FW,トップ下,両サイドのポジションはテレビなど見ていても比較的各選手の能力の差がわかり易く,いい選手といわれる選手の巧さ凄さが見て取れるのですが,ボランチ,DFのポジションに限り少々このポジションにおける巧さ凄さというものがよくわかりません。具体的にいえばCK,FK時にヘッドの強さなどはわかるのですが,ポジション的にどうこうなどとなるともうわかりません。そのへんなどわかり易くお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

僕のイメージはDFは相手のストライカー、ボランチは相手の司令塔を潰す人って感じです。



TVで見ているとボールのあるところばかり映ってしまい、特にDFの微妙な駆け引きなどは見られないので、そこを生で見ると凄いですよ。一昔前のACミラン(バレージ現役のころ)のDFに魅せられたのは僕だけではない筈です。DFの見所はやはり相手のストライカー、サイドアタッカーにどだけ仕事をさせないか、どれだけ相手に前を向いたプレーをさせないか、といったところでしょうか。後は組織的な守り、フラットラインの調整など、ボールのないときの動きはなかなか見ごたえがあると思います。出来るだけ空いたスペースでボールを貰おうとするFWとFWにボールを持たせないようにさせるDFの対決は生で見ると非常に面白いものがあります。

ボランチは相手の攻撃を未然に防いで、自分たちの攻撃の第一段階を作る人ですかね?DFの奪ったボールを受け取ってロングフィードしてFWに合わせたり、サイドに開いてる味方に展開していったり。特にボランチの巧さが光るのが
相手のボールになって「そこでプレッシャーかけないと危ない!」と思ったときに、そこにいる事です。例えば中田がセンターサークルあたりでボールを持ったとき、相手としては怖いですよね。そう感じたときにボランチが当たるわけです。ボランチには危険感知能力が備わってなければなりません。それに正確なフィード力なども。
どっちかといえば地味なポジションですが、ポジショニングやプレッシャーのかけ方などを見ているとなかなか面白いと思います。
ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

私が思うのは、守備的MFはピンチを未然に防ぐ。

DFはピンチになるときに出てくる。そんな感じがしますね。

守備的MFはパスコースを読むのに長けていたり、DFがボールを奪った時に、前線の選手が今どこにいるのかを把握し、ボールを受けたときには、前線のイメージができてるんではないでしょうか?FCバルセロナのグアルディオラ(ESP)、ACミランのレドンド(ARG)といった選手が優れているといわれていますが、彼らはそういった状況判断が優れているからこそ、つなぎ役として、またチャンスを見ての攻撃参加などが高く評価されているのだと思います。

DFといっても昨今のサッカーではDFに固執をせずに前線にあがっている場合もあります。ロベカルやマルディーニのようにさっきまで前線にいたのに、いつのまにか最後尾でボールをクリアしているような、運動量の豊富さが素晴らしいと評されている所以なのではないでしょうか?もちろん彼らは、一対一の強さ、ここで抜かれたらやばいという時の冷静さも持っていると思いますが・・・・。彼らがいるからこそ、前線の選手は、思いきって早めにプレスをかけられる、自由に動ける、といった感じで、うまい循環が生まれるから強いチームといわれるのではないでしょうか。

あまりよく分かりませんね?私は、すごいなぁとか、ただ漠然といいプレーだなぁ、うまいなぁなどとしか思っていないので、深く考えたことはありませんが、
fromkibuneさんのおかげでサッカーをちょっと考えることができました。ありがとうございました。
    • good
    • 0

