最近、面白い本を見つけられず困っています。
同じ趣味、好みの方、面白かった本があれば教えて下さい!

ちなみに私は

山崎豊子・井上靖・安部公房・高村光太郎・熊谷達也・遠藤周作
いしいしんじ・奥田英朗・乙一

等を好んで読んでいました。

面白かったと感じた本であれば、
ジャンルは問いません!
宜しくお願い致します!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

岡本太郎「自分の中に毒を持て」


物語ではないですが、いろんな事に対してかなり考え方が斬新でとても面白かったです。
もともと、「太陽の塔」や「芸術は爆発だ!」で有名な方ですが、刺激が足りないと思ってる人には衝撃的な文書です。
    • good
    • 0

「夜を賭けて」梁石日(ヤン・ソギル)


「日本アパッチ族」小松左京
「日本三文オペラ」開高健http://www.yomiuri.co.jp/book/column/pickup/2007 …
「レディ・ジョーカー」高村薫
「悲劇週間」矢作俊彦
「黄金旅風」飯嶋和一
「カディスの赤い星」逢坂剛

「悪魔の霊酒」ホフマン
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480422 …
「悪童日記」アガタ・クリストフ
http://www.kalapanic.com/2008/05/post_148.html
「すべての美しい馬」コーマック・マッカーシー
http://shirube.blogspot.com/2008/07/blog-post_06 …
    • good
    • 0

下記の作品などどうでしょうか


・湯本香樹実 夏の庭 新潮文庫
 ふとした出来事で知り合った老人と少年たちとの深い心の交流を通した忘れがたい夏を描いた作品。
 世界の十数カ国で話題となった児童文学者協会新人賞、児童文芸新人賞、 ボストン・グローブ=ホーン・ブック賞、
 ミルドレッド・バチェルダー賞等受賞作品。
・サマセット・モーム 月と六ペンス 光文社古典新訳文庫
 秘密諜報部員やスパイの世界、ゴーギャンの絵と彼の人生、男が女に愛想をつかす理由や女が変わった男に惹かれる理由、
 男が女にすがる理由等、様々な興味深いモチーフがちりばめられた世界的名作
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
『夏の庭』、三國連太郎さんが出ていた映画の原作でしょうか?
名前は聞いたことがありましたが、ここまでの作品とは知りませんでした!
世界で翻訳され愛されている作品なんですね。
これは必読!ですね。
ありがとうございます。

サマセット・モーム、これも気になっていました。
ゴーギャンがイギリス人として書かれている、とか聞いたことがあったので大分脚色されて書かれた本なんだろうと、読むのをためらっていましたが、それだけでなく様々な主題が盛り込まれているんですね。

大分、そそられました。
ありがとうございます!

お礼日時:2008/07/26 17:21

安部公房、井上靖、遠藤周作ということで、感性に近いものを感じますが、相違点もありそうです。

あくまで参考までに。

■小松左京 「復活の日」
日本SF3大巨頭の1人とされる小松左京の、おそらく最高傑作。生物兵器の漏洩で人類が滅亡してしまうという話で、生物学・放射線に関する難しい概念を使いこなし、かつ、哲学的にはカントに立脚しているというものです。安部公房「方舟さくら丸」と一緒で、冷戦下の全面核戦争が起これば人類滅亡もありうるという緊迫感を味わえます。冷戦終結後の今となっては、昔話ですが……

■吉川英治 「私本太平記」
毎日新聞に連載された、足利尊氏を主人公とする歴史小説です。小説だけに、架空の話や人物も、やたらめったらと多いのですが、この作品には歴史的な価値があります。すなわち、戦前の教科書では、「天皇に最後まで仕えた楠正成が英雄で、天皇にはむかった足利尊氏は極悪人」と教えていたわけです。ところが戦後になると、「足利尊氏は、建武の新政が失敗に終わる中で、新しく勢力を伸ばしてきた武士や庶民の期待に背中を押され、源氏のリーダーとして戦うしかなかった人物」ではないかという議論が出てきます。「私本太平記」は、この議論を、学者間の世界にとどめず、新聞で連載されることによって、広く世間に広めた意義を持っています。

