ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

フェンダージャパンのジャズベを所有していますが。
プリッとした腰のある音がなかなか出ずに困ってます。
アンプはVOXです。
アクティブピックアップのものなら手軽にそのような音が得られるみたいですが、今のベースが気に入っているので、エフェクターで解決できれば良いと思ってます。
それで、BASS COMP BP5 というのを購入しました。
でも、パワーはアップしましたが、ドンシャリ感が強く思うような音ではないです。
そこで、少ししらべて見るとSANS BASSAMP DRIVER というのが定番で、音が良いとのことですが、そもそもこれはDIと呼ばれる機能が含まれていて単なるエフェクターではないというところまでわかりました。
別に宅禄をしたり、ライブをする予定はないのでそのような機能は必要ないのですが、パッシブでアクティブのような安定した音を出す方法をぜひ教えてください。
また、SANS BASSAMP DRIVERについても初心者にわかりやすく教えてくださればうれしいです。
あ、当方ピック弾きです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

SANS BASSAMPをふくめて、プリアンプの音をベースでプロの方に弾いていただいております。


参考にして下さい。
http://bass-tv.net/bass_maniac/2008/03/post-7.html
    • good
    • 0

個人的にはエフェクターで解決する問題では無いと思います。

音作りの基本はアンプで行うので、エフェクターを使ったとしてもせいぜいグライコ程度です。

> アクティブピックアップのものなら手軽にそのような音が得られるみたい

これの根拠は何でしょうか?アクティブにすれば解決するのでしたら、アクティブピックアップに交換するのが手っ取り早いと思います。

今のベースを気に入っているとは言っても、好みの音が得られないのでしたら、違うベースを使うか、あるいはパーツ交換が必要かと思います。

ブリッジをバダスIIなどに交換したり、パッシブでも好みの物は見つかると思います。またバッファーアンプを入れればローインピーダンスになるので、誘導ノイズやハイ落ちに対し有利になります。

また、すでにお使いかもしれませんが、上等なケーブルを使う事で音質は改善します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
単にプリアンプをかませる、ということではなく根本的な解決策を打つというのはどうか、ということでしょうか。
それも、良いと思いますが、もうちょっと勉強しないとできない選択肢ですね。

お礼日時:2008/07/24 22:31

「プリッとした腰のある音」というのが、私なりに想像できる部分はあるんですが、私の想像と質問者の方の希望が一致するかどうかは「?」なので…(お互い文字ですからね(^^ゞ)



なので、一般論しか言えないんですが、私なら「パッシブでアクティブのような安定した音が欲しい」と思ったら、やはりプリアンプ製品に手を伸ばしますねぇ。
コンプレッサも使いようですが、コンプレッサだけでは「音の腰」という部分では少し役不足だと思います。

BASS DRIVER DI の代理店WEBは次のとおり
http://www.allaccess.co.jp/SANS_BDI.html
また、販社自主製作の翻訳マニュアルは次のとおり
http://www.soundhouse.co.jp/download/tech21/bsdr …

すごく乱暴に言えば、
・ベースアンプのトーンコントロール回路を「めちゃくちゃ良く効くように」したもの
・オーバードライブ的なブースター回路
・上記の「色づけ音」と「原音」とのブレンド回路
に、D.I.機能も足したもの…っていう言い方で、まぁ当たらずとも遠からずという感じになるかと。

これを導入すれば万事解決…などと保証はできませんが、ある意味、ベースアンプの手前で「アクティブベース的な色づけ」はできると言えますので、有望な選択肢とは言えると思います。
D.I.が付いているので、ついつい「録音時のアンプシミュレータ」としての側面で説明されがちですが、プリアンプエフェクターとしてベースとアンプ間に積極的に噛ましているベーシストも結構多いですよ。

また、これは個人的なご参考…ですが、他にも
http://web2.moridaira.com/dunlop/m80.htm
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …
なんてのも、それ相応に定評はありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
わかりやすく説明してくださってありがとうございます。
URLも、参考になりました。
単にエフェクターとして使うのもアリというものなんですね。

お礼日時:2008/07/24 22:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q5弦ベースがあるのに・・

なぜ変則チューニングしてまで4弦ベースで対応しようとするベーシストがいるのでしょうか?
5弦を使ったほうが明らかに利点が多いと思うのですが・・

Aベストアンサー

私も4弦専門で、5弦は使わない趣味ですが、理由もNo.1の方とほとんど同じで
・(たまたま?)Lo-Dより下の音が必要な曲はやらない(ジャンルとして趣味じゃない)
・(上の延長で)Lo-B弦を積極的に使う曲でないかぎり、5弦は無用の長物
・左手運指のテクニックが変わるので、今さらなじまない(これは完全に個人的な理由)
という点で、自分の音楽志向の中では5弦ベースの必要が全くない…ということになります。

Lo-Dが欲しい曲はたまにありますので、Dチューニングは使いますし、ライブで1~2曲だけLo-Dが必要な時などは、ノーマルとDチューニングのベース2台持っていって持ち替えたりします。
ここで、「そのやり方ならベース2本持って行くの? 5弦なら1本で良いのに」と言われる事はあるんですが、今まで4弦の愛機(?)で長年培ってきた『自分のサウンドキャラクター』をそのまま再現できる5弦ベースは入手できない(実は買おうと思った事もあるんですが、納得のいく音の5弦ベースは貧乏アマチュアでは手が出ない価格でした)ので、4弦で通していますし、もういい歳なので今さら5弦のテクニックを身に付けるのもしんどいな…という消極的な面もあることはあります。

ただ、プロやプロ級の人で4弦にこだわる人の場合、サウンドキャラクターの問題で5弦をあえて弾かない人は結構多いんじゃないかなと思いますね。同一メーカー同一形式の4弦モデルと5弦モデルを比べても、微妙に同じキャラクターだとは言い難いケースは(特に、アマチュアが十分手が出る価格十万円台までなら)多いですね。特に安い5弦モデルでは、上4弦も音の輪郭が違うケースが経験上は多いです。で、「うーん、これなら今の4弦ベースのチューニング変える方がいいか…」って感じですね。

つまり、少なくともベースの場合は、単純に「弦が増えたら音域も増えて表現の幅も広くなる(はず)」というメリットより、「欲しいサウンドの出ないベースでは、そもそも表現もへったくれもない」というデメリットの方が遙かに重要なケースも結構多い…ということは、言えると思いますね。

私も4弦専門で、5弦は使わない趣味ですが、理由もNo.1の方とほとんど同じで
・(たまたま?)Lo-Dより下の音が必要な曲はやらない(ジャンルとして趣味じゃない)
・(上の延長で)Lo-B弦を積極的に使う曲でないかぎり、5弦は無用の長物
・左手運指のテクニックが変わるので、今さらなじまない(これは完全に個人的な理由)
という点で、自分の音楽志向の中では5弦ベースの必要が全くない…ということになります。

Lo-Dが欲しい曲はたまにありますので、Dチューニングは使いますし、ライブで1~2曲...続きを読む

Qパッシブのベースの出力を上げる方法

パッシブのベースの出力を上げたいのですが、なにか良い方法をご存じの方はいませんでしょうか?
スクワイヤーのジャズベを愛用しているのですが、チョッパーをしようとすると、どうしても迫力に欠けてしまいます。
なにかいいエフェクターや改造方法をご存じの方がいらっしゃいましたら、是非とも教えてください!宜しく御願いします!

Aベストアンサー

単純に出力を上げたいのであればプリアンプを使うのが一番手っ取り早いです。
改造しないのであればコンパクトエフェクターと同じ感覚で使える、
アウトボードタイプを選べば良いですし、
リペアショップで改造し、内蔵してもらうことも可能です。
ただしいずれも料金は1万円から4万円ぐらいかかります。
ベースを買い換えることを考えるとアウトボードタイプを選ぶのが良いかもしれませんね。
お金をあまりかけられないのであれば、#2の方の意見を参考にするのが良いと思います。

ちなみにマーカス・ミラーの登場以降(以前も多くはそうでしたが)
スラップをするベーシストの多くはアクティブのモデルを使うようになりました。
プロにおいてはパッシブのベースでスラップをしている方のほうが少数です。
また#2の方がおっしゃっているようにドンシャリ、
いわゆるミドルを削ってトレブルとベースをブーストした音作りが
スラップをするなら一般的です。
なお常識的に考えるなら経験者は「ベースを0にしてトレブル、ミドルをフル」
なんて事は絶対にしません。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/ikebe/443900/512051/

単純に出力を上げたいのであればプリアンプを使うのが一番手っ取り早いです。
改造しないのであればコンパクトエフェクターと同じ感覚で使える、
アウトボードタイプを選べば良いですし、
リペアショップで改造し、内蔵してもらうことも可能です。
ただしいずれも料金は1万円から4万円ぐらいかかります。
ベースを買い換えることを考えるとアウトボードタイプを選ぶのが良いかもしれませんね。
お金をあまりかけられないのであれば、#2の方の意見を参考にするのが良いと思います。

ちなみにマーカス・ミ...続きを読む

QベースのTONEを上げるとノイズが…

いま私はTUNEのTXJ-4DLX(中古)を使っています。
これは2代目で、以前はIbanezのEDB-500を使っていました。

現役のベースなのですが、tone(トーン)のツマミを上げていくと
電波障害のような「ブー」というノイズが出てしまいます。

しかしこれは、接続しているシールドの金属部分や、
ツマミの頭などに触れるとプツッと一瞬小さく音がして
このノイズが消え、触れるのをやめると
またノイズが出てしまいます。