う~んDF、、、難しいですよね。


DFが他のポジションとはっきりと異なるのは、他のポジションは自分の都合で動ける場面が多いのに対して、DFは基本的に敵の都合に合わせて動くことです。他のポジションのように自分のイメージで勝手に動かれてはまずくて、むしろ押さえるべきところをきっちり押さえることが求められるわけです。
また特に近代サッカーではディフェンスのポジショニングの解析が進んでいて場面場面においては非常にシステマティックに動作が決まっていたりするようです。今の日本代表のフラット3等はまさに典型的です。
さらに近代サッカーではDFは守備だけでなく機に応じた攻撃参加まで求められてたりします。しかしもちろんいくら攻撃に貢献してもやはり守備のできないDFは駄目です。このあたりのバランスは個人の能力だけでなくチーム事情にもよってきます。
もちろん近代サッカーに限らずDF独特の感覚というのはあります。これは実際にプレーをしたことの無い人には分かりづらいこともあるようですが、例えば敵が目の前でドリブルしていても、後ろにスペースがあるかどうかで当たりにいくかどうかの判断が変わったりします。基本的にDFは「チャンスを作る」よりも「ピンチを作らない」を大事にします。

こういう風に見ていくようになるとDFは地味ながらやはり奥が深いです。こんなことを仲間と語るようになったら立派なサッカーオタクと言っていいでしょう〔笑)。専門家の話を聞けば分かる通り人によってDFの好みはかなり分かれます。当然といえばそれまでですが答えはありません。
特に近代サッカーのDFのポジショニングについては評価しようとしたら勉強が必要です。てなわけで実際のところサッカーオタクでもそこまでやっている人は少ないでしょう。ワタシもテレビのサッカー番組の解説等で部分的に何となく知ってる程度です。

ちなみにワタシ流の簡単評価法だと、DFは目立たなければ合格点、いい意味で目立てば大活躍です。非常に単純ですが、結構正確な評価法だと思っています。もちろん一対一の強さ、ヘディングの強さ、足の速さ、持久力などもDFのアピールポイントですのでしっかり見てあげてください。

ってここまで書いて本題がDFと守備的MFの見分け方なのに気付いた。これじゃDF論だな。まあええかげん長文書き過ぎなので後は他の人の回答を待ちましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサッカーのワールドカップを中継でみたいのですが・・・

サッカーのワールドカップを中継でみたいのですが・・・
ワールドカップに向けてプラズマテレビを新しく買いました。スカパーに加入しようと思っていましたが、工事に2ヶ月位かかるかもしれないとのこと。せめてBSだけでも、と思うのですがアンテナはありません。インターネット、電話は現在NTT光ネクスト(一戸建て)なので、全部まとめてイオ光も検討したのですが、こちらも工事が遅くどうしようかと悩んでいます。一時しのぎでBSアンテナを取り付けるか、ケーブルテレビに加入するか?なるべく安上がりでよい方法はないでしょうか?大阪府に住んでいます。

Aベストアンサー

ワールドカップ中継は、「スカチャン」での放送がメインになります。
EO光テレビやCATVでは、スカチャンの放送はありませんので、
ワールドカップ中継は見れません。

スカチャンの視聴には、「スカパー光」「スカパー」「スカパーe2」の受信環境が必要です。

どちらにしてもアンテナ設置が必要だったって事です。

諸経費などを考慮するとスカパーe2への加入が一番です。

機材…CSボタン付きデジタルテレビと110度CSアンテナ(BSアンテナ)
契約料…2940円
月額料金…基本料410円+視聴料420円(Ch.321 Music Japan TVの場合)
*ワールドカップ中継は、加入者特典として放映されます。もちろん単チャンネル契約でもOKです。*

アンテナ設置場所は、13時から15時の間、太陽があたっている場所であれば問題ありません。
http://map.skyperfectv.co.jp/

Q高校サッカーのボランチで理想とする選手はどんな事ができる選手ですか?

高校サッカーのボランチで理想とする選手はどんな事ができる選手ですか?

