ヴェルディやヴァーグナー等のロマン派のオペラにはなぜレチタティーヴォ・セッコがないのでしょうか?
かといってオケ伴奏のアッコンパニャートっぽいものもないし...。とにかくアリアとレチの区別が付きませんから自分にはやかましく聞こえてしかたありません。
18世紀のモーツァルトやチマローザ、パイジェルロ、ピッチンニのオペラはもちろん、19世紀でもロッシーニあたりまではあってとても高い劇進行の効果をもたらしていましたのにね...。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ヴァーグナーについては意図的にアリアとレチタティーヴォの区別がつかないようにしたようです。


レチタティーヴォは,それはそれで役割があり,シンプルでいいのですが,レチタティーヴォの後に
拍手が起こることはないですね。やはり,アリアとアリアの間のつなぎという位置づけかと思います。
客は待ってましたとばかりにアリアに耳を傾け,終わった瞬間に拍手を入れます。
この拍手が続く間,劇の流れが止まることをヴァーグナーは嫌ったようです。
完全主義者のような人ですから。

ひとつの幕を拍手で中断させないことで,今,思いましたが,モーツァルトのオペラでは,
有名なアリアの後に拍手が起こり,その拍手に歌手が微笑んで礼をする場面が記憶にあるのですが,
ヴェルディやヴァーグナーでは,拍手が起こっても,歌手は礼をすることはなく,体を動かさず,
顔の表情もアリアを歌っているときのままで,拍手が鳴り止むのを待っている……,
印象としてそんな記憶が残っています。
これが,ひとつの幕が終わるまで拍手で劇の流れを中断させないという意図なら,
個々のアリアを聴かせるという考え方と,ひとつの幕全体を表現するという考え方の違いが
あるのではないかと推測します。

チマローザのオペラのライブ録音のものをひとつだけ持っていますが,やはり,アリアの後に
拍手が入っています。個々のアリアを聴かせているという感じです。
モーツァルトの劇場支配人ではレチタティーヴォではなく台詞(音楽的要素なし)が長々と続きます。
音楽的に,あるいは劇的効果として中身を濃くするために,レチタティーヴォや台詞を削り,
幕全体の流れ(構成)が重視されるようになってきたのかもしれないと…これも推測です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございます。
>拍手が続く間,劇の流れが止まることをヴァーグナーは嫌った
幕全体をひとまとまりとする考え方があるようですね。
つまり、完全に作曲家本位の構成ということのようですね。歌手中心の古典派までのオペラとは逆ですね。

お礼日時:2008/07/25 12:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

オペラ」に関するQ&A: 世界10大オペラって?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロマン派のオペラについて

ロマン派(1810-1860)の年代の中で作られたオペラは、ロマン派時代のオペラと区切ってよいのでしょうか?
また、その場合は代表作は何になるでしょうか?

私の考えでは、ヴェルディの「椿姫」はロマン派のようで、そう区切れるようには思えないのですが…皆さんの考えはどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

 ロマン派といっても広うございます。
 年表のように区切れるものでもありません。
 わたしは、18世紀終わりから20世紀初めまでが、ロマン派的な時代だったんじゃないかと考えています。まるまる19世紀が入ります。

 さて、ご質問の椿姫、1853年初演のヴェルディの代表作の一つです。しっかり聴いたことがないので、もしかしたら的外れな意見を書くかもしれません。
 わたしとしては、ばっちりロマン派を代表するオペラの一つだということができると考えています。

 現代音楽への扉を開いたということができる、ワグナーの「トリスタンとイゾルデ」の作曲が1859年完成です。
 いろいろな意見があると思いますが、ロマン派の代表的なオペラにはやはりワグナーの作品群が挙げられると思います。
 あとはロッシーニ、ヴェルディ、R=シュトラウス、などが挙げられるでしょうか。
 モーツァルトは、オペラに関してはどうなんでしょうか。やはり古典派でよいのかな。

 オペラについての参考サイトです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/aine/opera/o_frame.htm

 ロマン派といっても広うございます。
 年表のように区切れるものでもありません。
 わたしは、18世紀終わりから20世紀初めまでが、ロマン派的な時代だったんじゃないかと考えています。まるまる19世紀が入ります。

 さて、ご質問の椿姫、1853年初演のヴェルディの代表作の一つです。しっかり聴いたことがないので、もしかしたら的外れな意見を書くかもしれません。
 わたしとしては、ばっちりロマン派を代表するオペラの一つだということができると考えています。

 現代音楽への扉を開いたという...続きを読む

Q「オペラ座の怪人」出演者の発声はオペラ? ミュージカル?

