ以下にしようというなら薬の使用や物理的な手術、あるいはパフォーマンスの低下にかまわず常識を超えたトレーニングと徹底した絶食を行うなど、体に膨大な負担をあたえるような手段をとらない限り、まず不可能です。

さらに、体脂肪が低すぎる状態を維持しようとすれば、免疫力の低下やホルモンバランスの異常などが起き、冗談抜きで一気に命を縮めます。

彼らもこうしたことは十分承知しており、試合やコンテスト以外の時には、ちゃんと食べて、それなりに高めの体脂肪率(それでも9~10%くらいですが)を維持しています。

試合やコンテストなど、何か具体的な目標があり、それを目指して行うならともかく、特に目的がないならむやみに落とすのは止めたほうがいいでしょう。

今の状態でも十分すごいと思いますし、体脂肪が5%以下というのは、肥満とは違う意味で「異常」な状態であり、長く続けられるものではないと思ってください。

なるべく普通の食事と運動で低めの体脂肪を保つ、という考えのほうがいいでしょう。

知っている限り、もっとも低い体脂肪を持つ人たちは、ツールドフランスなどに参加するプロのロードレーサー(特に登りを得意とするヒルクライマー)や、計量直前のプロボクサー、コンテスト前のボディビルダーといった方たちです。

かれらの平均体脂肪率は4%前後。中には3%という人もいます。
ここまでくると、皮膚に筋肉の繊維がくっきりと浮かび上がり、人体標本に肌色や茶色のスプレーを吹き付けたような状態になります(お風呂上りなどだと血管も全身に浮かび上がるので、かなり怖い)。

ただ、彼...続きを読む

Q四次元というのはどんな世界ですか?

そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?
三次元の世界とは縦横高さのある空間の世界だと思います。
これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?
我々の世界にも時間があるので、四次元といってもいいのでしょうか?
それとも四次元とは時間とは無関係の世界なのでしょうか?
あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタインでした。
 彼は、リーマンという数学者が作った、
曲がった空間の幾何学(現在リーマン
幾何学と呼ばれています)を使い、4次元の
空間が歪むという状態と、重力や光の運動を
あわせて説明したんです。これが相対性理論。

>これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?

 物理学的にはそうです。

 相対性理論の話に関連付けて説明するとこんな感じです。
例えば、下敷きの板のような平面的なもの(数学的には
これを2次元空間と言ったりします)を曲げると
いう動作を考えてみて下さい。下敷きに絵が書いて
あったとして、曲げながらそれを真上から見て
いると、絵は歪んで見えます。平面的に見て
いても下敷きという2次元空間が歪んでいる
ことが感じ取れます。
 2次元的(縦と横しかない)な存在である下敷きが
歪むには、それ以外の方向(この場合だと高さ方向
ですが)が必要です。

 19世紀に、電気や磁気の研究をしていた学者たちが、
今は小学校でもやる砂鉄の実験(紙の上に砂鉄をばら撒いて
下から磁石をあてると、砂鉄が模様を描くというやつです)
を電磁石でやっていたときに、これは空間の歪みが
原因ではないかと直感したんです。
 電磁石の強さを変えると、砂鉄の模様が変化します。
これを砂鉄が動いたと考えず、砂鉄が存在して
いる空間の歪みが変化したのでは?と考えたんです。

 3次元の空間がもう1つ別な方向に曲がる。
その方向とは時間という方向だということを
証明したのが、相対性理論だったんです。


>あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

 4つ目の方向である時間は、存在していても
その方向に、人間が自由には移動する方法は
現在ありません。時間方向を自由に動ける機械と
いうのは、タイムマシーンのことなんですが。

 日常生活を考えてみたとき、縦、横といった
方向は割りと自由に動けます。1時間ちょっと
歩けば4kmくらい楽に移動できますが、
道路の真中で、ここから高さ方向に
4km移動しろと言われたら、人力だけでは
まず無理でしょう。
 飛行機やロケットといった道具が必要と
なります。
 時間方向というのは、このように存在していても
現在のところ自由に移動できない方向なんです。

 例えば、人間がエレベーターの床のような
平面的な世界に生きているとしましょう。

 この場合、高さ方向を時間と考えて下さい。

 エレベーターは勝手に下降しているんです。
この状態が、人間の運動と関係なく、時間が
経過していく仕組みです。

 人間もほんの少し、ジャンプして高さ
方向の移動に変化をつけることができます。

 同様に時間もほんの少しなら変化をつける
ことができます。

 エレベーターの中で、ジャンプすると
ほんの少し下降を遅らせることができる
ように、時間もほんの少し遅らせることは
できるんです。




 