Aベストアンサー

サッカーのボランチは、特に中盤を守ると言はれているので、例えば、高校サッカーで言うと分かる範囲かもしれませんが 鹿島アントラーズの柴崎岳選手か、川崎フヨンターレの中村憲剛選手かもしれません僕の知ってる人だとその人かと思います。

Qサッカーのワールドカップは開催国が優勝すると一番盛り上がるのでしょうか

1998年のサッカーのワールドカップ・フランス大会では、開催国のフランスが優勝したらフランス人が熱烈に喜んだそうですが、サッカーのワールドカップは開催国が優勝すると一番盛り上がるのでしょうか。

Aベストアンサー

そりゃそうですよ。
ヨーロッパや南米においてサッカーに対する思い入れのディープさは日本と桁が違います。
そんな人達がいる国でワールドカップ開催となれば、それだけで国中のボルテージが上がります。
いくら応援に行く人が多いとはいえ、開催国の熱い人達が圧倒的多数なわけですからその盛り上りぶりは推して知るべしです。

Q複数ポジション出来る選手のポジションの組み合わせ

以下のような選手を教えて下さい(出来ればJリーガーで。)。
・CBと、CFあるいは二列目が出来る選手(盛田選手、闘莉王選手の他)、
・ボランチとCFが出来る選手(遠藤選手?)
・CBも出来るSB(SBも出来るCB、ではなくて)
・ボランチも出来るSB(SBも出来るボランチ、ではなくて)

最近の盛田選手や遠藤選手の起用を見ていて、
そういえば、複数ポジションが出来る選手が、出来るポジションの組み合わせって、
トップ下とボランチ、CFとトップ下、左右SB、
SBとWG、ボランチとCB、などは割と多いけれど、
あまりない組み合わせもあるなあと、ふと思ったので、教えて下さい。
(レッズの山田暢久選手は色々なポジションやってたような…?)

あと、主にボランチやCBをやっている選手でSBも出来る、という人は結構いる一方で、
主にSBをやっている選手で、ボランチやCBとしてもそれなりに実績がある人
(徳永選手が昔ボランチもやったりしてましたっけ?)って
少ないような気がするのですが、気のせいでしょうか。
もしやはり少ないのでしたら、なぜだと思いますか?

子供の頃はFWだったけど、段々後ろに下がって、プロになってからはDF、
みたいなのや、
長谷部選手みたいに臨時でGK経験あり、みたいなのではなく、
プロで、レギュラーとして、どちらのポジションもある程度実績がある人が
知りたいです。

以下のような選手を教えて下さい(出来ればJリーガーで。)。
・CBと、CFあるいは二列目が出来る選手(盛田選手、闘莉王選手の他)、
・ボランチとCFが出来る選手(遠藤選手?)
・CBも出来るSB(SBも出来るCB、ではなくて)
・ボランチも出来るSB(SBも出来るボランチ、ではなくて)

最近の盛田選手や遠藤選手の起用を見ていて、
そういえば、複数ポジションが出来る選手が、出来るポジションの組み合わせって、
トップ下とボランチ、CFとトップ下、左右SB、
SBとWG、ボランチとCB、などは割と多いけれど、
あま...続きを読む

Aベストアンサー

> 複数ポジション出来る選手のポジションの組み合わせ

こんにちは。 とても良い質問です。

ユーティティープレーヤーというと遠藤保仁選手が有名です。 彼は小野、稲本、高原、小笠原選手たちと同じ『黄金世代』の選手です。 若い時から代表チームに入り、世界各地で試合をしながら育っています。 おそらくGK以外、どんなポジションも完璧に出来るはずです。 

昨年、J2での或る試合で、ワントップに起用されています。 彼の方からの申し出で実現したものですが、『FWが何を考え、何を見てプレーしているのか』 これを理解することでパスが出しやすくなる。 遠藤選手はいつも高い次元でサッカーを見てプレーしているのです。

ここ数年、日本のサッカー界でもボランチの重要性が認識されています。 ここから優れた選手が次々と育っています。 各チームがボランチに起用するような選手はGK以外はどこでも完璧にやれる選手ばかりです。 

