プロが教えるわが家の防犯対策術!

窒素酸化物(NOでもNO2でも良いです)と一酸化炭素(CO)を比べた時、白金(Pt)に強く吸着するのはどちらでしょう?

A 回答 (1件)

同じ温度・被覆率で比較すれば、COの方が強くPtに吸着すると思います。



 COの場合COから電子がPtに飛び(供与)同時にPtからも分子軌道の
空いているレベルに電子が飛びます(逆供与)。このために、
Pt-C≡OとPt=C=Oの中間のような結合状態が安定化されて、PtとCの間の
結合が強くなります。
 NOはCOより電子が1個多いですよね。この余分な1個が、Ptからの
電子を受ける分子軌道に、先客として居座ります。そのためNOの場合、
逆供与による安定化の度合いは小さい、ゆえにCOの方が強く吸着すると
大雑把に説明できます。
 具体的なデータをネットで拾ったので貼っておきます。吸着熱の値
そのものは温度や被覆率に大きな影響を受けますが、(NO-Ptの吸着熱)
<(CO-Ptの吸着熱)の大小関係はひっくり返らないと思います。

(Pt単結晶上の吸着熱)
被覆率が小さい場合:26±2 kcal/mol(NO)、32±2 kcal/mol(CO)
被覆率が大きい場合:12±2 kcal/mol(NO)、16±2 kcal/mol(CO)
(E. G. Seebauerらによる。Surface Science, Vol. 176, 1986, Pages 134-156)

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%86%E4%BE%9B% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的データも示してくださいましたのでよく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/26 22:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング