住宅を建てる際の埋め戻し地について、なるべく強固なものにするには、コンクリートと土を混ぜ合わせた物を入れる方法と、砂利を踏み固めて入れる方法と、二通りあると聞いたのですが、どちらの方法がよりいいのでしょうか?コスト面での差も含めて、皆様のご意見をお聞かせいただきたいと思います。よろしくお願い致します。 
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

JIMIさんが書かれたように、現地の状況、地盤の状況を見なければどの工法がよいとは言えないし、質問者の書かれている二通りの工法では、とても地盤が強固になるとは思えません。

ぜひ、専門の業者に現地をみてもらって判断してもらってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。業者と相談して判断したいと思います

お礼日時:2001/02/20 11:10

某ゼネコン構造設計部の者です。

どのような地盤にどのような規模の住宅を建てる予定なのか分かりませんので一般論として認識してください。
既にご承知のように、地盤を固める方法は2種類あります。ひとつがセメントと土を攪拌して土そのものを固める方法(浅層地盤改良)、もうひとつが埋め戻し土を埋め戻す際に高さ方向に30cmごとに区分して転圧(ローラーなどで)する方法があります。
信頼性においては、セメントを使う浅層地盤改良のほうが優れています。改良厚さ50cm,セメント100kg/m3程度の改良であれば、5t/m2くらいの荷重には十分耐え得る地盤に改良できるでしょう。2~3階建ての住宅なら十分でしょう。
しかし、目標荷重が5t/m2程度であれば転圧する方法で充分であるとJIMIは思います。コスト的にも安くなるはずです。

といったことを踏まえて、現場の状況をよく知っている業者に、この物件ではどちらが適当な方法なのか、コストはどうか、などを聞いてみるのが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

  ご回答ありがとうございます。参考にさせて頂きます。 
  コストの点も含めて現状において適切な方法を地盤調査の結果と共に考え
  あわせて検討したいと思います。

お礼日時:2001/02/20 11:16

 先日、住宅基礎について質問されていた方だと思いますが、今回の問題も同じで、、、埋めた場所の強度などというものは考えてはいけないのです。



 ましてコンクリートに泥を混ぜるなどということは、論外の事で、土なら土を付き固めるとか、コンクリートはコンクリート独自で使うとか、混ぜて使うのは困ります。

 力のかからない「土間・タタキ」のような所でも、将来ヒビが入るのを防ぐのなら、鉄筋を入れるべきなのです。

 仕事欲しさに安い工法を勧める業者には気をつけて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。埋めた場所の強度についての見解は、
確かに業者によってかなり開きがあり素人である我々には非常に悩むところです。
安易にコスト面だけで飛びつかない様、慎重に検討したいと思います。

お礼日時:2001/02/20 11:23

”埋め戻し”とは、基礎を構築する為に掘った部分の土を、基礎構築後その空間部分に土を戻す事で、その部分を強固にする必要はないと思うのですが・・・。


もしyouandkazさんの質問が”盛り土”に対する事でしたら
セメントを混入して土と混ぜ合わす地盤改良のほうが確かだと思います。コスト面でも砕石と比較しても大差はないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。ご指摘の通り、“埋め戻し”ではなく
 “盛り土”と言うべきでした。(よく考えてみればごもっともですよね!
 言葉一つとっても素人にはとても勉強になります。)今後、業者と相談し、
 検討いたします。 
 
 

お礼日時:2001/02/20 11:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地盤改良費の予算、地盤改良は出るのか

地盤改良費の予算、地盤改良は出るのか

家を新築予定です。

最初、地盤改良費として100万円を計上していたのですが、銀行の融資金額が思ったより低く、最終的に25万円しか地盤改良費として計上できなくなってしまいました。

購入予定の土地は分譲地で隣の隣(約10メートル先)が同じハウスメーカなのですが、その家は地盤改良は出なかったようで、しかも地区自体が固い地盤のようで、営業の方が多分地盤改良は出ないでしょうと言って地盤改良費が削られて行き、最終的に25万円になりました。

予算もギリギリの為、もし地盤改良が必要と言われてしまっても後20万しか出せません。(それで家の貯金は底を付きます)

地盤改良に詳しい方にお聞きしたいのですが、このような状態で地盤改良が出る可能性は本当に低いのでしょうか?