そしてtoneをゼロにするとノイズは出ません。
しかしこれでは高音がカットされたフラットな音しか出せません。

アースが原因じゃないかと思うのですが、
ボディ裏のフタを開けて回路をみてみると
以前のEDB-500には
1本銅線の先端がむき出しになっていて、
フタとアルミ箔のついた部分と銅線を
ネジでかませるようになっていました。
(おそらくこれがアースだと思われます)

しかし、現役のそれにはそういった線が見当たりません。
どうすればよいでしょうか。

もしアースをつけようとするならば銅線を
どこかに追加し、どこかに電気を逃がせばよいと思いますが、
どのように取り付ければよいでしょうか。

また、アースが原因ではないと思われるのであれば、
どこに原因があると思われますか。

困っています。回答よろしくお願いします。

いま私はTUNEのTXJ-4DLX(中古)を使っています。
これは2代目で、以前はIbanezのEDB-500を使っていました。

現役のベースなのですが、tone(トーン)のツマミを上げていくと
電波障害のような「ブー」というノイズが出てしまいます。

しかしこれは、接続しているシールドの金属部分や、
ツマミの頭などに触れるとプツッと一瞬小さく音がして
このノイズが消え、触れるのをやめると
またノイズが出てしまいます。

そしてtoneをゼロにするとノイズは出ません。
しかしこれでは高音がカットされたフ...続きを読む

Aベストアンサー

弦に触っていても、ノイズが乗るが、シールド線の金属部分(アースです)に触るとノイズが減るというのでしたら、
弦、ブリッジのアース線が断線、もしくは未接続の様です。

購入した楽器屋さんに行ってください。
個人間の売買の場合はリペアをしてくれる工房に出しましょう。

パッシブならブリッジ、もしくはテールピースから、ボリュームの可変抵抗のケース、もしくは出力ジャックのアース側に接続すれば良いだけなので、鰐口クリップでもあれば、それで弦、もしくはブリッジとシールド線のプラグ周囲の金属部分を挟んでショートさせれば事前の検証は出来ます。

Qベースアンプのノイズの原因が分かりません

半年ほど前にGALLIEN-KRUEGERのMB150Eというコンボタイプのベースアンプを購入しました。
ここ2ヶ月ぐらい前から急に「ジーッ」というノイズが発生するようになりました。私はあまり機材の構造などに詳しくなく、とりあえず自分のできる範囲でいろいろ条件を試してみたのですが、下に挙げた事は分かりました。
これらのことからノイズの発生原因とそれをなくす方法を教えていただきたく思います。ヒントや参考ページを教えて下さるだけでも構いません。
販売店にも相談したのですがあまり良い返事がありませんでしたのでここで相談したしだいです。この嫌な音が演奏の邪魔になって困っています。

・ジーッという音
・アンプのGAINやボリュームを0にすると消える
・楽器のボリュームを0にすると消える
・楽器の金属部分(弦やブリッジ)に触れると消える
・違う楽器2本で試したが同じようにノイズが出る
・シールドを高品質のもの(モンスターケーブル)に交換してもノイズが出る
・アンプの近くにはテレビなどの家電製品はない

です。
もっと詳しい状況が必要でしたら追記します。

どうぞよろしくお願いします。

半年ほど前にGALLIEN-KRUEGERのMB150Eというコンボタイプのベースアンプを購入しました。
ここ2ヶ月ぐらい前から急に「ジーッ」というノイズが発生するようになりました。私はあまり機材の構造などに詳しくなく、とりあえず自分のできる範囲でいろいろ条件を試してみたのですが、下に挙げた事は分かりました。
これらのことからノイズの発生原因とそれをなくす方法を教えていただきたく思います。ヒントや参考ページを教えて下さるだけでも構いません。
販売店にも相談したのですがあまり良い返事がありません...続きを読む

Aベストアンサー

No.3の回答者です。
厄介な症状ですね。解決につながるか自信がなくなってきましたが、私のできる範囲でアドバイスさせていただきます。
長くなりますが、ご了承ください。

一つ一つトラブルシューティングして見ましょう。
すでに、試しておられる可能性が高いですが念の為記入します。
チェックにお金・手間が掛からない順に・・・

1.ノイズの出ている状況で蛍光灯のスイッチを切ってみてください。これでノイズが消えれば、蛍光灯が原因です。正確には蛍光灯の安定器。蛍光灯が古いものだとこれが原因の事が多いです。
蛍光灯を替えるのもありですが、現実的にはノイズサプレッサー等のエフェクターを使うのが妥当でしょう。ロックトロンのハッシュ等が有名です。(高いけど・・・)

2.3Pコンセントのアースチェックは触るだけではダメです。
地面に直接つながっている金属の物に触れさせてください。
水道の蛇口が手っ取り早い。届かなければ針金、銅線などで延長。
これで消えれば、アースをきちんと取る。

3.試した楽器のチェック。
別のアンプに繋いでチェック。
一応両方チェック。パッシブのシングルP.U.はノイズを拾いやすいですが念の為に。
楽器屋さんには申し訳ないですが、アンプ購入を検討するふりをして。実際、アンプで困っているのですから、買い換えようか迷っていると言っても良いかもしれません。
プロなりの意見が聞けるかもしれませんし。
楽器に問題がなければ、いよいよアンプに原因があると見るべきでしょう。