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタイン...続きを読む

Qランニングって全身を鍛えられるんですか?(長文です)

 24才の男で社会人です。

 社会人になってから運動不足が気になっているので会社から帰った後にでもランニングをしようかと思っています。
 そこで質問ですがランニングは足腰だけの運動ではなく、腕を振ることで肩の回りを鍛えられ、また、腹筋も鍛えられる全身運動だと聞いた事があるんですが、実際はどうなんでしょうか?
 また、帰りが遅い事が多いので夕飯の後に走ることが多くなりそうなんですがそれだと体に悪いんでしょうか?
 詳しい方がいれば教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ランニングは全身運動ですので、心肺力をアップし、余分な脂肪を燃やし、筋持久力を高めます。筋肉もりもりの身体にはならないと思いますが、余分な贅肉が落ち、スリムで長時間動き続けても疲れにくい、動的な体力はつくと思います。

筋力については、フォームによって違ってくると思います。初心者ががむしゃらに走っていると、脚、特にふくらはぎの筋肉ばかり使うことになるし、上級者は、かなり全身をうまく使って走るので、全身が鍛えられます。ただ、肩に力を入れて腕振りをすることは、お勧めしません。腕を振ればいいというものじゃなく、ひじを後ろに引くような感じなので、胸筋や背筋を使うのじゃないでしょうか。腹筋、背筋などの体幹の筋持久力は重要なので、記録を狙う人は、別途腹筋などを鍛えます。

食後すぐに走ると、消化管に血液が必要な時期に筋肉に血液が回ってしまい消化不良になる、胃にものが入っている状態で揺れるとお腹が痛くなるなど、あまり勧められていません。でも、軽く食べてゆっくりのんびり走るのであれば、それほど問題はないと思います。それでも気持ちが悪くなる人もいれば、平気な人もいます。また、最低30分くらいはあけたほうがいいですね。

ともあれ、がしがし走って鍛えようなどと考えているのであれば、やめたほうがいいですね。できるだけゆっくり長く、だらだらという感じで毎日30分~1時間くらい走るほうが、健康によいし、基礎レベルでは走力もつきます。

ランニングは全身運動ですので、心肺力をアップし、余分な脂肪を燃やし、筋持久力を高めます。筋肉もりもりの身体にはならないと思いますが、余分な贅肉が落ち、スリムで長時間動き続けても疲れにくい、動的な体力はつくと思います。

筋力については、フォームによって違ってくると思います。初心者ががむしゃらに走っていると、脚、特にふくらはぎの筋肉ばかり使うことになるし、上級者は、かなり全身をうまく使って走るので、全身が鍛えられます。ただ、肩に力を入れて腕振りをすることは、お勧めしません。...続きを読む

Q毎日30分のジョギングしたら少なからずダイエットになりますか??

このたび、夏に向けて本格的に体を絞ろうと思いました。
当方男性20歳165cm67kgです。

前々から今度やろう今度やろうと先延ばしにしていて、もう6月です。
時間がありません。
なので、今日からジョギングを始めようと思い、先ほど、40分ほどかけて土手をジョギングしてきました。沢山汗をかいて久々に運動したなぁとか思いながら結構終わった後はすがすがしかったんですが、
はたしてこれを毎日やって本当にやせるのかどうか。。。

そこで質問です。

1.毎日ちゃんと30分ほどかけてジョギングをしたらダイエットの効果、というか、体が絞れてきますでしょうか??
2.毎日30分ではなく、10分や20分。とりあえず時間がとれなくてもなんとかジョギングするだけでは効果はありませんか?
3.毎日できずに週3.4回30分しかできなかったとしたら効果はどうでしょうか??

以上回答いただけたら幸いです。

食事のほうは、規則正しく、油物などは控えています。

Aベストアンサー

>夏に向けて本格的に体を絞ろうと思いました。
⇒ダイエットを脂肪を少なくすると言うことなら、入門としては良いでしょう。  本格的には数年かかるつもりで実行したほうが良いですが、とにかく、始めなければ何事もスタートしませんから、できる範囲で継続することです。

で、その上で、
1:それなりに効果があります。 食事量・内容にもよりますが、基本的には摂取カロリー<消費カロリーでやせます。

2:10分ずつでも、毎日何回もちょくちょくやれば効果はあります。  
3:ほかの条件との兼ね合いですね。 年齢が若いからもっと遣ったほうが良いとは思います。

私はほかの運動の為と、体力・精神強化のために、20代の時は毎日(週6日)朝1時間半から2時間、夕方から夜に1時間程度走りこみをして基礎体力をつけていましたが、幾ら食べても太れませんでした。

指導している人でも、健康人なら同じ結果がでます。


人気Q&Aランキング