後、地盤改良費が45万しか予算がない状態でこのまま計画を進めるのは無謀でしょうか…。

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

地盤は実際に見てみないとわかりません。
隣が良かったからと言って、自分の所も良いと言う保証は何もありません。
実際に建てた方で経験されている方はたくさんいると思いますが、
隣の地盤の状態、その土地全体の状態は全く当てにならないと思っていてください。

そのHMの方もいい加減だと思います。
我が家も、建てる時にしっかり見積もりを取りましたが、地盤改良代は最後の最後まで100万円を入れておきました。我が家の周辺も地盤が固いと言われていましたが、HMの方もローンの担当(JAの方ですが)も、こればかりは調査結果が出るまではわかりませんので・・・と仰っていました。

ちなみに、お世話になったHMの方の経験で、隣は地盤改良が出なかったのに、その隣が100万以上も掛かってしまい、苦労した話も聞きました。

ですので、少なくとも100万は見ておいたほうが良いです。

Qコンクリート柱の強固法

高さ20センチ、周囲30センチ程のコンクリートの柱を自作しようと思っています。段ボールか何かで同サイズの枠を作って、それに流し込もうかと計画中。そのままだと内側の段ボールにコンクリートがくっ付きそうなので、軽く機械油でも塗っておこうかと。柱状に成っていたら表面の仕上げはどうでも良いので、この辺りは適当に。

問題は、単なるコンクリートの柱では強度が出なさそうなので、中に何かを入れて固めた方が良さそうな点。ビルの解体現場なので観た限り、鉄の棒の様な物が使われていますが、言うまでもなくそこまで大そうにする事もないので、何か手軽に手に入って、尚且つコンクリートが強くなる物が宜しいです。底から上まで通っていないと意味なさそうですが、何か適当な物が有るでしょうか? 近所に大手のホームセンターが2つばかりございます。

有識者のお知恵拝借。

Aベストアンサー

周囲30センチということは直径でいうと10センチ弱高さも20センチ程度
手近なところを見てみたら、ちょうど500mlのペットボトルより少し太い感じかな?

単に円柱として自立しているだけなら補強金具も要らないと思うけど?
因みに、モルタル柱ではなくコンクリート柱だよね?

出来上がった柱に何か載せるとか、何かを支えるという荷重がかかるんでしょうか?

ホームセンターなどで手軽に手に入るモノと言っても・・・・

鉄筋と同素材のモノを短く切ったモノが、アンカーとして売られていたりするけど?
そんなんで良いんでないのかな?
この前見たときは、100円前後だったと思われる

Q地盤改良

家の新築を予定している者です。
契約する前に、地盤改良が必要であれば費用は工務店が出しますという
話がありました。
契約後、周りの区画は地盤改良をしているところが多く、恐らく
地盤改良が必要だといわれました。
そこで伺いたいのですが、地盤改良って頻繁に行われているものなんでしょうか。
悪い土地を買ってしまったんじゃないかとものすごく不安です。
地盤改良をすれば、安心してもいいんでしょうか。

Aベストアンサー

地盤改良自体は、現在は頻繁に行われているので、それ自体を不安に考える必要はないでしょう。昔は、地盤のよいところ・・・礫とか砂とか出てくるようなところに家がまず張り付いたのでしょうが、市街地が拡大し、地盤のあんまりよくないところでも、住宅地になりつつある現在地盤改良は避けて通れないでしょう。

私が疑問に感じるのは、
>地盤改良が必要であれば費用は工務店が出しますという
というところ。こんな話はあるんでしょうか。
はじめから、地盤改良ありきで、その分をどこかの経費にでも乗せているんではないでしょうか?