ちょっと倒しただけと思っていても、支障が出ることもあります。
(それが原因でナゾのハウリングを起こし、原因に気付かないまま使い続けて超音波と不名誉なあだ名を頂戴した先輩がいました。)

ショップにリペアを依頼する前に、ジャックの清掃をしてみてください。できれば接点復活剤も使って。
(接点洗浄剤ではありません。お間違えなく!)
リペアを依頼した場合、見積もりだけでも4000円から5000円掛かる事が多いです。
分解してチェックする為、手間と時間がかなりかかる為です。
ご注意を!

No.3の回答者です。
厄介な症状ですね。解決につながるか自信がなくなってきましたが、私のできる範囲でアドバイスさせていただきます。
長くなりますが、ご了承ください。

一つ一つトラブルシューティングして見ましょう。
すでに、試しておられる可能性が高いですが念の為記入します。
チェックにお金・手間が掛からない順に・・・

1.ノイズの出ている状況で蛍光灯のスイッチを切ってみてください。これでノイズが消えれば、蛍光灯が原因です。正確には蛍光灯の安定器。蛍光灯が古いものだとこれ...続きを読む

Qパッシブのベースでのスラップ

パッシブのベースでスラップをするときに、アクティブでスラップしたときのような音を出すことは可能でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
というかおはようの時間ですね

気が付いたら、3回連続の質問に答える形になっていますが(笑)
これも何かの縁ということで・・・

パッシブで、アクティブのスラップ音を出すのにはどうしたらよいか・・・
これは、いろんな人がいろんなやり方を試しています

一番多いやり方は、エフェクター類を使うことだと思います。

・コンプレッサー(スラップの出音の出力を一定化させて粒を揃える)
・イコライザー(良くドンシャリとか言いますけど低音と高音域を上げる)

これに追加して、音色に手を加える人もいます。

・エキサイターなど(音をきらびやかにしたりする。SANSAMPとかも含む)
・オートワウなど(イメージできるかなあ ビョンビョン言うイメージ)

これらの組み合わせで、アクティブっぽいスラップ音を作っている人が多いです

・・・
というのが、基本情報です。
さらに、ちょっとおせっかいな情報。

スラップと言えば、まあマーカスミラーのことを思い出す人は多いでしょう。
最近はフリーの方が人気あるのかな?

二人とも、スラップをやる時はアクティブを愛用しています。

マーカスは、お金がなかった時に、母親から買ってもらったという
1977年のフェンダージャズベを今もメイン楽器として使っているという
(美談として良く語られます)。そのおかげで今となっては
オールドに分類されるようになった1977年製のフェンダージャズベが
世界中の中古楽器市場で価格高騰、品薄。今もその傾向は変わりません。
マーカスが買ってもらった時はその時代に売ってたやつなんですけど(笑)

で、マーカスは当然最初はパッシブのままそのベースで仕事をしていたのですが、
ある時、ラリーグラハムのスラップを見て衝撃を受け、必死でスラップを
練習します。そして今のスラップ奏法の基礎というかバリエーションを見事に
構築するんですが、その最中に例の母親から買ってもらったベースを改造
する決心をします。プリアンプをベースに仕込むことにしたんですね。
わかりやすくいえばパッシブのジャズベをアクティブのジャズベに
改造しました。そのまま今に至ります。
この改造を知った世界中のベーシスト達は、こぞって同様の改造をしました。
バルトリーニというピックアップメーカーの回路です。
この回路もものすごく売れました。今も売れてると思います。

長々とすいませんが、何が言いたいかというと、
ベース自体の電気回路を変更、改造してしまうという手もあるということです。
ちなみに、その改造を手がけたのが、今をときめくサドウスキーという
当時はリペアマンだった人です。
彼は、その後マーカスの音を作った男として世界中で知られるようになり、
ベースブランドを立ち上げまして、今はサドウスキーブランドのベースがバカ売れしてます。
もちろんアクティブ。NYの本家サドウスキーベースは大体100万くらいします。
のれん分けしてもらった日本の菊池さんと言う人がやっているTYOシリーズで
大体4~50万円くらいですかね。
スラップやる人には人気があるブランドです。

最後に、
アクティブベースを使ってスラップやる人も、
上記に書いたようなエフェクターなどを使っています。
マーカスミラーの機材はとてつもない数と種類のエフェクターが並んでいて、
ワタシには正直言ってよくわかりません。どんだけ音いじってるんだって。
ワタシの知り合いのプロのベーシストは、マーカスの音は真似できないと言ってました。
なぜ真似できないのかは、よくわかりませんが、やはりマーカスの企業秘密みたいのが
あるんでしょうかね~ もちろん右手の問題も大きいかなと。
サムとプルのタッチがやはりマーカスサウンドを作るような気がしてます。

