私はここ10年ほどうつ病を病んでいて、そのため職場を退職しました。
その後治りかけたかな、と思っていたら、また症状がぶり返し、いまでは毎日なにをする気にもなれず、絶えず自殺のことばかり考えています。
こんな体なので就職先も見つからず、生活に困窮しています。
うつ病でも障害年金をもらえると聞いたのですが、その手続きの方法を教えてもらえないでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No3です。


>医師に診断書をもらう前に社会保険事務所に行ったほうがいいのでしょうか。
専用の診断書はおそらく、病院にはなく社会保険事務所でもらうことになると思います。どこの社会保険事務所も混雑していると思いますが、
私が行った社保は親切に申請のしかたを教えてくれました。
なお、私の通院していた病院は、診断書代が1万円でした。
>一時回復しても受給できるのでしょうか。
制度としては、受給可能だと思います。
大まかには以下のような流れだと思います。
・5年前から現在までの症状が認められれば、障害年金は一括払いで口座に振り込まれます。
・現在と今後の症状が認められれば、傷害年金は隔月払いで振り込まれます。
私の場合はかなり回復してから申請したので、前者のみの支給でした。
私の勘ですが、受給が認められるかどうかは医師が書く診断書の内容によると思います。
精神科医も様々で障害年金が受給可能かどうか理解している医師もいれば、ほとんど知識がない医師もいます。
診断書代が無駄になるかもしれませんが、質問者さんが申請する価値はあると思います。
思い出しましたが、私の場合、申請にあたり医師はあまり相談にのってくれませんでしたが、病院のケースワーカーさんは親身に相談にのってくれました。
    • good
    • 0

●ブログの"うつ病:障害年金"関連の例→

http://blog.livedoor.jp/merumagaad/archives/6206 …
http://www.atto-hiro.com/

●口コミ情報→http://utsu57.blog114.fc2.com/blog-entry-45.html

●(社会保険庁による)社会保険事務所等の窓口一覧→http://www.sia.go.jp/sodan/madoguchi/shaho/index …
辺りが参考になりそう気はします。
    • good
    • 0

お早うございます。


私もうつ病で、数年前に障害年金(厚生年金)を受給しました。
先ずは、管轄の社会保険庁に相談に行ってください。
記憶が曖昧なのですが、確か5年まで遡って受給できます。
医師の診断書や職場の上司のコメントをもらうなど、手続きは結構面倒でしたが、私の場合、2級と診断され充分な額が支給されました。
私の場合は、体調が回復してから申請したので、面倒な手続きに対応できましたが、質問者様は症状が良くないようなので、代理人などを立てた方がよいかと思います。
申請から決定まで6ヶ月以上かかり、申請書など1度の提出では通らないケースも多いですが、とにかく粘り強く対応してください。
なお、NO1さん、NO2さんご指摘の障害者手帳は不要だと思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
医師に診断書をもらう前に社会保険事務所に行ったほうがいいのでしょうか。

医師は、受給は難しいというのですが、一時全快したような感じです。
それがこのごろ以前よりひどい感じになってきました。
一時回復しても受給できるのでしょうか。

補足日時:2008/07/28 11:53
    • good
    • 0

身体障害者手帳ではなく、精神障害者手帳です



等級は関係ありません

3級からでももらえます

ただ、医師の診断書が必要ですので、医師に相談してください
    • good
    • 0

2級以上の身体障害者手帳が要ります。


かかりつけの医師に相談してください。

障害年金を受けると、生活保護の申請もできますが、うつ病での生活保護は地方では認められにくく、そのためわざわざ東京23区内に引っ越す人もいます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • うつ病<こころの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    うつ病とはどんな病気か  私たちは、生活のなかのさまざまな出来事が原因で気持ちが落ち込んだり、憂うつな気分になったりすることがあります。しかし、数日もすると落ち込みや憂うつな気分から回復して、また元気にがんばろうと思える力をもっています。  ところが時に、原因が解決しても1日中気持ちが落ち込んだままで、いつまでたっても気分が回復せず、強い憂うつ感が長く続く場合があります。このため、普段どおりの生...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【三菱重工業でうつ病で退職届けを出したら】「この期限まで働いてくれ」とか「引き継ぎを終わらせてから退

【三菱重工業でうつ病で退職届けを出したら】「この期限まで働いてくれ」とか「引き継ぎを終わらせてから退職してくれ」とか全然うつ病のことを会社が理解してないですよね?