地盤改良といっても、その地盤の良し悪し、工法、改良する深さ等々で予算は多きく異なるもの。
地盤改良とか言っておいて、表面だけを砂利とかに入れ替えたんでは(そんなことはしないと思いますが)意味なしです。

ほかの方が言われておりますが、どのような工法を考えているか確認すべきです。

それと、現地は当然、簡単なものでよいの地盤調査を行っていますか?周りの家と同じような深さまで、というのであれば少し、手抜きじゃないかな?
とか、後になって、「予想より深くまで地盤改良する必要が出まして、工費負担を・・。」なんてことのなきよう。

工事内訳書はもうできているんですか?
土工事とか基礎工事とか言うところあったら、見てみてください。
素人目にみて、どうも高いとか、あやふやだ、と思う点は、
その内訳を、明確にしてもらったほうがよいですよ。

地盤改良自体は、現在は頻繁に行われているので、それ自体を不安に考える必要はないでしょう。昔は、地盤のよいところ・・・礫とか砂とか出てくるようなところに家がまず張り付いたのでしょうが、市街地が拡大し、地盤のあんまりよくないところでも、住宅地になりつつある現在地盤改良は避けて通れないでしょう。

私が疑問に感じるのは、
>地盤改良が必要であれば費用は工務店が出しますという
というところ。こんな話はあるんでしょうか。
はじめから、地盤改良ありきで、その分をどこかの経費にでも乗せて...続きを読む

Q庭をコンクリートで埋めたら・・・

築10年の鉄筋3階建ての実家の庭(一坪くらい)を、駐車スペースにするため、コンクリートで埋めてもらいました。
その際、使わないからということで庭にあった散水栓を、一緒に埋めてもらいました。
母が言うには、その工事後、二日間 3階の部屋に汚水の異臭が漂っていたそうです。
ちなみに2階に台所、トイレ、洗面、浴室があります。
1階にはトイレだけがあります。
2階のトイレの便器の中の水位が1センチほど下がり、家の湿度が以前よりも上がったような気がします。
家のまわりに苔が生えてきました。
ほんの少しのスペースをコンクリートで埋めただけで、こんなに影響がでてくるものなのでしょうか? 
その家で老後を過ごしている母は、困っています。わたしも何とかしたいと思っているのですが・・・
もう一度工事をしたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>庭にあった散水栓を、一緒に埋めてもらいました。
散水栓とありますが、それは、排水口もありましたか?
有ったとすると、下水の臭いが増したり、トイレの水位が減少したりすることもあります。
大きな下水管から家の中の配水管が直結状態になったためでしょう!
途中に排水口があったときは、そこから臭いも、湿気も逃げていたと思われます。
気になるのなら、もう一度排水口を造って貰えばどうですか?

Q【建設業の法律】土壌改良は法律で義務だけど地盤改良は義務ではない? 土壌改良のために地盤改良する?

【建設業の法律】土壌改良は法律で義務だけど地盤改良は義務ではない?

土壌改良のために地盤改良する?

あれ?

土壌改良と地盤改良の違いを教えてください。


土地が緩い土地に建て者を建てるには土壌改良が必要ですよね?土壌改良した後に地盤改良で土地を固める。

土壌改良が必要なければ地盤改良だけすれば良い。

で、緩んだ土地なので土壌改良しないと家は建てられない。

法律違反になる。

どんな法律で??

「水たまりが出来ている粘土層の上に基礎を作って基礎の周りは水たまりになっているがこれで家を建てて法律的に違法はないのか?」という私の問いに

「土壌改良と地盤改良がごっちゃになってませんか?」の回答が意味が分からない。


粘土層自体は土壌改良の必要性がない。固い土地。地盤改良は?

地盤改良は平らに慣らすこと?

ということは建設業の土壌改良って土地の固さだけで水はけは一切見ていないってこと?

こんな水たまりの中に基礎を作って合法なら、

池の中に基礎を作って水面に浮かして建物を建てても合法ってこと?

建築基準法ってザルでは?

コンクリートは水を吸って脆くなる。

余裕で崩壊する。

水たまりの中に基礎を作ってるってことは池の中に水面に浮く水面コテージを作っているもんだ。

これで何十年もコンクリートの基礎は持つと建築基準局は思っているってこと?

日本の建築大丈夫?

【建設業の法律】土壌改良は法律で義務だけど地盤改良は義務ではない?

土壌改良のために地盤改良する?

あれ?

土壌改良と地盤改良の違いを教えてください。


土地が緩い土地に建て者を建てるには土壌改良が必要ですよね?土壌改良した後に地盤改良で土地を固める。

土壌改良が必要なければ地盤改良だけすれば良い。

で、緩んだ土地なので土壌改良しないと家は建てられない。

法律違反になる。

どんな法律で??