長くなりましたが
回答になってましたでしょうか

こんにちは
というかおはようの時間ですね

気が付いたら、3回連続の質問に答える形になっていますが(笑)
これも何かの縁ということで・・・

パッシブで、アクティブのスラップ音を出すのにはどうしたらよいか・・・
これは、いろんな人がいろんなやり方を試しています

一番多いやり方は、エフェクター類を使うことだと思います。

・コンプレッサー(スラップの出音の出力を一定化させて粒を揃える)
・イコライザー(良くドンシャリとか言いますけど低音と高音域を上げる)

これに追加して、音色に手を加え...続きを読む

Qバッファーをどこに・・・

ギター(パッシブ) > コンパクトペダル3台 > 7Mのケーブルで真空管アンプに接続しています、さらにアンプのループでわ空間系マルチを使用していて、音の劣化が気になります、そこでバッファーを購入して対応しおうかと思うのですがどこにかますと効果的なんでしょうか?ギターの次?

Aベストアンサー

はじめまして。ベース暦:約40年、52歳の男性です。
パッシブもアクティブも経験し、エフェクターも何十個と買って試してきました。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

badsnackさんのご質問に私の理解している範囲でお答えしたいと思います。

まず、ご質問への回答ですが、「バッファーは、ギターの次(直ぐ後)が良い」と思います。
但し、これは音痩せ(音劣化)対策ではなく、ノイズ対策が主眼です。
何故ならば、バッファーは音痩せ防止を目的としたエフェクターではないからです。

ご質問の趣旨が「音痩せ(音劣化)対策」であるならば、以下の回答になろうかと思います。
(1)ギターのメンテ(弦の張り方(ネジレが無い)とペグの巻き方、弦高、オクターブ調整、
   ネックの反り、フレット調整など)をきちんとして、物理的に「鳴る」ギターにする。
   これができていない人が多いですネ。物理的に「鳴らないギター」は、どんなにエフェ
   クターをかましても良い音は出ません。
(2)シールド(ケーブル)は安物は使わない。また、可能な範囲で短く使う。
   特にエフェクター同士をつなぐパッチケーブルは、1本数百円のような物は、中の芯線
   (銅線)が5本程度しか入っていない粗悪品もあり注意が必要です。予算の関係もあろう
   かと思いますが、パッチケーブルは、できれば1本2,000~3,000円のしっかりした物を
   使うことをお薦めします。
(3)エフェクターは直列でつなぐ個数をなるべく少なくする。
   やはり、エフェクターやボリュームペダル等はつなぐ数が多いと音は劣化して行きます。
   直列でつなぐ個数を減らすためには、スイッチングで並列にし、チューナーを別系統に
   するとか、歪み系と空間系に分けるとかにするのも良いですネ。


「バッファーをかませる」と言う行(くだり)は、バッファーが何の役割をするのか?を正しく
理解していないといけませんので関連する事項を少し解説します。

<バッファーの意味>
バッファーとは「物と物の間が衝突や不和の状態にある場合、それを緩衝する(和らげる)」と
いうのが本来の意味です。
エレキギターやベースの世界では、出力側と入力側のインピーダンス(交流信号における抵抗値
/単位:Ω)のマッチング(状態)がよろしくない時に緩衝するのがバッファーの役目です。
通常は「ロー出し:ハイ受け」と言って、出力側のインピーダンスを低い値で出し、入力側の
インピーダンスを高い値で受ける(入力する)と電気信号的に都合が良いとされています。
つまり、出力側のインピーダンスを低くするための機器がバッファーで、言うなれば「インピー
ダンス変換装置」とでも言えます。
例えば、パッシブのベースをPA卓に直接つなぐ時、パッシブPUの出力インピーダンスは数百kΩ~
数千kΩという高い値なので、そのままではPA卓につなぐと音声レベルが低くなり、さらにそのまま
増幅するとノイズ等もいっしょに増幅するため、良い音にならないと言う不都合が生じます。
よって、パッシブPUのベースは、DI(ダイレクト・インジェクションBOX)を介し、インピーダンス値を
低くしてPA卓につなぎます。つまり、このDIがパッファーの役目(インピーダンスの変換役)をする
ワケです。
※DIは、ベースの音痩せを防ぐための機器ではありません。
※市販されている「バッファー」は、ブースターに入っているものが多いため、ブースターを
 バッファーと勘違いされている方も多いようです。

<インピーダンスとノイズ>
出力インピーダンスが高いと他の不都合もあります。
エレキギター等の交流信号はインピーダンス値が高いため、そのままケーブル(シールド)を伝わって
行くと電気ノイズに弱く、いわゆるハイ落ち等の現象が出てきます。
※その「ノイズ」を拾わないために、ケーブルには「シールド」といわれるガードが施されていて、
 ギター・ベースにつなぐケーブルを通称「シールド」と呼んでいますネ。