●野球の世界では『一流のプロ野球選手は例外なく少年野球チームではピッチャーで四番バッターだった。』と言われています。 

これはサッカーの世界でも言える言葉です。 一流のサッカー選手は全ポジションを完璧にやれる。 GKからセンターフォワードまで。  

●最後に盛田選手について。  
もし彼がもう15年早くCBにコンバートされていたら、おそらく今頃日本は世界制覇していただろう。 これは決して誇張でも何でもありません。  それくらいCBのポジションは重要なのです。 彼のような身体能力の優れた選手が率先してCBに回るような国やクラブでない限り、本当に強くはなれないのです。 

> 複数ポジション出来る選手のポジションの組み合わせ

こんにちは。 とても良い質問です。

ユーティティープレーヤーというと遠藤保仁選手が有名です。 彼は小野、稲本、高原、小笠原選手たちと同じ『黄金世代』の選手です。 若い時から代表チームに入り、世界各地で試合をしながら育っています。 おそらくGK以外、どんなポジションも完璧に出来るはずです。 

昨年、J2での或る試合で、ワントップに起用されています。 彼の方からの申し出で実現したものですが、『FWが何を考え、何を見てプレーしてい...続きを読む

Qサッカーワールドカップ予選について質問します。思ったんですがワールドカ

サッカーワールドカップ予選について質問します。思ったんですがワールドカップ予選はヨーロッパ選手権やアジア選手権などの大陸選手権で上位何チームかにワールドカップの切符を与えてもいいんじゃないですかね。ただでさえサッカー選手はオフが実質一ヶ月くらいしかないですから、こういう所から削って行くのも有りかと思います。皆さんの意見をヨロシク!

Aベストアンサー

 私も同感です。もしそれをやるなら、大きな問題が3点浮かび上がります。
 ・大陸別選手権の主管調整(ワールドカップ FIFA、ヨーロッパ選手権 UEFA)
 ・選手の年俸抑制
 ・クラブチームと選手の契約
 2点目については、例えば、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA主催)に出場しただけでチームには出場給が与えられ、これらの収入がヨーロッパ選手権などの運営費に当たります。という事は、下手に試合数を減らすという事は選手の年俸が減収していくことになります。
 現在不況で、各国クラブチームが運営に苦戦している中、さらに打撃を与えられます。
 3点目については、クラブ>代表 の契約が多く、代表戦への試合数も限定されている選手もいると聞きます。
 このあたり、特に『収入源』の保証ができれば良いと思います。

Q日本人選手の凄さ

 日本人は影の主役が適職なんでしょうか。

 中田も高原も小野も中村も柳沢もチームのためにディフェンスはサボらない。それは日本人の凄さだと感じます。しかし、それがアダになって彼らが得点が取れないのは見ていると歯がゆい。
 
 そこまで中田が戻ることないだろ、高原もっと前に張ってろよ、と思うのですが、彼らのポジションは今オフェンシブなものよりセンターハーフやサイドハーフなのですか?詳しい方、解説宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは

チーム事情というのもあるかと思います
HSVもフィオレンティーナも中堅チームですから
上位チームとやるときはディフェンスに割く時間が多くなるのは必然です
それと現代サッカーの流れとして(2チームが採用しているかは不明)
中盤をコンパクトに保ちながら狭いスペースでプレスを掛けるスタイルがあります
DFラインを上げ前線から積極的に相手にプレッシャーを与えます
数的優位を作るためFWも結構自陣まで戻ることもあります
鈴木(鹿島)のように自陣奥深くまで・・・なんてのはやり過ぎと思いますが

中田、高原の心境を考えるとなかなかボールが回ってこないと
(もう少し下がった位置からプレーを・・・)という思いがあるかも知れません
それが負担になるという状況はやはり結果を残さないといけない二人には
alessandoroさんのご指摘のとおり厳しい状況なのは確かですね

参考までに

Q民放のワールドカップサッカー番組が嫌でしょうがありません。

民放のワールドカップサッカー番組が嫌でしょうがありません。
よくわからないタレントが出てきて大騒ぎしているのが嫌で、
結局ダイジェスト番組はNHKしか見てないです。
純粋にサッカーが見たいのに、バラエティー色が強すぎます。
みなさんは民放のワールドカップサッカー番組をどう思ってますか?