もう働けない限界に達したから辞職したいと言っているのに、会社は今月末まで働いて辞めてくれとか、「もう無理です!限界です!法的期日の2週間で辞めさせてください!」と血を吐いてもうストレスで働けなくて、会社に行くのが身体を震わせながら行っているのに、「2週間の期日は法的に企業が決めることが出来る。2週間は企業の雇用規定の方が法的には優先される。会社の雇用規定は引き継ぎまでとなっている。新しい社員が入ってくれるまでは退職は無理だ!」

ストレスでうつ病の退職志願者に対して、

「お前は会社を舐めているのか!社会人だろ!!」

と怒鳴って退職を2週間まで引っ張った会社。

2週間働けるなら退職届出さないのでは???

バカなの?

と思ってしまう。

血を吐いてうつ病の病院の診断書もあって会社に迷惑を掛けられないと退職届を出しても期日まで働けってうつ病を全然理解していない!

その会社がなんと三菱重工業だった。

おいおい、大企業ですらうつ病を理解していないのかよ!

そしてうつ病をもっと悪化させて限界時に退職届を出しているのに期日まで働かされて重度のうつ病になって退職。

退職届のときにトイレで血を吐いているのも血尿もうつ病の診断書も知っていたのに。

うつ病者に関しては退職届を出してすぐに即日に辞めさせて上げるべきでは?

なぜうつ病者に2週間も働かせ続けたのか弁明ください!

三菱重工業さん。

【三菱重工業でうつ病で退職届けを出したら】「この期限まで働いてくれ」とか「引き継ぎを終わらせてから退職してくれ」とか全然うつ病のことを会社が理解してないですよね?

もう働けない限界に達したから辞職したいと言っているのに、会社は今月末まで働いて辞めてくれとか、「もう無理です!限界です!法的期日の2週間で辞めさせてください!」と血を吐いてもうストレスで働けなくて、会社に行くのが身体を震わせながら行っているのに、「2週間の期日は法的に企業が決めることが出来る。2週間は企業の雇用規定...続きを読む

Aベストアンサー

どちらにしろ、自己都合退職なわけですから、そのような症状なら、入院して、退職願いを内容証明で送付すれば良いだけですよ。
何か言ってきたら、民事訴訟を起こすように話して、法廷で争いますと言えば良いだけです。
強制労働は、憲法違反ですから、契約の違約金などの問題はあっても、労働を強いる事は出来ないですよ。
固有の会社名を記載しているようですが、ニュースソースはどこですか?

Q障害年金の障害認定日

厚生年金保険及び船員保険の障害年金の障害認定日の変更等に伴う事務の取扱いについて
(昭和五二年七月一五日) (庁業発第八四四号)

上記の課長通達に

「診断書(原則として、初診日から一年六月を経過した日以後三月以内の現症が記載されているものをいう。以下同じ。)」

とありましたが、解釈として以下に「 」を付して理解を試みました

1)初診日から一年六月を経過した日以後「、」三月以内の現症が記載
 解釈)
 初診日から1年6カ月を経過した日以後であって、提出の3カ月以内に作成された診断書

2)初診日から一年六月を経過した日「、」以後三月以内の現症が記載
 解釈)
 初診日から1年6カ月を経過した日において、以降で提出の3カ月以内に作成された診断書
 (経過した日っていつまで?という疑問がわきます)

3)初診日から一年六月「の」日以後三月以内の現症が記載
 解釈)
 初診日から1年6カ月以後から提出の3カ月以内に作成された診断書

法令等データベースサービス
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/html/tsuchi/search1.html
から各法令を「経過した日」「経過した日以後」等で検索を行い
意味を見ると、上記3つのうち 1)が解釈として妥当であると思われます