つまり「バッファー」は音痩せ対策のための機器ではなく、インピーダンスの不和を緩衝(調整)した
り、音声信号への不都合(電気ノイズ、ハイ落ち)を防ぐするための「インピーダンス変換(調整)
装置」と認識された方が良いかと思います。


<ノイズ 対策>
ノイズ対策をすると言う趣旨あれば、以下の回答になろうかと思います。
(1)物理的な対策(ギター本体のアース、スイッチ、ポット、ジャックの状態)をきちんとする。
(2)シールドはなるべく良い物で短く使う。(電気ノイズ対策)
(3)ギターのPUをアクティブ化する。(インピーダンス対策として)

PUをアックティブ化するとバッファ回路が組み込まれます。ギターからの出力インピーダンス値は
低く(ローに)なり、シールドに伝わる音声信号が電気ノイズ等に強くなるワケです。アクティブ
PUはEMGなどから販売されていると思います。
但し、PUをアクティブ化する際は何点か注意が必要です。
ご存知だと思いますが、バッファを組み込んだアクティブ回路のPUは、低インピーダンス値でロー
ノイズになりますが、出力が弱いためプリアンプ(電源が必要)で出力を上げる必要があります。
電源は通常、9Vの電圧(最近のアクティブベースは18Vもあります)が必要で、9Vの四角い電池を
ギターのボディーに収納しなければなりません。収納できなければザグリ(ボディの削り)を広げ
たり、新たに彫ったりすることが必要になります。
また、アクティブ化すると常に電池の残量を気にしていなければなりません。電池がなくなってくると
とてもショボイ音になります。また、LIVEの本番ステージで「電池切れで音が出ない!」ということも
あります。

<その他>
「音痩せ」を防ぐには、元々の音が太く、芯があることが重要です。
「音」は電気的な回路だけで決まるものではありません。ギター本体やネックの材質、ネックと本体の
セット状況、ナットやブリッジの材質・形状、PUの種類・位置、コンデンサーの種類、弾き方など
など、切が無い(?)ほどです。

<まとめ>
ベース暦:40年の経験から言いますと、ベースは特に「太い音」「芯のある音」を追求しますので、
私も「音痩せ」には相当悩みましたが、結局辿りついたことは・・・、
(1)元々「太い音」「芯のある音」でないと、エフェクターをかましても意味がない。
(2)物理的に「鳴る」ように、セッティング・調整を怠らない。
(3)エフェクターはオーディオレベルの物を使い、1系統あたりの個数は可能な限り少なくする。
(4)シールド・ケーブルは良い物を使い、なるべく短い物を使う。

てなところです。 ギターとベースだと少し異なると思いますが、参考にしてください。
「イイ音づくり」は悩みますが、悩めば悩むほど楽しいものです。

 楽しいギターライフを!  長文、失礼しました。

はじめまして。ベース暦:約40年、52歳の男性です。
パッシブもアクティブも経験し、エフェクターも何十個と買って試してきました。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

badsnackさんのご質問に私の理解している範囲でお答えしたいと思います。

まず、ご質問への回答ですが、「バッファーは、ギターの次(直ぐ後)が良い」と思います。
但し、これは音痩せ(音劣化)対策ではなく、ノイズ対策が主眼です。
何故ならば、バッファーは音痩せ防止を目的としたエフェクターではないからです。

ご質...続きを読む

Qベースの指弾きにアドバイス下さい。

基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。

実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。


そこで質問なんですが。
1.どうすれば指が早くなりますか?
ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じとか、指は伸ばしたままでとかも教えてもらえると嬉しいです。


2.指弾きで曲を弾いた場合、早い曲になると最初の方はいいのですが、途中から筋トレした時の感覚と一緒で乳酸が溜まるのか、重くだるい感覚になり指弾きの早さも下がってきます。
こういうのは弾き続けて解消するしかないのでしょうか?


3.また体験程度でレッスンに通った事があるのですが、そこの先生は「おもいっきり弦を指で弾け!じゃないとベース本来の音が出無い!」と言ってました。
がそんな力ずくじゃ指弾きの音もリズムも安定しないです。本当に思いきりの方がいいと思いますか?


3はちょっと気になったので一緒に質問してみたのですが、普段から指だけで弾いてる方や、こういう意識を練習中にしたら早くなったという人が居たら是非教えてください。

基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。

実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。


そこで質問なんですが。
1.どうすれば指が早くなりますか?
ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じと...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。
(私の経歴は、プロフィールを参照してください)

私も9割は指弾き(2フィンガー)です。
私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<質問1> どうすれば、指が早くなるか?

右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。
右手の意識としては、
(1)腕(前腕部=手首から肘まで)には殆ど力を入れない。
(2)指は第二関節から先を動かすイメージ

(2)は、実際は指の根本から動いてしまいますが、頭の中のイメージ、あるいは
右手の感覚としては第二間接から先を動かすように意識すると早く動かすことができます。

また、右手自体は軽く小指側に手首を折って弾きます。
これは、中指と人差指の長さの差を手首を折ることで吸収してやるのです。
右手の中指と人差指が弦に対して直角になるように構えると中指は曲げながら
弾き、人差指は伸ばして弾くことになります。
これですと、いわゆる「ツブ」が揃わないし、中指と人差指の力の入れ方が
異なるため、同じような力・感覚(タッチ)で弾けないためです。


<質問2> 早い曲は途中から重くだるい感覚になる

これは、おそらく右手・右腕(前腕部)に力を入れて弾いているため、
疲れてくるためです。

ベースの右手の極意は「力を入れずに力強く弾く」ことです。
矛盾していることを言っているようですが、兎にも角にも「力を入れない(抜く)」
ことができるかどうかが肝心です。

右手(腕)に力を入れずに力強く弾くためには、まず、右腕(前腕部)を
鍛えなければなりません。
私はこの年になっても、寝る前に両手でグーパーを100回やって寝ます。
前腕部が疲れてだるくなる感覚ですが、これを毎晩やります。
すると少しずつ、前腕部の力がついてくるので、自分では力を入れて弾いて
いるつもりがなくても、実際は力強く弦を弾いているのです。
私も自宅で土・日は3~4時間くらい練習しますが、右手はまったく疲れません。

弦は一定以上の振動がないと良い音がしません。
良い音が必要な力が「5」だとすると、「3」の力でしか弾けない人は、
いつも多くの力を入れながら弾かなければなりません。
逆に、「7」とか「8」の力がある人は、力を抜いて「5」で弾くことが
できるので、疲れ知らずで良い音で弾けるのです。

それから、ベースを構える位置も関係しているかもしれません。
右手の位置が高すぎるか、低すぎると余計な力が必要になるため、早い曲だと
ついて行けなくなるのかもしれません。

右手の構え方・力の入れ方、弾き方、そして、ベースの構え方で一番綺麗で
すばらしいのは、やはり、故・ジャコ パストリアスですね。
YOUTUBEでたくさん見ることができますので、参考にしてください。

<質問3> 思いっきり弦を弾け!

これは、体験教室での話しですので、まったくのベース初心者への指導だと
思った方がよろしいと思います。

私も多くの方にベースを教えてきましたが、まったく初めてベースを
弾く方は、右手(指)で上へ弱々しく引っ掻くように弦をはじきます。
ものすごく弱く、音にもならない程度のものです。

私が先生だったとしたら、やはり「もっと力を入れて、思いっきり弾いて」と
言うでしょう。

質問2でも申し上げた通り、右手(腕)は鍛えて一定の力を出せるように
する必要があると思います。
鍛えると言っても、筋肉隆々の必要はなく、ベースギターで良い音が
出せるレベルの鍛え方で十分です。


何事もそうですが、上級者ほど、経験者ほど、余計な力を入れずに
すごいことをやりますよね。
何回も何回も何回も練習すると、どこで力を入れて、どこで力を抜くかが
少しずつ分かってきます。

大丈夫です。 これからも頑張ってください。

お役に立ったでしょうか? 長文失礼しました。
楽しいBass Lifeを!

こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。
(私の経歴は、プロフィールを参照してください)

私も9割は指弾き(2フィンガー)です。
私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<質問1> どうすれば、指が早くなるか?

右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。
右手の意識としては、
(1)腕(前腕部=手首から肘まで)には殆ど力を入れない。
(2)指は第二関節から先を動かすイメージ

(2)は、実際は指の根本から動いてしまいますが、頭の中のイメージ、...続きを読む

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

Q中指と薬指の分離動作の練習法を教えて。

ギターのアルペジオやトレモロの練習をしていますが、
薬指と中指が別々に動きません。薬指を曲げようとすると
中指も付いてきますし逆に伸ばそうとすると共に伸びてしまいます。
3フリンガーのと時には、さほど気にならなかった中指、薬指の未分離がここに来て大きな壁になっています。
今中指と薬指を使い交互に弦をはじて練習していますが、
別々に動作させるのに使える効果的な練習法をお教え願えませんか。