Aベストアンサー

 実際の試合についてはお馬鹿なタレント共は出てこないのでまだマシですが、総じて民法の中継はレベルが低いですね。実況のアナウンサーが勉強不足というか情報が偏っていて、ゲームの流れと直接関係ない裏話のようなものを暴露して通ぶっていたりします。
 NHKの方はきちんとゲームの内容を伝えてますね。ボールを持っているのがだれなのか、裏から走り込んできたのがどのポジションの選手なのか、といったリアルな情報は余程の事でなければ背番号だけでは判りませんから。解説者のコメントの引き出し方もスムーズで、的確ですね。派手さはないけど安心して見てられます。

Q新聞イラストでの選手のポジション表示

新聞のサッカー面の図表の選手配置のイラストに、
各チーム、4-4-2とか4-3-3とか書いてます。
DF,MF,FWの人数だとおもってきたけど、
たまに、4-1-4-1てふうに四段階表示されていて、これがどういう意味なのか分からないのでお教え願います。ド素人なもんで、すいません。

Aベストアンサー

>各チーム、4-4-2とか4-3-3とか書いてます。
>DF,MF,FWの人数だとおもってきたけど、

コレは正解。で、
>4-1-4-1
ってのは、
DF=4、FW=1は変わらずに、MFを「守備的/攻撃的」に分けて書いてます。

つまり
>4-1-4-1
の場合は、DF4人、守備的MF1人、攻撃的MF4人、FW1人。

Qサッカーはクラブワールドカップがありますが他の球技でクラブワールドカッ

サッカーはクラブワールドカップがありますが他の球技でクラブワールドカップのような大会はあるんでしょうか?

Aベストアンサー

たしかなかったはずですね
サッカーでもそんなに歴史は古くないですよ
もともとはインターコンチネンタルカップって言って欧州王者と南米王者が試合してましたからね
この大会が始まったのが1960年です
これもホーム&アウェーだったんですがサポーターの過激化とかで70年代から出場辞退とかになったりしてたしか2回ぐらい開催すらしていない時があったはずです
80年代になりトヨタが第三国で一発勝負にしようじゃないかって出来たのがいわゆるトヨタカップです
その後FIFAクラブ選手権に変わってます。

単純にサッカー以外ないのは サッカーが世界的に見ても人口の多いスポーツなんでしょうね

QPKの時の他選手のポジション及び動き

PKの時の他選手のポジション及び動き

サッカーのルール上、PKの時(PK戦ではなくインプレー中でのPK)GK以外の他選手は攻撃側、守備側ともペナルティーエリア外でかつ、ペナルティーマークより後方に位置しなければなりません。

先日のFIFA W杯準々決勝 スペイン VS パラグアイ の試合ですが、双方のチームともPKのチャンスがあったのですが、共に失敗に終わりました。 

因みにこの時の他選手の動きに注目してみたのですが、両チームの数人の選手が、ペナルティーエリアより5メートルほど後方に立ち、キッカーの助走と併走する様に奪取し、ゴールにめがけてダッシュしています。(動画参照)
この理由は多分、攻撃側はキーパーに止められた場合、こぼれ玉の再シュートを狙う為、守備側は、そのこぼれ玉を再シュートされない様にクリアする為だと思います。

ただスペインがPKのチャンスを得て、Xabi Alonso選手が蹴った際に、スペインの選手のダッシュが早すぎ、ボールを蹴る前にぺナリティエリアラインの中に入ってしまい、折角決まったPKがNO GOALでやり直し。再PKは失敗してしまいました。

その前にパラグアイがPKを得た時も、スペインのGK Casillas選手のファインセーブに阻まれていますが、動画をよく見てみるとスペインDF のPuyol 選手が、かなり微妙なタイミングでやはりゴールめがけてダッシュしています。これも運が悪ければ、ウルグアイに再PKが認められるところでした。

さて質問なのですが、PKの時の他選手の動きって、一般的に、この様に助走つけてゴールめがけてダッシュするのでしょうか?