理由として通達等で「経過した日以後」が多様されており
意味が「その日が来たらその日以降は・・」という使用のされ方でした


同じ課長通達に

「請求日以前三月以内の現症が記載されているもの」

とありましたが、同じく解釈として以下に「 」を付して理解を試みました

4)請求日以前「、」三月以内の現症が記載されているも
 解釈)
 請求日の日付以前で、請求日の提出の3カ月以内の日付に作成された診断書

5)請求日「、」以前三月以内の現症が記載されているも
 解釈) 
 請求日の日付で、・・・・崩壊w

上記2つのうち 1)が解釈として妥当であると思われます


同じ通達で
「経過した日」「請求日」という日付けに対して
「以後」「以前」とつけていることから

1)経過した日以後「、」三月以内
4)請求日以前「、」三月以内

という理解が正しいと思うのですがどう思いますか?
ご指導お願いします


追伸
障害年金で社会保険労務士ホームページで
初診日から1年6カ月が障害認定日でそこから3カ月以内でないと
障害認定日請求はできないとありました
しかし別の社会保険労務士では
障害認定日から6ヶ月後の診断書で障害認定日請求を行い、2度目の不服申立の結果、
障害認定日からの支給が認められました。
とありました

やはり上記通達の解釈の違いからでしょうか?


よろしくお願いいたします

厚生年金保険及び船員保険の障害年金の障害認定日の変更等に伴う事務の取扱いについて
(昭和五二年七月一五日) (庁業発第八四四号)

上記の課長通達に

「診断書(原則として、初診日から一年六月を経過した日以後三月以内の現症が記載されているものをいう。以下同じ。)」

とありましたが、解釈として以下に「 」を付して理解を試みました

1)初診日から一年六月を経過した日以後「、」三月以内の現症が記載
 解釈)
 初診日から1年6カ月を経過した日以後であって、提出の3カ月以内に作成された診断書

2...続きを読む

Aベストアンサー

年金用診断書の診断書現症年月日に関する運用通知ですね。
この通達では、「現症とはいつのことをいうのか」ということを定めています。
したがって、「初診日から一年六月を経過した日以後三月以内の現症」という部分をひとくくりにして読まなければいけません。
(注:初診日当日を起算日として、民法の期間計算の原則にしたがって一年六月を数えてゆきます。)

まず、「初診日から一年六月を経過した日」を迎えてなければならない、というのが、1つ目の条件。
次に、「初診日から一年六月を経過した日」を起算日として、そこから三月以内でなければならない、というのが、2つ目の条件です。

したがって、提出がいつであっても、上記の範囲内の日付の現症が年金用診断書に書かれていれば、障害認定日請求(遡及請求を含む)が可能です(◆)。
この日付の範囲を、障害認定日現症といいます。

同様に、「請求日以前三月以内の現症」うんぬんという定めがありますね。
こちらも、考え方同じです。
請求日を起算日として、そこから三月以内の日付でなければならないわけです。
これが満たされれば、事後重症請求が可能で、請求日現症といいます。

「経過した日」とは、「経過する日(満了日)」の翌日のことです。
民法で考え方が定められているので、これを準用して考えてゆきます。以下のとおりです。
(暦日で考えてゆきます。)

参考:
http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/TomoLaw/KikanKeisan.html

1)月の初日から起算する場合

◯ 満了日 ‥‥ 最終月の末日
◯ 根拠 ‥‥ 民法第143条第2項 本文
◯ 満了日の具体例
・ 1月1日から起算して2か月は平年なら2月28日、うるう年なら2月29日
・ 1月1日から起算して3か月は3月31日
◯ 経過した日 ‥‥ 上記満了日の翌日

2)月の途中から起算し、最終月に応当日(同じ日付の日)がある場合

◯ 満了日 ‥‥ 最終月の応当日の前日
◯ 根拠 ‥‥ 民法第143条第2項 本文
◯ 満了日の具体例
・ 1月20日から起算して2か月は3月19日
・ 1月31日から起算して2か月は3月30日
◯ 経過した日 ‥‥ 上記満了日の翌日

3)月の途中から起算し、最終月に応当日(同じ日付の日)がない場合

◯ 満了日 ‥‥ 最終月の末日
◯ 根拠 ‥‥ 民法第143条第2項 ただし書き
◯ 満了日の具体例
・ 1月31日から起算して1か月は平年なら2月28日、閏年なら2月29日
・ 3月31日から起算して1か月は4月30日
◯ 経過した日 ‥‥ 上記満了日の翌日