「水たまりが出来ている粘土層の上に基礎を作って基礎の周りは水たまりになっているがこれ...続きを読む

Aベストアンサー

土壌改良は、農業で作物の生育に適するような土壌に改良する事です。(必要な保水力と水はけを確保する事です)
地盤改良は、基礎が定着する地盤を必要な強度になるように改良する事です。
地盤改良の場合は、通常は水はけとかは問題にしませんが、工事が出来ないほど地下水位が高い場合は、水が入らないように、基礎周囲の地盤を改良する場合はあります。

Q鉄筋コンクリートと鉄骨鉄筋コンクリート

3ヶ月前に築20年の安い中古マンションを購入しました
契約時にも新聞広告にもこのマンションは「鉄骨鉄筋コンクリート」と書いてましたし
売買のときの各書類にもそう書いていましたし火災保険の
申込書にも書いてましたので信じていましたが
今日あらためてマンションの管理規約書をみると
対象物件の表示には「鉄筋コンクリート」と書いてあるのを
みて驚きました。管理組合の管理人さんにきくと
鉄筋コンクリートに間違いないようです
私は「鉄骨鉄筋コンクリート」だから気に入って買ったのです
このほうが地震に強いという知識があってそれでこの物件を購入した
のでしたが「鉄筋コンクリート」だけと知ってとてもショックです
でも本当のとこ検索して調べても、どっちが丈夫なのかどっちが
価値があるのかはっきりわからなくなっています。
説明を読んでも難しくて・・・
この「鉄骨鉄筋コンクリート」と「鉄筋コンクリート」は
どんな違いがあってどんな長所と短所があるのでしょうか
頭の悪い私にもわかるように説明していただける方が
いらっしゃいましたらよろしくお願いしたします。
ちなみにマンションは11階建てで私は2階を買いました。

3ヶ月前に築20年の安い中古マンションを購入しました
契約時にも新聞広告にもこのマンションは「鉄骨鉄筋コンクリート」と書いてましたし
売買のときの各書類にもそう書いていましたし火災保険の
申込書にも書いてましたので信じていましたが
今日あらためてマンションの管理規約書をみると
対象物件の表示には「鉄筋コンクリート」と書いてあるのを
みて驚きました。管理組合の管理人さんにきくと
鉄筋コンクリートに間違いないようです
私は「鉄骨鉄筋コンクリート」だから気に入って買ったのです
...続きを読む

Aベストアンサー

鉄筋というのはよく建物の解体現場に落ちていたり
崩れた建物の壁から何本も突き出している
太い太い針金のようなものだと理解してください。

鉄骨は断面が「エ」の字型をした鉄の棒です。

鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)は
上から見た場合「井」の形のように鉄筋を積み上げ、
その中心に鉄骨を突き刺して(「丼」←のような感じ)
それをすっぽりとコンクリートで流し込んで柱を作ります。

鉄筋コンクリート(RC)は
その鉄骨を抜いたものです。(「井」のままコンクリート流し込む)

どちらも長短ありますが、
よく言われるのが、
SRCの方がコストが高いですが、
強度が高く、逆に同じ強度なら柱を細く作る事が出来ます。
10階建てを超えるマンションはこちらで建てられる事が多いようです。

RCは逆にコストは安いですが、
同じ太さならSRCに強度が劣るようです。
3~9建てのマンションはこちらで作られる方が多いと思います。

こんな感じですかね。参考になれば幸いです。

Q地盤改良工事費は、誰が負担するのでしょう?

もともと田んぼであった場所に造成工事をし、住宅を建築します。
瑕疵担保責任による地盤改良工事費は別途として見積書が来ましたが、地盤改良工事費は造成工事費の中に含まれないのでしょうか?
そもそも、地盤改良工事と造成工事は別物なのでしょうか?業者が別にいるということでしょうか?

Aベストアンサー

>瑕疵担保責任による地盤改良工事費は別途として見積書が来ましたが、地盤改良工事費は造成工事費の中に含まれないのでしょうか?