因みにG大阪の遠藤選手(対MAN-U戦)のPKの動画を見ると、他選手はペナルティエリアライン上に立っているだけで、特にダッシュはしていません。

詳しい方ご教示お願い致します。

http://www.youtube.com/watch?v=KiP6gMmBNZk&feature=related


http://www.youtube.com/watch?v=HK-DsgQR6mQ&feature=related

PKの時の他選手のポジション及び動き

サッカーのルール上、PKの時(PK戦ではなくインプレー中でのPK)GK以外の他選手は攻撃側、守備側ともペナルティーエリア外でかつ、ペナルティーマークより後方に位置しなければなりません。

先日のFIFA W杯準々決勝 スペイン VS パラグアイ の試合ですが、双方のチームともPKのチャンスがあったのですが、共に失敗に終わりました。 

因みにこの時の他選手の動きに注目してみたのですが、両チームの数人の選手が、ペナルティーエリアより5メートルほど後方に立ち、キッ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
実は数ヶ月前に質問者様と同様のことを感じ、
ある掲示板上で「PK時最適のPA侵入方法」というスレ立てをして、
皆さんと議論したことがあります。

結論から申しますと、
現時点では「PK時のPA侵入方法」について確立された方法がない
ということです。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 
議論の際、参考にしたのは以下の2つの場面です。
(1)2010.4.18 Jリーグ第7節「浦和×川崎」
  http://www.youtube.com/watch?v=Q-Qg45OVHH0&feature=related
  (02:07辺りから)

  川崎・ジュニーニョのPKの際に、守備側の浦和・細貝(背番号3)が
  全選手中唯一「助走ダッシュ」でPAに侵入。
  真っ先にゴールカバーに入っています。

(2)2010.3.14 Jリーグ第2節「浦和×FC東京」
  http://www.youtube.com/watch?v=i948eHnCmWQ&feature=related

  一方、こちらでは同じく細貝が攻撃側として、浦和・ポンテのPKの際に
  助走ダッシュでゴール前に詰めてゆきます。
□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

私の主張は、「このダッシュをチームとして採用し、キッカーの左右2名程度で
必ず実施してはどうか」というものでした。

これに対し出てきた意見は、
1.チームとして連続して行うといずれ研究され、守備時には相手キッカーに
  フェイントを入れられる可能性がある。
2.そうでなくともこの「競艇スタート(と名付けられました)」はタイミングが
  難しく、危険。
3.陸上のクラウチングスタートの様な形ならば、技術的にも可能で、
  フライングのリスクも少ないのではないか。
4.守備時、キッカーに集中したい味方GKからすると、敵味方3人も助走を
  開始するのは却って邪魔ではないか。
5.上記5を逆手にとれば、攻撃時にこれを行えば、相手GKを幻惑できるのではないか。
……といったものです。

総じて、「守備時(相手PK時)に行うのは危険」
「攻撃時(味方PK時)に行うのは効果的かも」という論調でした。

最終的には、『「定石」は今のところない。今後議論の余地あり』
ということで場を〆ましたが、興味深い議論でした。

ご参考になれば幸いです。

こんにちは。
実は数ヶ月前に質問者様と同様のことを感じ、
ある掲示板上で「PK時最適のPA侵入方法」というスレ立てをして、
皆さんと議論したことがあります。

結論から申しますと、
現時点では「PK時のPA侵入方法」について確立された方法がない
ということです。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 
議論の際、参考にしたのは以下の2つの場面です。
(1)2010.4.18 Jリーグ第7節「浦和×川崎」
  http://www.youtube.com/watch?v=Q-Qg45OVHH0&feature=related
  (...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報