『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

おしゃれな意味のある名前を持った競走馬がいたら教えてください。
わたしの知っているのはタスカータソルテです。『ポケットいっぱいの幸せ』という意味だったと思います。これ以外でお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ヴィヴァチッシモ=極めて速く(伊語)


ヴィータローザ=バラ色の人生(仏語)
馬主さんのセンスが光ってますね。

ヴィヴァチッシモの春菜賞馬単560倍はおいしかった。
感謝を込めて紹介しちゃいます。
ヴィータローザ、金杯勝つと…ジンクス通りですね。
最近は復調の兆しあり、期待しています。
    • good
    • 0

No.1 です。

もう 1頭あげます。

「ブライアンズレター」。ナリタブライアンが残した馬で唯一オープンまで行った馬。

ナリタブライアンは三冠馬で有馬記念にも勝った名馬だが、引退してからわずか 2年後に病気のためなくなった。その翌年に生まれたのが、ブライアンズレター。

ブライアンズレターは、いわば、ナリタブライアンがこの世に残した「お手紙」。「ブライアンズレター」と聞くと、偉大だったナリタブライアンのことを思い出し、ちょっとセンチメンタルな気持ちになってしまう。

おしゃれな名前とは言えないが印象に残る素敵な名前だと思う。


なお、名前の一部の「レター」は、母馬「パーソナルレター」からもらったもの。
 
    • good
    • 0

「サンアディユ」。



去年の「アイビスサマーダッシュ」や「セントウルステークス」などを勝った馬。

馬名のサンアディユ(Sans Adieu)はフランス語で「さよならは言わないで」の意味だそうだが、今年の3月、心不全のため、突然この世からさよならをしてしまった。競走馬の命は一般にはかないものだがちょっと哀しい。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q馬の名前・・・

僕は、馬が好きなのですが

あまり名前を知りません・・・・

なので、競馬や馬の種類を知っている

方、好きな方が居りましたら教えてください

出来れば競馬の馬の名前を、お願いします。

Aベストアンサー

>競馬や馬の種類
競馬の種類は、日本国内では(1)平地(ひらち)競走・(2)障害競走・(3)ばんえい競走、の3種類があります。
(1)の平地競走が中央競馬・地方競馬のほとんどを占めています。
(2)の障害競走は、日本では「中山大障害」「中山グランドジャンプ」がメジャーなくらいで、基本的にはマイナーな存在ですが、ヨーロッパ(特にイギリス)では人気が高く、イギリスの障害レース「グランドナショナル」は「ザ・ダービー」よりも競馬場への入場者が多く、視聴率も高いそうです。
(3)のばんえい競走は、世界中で北海道においてのみ行われるレースで、(1)、(2)が軽種馬(サラブレッドなど)で行われるのに対して、重種馬(ペルシュロンなど)によって、500~1000kgのそりを引いてレース(直線200メートル・大小の坂あり)をします。

馬の種類は、(1)・(2)用は現在サラブレッドだけになりました。中央でも地方でもアングロアラブの競馬がなくなってしまいましたので・・・。

>馬の名前
中央競馬なら、基本的なところでは、三冠馬ですかね。
牡馬なら、皐月賞・ダービー・菊花賞。牝馬なら、桜花賞・オークス・秋華賞。
・セントライト
・シンザン
・ミスターシービー
・シンボリルドルフ
・ナリタブライアン
・ディープインパクト(以上牡馬)
・メジロラモーヌ
・スティルインラブ
・アパパネ(以上牝馬)

牝馬の三冠馬が少ないのは、「牝馬三冠」という概念が昔(私が競馬を見始めた頃)はなかったからです。秋華賞ができたのはつい最近のことです。私が競馬を始めた頃は「ビクトリアカップ」でした(笑)。

今年の菊花賞では、オルフェーヴルによる久しぶりの三冠達成があるかどうか・・。

あ、ちなみに私は今でも、芝・ダート問わず、2400mまでなら、マルゼンスキーが最強と思っております。

>競馬や馬の種類
競馬の種類は、日本国内では(1)平地(ひらち)競走・(2)障害競走・(3)ばんえい競走、の3種類があります。
(1)の平地競走が中央競馬・地方競馬のほとんどを占めています。
(2)の障害競走は、日本では「中山大障害」「中山グランドジャンプ」がメジャーなくらいで、基本的にはマイナーな存在ですが、ヨーロッパ(特にイギリス)では人気が高く、イギリスの障害レース「グランドナショナル」は「ザ・ダービー」よりも競馬場への入場者が多く、視聴率も高いそうです。
(3)のばんえい競走は、世界中...続きを読む