簡単に言うと「地盤改良工事は要らないと想定して見積もるけど、実際に造成しようとしてみたら意外と地盤が弱くて『ダメだこりゃ』な状態になった時には、別途、地盤改良工事が必要で、それは見積もりに入ってません」ってことです。

「想定外に地盤が弱かった」と言う「欠陥」を「瑕疵」と言い、それを担保する責任がある者が、地盤改良工事費を負担しなければなりません(施主、工事業者のどちらが責任を負うかは、契約内容に拠ります)

つまり「要るか要らないか判らない地盤改良工事費は、見積もりに入ってませんよ」ってこと。

>そもそも、地盤改良工事と造成工事は別物なのでしょうか?

別物。

地盤改良工事は、今の地面を掘って弱い地盤の土砂を除去し、新たに土を入れ、地盤を作り直す工事です。

造成工事は、今の地面をそのままに、窪みに盛り土し、盛り上がった土地を削って、まっ平らな「更地」を作る工事です。

>業者が別にいるということでしょうか?

別々に頼めば別に居る事になります。

造成を頼んだ業者に、地盤改良工事の技術が無ければ、別々に頼む事になるでしょう。

造成を頼んだ業者が、地盤改良工事の技術とノウハウを持っていれば、一緒に頼む事が可能です。

心配であれば、ボーリング調査などを行い、地盤の脆弱性を確認の上、どんだけ土を掘り返し、どんだけ新しい土に入れ替えないといけないか、別途「地盤改良工事の見積もり」を取りましょう。

>瑕疵担保責任による地盤改良工事費は別途として見積書が来ましたが、地盤改良工事費は造成工事費の中に含まれないのでしょうか?

簡単に言うと「地盤改良工事は要らないと想定して見積もるけど、実際に造成しようとしてみたら意外と地盤が弱くて『ダメだこりゃ』な状態になった時には、別途、地盤改良工事が必要で、それは見積もりに入ってません」ってことです。

「想定外に地盤が弱かった」と言う「欠陥」を「瑕疵」と言い、それを担保する責任がある者が、地盤改良工事費を負担しなければなりません(施主...続きを読む

Q庭の砂利について

先月住宅を新築したのですが砂利を敷くのを迷っているときに
突然飛び込みで造園業者が近くの施工途中に寄った。あまった砂利を敷きませんか?とたずねてきました。
砂利は石灰砂利?というもので砕石のようになっていて丸みはありません。
大きさは大きくて10mmくらいで細かいものもあり、雨が降るとグレーになりますが普段は白っぽいです。

先日知り合いに見せたところ これは再生砂利というので1t数千円の安物ではないのか?といわれました。

施工は広さ約33m2、簡単に地面をならし、防草剤をまき、厚さ3~4センチで砂利を敷いてもらいました。
突然の訪問だし砂利もこちらが勝手に用意したものだから
利益ほとんど無しの12万 といわれたのですが果たして適正価格だったのでしょうか・・あとになってから不安になってきました。
専門の方いらっしゃいましたら意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

こんにちは、建設関係の者です。これ安い?と聞かれた場合、う~む。残念ながらと唸る価格です。施工単価も下がり気味ですし、再生砂利の使用量が単純計算で1、5立米、1、2t程度ですし。更に土を隙取った後で転圧もしていない事ですし、土質にも因りますが恐らく数年位で歩いた場所の砂利が土に埋まり水溜まりになるかも知れません。今後は数社から施工プランと見積りを出して貰い検討してから依頼することをお勧めします

Q地盤改良後の地耐力

初めましてこんばんは。
2階建て軽量鉄骨の店舗兼住宅を新築中なのですが、地盤調査をしたところ、地盤改良(表層改良)が必要との事になり地盤改良を行っていただきました。
工事も進み建て方も済んだ頃に、何気なく施工会社さんに地盤改良してどのくらいの数値(N値)が出たんですか?と聞いたところ、地盤改良後の地耐力は測定してないとの事でした。

少し不安になり確認申請書の書類や図面を見ましたが、地盤改良を行う旨が特に出ていませんでした。
(地盤調査自体が遅くなり、確認申請が下りる頃になってしまったせいも有りますが)