Aベストアンサー

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入れられ前腕にまとめられてしまったというのです。
そのため、指を独立して動かす場合は、楽器の練習の前にそれらの筋肉の分離独立を促すストレッチをすれば効果が高いということです。
具体的な方法は簡単です。2種類あります。
1.右腕を、床に対して水平に前方に出します。ヒジは90°位に曲げます。手のひらは天井に向けます。
2.そのまま右手首の力を抜きダラリとさせます。
3.左手全体で、右手の薬指1本だけを握ります。薬指の関節が曲がらないように棒のような状態にしてしっかり握ります。ゆっくり棒状の薬指をそらしてストレッチします。
4.薬指をストレッチしたまま、他の指をゆっくり曲げて、無理やり握りこぶしを作ります。
このとき前腕の筋肉が痛くなります。痛い場所が引っ張られている腱鞘です。ようはこれを分離するストレッチ体操です。
5.ゆっくり握りこぶしを締めたり緩めたりを10回くらい繰り返します。
これがAという柔軟体操。
もう一つは、説明が簡単です。「Aの逆」です。と言えば分かると思います。
Aの練習とは逆に、人差指・中指・小指をまとめて、左手で棒状につかんでそらせます。
ゆっくりと薬指と親指で握りこぶしを作るのです。これがBという柔軟体操です。
次に、中指を対象にして同じことをやります。
これも10回くらい。この両方を練習前にやればウソのように手が独立して動きます。
応用練習
このAとBを左右のすべての指(親指以外)で行ないます。
毎日やれば、ゆびがバラバラになったのかと思うほどに独立して動くようになります。左手小指のトリルのときなども自分でも驚くほど速く動きます。
あと効果的なのは、右手の薬指と中指で、ピアノのトリルのような交互打鍵動作で机の上をカタカタカタカタと叩きます。出来るだけ速く、自分の限界でやります。10秒くらい続けて5秒のインターバルです。これをヒマさえあれば実行します。電車の中でも、仕事中でも、運転中でも、テレビを見ながら、読書しながら、彼女と映画を見ながら、とにかく目立たないように自分の体の一部をコトコトコトコト叩くのです。(変なヤツと軽蔑されないように他人に見られないように気をつけてやって下さい。)
以上お試しください。ただし、ストレッチは急にムチャクチャすると当然指が壊れます。軽く少しずつ続けてください。
これと並行に、他の人の回答にあるような基本練習もしっかりやればスグにうまくなります。

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入...続きを読む

Qエレキベースのビビリ音について教えてください。

ベースを始めて1ヶ月の初心者です。
今は始めたばかりなので、毎日、フィンガーピッキングで運指の練習をしています。
練習するのは、ほとんど夜なので、アンプを使わずに、生音で練習しています。
3,4弦を弾いているときの事なのですが、例えば、5,4,3,2フレットを子指、薬指、中指、人差し指を使って順に弾いていくと、例えば5から4フレットに移るとき、子指をフレットから離して薬指で4弦を押さえるときに、子指を離すわずかな間に、弦とフレットがぶつかって、’ビビビビ’というビビリ音がします。4から3に移るときの同様です。弦を強く抑えていようと、すばやく指を離そうと、必ずします。
アンプを通して音を出すと、ほとんど気にならないのですが、そういうものなのでしょうか。
それとも何か弾きかたが根本的に間違っているのでしょうか。
右手を使って、音をミュートしたりするものなのでしょうか。
あたり前の事ですが、2,3,4,5の順に弾くときはしません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

文面でわかる運指等の限りでは、弾き方的にはあんまり変な感じはしませんね。
強いて言えば、小指を離す時に、素早く離そうとするあまり?弦をちょっと「引っ掻く」ような感じになって、余分な振動を与えてる…っていう懸念は、あることはありますけどね。

ただ、
>アンプを通して音を出すと、ほとんど気にならないのですが、
ということなら、極端に神経質にならなくても良いと思います。

ほんとにほんとに(^^ゞ 『強いて言えば』…という話なので、くれぐれも気に病まないで欲しいのですが…

私も覚えがありますが、初心者の頃に左手で素早い運指をしようとすると、指を離す時に、例えて言えば「反動を付ける」みたいなノリで、無意識で、押指を離す寸前に、その指を指板に「一瞬押しつける」ような動きをしてしまいがちです。
そういう時、一度弦を押しつけてから離すが故に、離す瞬間に押弦力が少し斜めにズレて、弦を気持ち引っ掛け上げたり、少し横方向にハジいたりということが起きがちです。

大抵は、もっともっと慣れて、左手全体の『無駄な力』(一ヶ月目の初心者では、若干は無駄な力が入ってるくらいで当たり前)が抜けてくれば、自然な感じで素早く指が離れ、動くようになるので、引き続き練習を積んでいかれれば大丈夫だと思います。

ただ、アンプを通じてもビビリ音が聞こえるようなら、そういう無意識に弦を弾く動作になってないかどうかを、まずは要チェックです。

多分、ベースの調整不足を指摘される方も現れると思いますが、確かにそういう時もビビリは出ることがありますが、「2,3,4,5の順に弾くときはしません。」ということなら、しばらくは気にしなくとも良いです。

がんばって下さいね!

文面でわかる運指等の限りでは、弾き方的にはあんまり変な感じはしませんね。
強いて言えば、小指を離す時に、素早く離そうとするあまり?弦をちょっと「引っ掻く」ような感じになって、余分な振動を与えてる…っていう懸念は、あることはありますけどね。

ただ、
>アンプを通して音を出すと、ほとんど気にならないのですが、
ということなら、極端に神経質にならなくても良いと思います。

ほんとにほんとに(^^ゞ 『強いて言えば』…という話なので、くれぐれも気に病まないで欲しいのですが…

私も覚え...続きを読む


人気Q&Aランキング