■新保良明 「ローマ帝国愚帝列伝」
ノンフィクションで、中身はタイトルどおりのものです。

■エリック・シュロッサー 「ファストフードが世界を食いつくす」
気鋭のジャーナリストが放った強烈な文明批判にして、タブーのベールに包まれていたアメリカのファーストフード業界の裏側を描き出した本です。これを読むと、アメリカ牛など、恐ろしくて食えなくなります。

■山本弘 「トンデモ ノストラダムス本の世界」
1999年の7月に空から恐怖の大王が降ってきて、人類が滅亡するという予言に振り回され、人生を狂わされた人や、荒唐無稽な予言解釈に没頭した人々の奇妙な生態を描いた笑える本です。が、「五島勉がノストラダムス本を書かなければ、地下鉄サリン事件は発生しなかったに違いない」という主張には、目からうろこが落ちました。文芸春秋社の名物「日本の論点」の1999年版に、山本弘と五島勉の論争が載っているのは、滑稽としか言いようがありませんが。

■セーレン・キルケゴール 「不安の概念」
本格的な哲学者が書いたものとしては親しみ易く、日本語訳もまともな部類に入ります。論点は簡単で、「君は今、幸せ者かもしれない。しかし、どんな幸せ者も、不幸者に転落する可能性はある。そのプロセスを、自分が書き示してみせる」という感じの本です。

■G.W.Fヘーゲル 「1815年から1816年のヴュルテンベルク王国地方民会における議論の議事録、第33節」
タイトルが長い!正確には覚えられません。岩波文庫の「ヘーゲル政治論文集(下巻)」に載っています。哲学者が書いた文章を読んで、ゲタゲタ笑ったのは、これだけです。議会の抵抗勢力を、これでもか、これでもか、としつこく批判しまくる熱い文章で、ヘーゲルのキャリアで、政治的成功を修めた唯一の事例とされているのですが、大哲学者ということで、大書の影に隠れ、知名度は高くありません。「ヴュルテンベルクは他のドイツ人国家と比べ、悲しむべき美徳を持っている。それはドイツの他の地域ではファウスト博士以来、知られるところでなくなった特別な人間を扶養しているということである。ところで、その特別な人間とは、書記である」。意味が良く分かりませんが、多分、書記は悪魔に魂を売った連中だと言いたいのだと思います。なんという、もってまわったイヤミでしょう。書記といっても、三権分立以前の書記ですから、司法書士・行政書士・税理士・公証人を兼ねた強力な権力を持っています。現バーデン・ヴュルテンベルク州の首都であるシュトゥットガルトの周囲を歩き回っていた時、「書記通り Schreibergasse」という地名を見つけ、「ここだったのか」と、またゲタゲタ笑いました。

■吉村貞司 「日野富子 戦う女の肖像」
金儲けばかりしていた悪女というイメージのある日野富子を、酒と芸術にしか興味のない夫に代わって室町幕府の財政を支え、京都の公家社会とも良好な関係を築いていたとする新書です。確かに評価の難しい人物なんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わ!
こんなに沢山ありがとうございます!
どれも読み応えがありそうですね。

三大巨頭、ほかの二人方はつまみ読みしていたのですが、小松さんは手付かずでした。
SFは敬遠してきたジャンルなので、これを機にチャレンジしてみようと思います。

吉川英治さんは宮本武蔵だけ読んで満足していました。
太平記、読ませていただきます。

『ローマ帝国愚帝伝』は、題名からして私好みです~!
ノンフィクションというのもたまらないですね。
ありがとうございます。

『ファストフードが…』は、ちょっと恐そうですね。
一人暮らしのため、アメリカ産牛にお世話になることは勿論、遅刻しそうな朝にはマクドナルドをテイクアウトなんて日もありますので…

山本弘さんと五島勉さんの論争、面白そうですね!
バックナンバーを調べてそちらも読んでみたいと思います。

『不安の概念』、は、精神的余裕のある時に読ませて頂きます。
題名からするとなんだか後味に不安が…
(そんな事ないかな?)