もう施工してしまった、表層改良に関してセメントの配合量等から地耐力の推定値とかは判るものなのでしょうか。

また、地盤改良後の地耐力の測定は建築の法律的には義務づけられてはいないのでしょうか(行政の完了検査時に確認は無いのですか)

工事会社さんの不手際でしたら、今からでも測定できないか要求してみたいのですが、お手数かけますがアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1です。

> 構造規模的にも基礎(ベタ基礎)の方法からしても、
> 余裕を見越しての地盤改良方法をして有ります

この説明は、設計段階で説明してお施主の了解を取るものですが・・・。
設計する前に地盤調査もしてない様ですが、
では何を根拠に構造設計をしたのかちょっと疑問ですし、
お施主が了解している設計内容を実現する為の、施工計画も説明されてないのですか?
どんな設計でどんな施工をしてくれるか確認せずに発注してしまわれたのですね?
設計した人が工事監理もされているのですね?
やはり、全ては工事監理者のすべき事と思いますので、工事監理者が仕事しないなら、
施工会社の現場管理者か各専門工事会社に直接説明を求めて良いと思います。

> 改良工事は施工会社で行ったようなのですが、改良工事を行うには
> 専門の資格が有る業者で無ければならないのでしょうか。

元請施工会社の下請として専門工事工事会社が地盤改良工事を請負う場合は、
その専門工事会社が「とび・土工・コンクリート工事」の建設業許可を持っていると思いますが、
元請施工会社が持っている建設業許可で、直接工事をする場合も有ります。
建設業許可の種類一覧表を貼っておきます。
ですがこの許可証を持っているかどうかが問題ではなく、もっと根本の、
お施主の了解の下で設計と施工がなされるべき所、了解したくとも説明すら
受けてないようなので、h02060709さんの疑問が起こるのは当然の事と思います。
今からでも遅くはないですから、一度、設計内容も、施工内容も、
すべて納得の行くように説明をしてもらった方が良いように思います。
そして、工事監理者には代理人契約して、ちゃんと工事を監理し、逐一報告してもらいましょう。

参考URL:http://www.pref.okayama.jp/doboku/kanri/gyoshu.pdf

No1です。

> 構造規模的にも基礎(ベタ基礎)の方法からしても、
> 余裕を見越しての地盤改良方法をして有ります

この説明は、設計段階で説明してお施主の了解を取るものですが・・・。
設計する前に地盤調査もしてない様ですが、
では何を根拠に構造設計をしたのかちょっと疑問ですし、
お施主が了解している設計内容を実現する為の、施工計画も説明されてないのですか?
どんな設計でどんな施工をしてくれるか確認せずに発注してしまわれたのですね?
設計した人が工事監理もされているのですね?
...続きを読む

Q敷地内の砂利敷き

今度新築の家に引っ越しをします。
隣との境界と家の壁の間の土の部分に砂利を敷こうと思います。
工務店やってもらってもよいのですが、
自分でやるのは難しいのでしょうか。
安上がりになるなら自分でやりたいと思っています。
幅約50センチで長さが10メートル位の場所が
L字になっており、面積は約10~13平米くらいになると思います。
砂利の量はどのくらい必要でいくらくらいで準備できるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

> 厚みがあまりないと、歩いたとき土に埋もれてしまうと思うのですが
> やはり、5cm位の厚みを持たせた方がよいのでしょうか。

砂と違い砕石の場合は、20mm程度の大きさとなりますので、
薄く敷いても「30mm」以上となりますね。
ご自分で施工なさる場合でしたら最初、薄く敷いて様子をみられたら如何でしょうか。


> また、石の量は単純計算で約1tになると思うので
> 自分で運ぶとしたら、何度か往復しないとだめですね。

ごめんなさいね。
この位まとまれば、普通は無料で配達してくれますよ。
電話帳等でお調べになり、お近くの建材店に電話されてみては如何でしょうか。


> 工務店の見積もりでは、3.5万円くらいでしたので ・・・

現況がわかりませんので労務費の方がどの程度かかるのか
判断しかねますが、よく考慮なさって下さい。
不慣れな作業・重いものを持って、腰でも痛めてしまっては大変ですから。。。


人気Q&Aランキング