 現在公開中の映画「オペラ座の怪人」を見た者です。
 この作品は19世紀末を舞台にしていますが、当時のあのような劇場で公演していたのは、現代のオペラとどれぐらい近くてどれぐらい異なるのでしょうか。
 もし、オペラ(に近い)とすれば、ミュージカル俳優がオペラ歌手を演じるとき、そこでの発声方法はオペラでしょうか、ミュージカルでしょうか。それともどっちつかず!?
 映画「オペラ座の怪人」における主要人物の発声はどうでしょうか。(ふきかえうんぬんは、ここでは考えません)

Aベストアンサー

こんにちは。私も先日「オペラ座の怪人」を観ました。私は音大卒なので、普通よりは音楽に精通しているほうだと思います。本物のオペラも、ミュージカルも観たことがあります。

まず、19世紀末当時のオペラについてですが、現代の発声法とそこまで変わっていないと思うので、現代のオペラとそう大差ないと思います。日本には少ないですが、外国には今でも映画で観たようなオペラ専用の劇場が沢山ありますからね。

次に、ミュージカル俳優がオペラ歌手を演じるときの発声方法は、ミュージカルっぽい歌い方のままだと思いますよ。多少は意識するでしょうが…基本的にオペラでの発声法とミュージカルでの発声法はちょっと違いますからね。自分の歌い方を無理に変えるようなことはしないと思います。まぁミュージカルの劇中劇でオペラをやるなんてことは「オペラ座の怪人」の他にはそうないですしね。

映画「オペラ座の怪人」における主要人物についてですが、あれこそオペラの発声!っていうのは、カルロッタとカルロッタのオペラでの相方(ドン・ファン役だったのにファントムに主役をとって代わられた、太った人。名前忘れてしまいました)の歌い方ですね。
クリスティーヌの声もとても澄んでいて綺麗で、声量があってとても良かったのですが、オペラというよりはミュージカル向きだと思います。ファントムやラウルの声は完全にミュージカルですね。

私は声楽家ではないので、オペラの発声法とミュージカルの発声法の違いが感覚でしか分からず、詳しい説明を出来ないのが申し訳ないのですが、どちらもお腹から声を出しており、どちらのほうが下手とかそういうのはないと思います。オペラとミュージカルを一度観て、比べてみるといいと思いますよ。
声楽をやっている人を見てもオペラに向いている人とミュージカルに向いてそうな人、二種類あるような気がしますね。

こんにちは。私も先日「オペラ座の怪人」を観ました。私は音大卒なので、普通よりは音楽に精通しているほうだと思います。本物のオペラも、ミュージカルも観たことがあります。

まず、19世紀末当時のオペラについてですが、現代の発声法とそこまで変わっていないと思うので、現代のオペラとそう大差ないと思います。日本には少ないですが、外国には今でも映画で観たようなオペラ専用の劇場が沢山ありますからね。

次に、ミュージカル俳優がオペラ歌手を演じるときの発声方法は、ミュージカルっぽい歌い方...続きを読む

Qロマン派 レベル・・・・

某サイトで質問をしたときに、
自分のレベルを示すためにいくつかchopinの曲を書いたら

「ロマン派の曲を書かれてもあなたのレベルは測れません」
といわれました。
なぜロマン派ではだめなんでしょうか?
どんな曲でも大体の難易度は分かると思ったので書いたのですが・・・

Aベストアンサー

レベルとは、演奏技術のレベルですか?

演奏技術にはいろいろな側面があります。
中でも、物理的な技術が表面的には重要になります。
しかし、指が回らなくとも表現力があって実に雄弁な演奏をすることはできます。
そうした表現力も演奏技術の要素の一つです。

ロマン派の音楽は、楽譜の指示に従って弾くよりも表情豊かに演奏されるものです。
つまり、いくら物理的な技術が低くともごまかしが利くと言える。

・・・てなことじゃないかと思うんですがねえ。
まあそれでも大体の難易度は分かると私も思いますが・・・
同じロマン派の曲でも、演奏レベルは結構幅を持ってしまうというのは確かにあるとは思います。

Q初オペラなら? エレクトラ・清教徒・皇帝ティート

来週からパリに出張になりました。
夕方からの自由時間を有意義に使いたく、兼ねてから憧れていたオペラ鑑賞に行きたいと考えております。
滞在中に上演しているのは、エレクトラ・清教徒・皇帝ティートの慈悲の3種類です。
全くの初心者にお勧めのものはどれでしょうか?
オーケストラへの興味はベートーベンとブラームスが好きで、たまにコンサートに行く程度です。
初オペラがパリなんて、私には勿体無いと思いつつも、せっかくの機会です!
素晴らしい音楽と舞台に触れてみたく、オペラに詳しい方のアドバイスを頂きたくお願いします。

Aベストアンサー

いや、羨ましいですね。本当に。

ということで、演目、演出、劇場と調べてみました。

結論から言うと、皇帝ティートの慈悲 です。 以下理由。

個人的な音楽の好みから言うと、エレクトラ! 演出も奇才で、有名な方。 しかし、他の2演目も、演出家は有名な方ですよ。 さすが、パリというところか。

他にも色々比較してみましたが、何と言っても、劇場がガルニエ(旧オペラ劇場)なのが、一番の理由。 他の2演目は、バスティーユ劇場。 近代的な、コンサートホールのような劇場です。

劇場が一番の理由? そうなんです。 建造物そのものが素晴らしいのです。それが芸術と言っていいくらい。 一般の方が、オペラ座というものを頭に浮かべるときは、こういう劇場のことを思い浮かべているのではないでしょうか?

想像以上に素晴らしくて、圧倒されると思います。

心配なのは、チケットが取れるのかな? というところ。 それと、あまり安い席は、舞台が見えにくい(もしくは、かなりの部分が見えない)ので、ご注意を!

早めに出かけて、オペラ座探索をしてください。 西欧文化の華というのは、こういうとこにこそ、残っています。

いや、羨ましいですね。本当に。

ということで、演目、演出、劇場と調べてみました。

結論から言うと、皇帝ティートの慈悲 です。 以下理由。

個人的な音楽の好みから言うと、エレクトラ! 演出も奇才で、有名な方。 しかし、他の2演目も、演出家は有名な方ですよ。 さすが、パリというところか。

他にも色々比較してみましたが、何と言っても、劇場がガルニエ(旧オペラ劇場)なのが、一番の理由。 他の2演目は、バスティーユ劇場。 近代的な、コンサートホールのような劇場です。

劇場が一番の理由...続きを読む

Qロマン派と古典派の音楽

ロマン派と古典派の音楽について教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ロマン派と古典派の音楽の「境界線」ということに関しては、前の回答で出尽くしていますので、あえて述べる必要もないかと思います。しかし、モーツァルトの後期になると古典派ではなくなるという意見もありますし、ベートーヴェンは古典派の形式を踏まえた上で破格(第5交響曲のように楽章を続けて演奏するアタッカ、第6交響曲のような5楽章制、第9交響曲のように緩徐楽章を第3楽章に配置し、さらに合唱を加えるなど)を使って形式よりも想像力(=創造力)を重んじたケースもあります。ですから大体モーツァルトやベートーヴェンが端境期だとは言えるでしょう。両派の性質を持った作品もいくつか見られます。

ソナタや交響曲といった形式に忠実なことをもって美学としたのが古典派、それに対し、形式よりもその内面の表現力や創造性に重きを置いたのがロマン派ということになります。

ロマン派の1つの特徴として、標題性というのが言えると思います。例えばベルリオーズの「幻想交響曲」のような心理性、物語性のある音楽はロマン派に属しています。しかし、これだと不十分な説明です。モーツァルトのオペラのアリアなどを聴くとわかりますが、人間の心理を見事に捉えた仕掛けがいくつか見られます。その意味でモーツァルトをロマン派と認めることもできるのですが、まだ一線を越えていない部分があります。
ロマン派の越えた一線とは、ハイドンによって完成された形式を破壊することによって創造するということにあります。その意味で、ベートーヴェンがヒーローとなり、後のロマン派の作曲家達(シューマン、ブラームス、ワーグナーら)の手本となったことは不思議ではありません。ベートーヴェンのように新しい価値観を創造するということがロマン派の考え方でした。

時代背景としては、フランス革命があるといえますね。近代市民社会が成立したことにより、その時代の精神というものが新たに目覚めたということになります。また、ドイツ文学で言えば、疾風怒濤期のゲーテやシラーの影響も考えられます。叙事に徹するよりも詩的、叙情的な部分こそが人間を語る上で必要だということなのかもしれません。そう、ロマン派の音楽というものは、まさしく人間をテーマにするようになったのです。厳格なヒエラルキーに置かれていたアンシャン・レジューム期の音楽(すなわち古典派)になかった生気が、ここで盛り上がることになります。

古典派はバロック(代表:J.S.バッハ)の次に来るものですが、この切り替えも段階的に行われました。バッハの息子たちによる前古典派、また、シュターミッツのようなマンハイム楽派などを経て、ハイドンによる完成に至るのです。
ではロマン派はというと、民族楽派が現れるようになってからが大体後期ロマン派ということになります。しかし、ドレミファソラシドの音階に制約されたままでした。そこを打ち破ったのが、1人はフランスのドビュッシー、もう1人は12音技法を打ち立てたシェーンベルクということになります。後者の兆しというのはすでにワーグナーの「トリスタン」にも現れているので、実際のところロマン派の延長ということになるのですが、「技法」という形式に走ってしまった以上、ロマン派として認めるのは難しいのかもしれません。シェーンベルクと同時期のヒンデミットは、ロマン派として認めてもいい作曲家ではありますが、同時期ゆえに「現代音楽」の枠に入れられてしまうことも多いです。

ロマン派と古典派の音楽の「境界線」ということに関しては、前の回答で出尽くしていますので、あえて述べる必要もないかと思います。しかし、モーツァルトの後期になると古典派ではなくなるという意見もありますし、ベートーヴェンは古典派の形式を踏まえた上で破格(第5交響曲のように楽章を続けて演奏するアタッカ、第6交響曲のような5楽章制、第9交響曲のように緩徐楽章を第3楽章に配置し、さらに合唱を加えるなど)を使って形式よりも想像力(=創造力)を重んじたケースもあります。ですから大体モーツ...続きを読む

Qオペラの「演奏会形式」と「オペラ形式」の違い

オペラの「演奏会形式」と「オペラ形式」の違いを教えてください。

Aベストアンサー

「オペラ形式」は書かれているとおり、舞台でオペラを上演しますが、「演奏会形式」は、普通のコンサートと同じように歌手たちがオーケストラの前に並び、つったったままで歌います。衣装も普通はつけません。オカネの問題や、オケの定期演奏会など、オペラを上演できないときによく開かれます。

Qベルリンの至宝展でドイツロマン派の

ちょっと古いですが、「ベルリンの至宝展」で出品された「ドイツ・ロマン派」の出品目録ってわからないでしょうか?私は東京で行ったんですが、もう一度観たくて(おそらくドイツまで行かなくてダメでしょうが・・・)。
特に「カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ」の作品が知りたいです。
あと「ドイツ・ロマン派」「カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ」でおすすめの画集などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

ちょうど私の目の前に「ベルリンの至宝展」の本があります。
あまりドイツ・ロマン派に詳しくないので「カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ」のものだけ…
窓辺の女(1822年)
孤独な木(1822年)
海辺の月の出(1822年)
の3点が出品されてました。

残念ながら画集は無いみたいです。
しかしながら下記のサイトに『Verlag der Eiserne Hammer版の画集』というのがあり
クリックすると絵がPDFでダウンロードできます。
私の見た所『孤独の木』以外はありました。

でも画集も画像も本物にはかなわないんですよね(^-^:)
私は「カール・フリードリヒ・シンケル」の絵に惚れましたが
どこにも無かったとです…。

参考URL:http://www.wako.ac.jp/~michael/wiki/index.php?cmd=read&page=%A5%AB%A5%B9%A5%D1%A1%BC%A1%A6%A5%C0%A1%BC%A5%F4%A5%A3%A5%C8

Qオペラの「演奏会形式」と「オペラ形式」の違い

オペラの「演奏会形式」と「オペラ形式」の違いを教えてください。

Aベストアンサー

 まずオペラとは、歌手が扮装して演技をしつつ管弦楽と共に歌う音楽劇のことです。いわゆる「オペラ」というのはこちらですね。
 「演奏会形式」とはいろいろな舞台装置や扮装、演技はなく、歌手がずらっと並んで管弦楽に合わせて歌うだけというものです。
『演奏会形式などオペラではない!』とおっしゃる方もいらっしゃいますが、普通のオペラ上演ほど手間が掛からない分安価ですし、演奏会形式と言いつつもそれ風の衣装をつけたり、照明演出で雰囲気を出したり、多少の演技も入ってただ棒立ちで歌うだけ、ということはない場合もあります。
 どちらにもそれなりの良さがあるのではないでしょうか?

Q中学校の音楽の宿題でロマン派・国民楽派の作曲家(シューベルは除く)から

中学校の音楽の宿題でロマン派・国民楽派の作曲家(シューベルは除く)から一人選び、調べなくてはならないのですが誰か面白いエピソードがある人はいませんか?

Aベストアンサー

ロマン派の人で、フランツ・リスト(Franz Liszt, 1811-1886)も面白いですよ。最初の方があげてらっしゃるパガニーニもかなり壊れた人で面白いんですが、リストはそのパガニーニのヴァイオリン演奏を聴いて、「よし、自分はピアノのパガニーニになろう!」と決意した人です。

ピアノが上手いどころじゃない、ものすごい華麗なテクニックの持ち主で、しかもイケメンだったので、女性ファンが失神したというエピソードも残っています。かと思うと、人妻と駆け落ちしたり。ま、詳しくは自分で調べて下さい(笑)。

(参考)
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/7602/page8.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

でも、ただエピソードを調べて書くだけじゃなくて、実際に曲を聴いてみて、自分がどう感じたかを書くことが大事だと思います。代表作をいくつか紹介するので、ぜひ聴いてみて下さいね。

リストの曲で有名なのは…
『愛の夢 第3番』
http://www.youtube.com/watch?v=7OfHoXJh9wg
『ラ・カンパネラ』
http://www.youtube.com/watch?v=7slRnziludY
この『ラ・カンパネラ』という曲は、『パガニーニの主題による大練習曲』という曲集の中の一曲で、その元ネタとなったのが、パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番の第3楽章です。
http://www.youtube.com/watch?v=ra-mRawdH3o

しかもリストはピアノだけの人ではなくて、交響詩(Symphonic Poem)というジャンルを作った人でもあります。これは映像のない映画音楽みたいな感じで、聴いていてヴィジュアルが思い浮かぶような、ストーリー性のある音楽です。
交響詩『レ・プレリュード(前奏曲)』
http://www.youtube.com/watch?v=6BZgte0ObLw
http://www.youtube.com/watch?v=BRa36DV6zJ8
この曲は「前奏曲」というタイトルなのに、その後に続く曲がありません。実は、「人生とは死への前奏曲である」という思想を表現しているのだとか。

女性にはモテていても、どこか空しかったんでしょうかね。しまいには悔い改めたのかどうかわかりませんが、カトリックの司祭になってしまって、悟ったような感じの宗教曲を書くようになります。こちらは『十字架の道行』という曲集です。
http://www.youtube.com/watch?v=7oMJctA-g60

ロマン派の人で、フランツ・リスト(Franz Liszt, 1811-1886)も面白いですよ。最初の方があげてらっしゃるパガニーニもかなり壊れた人で面白いんですが、リストはそのパガニーニのヴァイオリン演奏を聴いて、「よし、自分はピアノのパガニーニになろう!」と決意した人です。

ピアノが上手いどころじゃない、ものすごい華麗なテクニックの持ち主で、しかもイケメンだったので、女性ファンが失神したというエピソードも残っています。かと思うと、人妻と駆け落ちしたり。ま、詳しくは自分で調べて下さい(笑)。

...続きを読む

Q私は最近オペラに興味を持ちました。DVDでオペラを鑑賞しようと思うので

私は最近オペラに興味を持ちました。DVDでオペラを鑑賞しようと思うのですが、歌詞が外国語なので、意味が全然分からないのが、玉に傷です。そこで、日本語の字幕が私には必要です。市販されているオペラのDVDには日本語字幕が付いているのかいないのかの、どちらかが分かりません。それを知る方法はあるのでしょうか。また、やはり、日本語字幕つきは数が少ないものなのでしょうか。私はオペラDVDには初心者なので、事情をお分かりの方にアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

字幕がついているかどうかは、そのDVDのパッケージに書いてあると思います。
また、見たいオペラDVDの販売元がわかっているのであれば、検索は可能だと思います。

ちょっと話はちがうのですが、最近、DEAGOSTINIから「DVDオペラコレクション」というのが出てます。これなら、確か日本語字幕はついていますし、ストーリーを解説したマガジンがついてくるので、オペラDVD初心者にはむいているのではないでしょうか?リンクを張っておきます。

参考URL:http://deagostini.jp/doc/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報