G.W.Fヘーゲル、名前すら知りませんでした!
ゲラゲラ笑える文章を書ける哲学者なんているんですね。
harepandaさんの様に博識でない私にも笑えるでしょうか?

日野富子、司馬遼太郎の『妖怪』でよんだ記憶があります。
「悪女」のイメージの強い日野富子、その観点から、というのは必読ですね!
早速買ってみます!

様々なジャンルの本を幅広く、そして丁寧に教えていただき、本当にありがとうございました!
私の狭い読書の幅が広がりそうです。
ありがとうございました!!!

お礼日時:2008/07/26 16:57

奥田英朗さんの伊良部一郎シリーズが好きなものです。



角田光代さんの「空中庭園」をお勧めします。
この本はある一家を中心に描いた短編集で、物語ごとに主人公が違います。一つ目は一家の娘、次は父親と言う風に。主人公を変えながら、物語が進んでいきます。それぞれの主人公の視点から家族の様子が伺え、面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答ありがとうございます。
伊良部シリーズ、面白いですよね!
私は『マドンナ』がお気に入りです。

『空中庭園』、未読でした。
角田光代さんも好きで何冊か読んでいたので嬉しいです。
早速読んでみようと思います。

ありがとうございました!

お礼日時:2008/07/26 07:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遠藤周作「沈黙」の中でのキリストの言葉

前に遠藤周作の「沈黙」を読んだ時に、
キリストが「人間の最も美しい姿は辱めに耐えている時の姿だ」のようなことを言ったとかなんとかなっていた気がするのですが、そのような部分はありましたでしょうか? もし、あれば正確な記述が知りたいです。あと、それは事実なのでしょうか。

Aベストアンサー

直接神の言葉ではないですが、こんなのがありました。

第八章(機種依存文字のため書けませんが、「章」ではなく、ローマ数字のVIIIだけ書かれています)

ロドリゴが、奉行所へ連れだされるところ。
「辱めと侮蔑に耐える顔が人間の表情の中で最も高貴であることを彼に教えてくれたのはあの人である。」

これが、質問者さんの言葉に一番近いものだと思います。ちなみに、「あの人」がキリストなのかどうかは、神とキリストの解釈によります。私は父なる神とキリストは別に考えています。

Q失恋した時にオススメの本などありますか⁇ 何か趣味を見つけたくて本を読み始めようと思っています。 失

失恋した時にオススメの本などありますか⁇

何か趣味を見つけたくて本を読み始めようと思っています。

失恋などに全く関係ない本、小説などでも結構ですm(_ _)m

Aベストアンサー

恋愛関係なくてもいいから、読みやすい本と捉えて宜しいでしょうか?重松清さんの小説、宮部みゆきさんの小説などはいかがでしょうか?私からすると読みやすいと思います。

Q遠藤周作さん、文章の絵本があるそうなのですが

遠藤周作さんが文章を書かれた絵本があるそうなのですが、題名、内容などわかれば教えてください。遠藤周作氏の作品に興味があります。

Aベストアンサー

ユゼフ・ヴィルコン 遠藤周作
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GGLL_jaJP327JP327&q=%e3%83%a6%e3%82%bc%e3%83%95%e3%83%bb%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%b3+%e9%81%a0%e8%97%a4%e5%91%a8%e4%bd%9c
http://www.polinfojp.com/shoseki/literd.htm
遠藤周作作、ユゼフ・ヴィルコン絵『天国のいねむり男』河出書房新社
遠藤周作作、ユゼフ・ヴィルコン絵『楽園からの訪問者』アトリエミューズ

天国の~~~ は若い頃に読んだことがあるのですが、内容は殆ど覚えていませんが・・、クリスマスのお話だったような・・。
(楽園の~~~ は私は存じませんでした。)

Q少女趣味と哲学思考 お薦めの本

本をすすめてくださいm(__)m

人生のバイブルは「グレートギャツビー」小説、「トーマの心臓」漫画、「百万本のバラ」詩、です。

興味があるのは、哲学(認識系除く)、宗教(キリスト教教育を受けてきましたが最近仏教に興味大!)、社会学(主に国家論市民論家族論系)、音楽(西洋)、です。

最近素敵な本に巡り会えていません。お願いします。ジャンルは問いません。

Aベストアンサー

グレートギャツビーは少女趣味でしょうか??
哲学のほうでしょうか????