以上のことを踏まえて、仮に、初診日が平成22年8月31日である事例があったとします。
このとき、どのような扱いになるかを考えてみましょう。次のようになります。

◯ 初診日 ‥‥ 平成22年8月31日
◯ 1年6月が経過する日(満了日) ‥‥ 平成24年2月29日(うるう年)
◯ 1年6月が経過した日(満了日の翌日) ‥‥ 平成24年3月1日[障害認定日]

この事例のとき、「初診日から一年六月を経過した日以後三月以内の現症」とは、平成24年3月1日を含めて、そこから暦日で3か月以内の平成24年5月31日までです(★)。
つまり、障害認定日請求の年金用診断書では、平成24年3月1日から平成24年5月31日までの範囲内のこと(これが「現症」だから)が書かれなければいけません

同様に、事後重症請求するとき。
たとえば、上の事例で、仮に、平成30年5月31日を請求日として事後重症請求するとします。
すると、平成30年5月31日から起算して過去に3か月以内を数えるわけですから、「★」を逆にたどるようなイメージで、平成30年3月1日から平成30年5月31日までの範囲内が「請求日以前三月以内の現症」です。

> 初診日から1年6カ月が障害認定日で

そのとおりです。上述した「◆」のところです。

> そこから3カ月以内でないと障害認定日請求はできないとありました。

正しくは、「障害認定日請求(遡及請求を含む)を行なおうとするかぎり、障害認定日以後3か月以内の現症が診断書に示されていなければならない(★)」との意味です。
障害認定日以後3か月以内にあわてて請求しなければいけない、という意味ではありません。
そんなことを認めてしまったら、遡及請求[実は、障害認定日請求そのものです]もできませんから。
要は、「★」の条件を満たせば良いのです。

> 障害認定日から6ヶ月後の診断書で障害認定日請求を行い、2度目の不服申立の結果、障害認定日からの支給が認められました。‥‥とありました

通達の解釈の違いでもなんでもなく、そのとき限りの特殊な運用の1つに過ぎません。
ですから、いつでもこのような運用がなされるはずはなく、あくまでも通達での取り扱いにしたがいます。
上記「★」の要件は満たしていないけれども、総合的に勘案したときに、「障害認定日以後3か月以内の現症が“障害認定日以後6か月後の現症を示した診断書”でも推認できた」ので、あくまでも特別な例として認めましたよ、というだけの話です。
たかだか3か月ちょっとで激変してしまうような障害状態ではなかった、というわけですね。
ごく稀にそういうことが認められる場合もある、というだけのことなので、そこは特殊な例だと割り切って下さい。
(こちらも、そんなことをいつもいつも認めていたら、矛盾だらけになって通達などが意味をなさなくなってしまいますので。)
 

年金用診断書の診断書現症年月日に関する運用通知ですね。
この通達では、「現症とはいつのことをいうのか」ということを定めています。
したがって、「初診日から一年六月を経過した日以後三月以内の現症」という部分をひとくくりにして読まなければいけません。
(注:初診日当日を起算日として、民法の期間計算の原則にしたがって一年六月を数えてゆきます。)

まず、「初診日から一年六月を経過した日」を迎えてなければならない、というのが、1つ目の条件。
次に、「初診日から一年六月を経過した日」を起...続きを読む

Qうつ病になって退職して良かった?良くなかった?

うつ病になって退職して良かった?良くなかった?

対人恐怖症とうつ病を持っています。今うつでかなりつらい状況です。
仕事が出来なくなった(50%くらいです)うえ、職場の上司もパワハラ系でストレスがたまります。
退職してしばらくお休みすれば、元気だったころの自分に戻れるのではないかとも思いますし、
逆にこんなご時勢では40歳という年齢で再就職先は無いだろうという心配もあります。

休職は一時期しましたが、周囲の見る目はかなり厳しく、もう一度休職する気にはなれません。


うつ病で退職した方、退職しなかった方、ご自分の選択が良かったか良くなかったか聞かせてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

ストレスが溜まる毎日をお過ごしで大変ですね。

自分自身、退職して感じたことを話します。

メリットとしては、ストレス源から解放されること。

デメリットとしては、生活のリズムが崩れ、また孤独に陥ること。

今の状態で回復できる方法があるのかどうか考えてください。

例えば、部署異動、または将来に備えて転職の準備等。
もしくは、ストレス源に拘らず、他のものに興味を抱いて、
なるべく複数の見方が出来るようにすること。

ストレスを解放すべき方法を見つけながら、退職は
最終手段と思って生活を見直した方が良いと思います。

Q障害年金の「障害状況確認届(診断書)」の提出期限

障害年金の障害状況確認届の診断書を提出期限までに出さなかったら1ヶ月分
もらえなくなるのでしょうか?

期限を過ぎた場合どうなるのか教えてください。

Aベストアンサー

提出指定日までに提出しないと、
提出がなされるまでの間、
障害年金の振込が止められます。
(具体的なしくみは、あとで記したとおり)

期限を過ぎてから提出されたときには、
振込再開までに数か月を要します。

◯ 提出指定日(期限) ‥‥ 誕生日の属する月の末日

注:
20歳前初診による障害基礎年金のときは、
誕生日は無関係で、7月末日が「提出指定日」です。

◯ 停止のしくみ(期限までに未提出のとき)
1月・2月生まれ ‥‥ 4月振込分以降もらえない
3月・4月生まれ ‥‥ 6月振込分以降もらえない
5月・6月生まれ ‥‥ 8月振込分以降もらえない
7月・8月生まれ ‥‥ 10月振込分以降もらえない
20歳前初診による障害基礎年金 ‥‥ 10月振込分以降もらえない
9月・10月生まれ ‥‥ 12月振込分以降もらえない
11月・12月生まれ ‥‥ 翌年2月振込分以降もらえない
 

Qうつ病で労災認定。長時間労働等で労災認定された方いますか?うつ病と診断され9月に会社を退職しまし

うつ病で労災認定。
長時間労働等で労災認定された方いますか?
うつ病と診断され9月に会社を退職しました。
今から労災申請しようと思うのですが、可能でしょうか?

Aベストアンサー

1ヶ月残業45時間以上が基準。
ただ自分からではなく 会社のノルマや強制的なものの場合。
これが80時間以上になるとさすがに関連性が認められやすい。
100時間はほぼ確定。

時効はおおよそ2年だから問題ないが 出勤簿やタイムカードや 給料明細などの証拠がないと難しい。
残業時間がそれほどでなければ 鬱病の場合は原因が「確実に会社にある」証拠が難しい。
「自分はこんな被害を」というのが被害妄想なのか正当な被害なのか その判断は素人だと証明できない。
労災申請自体は可能だが 認定されるには会社がすぐに認めてくれるなら良いが そうでなければ弁護士などを通さないとほぼ無理だ。

Qそううつ病 特に非定形そううつ病(非定形精神病)について

 私の夫は今から4年前に、30代前半でそううつ病を発病しました。
 夫の場合は大変珍しい例ということですが、ほとんど鬱状態がありません。もともと子供っぽいところがありましたが、そう状態になると特にそれがひどく、駄菓子屋やおもちゃやで小学生がほしがるようなおもちゃを買いあさり、止めるとちょうど子供が駄々をこねるようにしてわめいたりします。またそう状態が落ち着いた後も一人前の大人としての判断ができず、精神年齢が小学校高学年からせいぜい中学生程度のように感じられます。また、そうを押さえる強い薬や睡眠薬せもあるようですが、動作が緩慢で、普通に物事を判断したり行動することができません。
 主治医に尋ねたところ、ふつうそううつ病では人格の変化はなく、分裂病の傾向も含む、非定形躁鬱病という風に説明をされましたが、本人が同席していることもあって詳しい説明をしてもらえませんでした。本やネットで調べても非定形そううつ病という言葉については説明がなく、非定形精神病の項目のみしか見つかりませんでした。非定形精神病とは要は、あいまいではっきりと分裂なり、躁鬱なりと断定できないということのようです。
 長々と書きましたが、質問したいのは、この子供っぽくて自己中心的な(一人前の社会人として働くことが難しい)かつ行動が緩慢な状態は、一時的なもので、旧に復することができるのか。できるとしたら、どのくらい時間がかかるのか。できたとして再びそう転した時に、またこのような状態になるのか。克服の仕方はあるのか。ということです。(本人の60代の母親も時々似たような状態になりますが、本人および家族が躁鬱病とは思っていないので治療は受けていません)
 

 私の夫は今から4年前に、30代前半でそううつ病を発病しました。
 夫の場合は大変珍しい例ということですが、ほとんど鬱状態がありません。もともと子供っぽいところがありましたが、そう状態になると特にそれがひどく、駄菓子屋やおもちゃやで小学生がほしがるようなおもちゃを買いあさり、止めるとちょうど子供が駄々をこねるようにしてわめいたりします。またそう状態が落ち着いた後も一人前の大人としての判断ができず、精神年齢が小学校高学年からせいぜい中学生程度のように感じられます。また、そう...続きを読む

Aベストアンサー

まず主治医の先生の判断は重要ですね。補足の説明ではっきりしてきましたが、躁状態になりますと、その人の持っている性格の「嫌な部分」が強調されて出てくるものです。ということで躁状態の説明はつきますが、非定型精神病ということでは、普通は人格の荒廃とか痴呆とか起こりません。となりますと、精神分裂病の可能性もあります。この病気はいろいろ型がありまして古典的な分類では27あると言われています。一見躁鬱病が混じっているような分裂病もあります。その辺を見極めるのはなかなか難しいので、主治医の先生の判断が精一杯とも感じます。
さて治癒の可能性ですが、一般論では治癒もありえます。諦めないでください。痴呆ということですがこれはないような気がします。それぞれの先生の判断で診断が違ってくることがありますから混乱されるでしょうが、一般論として痴呆と非定型精神病は別のものです。症状が似てきますが別のものに変わりはないですね。また躁に対する薬のことですが(炭酸リチウムを服用されていると思います)これが効果を発揮しますと活発な精神状態が抑制されますので動作が緩慢になるのでしょう。適切な向精神薬で治療すればお若いですし、治癒も期待できます。どうか大変でしょうが、根気よく、長い目で見てください。悲観するには及ばないですよ。最近はいい薬も治療法もあります。こうだ、と決め付けないで、温かい目で病気と付き合っていってください。薬も治療法も日々進歩しますから、諦めることなどないんです。こうして親身に病気のことを考えてくれる奥様ご自身がいらっしゃるんですから尚更です。主治医の先生を信頼されているなら自信を持って治療に参加してください。どうかお大事に。

まず主治医の先生の判断は重要ですね。補足の説明ではっきりしてきましたが、躁状態になりますと、その人の持っている性格の「嫌な部分」が強調されて出てくるものです。ということで躁状態の説明はつきますが、非定型精神病ということでは、普通は人格の荒廃とか痴呆とか起こりません。となりますと、精神分裂病の可能性もあります。この病気はいろいろ型がありまして古典的な分類では27あると言われています。一見躁鬱病が混じっているような分裂病もあります。その辺を見極めるのはなかなか難しいので、主治...続きを読む

Q自己都合(うつ病)による退職での失業保険

私は前々職を2015年12月末に前職を2016年3月で退職しました。理由は共にうつ病による休養が必要なためで辞めざるをえず自己都合で退職しました。

今はかなり良くなり貯蓄が1ヶ月しかないので、失業保険の手続きをして仕事を探そうと考えています。

前々職(期間は1年半)と前職(1ヶ月)の離職票をもって失業保険の手続きを行うと3ヶ月の待機期間があると思うのですが、自己都合退職でしたがうつ病の場合はすぐに受給してもらえることって可能でしょうか?

うつ病(軽度)で1ヶ月半は休養せねばならなかったので失業保険の手続きは出来ませんでしたが医師からは短時間なら働くことも可能との事でしたので今回失業保険の手続きをしようと思った次第です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

離職票はもらっていますか?
離職票の事由コードは何になっていますか?

下記を参考にして下さい。
http://members3.jcom.home.ne.jp/mu-isawo_rosha/koho13.html

例えば3Cや3Dなら3ヶ月給付制限はありません。
4Dだと3ヶ月の給付制限があります。

求職活動をするには診断書などが必要になるでしょう。
申請だけはとにかく早くしておく必要があります。
給付期限は1年以内、病気など理由に延長申請なども
申請をしてからです。

