出産前後の痔にはご注意!

TT-01のギヤ比を7.21から6.28に変更したところ、1分も走行しないうちに動かなくなってしまいました。
ステアリングは動きますが、スロットルが反応しません。
アンプが逝ってしまったのでしょうか?

アンプ:タミヤTEU-101BK モーター:ヨコモ/プロストック2 27Tです。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

経験上の推定原因を、可能性の順に並べると・・・



1.アンプ過負荷による自己遮断
2.バッテリ残量
3.ギヤのはめあい
4.その他

1は、この時期に起こりやすい現象ではあります。
負荷によってアンプの温度が高くなると、モータへの給電を停止する自己防衛的な機能(ヒートプロテクト)を搭載していて、それが働いたと考えられます。なお、ステアリングサーボは作動します。
この場合には、むしろアンプは「正常に機能している」と言えます。
ヒートプロテクトは、使用可能範囲内のターン数を持つモータを使っていたとしても、連続運転や駆動系のロス等で働くことがあります。
十分にアンプが冷めれば、モータへの給電も復旧します。

2は、バッテリ残量の現象による、単なる電力不足です。
消費したバッテリはもちろん、「充電したばかり」でもメモリー効果等によるバッテリの劣化で、充電容量そのものが極端に減少している場合があります。これらが原因で駆動用モータが回転しない場合には、車体を持ち上げると空転しますので、ひとつの判断基準になるでしょう。
普通は消費電流の少ないステアリングサーボも作動します。

3は、「抜け」や「飛び」、異物の混入などです。具体例は・・・
・モータに付けるピニオンギヤのイモネジがゆるんでいる。
・ギヤの歯が欠けている。
・バックラッシの間隔が適正でない。
・ギヤに異物が挟まっている。
等々です。異物以外の症状は「音」で判断できると思います。

4は、上記以外、つまり想定外のケースを指します。
例えば、ドックボーンに石が挟まっているとか・・・
何が起こっているかは、現物を確認して判断することになりますので、誰かに見てもらうことをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、詳しく解答いただきましてありがとうございます。

アンプが冷めても症状が直らないのでモーターを換えてみたら動きました。
アンプではなく、モーターがいかれたみたいです。
ただ交換したのがノーマルのモーターなのでまた逝ってしまうのではないかと少々心配ではありますが・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/24 18:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング