(日本国内のみで)一体どちらが人気あるんでしょうか?(売れている)。どちらが歴史的に古いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

歴史的に古いのはDQです。


DQがFFより優れている点は、キャラを育てる、強くする快感です。
いわゆる勇者・戦士・僧侶・魔法使いなどを育て上げ、旅を重ねるごとに
より強力な武器や防具、魔法を覚え、最終的に人々に恐怖を与える存在、
魔王を倒すというのがこのゲ-ムシリ-ズの特徴であり、優れている点です。
要するに、すべてのRPGの元祖とも言えるのがDQなんです。
小さなメダルを集めれば強力な武器が手に入るなど、アイテムをコレクションする喜びがあるんです。

かつてファミリ-コンピュ-タが登場し、シンプルなゲ-ムが登場する中、
キャラを自分で育て上げ、強くするというユ-ザ-の好奇心を刺激する画期的なゲ-ムが登場しました。それがDQです。
これは、DQ(1)では竜王という魔王を倒す為の物語、(2)は(1)から100年後の世界が
物語の舞台でした。そして、(3)からは自分で仲間を作り、転職出来ると言う自由な組み合わせが出来るようになりました。

FFとDQの違いは複雑さです。FFはATVというそうとうゲ-ムに慣れてないと難しい戦闘シ-ン、一人一人が違う特技を持っているので使い分けが難しい、そして、ユ-ザ-の年齢的な差がありすぎる。しかしDQは戦闘シ-ンが「戦う・道具・呪文・防御」が簡単なので画面も見易いし、スト-リ-性がはっきりしている。
FFはキャラの装備やステ-タスがみな同じですが、DQは自分の工夫しだいで
すべての呪文を覚えたり、色んな技を持った戦士など、自分だけの強力なキャラが作れるのもDQの一番の魅力です。

派手な演出がないのとスライムなどモンスタ-やキャラが可愛いというイメ-ジから老若男女すべてに好まれるところもFFと違うところです。
つまり、勇者や魔法使い、人魚や魔王など伝説と言う要素を含んだ、空想世界の大冒険をする喜びを与えるDQ、FFはグラフィックがリアルで複雑過ぎる現実的な要素を持っているのがDQとFFの違いです。

そして、FFはゲ-ムをクリアしたらそこで終わりですが、
DQは隠しダンジョンやより強い敵が待っているという更にハマるようなシステムが
あるのも魅力です。したがって、FFよりはDQの方がやり込むし、人とは違う
パ-ティ編成ができるところ、キャラを強くする喜び、ものを集める快感、
コレクションする喜びなどを色んな快感を与えてくれるところがDQの魅力だと思います。まだ分からないとか何か質問があったらどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすく教えてくださって、大感謝です!ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/21 12:52

横槍入れるのもナンですが。

おっさんゲーマーとして黙っていられずに主観(ゲームの評価なんてあくまで主観ですよね。ですから参考程度に)で答えます。
<FFが商品的に優れている点>
新しいゲームシステムが、次々に採用されている。
<FFが技術的に優れている点>
グラフィック。
(前者については、「保守」の王道を行くDQシリーズと、「革新」の先端を進むFFシリーズの違いによるものなので評価の対象にするのはどうかと思いますが。)
<DQが海外でウケない理由>
*もともと海外ではパチモン扱い(憶測)
*演出面が地味(憶測)
*教会等、宗教的な問題(何かで読みました)
だと思います。初期のシリーズは海外版が作られていたはずです。
<そもそも双方の大きな違いは>
DQ:セリフがなく、主観を交えないので感情移入のしやすい主人公の1人称ロープレ。ドラマ性高し。
FF:突然、勝手にドラマを始める主人公にイマイチ馴染めないけど、演出は派手だよの3人称ロープレ。ストーリー性高し。

この回答への補足

 しつこくってすみません。私はアメリカ在住です。友達がいつもDQをバカにするんです。だからDQのよさを証明しようと思って質問を出したのですが・・・。なんかやっぱりFFの方が、"優れてる”みたいな感じなのかな?これってやっぱり好き好きの問題なのだと思うけど、でもDQをやったことのないアメリカ人に“どうだ!”と思わせるような、DQにはあってFFにない魅力みたいのないですか?本当に本当に何回もごめんなさい。もうこれで最後です。どうかよき回答をお願いします。

補足日時:2001/02/19 13:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/21 12:54

FFとDQの根本的な違いは、たくさんあるのですが


一つはシステムの特徴と概念の違いだと思います。

たとえば、FFはゲ-ムでドラマチックな映画を楽しめるような
エンタ-テイメントを目指しており、迫力のある映像シ-ン、また
感動とファンタスティックな
印象をユ-ザ-に与えたい訳です。ですから国際的な幅を広めたいし
海外に支社のあるスクウェアも、高度なCG技術のあるアメリカと
協力する訳です。だから、現時点のゲ-ムグラフィックは最高峰に位置する訳です。ですから「愛」をテ-マにしたり「友情」などをテ-マにしてるんです。

一方、DQは誰でも楽しめるようなゲ-ム、昔のファミコンのように単純な要素を持ったまま、転職システムとかユ-ザ-が最後までハマるような楽しむ為の
ゲ-ムを目指している訳です。「次はどこに行くのか」「次はどれに転職しようか」という楽しみがウリでしょう。
要するに、感動を与えるシリアスで格好いいRPGと
誰でも楽しめてやればやる程強くなる単純なRPGのそれぞれの快感を
与える最高峰がFFとDQなんです。お分かりいただけた?
    • good
    • 0

もともとはウルティマのようなコンピュータ用のゲームソフトがRPGの発祥です。

その後ファミコン用のドラクエが人気を集め、それを真似るような形でファイナルファンタジーが発売されました。今では、技術的にも商品的にもファイナルファンタジーの方が数段上を行っているように思います。

この回答への補足

 (私はFFをやったことがないのですが)、どのような点で商品的・技術的にFFが優れているのしょうか?またFFは海外で発売されているのに、ドラクエが発売されないのは何故でしょう?英語にできない問題などあるのでしょうか?・・・そもそも双方の大きな違いはなんですか?

補足日時:2001/02/19 05:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/21 12:57

1987年12月18日 ファイナルファンタジー


1986年5月27日  ドラゴンクエスト
というように歴史はドラクエの方が古いです。
売れているのもドラクエの方が多く、人気があると言えると思います。FF9は約260万本に対しDQ7は約380万本というデータもあります。
ちなみに私はドラクエ派なので参考URLはドラクエのリンク集になっています。

参考URL:http://www.hosiken.afis.to/webring/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/21 12:56

結論から言うと発売本数はドラクエの方が


多いそうです。操作方法が変わらないのが
売れてる理由じゃないでしょうか。
年とかは忘ましたが、ドラクエのほうが先でしたね。

ドラクエのほうが良く聞こえますが、
僕はFF派です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/21 12:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRPGだと中世西洋風、歴史シミュレーションゲームだと東洋を舞台としたものに人気が出る理由

ドラクエ、FFといったRPGについては、舞台は中世ヨーロッパ風になっているものが多く、そういったゲームに人気が出ているように思います。「天外魔境」など東洋が舞台のものがないわけではないですが、ヒットしたゲームの多くが中世ヨーロッパ風の架空の世界が舞台です。

一方で、歴史シミュレーションゲームについては三国志とか信長の野望といった、日本や中国を舞台にしたものが多く、神聖ローマとかビザンツ帝国、フランク王国といった中世ヨーロッパを舞台としたものはほとんどないですし、ヒットしたものは皆無でしょう。辛うじて「大航海時代」くらいでしょうか。

このように、RPGだと中世西洋、歴史シミュレーションだと東洋を舞台としたものに人気が出る理由は何でしょうか。

そして中世ヨーロッパを舞台にした歴史シミュレーションゲームと、中世東洋を舞台としたRPGにあまり人気が出ないのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

中世ヨーロッパを舞台にした歴史シミュレーションゲームが少ないのは、日本に中世ヨーロッパについて知識を持つ開発者やユーザーが少ないからだと思います。
例えばハンガリーとルーマニアの違いが分からない日本人は結構多いと思います。

国ごとの戦術や装備、将軍たちの経歴や特徴、重要な拠点、気候の違い。
シミュレーションゲームは、これらを知らないと楽しめませんからね。

RPGに中世ヨーロッパ風が多いのも同じ理由だと思います。
中世ヨーロッパについて細かい知識が無いので、文化や習慣に無理な設定があっても受け入れ易いのだと思います。

Q昔のゲームはしゃべれないから日本製ゲームは世界で売れた?

昔のゲームはしゃべれないから日本製ゲームは世界で売れた - 最終防衛ライン2↓
http://d.hatena.ne.jp/lastline/20080606/1212729381


URAHIDE より一部抜粋

>数が少ないんで、やっぱりリスク背負えないんですよ。
>ゲームは元々しゃべれなかったんで、世界に通用したんですよ。
>ゲームは精度が上がったんで、しゃべる、顔も表情が出る。
>そうなってくると日本で作ったものが世界で通用するのかという話ですよ。

昔は日本製ゲームが世界を席巻していたのに、今は海外製ゲームに押されていて
日本だけで売れるソフトが昔よりも多くなってきたような気がするのですが
その理由として「キャラクターがしゃべるようになった」ことがあると思いますか?
これ以外に、日本のソフトが世界で売れなくなってきた理由として何があると思いますか?

Aベストアンサー

今の日本は中身よりも外見を重視するからではないでしょうか?

お笑いでいうと、昔は落語の流れを汲んだ漫才(今でもちゃんとやっている漫才師はナイツくらいでしょうか、きちんと中身のある話)、が今では見た目だけの色物芸人(話の内容ではなくキャラクターでおすレイザーラモンHG、ムーディ勝山、犬井ヒロシ)が好まれるようになってきました。

マリオやらスペランカーといった時のものは媒体の容量が少なくその中でどうしたら面白くなるかを極限まで考えて作られていました。

今は容量がかなりありますのでほとんどのモノを入れれるようになった反面題材が出し尽くされているので似たようなものしかできなくなってきています。
そのため他のモノと差をつけるにはオプション(付属品)をつけるということになります。
その中で声というものが選ばれました。
それはなぜかというと声は一人一人違います。ゲームシステムは似通ったりしますが声はまったく違います。新しいゲームシステムを開発するには時間とお金がかかりますが、声優は五万といて開発するのに比べれば安価です。
声優さんの人気だけで一定数の購買も確保できます。現代ではそちら側ばかりに作る側は頼りすぎ、買う側も求めすぎています。
売れれば良いという考え良い声ならば似通ったゲーム性出も良いという考えが広がりました。

しかし、海外にその作品をもって行くと声が壁になります。
ジェスチャー(ゲーム性)なら万国共通で通じますが、日本語(声)は日本程度でしか通じません。
外国で売っても日本語がわからないので意味がない。外国語にするためには声優を変えないといけない。そもそも日本の声優は海外ではあまり通用しないのです。

マリオのようなジェスチャー的な動かすことによる楽しさであった面白さ(感性に働きかける面白さ)は海外で通用していましたが、最近は日本語の(日本語的なニュアンスのインパクトによる面白さ)はやはり日本語なので日本にしか通用しなくなった。ということだと思います。

今の日本は中身よりも外見を重視するからではないでしょうか?

お笑いでいうと、昔は落語の流れを汲んだ漫才(今でもちゃんとやっている漫才師はナイツくらいでしょうか、きちんと中身のある話)、が今では見た目だけの色物芸人(話の内容ではなくキャラクターでおすレイザーラモンHG、ムーディ勝山、犬井ヒロシ)が好まれるようになってきました。

マリオやらスペランカーといった時のものは媒体の容量が少なくその中でどうしたら面白くなるかを極限まで考えて作られていました。

今は容量がかなりありますの...続きを読む

Q任天堂がまた歴史的暴挙(WII Uの記録媒体)

任天堂が先日、WIIの次世代機のWII Uの発売日を正式に決定しましたが
ゲームキューブ、WIIに続いてまたしても記録媒体に光ディスクを採用しました。
ゲームキューブは8センチ光ディスク、WIIとWIIUは12センチ光ディスクを採用。

何故任天堂は、ロムカセットに比べてロードが異常に遅い、動作音がうるさいなどの
デメリットしかなく、ユーザーのメリットは一切無い、光ディスクを記録媒体に採用して
しまったのでしょうか?
ニンテンドー64を最後に、据え置き型ゲーム機でロムカセットを記録媒体に採用した
ゲーム機はありません。

私ははじめてゲームキューブを発売日に購入したとき、動作音がニンテンドー64に比べて
異常にうるさいのには驚きました。
ロードも何故あんなにかかるのか理解できません。
発売日に購入して、故障機かと思い、任天堂のサービスセンターに修理の依頼を出したら
任天堂側は「仕様上の問題」としか言わず、動作音をニンテンドー64並に無音にする、ロードの短縮などを依頼したにも関わらず、任天堂は応じませんでした。

携帯型ゲーム機でも、ゲームボーイアドバンスを最後に、DS・3DSはフラッシュメモリーを
採用し、ロムカセットは採用していません。

任天堂が先日、WIIの次世代機のWII Uの発売日を正式に決定しましたが
ゲームキューブ、WIIに続いてまたしても記録媒体に光ディスクを採用しました。
ゲームキューブは8センチ光ディスク、WIIとWIIUは12センチ光ディスクを採用。

何故任天堂は、ロムカセットに比べてロードが異常に遅い、動作音がうるさいなどの
デメリットしかなく、ユーザーのメリットは一切無い、光ディスクを記録媒体に採用して
しまったのでしょうか?
ニンテンドー64を最後に、据え置き型ゲーム機でロムカセットを記録媒体に採用した
ゲーム...続きを読む

Aベストアンサー

単純に製造コストと生産時間の問題ですね。

ROMカセットの場合はROM製造時点でデータの書き込みの必要がありますので、人気が出て生産増加って話に対応できません。

また、大容量のROMの生産にはコストがかかり、ソフトの値上げにも繋がります。
スーパーファミコンの末期には1本1万円超えのソフトが結構ありましたよね?


後はゲームの不正コピーの対策でしょうかね?


大容量で安価なメディアは光学ディスクしかないので、ソフトの価格に跳ね返るのも結構辛いものがあります。
フラッシュメモリーにインストールして読み込みが短縮できればそれもいいのですが、そうするとそこから、不正コピーへの足がかりになって、やっぱり、ソフトが売れなくなり価格に帰ってくるのもどうにも気に入りません。

64の時に、プレステやサターンにソフト単価の違いで不利な戦いを強いられましたので、その辺りがトラウマになっているのでは?

Qゲーム(モンハンや、BF.オンラインゲーム等)で、人気武器、人気職業を「かっこいいしやってみたい」っ

ゲーム(モンハンや、BF.オンラインゲーム等)で、人気武器、人気職業を「かっこいいしやってみたい」ってよく思うのですが何故がやる気が出ず、あまり人が使わない物を使いたがるのですが自分でもよくわかりません

性格診断みたいに答えていただけるとありがたいです

Aベストアンサー

私はモンハン(やFFあたりでしょうか)をあまりやった事がないので職業についてはよくわかりませんが、私が会ってきた不人気武器使いの人達は下のような事を言っていました。

1:単純にいろんな武器を使いたい
2:使った武器の武器の得意・不得意を理解し、実際に相手が使ってきた時に有利に立ち回りたい
3:不本意にも人気のない武器を使わなければいけない状況が来るかもしれないのでそれに備えたい
4:強力な武器を使っている敵を倒した時に「こんな武器に負けちゃうの?」と思うため
5:4の逆で強力な武器を使っている敵に負けた時に「まぁ強い武器使えばこんな武器になら余裕で勝てるわな」と思うため
6:ロマン

参考程度にどうぞ。

Qゲームが高く売れる店

いらないゲームがたまっていて困っています。
なるべく高値で売りたいのですが、インターネットや
中古ショップなどいろいろありますが、どこで売ると高値で売れるのでしょうか?
愛知県名古屋市在住です、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人的には、手間を惜しまないならYahooオークションですね。300円~500円程度で買い叩かれる中古ショップと違い、数百円から、モノによっては数千円になるものまで出てきます。

結局、ショップは全部のゲームの出荷本数や人気度、レアな度合いなどを把握するわけには行きませんので、効率よく買い取るには、統一された(安い)値段をつけるのが一番です。
一方、オークションの場合、買い手が相場を把握しています。売り手がその人気度合いを知らなくても、買い手が勝手に判断して高値をつけてくれます。

もちろん、個人取引になりますのでしっかりとした対応、準備をしないとトラブルに巻き込まれる可能性もありますが、値段はやはり一番でしょう。

私の場合、プレステ(初代)のゲームなどは、だいたい500円~4500円(送料は別途もらいます)で売れました。びっくりしたのが、「アタック25」という、日曜昼のクイズ番組のゲーム。こんなの売れないよな、と思って500円からスタートしたところ、見る見る値段が上がって、最終的に4500円で落札されました。
こんなこともあります。

また、20年ほど前の古い雑誌(TACTICSというゲーム雑誌)なども、当時800円の値段だったものを500円からで売りに出したところ、500円で売れたものもありますが、数冊は、3300円まで値段が上がりました。
結局「あの時、アレがほしかったんだけど買えなかった...」なんて人が買っていくのでしょうね。

時間と手間に余裕があるようでしたら、試してみてください。

個人的には、手間を惜しまないならYahooオークションですね。300円~500円程度で買い叩かれる中古ショップと違い、数百円から、モノによっては数千円になるものまで出てきます。

結局、ショップは全部のゲームの出荷本数や人気度、レアな度合いなどを把握するわけには行きませんので、効率よく買い取るには、統一された(安い)値段をつけるのが一番です。
一方、オークションの場合、買い手が相場を把握しています。売り手がその人気度合いを知らなくても、買い手が勝手に判断して高値をつけてくれます。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報