ほっておくと失業給付を受給しようとした時には
期限が切れているといったことになりかねません。

ハローワークでの相談と申請をしなければ、
何も始まりません。
早めに行かれることをお薦めします。

Qうつ病の完治

10年以上前にうつ病と診断され、半年かけて自分に合うお薬が見付かり更に2年程かかって自殺願望や対人恐怖症のような強い症状は無くなりました。
それからも基本のお薬デプロメール、トレドミン、ソラナックス、ユーパンをずっと飲んでいます。
不眠症なので睡眠薬はコロコロ変わります。
普段と違うことが起こったり家族問題に巻き込まれたり気分の落ち込みが激しい時も良くありますが、他人からは多分普通の人に見えてると思います。
自分でも外ではかなり気を付けていますので。
そこで質問なのですが、私の今の状態は何でしょう?
薬は飲んでますが強い自殺願望は無くなりましたし、他人に合わせて生活も出来ています。

そこで質問(1)
それでも医学的に薬を飲んでやっと普通の状態なら病名はうつ病のままなのですか?

質問(2)
薬はいつか止められるのでしょうか?

精神科医の方からの回答をお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして、よろしくお願い致します。

1)10年間もうつ病なので多分?ずーと同じです。
2)それは、主治医さんに聞いて少しずつ減らすか軽い薬に切り替えながら
  飲まなくする過程が必要です。

通常は、精神病の完治とは薬の服用をやめてから3年以上たったごろ完治とするようです。

>精神科医の方からの回答をお願い致します

あなたも長年、精神化に通院しているからわかると思いますがこういう意見は
主治医さん以外はお答えしない暗黙の了解があります。

すなわち、精神科医のご回答をお待ちしても無理?かも知れません。

セカンドオピニオンというのもありますが、精神病に関してはあまり活発に
していない社会状況が背景にあります。

ご参考まで。

Q退職後うつ病と診断された場合、傷病手当はもらえますか?

25歳男性です。
先月、三年間勤めた会社を退職しました。

現在、うつ病の自覚症状があるので心療内科に行こうと思うのですが、
そこでうつ病と診断された場合、傷病手当は給付されるのでしょうか?
労務不能であれば給付されると聞いたことがあるのですが、
うつ病は労務不能と判断されるものもありますか?

また、健康保険を任意継続にしようか迷っているのですが、
在職中に休職や傷病手当の給付を受けたことはありません。


経緯としては、

・うつ病の自覚症状があったが我慢して在職。
 ↓
・通院することも、会社にうつのことを言うことも無く退職。
 ↓
・症状が改善されないので、心療内科での診察を決意。

このように、表面上は「在職中は問題無かった」という形です。
こういった場合でも、任意継続にして、かつ労務不能と判断されれば傷病手当は給付されますか?

また、私は神奈川県在住なのですが、任意継続以外にした場合、
この傷病手当と同じような生活保障制度はありますか?
国民健康保険だけを見れば無いようですが…

よろしくお願いいたします。

25歳男性です。
先月、三年間勤めた会社を退職しました。

現在、うつ病の自覚症状があるので心療内科に行こうと思うのですが、
そこでうつ病と診断された場合、傷病手当は給付されるのでしょうか?
労務不能であれば給付されると聞いたことがあるのですが、
うつ病は労務不能と判断されるものもありますか?

また、健康保険を任意継続にしようか迷っているのですが、
在職中に休職や傷病手当の給付を受けたことはありません。


経緯としては、

・うつ病の自覚症状があったが我慢して在職。
 ↓...続きを読む

Aベストアンサー

任意継続にしていればもらえます。
退職前から傷病手当をもらっていた場合は、任意継続しなくてももらえます。

Qうつ病の自立支援医療制度

現在、うつ病で3ヶ月ほど通っています。
「自立支援医療制度」と言うのがあって、医療費が安くなると聞きました。
そこで、質問です。
(1)「重度かつ継続」ってどんな感じの基準でしょう?
(2)「市民税所得割額」ってなんですか?

詳しい方お願いいたします

Aベストアンサー

(1)「重度かつ継続」ってどんな感じの基準でしょう?
うつ病は、これに該当します。

(2)「市民税所得割額」ってなんですか?
市役所で、課税証明書又は、非課税証明書を取ってください。
それに記載された「所得額」が「市民税所得割額」で、自立支援(精神通院)の自己負担上限額を設定するのに使用されます。

なお、自立支援法窓口は、場所により異なります。東京都では市役所、区役所ですが、埼玉県では市保健所です。
出かける前に電話等でお確かめください。


人気Q&Aランキング