澁澤龍彦さんはどうでしょう。私も1,2冊しか読んだことがないのですが。
キリスト教文化に詳しそうです。
『少女コレクション序説』読んだ気がするのですが覚えていません(^^;
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%BA%8F%E8%AA%AC-%E6%BE%81%E6%BE%A4-%E9%BE%8D%E5%BD%A6/dp/4122012007
『世界悪女物語』
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%82%AA%E5%A5%B3%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%BE%81%E6%BE%A4-%E9%BE%8D%E5%BD%A6/dp/4167140055/ref=sr_1_16?ie=UTF8&s=books&qid=1202890701&sr=1-16
『滞欧日記』
http://www.amazon.co.jp/%E6%BB%9E%E6%AC%A7%E6%97%A5%E8%A8%98-%E6%B2%B3%E5%87%BA%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%BE%81%E6%BE%A4-%E9%BE%8D%E5%BD%A6/dp/4309406017/ref=sr_1_19?ie=UTF8&s=books&qid=1202890701&sr=1-19
一番面白かったなあと覚えているのは滞欧日記です。
ファンの人なら違うことを言うのかもしれませんが。

ナボコフの『ロリータ』はお読みになりましたか。
個人的には別に好きではないのですが、文学作品として評価されていますね。
最近新訳が出たので久々に読んでみました。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%AB-%E3%83%8A%E3%83%9C%E3%82%B3%E3%83%95/dp/4102105026/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1202890850&sr=1-1

グレートギャツビーは少女趣味でしょうか??
哲学のほうでしょうか????

澁澤龍彦さんはどうでしょう。私も1,2冊しか読んだことがないのですが。
キリスト教文化に詳しそうです。
『少女コレクション序説』読んだ気がするのですが覚えていません(^^;
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%BA%8F%E8%AA%AC-%E6%BE%81%E6%BE%A4-%E9%BE%8D%E5%BD%A6/dp/4122012007
『世界悪女物語』
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6...続きを読む

Q遠藤周作や北杜夫のようなユーモアのあるエッセイや小説を探しています

遠藤周作や北杜夫のようなユーモアのあるエッセイや小説を探しています。
気楽に読めて面白い作家の本を教えてください。

Aベストアンサー

私は田辺聖子さんの著書をお勧めいたします。
古典、川柳からエッセィ、大阪弁を交えたユーモア小説まで幅広い領域の作品が出ています。
文庫本で簡単に入りますので、
手当たりしだいお読みになることをお勧めいたします。
特に「花衣 ぬぐや まつわる」は杉田久女は傑作です。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%93%63%95%D3%90%B9%8E%71

Q私の趣味でお薦めの本を教えてください!

こういうタイトルで質問されてる方を見て、これだ!と思いました(笑)趣味の合う方、御願いいたします。

私の好きな本のタイプは
(1)とにかく登場人物が魅力的である。
(2)後味が良い(基本的にはハッピーエンド)
(3)出来ればミステリーで。

なんかものすごくアバウトですが(汗)
今まで読んだ本で、BEST3をあえてあげるなら
「奪取」真保裕一さん
「火車」宮部みゆきさん
「メインディッシュ」北森鴻さん  です。

作家さんで言うなら上記の方たち以外には
東野圭吾さん、若竹七見さんが好きです。

アリバイのトリックとか、ミステリーとしての組み立てとかそういうのよりも、人間重視です。
主人公が自殺して終わるようなのはちょっと(汗)

ハードボイルドは殆ど読みません。

なんだか面倒なことを書きましたが
お薦めの本&作家さんを教えてください!
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

あれれ?日本の、というしばりはないですよね?
であればぴったりなのが、
シャーロット・マクラウド「シャンディ教授シリーズ」「セーラ・ケリングシリーズ」です。
シャンディ教授シリーズはとにかくらぶりー♪です。いや、一応そこそこ人は死ぬんですけどね。
「セーラ・ケリングシリーズ」はそれよりかなり?シリアス(設定がね)、でも登場人物はユニークで個性的です。

あとエリザベス二世が登場人物として出てくるのがちょっと楽しいC.C.ベニスンの「バッキンガム宮殿の殺人」(シリーズ他二冊)は名作とはいいませんが、面白いです。

北村薫さんはわたしも大好きな作家さんなのですが、ちょっと切ないお話が多いんですよね。ハッピーエンドというのを重視するなら「覆面作家シリーズ」を推して置きます。……ちょっと甘甘すぎるかも(^_^;)。

前の方が回答している森雅裕さんは、他にも
「ベートーヴェンな憂鬱症」
「椿姫を見ませんか」
「明日カルメン通りで」
などが面白いです。……森雅裕さんを薦めてくださる方がいることを知って、すごく嬉しいです~(@_@;)←感涙。(今まで知ってる人に会ったことがナイ)
個人的には実に面白いと思うんですがなんか不遇な作家さん……。(癖はありますけどね)
本屋になければ図書館にはけっこうあります。ぜひなんか一冊。

どうぞよろしくm(__)m。

あれれ?日本の、というしばりはないですよね?
であればぴったりなのが、
シャーロット・マクラウド「シャンディ教授シリーズ」「セーラ・ケリングシリーズ」です。
シャンディ教授シリーズはとにかくらぶりー♪です。いや、一応そこそこ人は死ぬんですけどね。
「セーラ・ケリングシリーズ」はそれよりかなり?シリアス(設定がね)、でも登場人物はユニークで個性的です。

あとエリザベス二世が登場人物として出てくるのがちょっと楽しいC.C.ベニスンの「バッキンガム宮殿の殺人」(シリーズ他二冊)は...続きを読む

Q遠藤周作の「沈黙」について

遠藤周作の「沈黙」の一番後ろにある「切支丹屋敷役人日記」が読めません。
なんとか全文の意味が知りたいのですが、「この単語の意味が分かれば読みやすくなる(宗門=キリスト教とか)」とか、「ここに訳が載ってます」とか、どなたかアドバイスいただけませんか。このままでは中途半端で気持ち悪いです。

Aベストアンサー

たしかに,「役人日記」の直前の,「たとえあの人は沈黙していたとしても,私の今日までの人生があの人について語っていた」という終わり方は,スッキリした結末という感じはしませんね。「役人日記」まで読み通したとしても,その印象はあまり変わらないと思います。これは,キリスト教についての物語ではなくて,キリスト(教)を信じて生きた男の人生の物語ですから,作者は,予定調和的に完結する形ではなく,矛盾や不条理に満ちた現実をそのまま提示する形でしめくくり,あとは読者に考えさせようとしたのではないでしょうか?

物語の本編はだいたい1640年ごろ。「役人日記」の最初の寛文12年は1672年ごろ。その間の30年,ロドリゴ=岡田三右衛門がどんなふうに,何を考えながら生きてきたか,を想像させるのが,「役人日記」の役割(の少なくとも一部)だと思います。いったい,ロドリゴ=岡田三右衛門は,死ぬまで「主」を愛しつづけることができたのでしょうか?

能書きが長くなりました。すみません。

「拾人扶持」の「拾人」は「十人」,「扶持」は給料のことです。つまり「十人が養えるだけの給料(米)」をもらっていたということ。つまり彼は,幕府から給料をもらいながら30年間生きながらえてきたわけです。

「宗門の書物を相認める」とは「キリスト教の本を書く」。彼はキリスト教や教会組織の内情についてだれよりもよく知っているわけですから,幕府側としては,彼は貴重な情報源です。だから本を書かせた。たとえば,彼らが日本に布教に来る際,「日本人からこんな質問を受けたらこう答えなさい」みたいな公式のマニュアル的なものが準備されていたはずです。キリスト教の矛盾をつくような意地悪な質問にも堂々と答えられなくてはなりませんから。だから,ある意味で,彼はキリスト教の矛盾とか弱点とかにも精通しているわけです。そんな彼だから,いったん弾圧側に回れば「キリスト教はここがおかしい」みたいな本だって書けるわけです。幕府のねらいはそのあたりにあったのでしょう。(このへんはうろ覚え+推測ですが。)

延宝4年,キチジロー=吉次郎がキリシタンの「本尊」を所持していることが発覚した。その出所をめぐっていろいろ詮議があったようですね。ロドリゴ=岡田三右衛門からもらったのかと聞かれて「そんな隙はない」と答える吉次郎。また吉次郎に信仰を働きかけていないかと聞かれて「そんなことはしていない」と答える三右衛門。本当のところはどうだったのか,事実関係は私にもよく読みとれませんし,はっきり書かれてもいないようですが,そんなことがあり,また他にも周囲の人々が入牢させられたり拷問を受けたりしている,でも岡田三右衛門自身はその渦中には巻き込まれていないようですね。

最後に,岡田三右衛門のモデルになった「岡本三右衛門」と,井上筑後守こと「井上政重」については百科事典でも調べられますし,ネットで検索してもあまり多すぎない程度にヒットします。小説の内容はかなり史実に近いものがあるようですから,そのあたりを調べると,背景的な理解は深まりそうです。キリシタン弾圧に関するURLをひとつだけあげておきます。

以上,専門家ではないので誤解などもあるかもしれませんが,参考になれば幸いです。具体的な部分に関するご質問があればまたどうぞ。

参考URL:http://www.collegium.or.jp/~take/christi/rekisi3.html

たしかに,「役人日記」の直前の,「たとえあの人は沈黙していたとしても,私の今日までの人生があの人について語っていた」という終わり方は,スッキリした結末という感じはしませんね。「役人日記」まで読み通したとしても,その印象はあまり変わらないと思います。これは,キリスト教についての物語ではなくて,キリスト(教)を信じて生きた男の人生の物語ですから,作者は,予定調和的に完結する形ではなく,矛盾や不条理に満ちた現実をそのまま提示する形でしめくくり,あとは読者に考えさせようとしたので...続きを読む

Qオススメのミステリー☆好みが似ている方お願いします

ありきたりですが、東野圭吾さんの本が好きです。東野さんの作品はほとんど読んでいますが特に気に入っているのは「悪意」です。
最近は伊坂幸太郎さんの「陽気なギャングが地球を回す」がとっても面白かったです。「重力ピエロ」よりこちらの方がすきでした。
あと、神保裕一さんの「奪取」がすごく面白かったです。折原一さんは「倒錯のロンド」「天井裏の散歩者」を読みましたが期待していたほど・・・という感じでした。
分かりづらいかもしれませんが私と本の好みが似ているかた、オススメを是非教えてください!

Aベストアンサー

「悪意」「陽気~」「奪取」面白かったですよねぇ^^
東野作品と伊坂作品は私もほとんど読んでいます。
折原一さんは私も今ひとつ・・・という感じで好みが似ているようですよ(笑)

井上夢人「ダレカガナカニイル」
薬丸岳「闇の底」
岡嶋二人「クラインの壷」
今野敏「アキハバラ」
雫井脩介「火の粉」「虚貌」
新津きよみ「女友達」その他ほとんど面白いです。
貫井徳郎「転生」「さよならの代わりに」その他ほとんど面白いです。

どれも面白くて一気読みでした。

Q 遠藤周作氏のご子息 龍之介 の命名由来

 最近、作家の遠藤周作氏が、ご子息のお名前を龍之介と付けたことを知りました。
 カトリック信者だった遠藤氏と、死の床でキリスト教を否定する文章を書き続けていた芥川龍之介では、こと宗教に関する限り正反対の立場だったと思います。
 非常に違和感を感じました。

 どなたか、遠藤氏がご子息に龍之介と名付けた理由をご存知の方はいらっしゃいませんか?
 また、そのことについて記述のある文章を、ご存知ありませんか?

 なお、ウィキの遠藤周作の項目には、下記のような記述があります。

長男 龍之介
芥川賞受賞にちなんで龍之介と命名。2007年6月よりフジテレビジョン取締役。父周作との子どものころの約束は3つあり「うそをつかない。ともだちを裏切らない。弱い人間を馬鹿にしない」だった。また会話は、敬語を用い、周作からは含みを残す言い回しや比喩を用いた表現を常としたとの回想がある。

 また、遠藤周作文学館、遠藤周作学会のHPも見てみましたが、おそらく、回答できそうも無いと思いました。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

pinaisa-la さん、こんにちは。

遠藤周作がご子息の名を「龍之介」とした真意については知るよすがもありませんが、彼の芥川をどのように評価していたかについて、

>カトリック信者だった遠藤氏と、死の床でキリスト教を否定する文章を書き続けていた芥川龍之介では、こと宗教に関する限り正反対の立場だったと思います。

と捉えるのは、やや表層的すぎるかもしれませんね。

もちろん、遠藤周作は正真正銘のカトリックでしたが、狭義のバチカンの教義の信者というよりも、人間の愚かさや弱さを慈愛をもって凝視することこそが、むしろカトリックのより深い教義なり、神髄なりにかなうはずと信じて疑わなかったのではないでしょうか。
だから、晩年に近づくにつれ、浄土真宗やアジア思想に接近したり、その延長線上に『深い河』を執筆することになったのではないでしょうか。

ご存じのように、芥川の切支丹物の中には、「お吟」という、棄教をテーマにした好短篇がありますが、遠藤はこの小品を絶賛しておりますし、代表作『沈黙』にしても、芥川の「お吟」に通底するテーマが認めれると言っても決して過言ではないような気がします。
その意味では、芥川がキリスト教に抱いていた、一種二律背反的、憎悪愛的な思いは、実は遠藤のキリスト教観とも微妙にかなり重なり合うところがあったのではないでしょうか。

ということで、想像を逞しうするなら、遠藤周作は芥川の人間的脆弱さを、ほかでもなく自分自身の問題として引き受けて生きていたからこそ、「龍之介」の名をご子息のために譲り受けようとしたと考えられなくもないような気がします。

pinaisa-la さん、こんにちは。

遠藤周作がご子息の名を「龍之介」とした真意については知るよすがもありませんが、彼の芥川をどのように評価していたかについて、

>カトリック信者だった遠藤氏と、死の床でキリスト教を否定する文章を書き続けていた芥川龍之介では、こと宗教に関する限り正反対の立場だったと思います。

と捉えるのは、やや表層的すぎるかもしれませんね。

もちろん、遠藤周作は正真正銘のカトリックでしたが、狭義のバチカンの教義の信者というよりも、人間の愚かさや弱さを慈愛をもって凝...続きを読む

Q同じ古本屋で同じ本の値段が違う理由

ある古本屋で、ちがう棚に同じ本が一冊ずつ(合計2冊)あったのですが、
一方は、950円という値段が付いてあり、もう一方は、105円という値段が付いていました。

全く同じ店で、全く同じ本が、どうして、『950円』と『105円』と、値段が大きくちがうのでしょうか?

店員の人に聞いても、答えてもらえなかったのですが、
他のいくつかの古本屋でも、同じようなことがよくあります。
どうして同じ本が値段がちがうのか分かりますでしょうか?

Aベストアンサー

単にシステムです。
ある期間売れなければ自動的に100円コーナーに移動するようになっています。
だれにでも一律に適用できる機械的なシステムによって一括で運用することで無駄な在庫を減らし高利益をたたき出しているのです。
そこを利用して100円コーナーとそうじゃないとこと両方チェックするのが賢い利用方法でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報