AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

しきみの増やす方法、挿し木のコツ教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

しきみ」に関するQ&A: シキミとサカキの苗

挿し木」に関するQ&A: 挿し木の仕方

A 回答 (2件)

ふやし方


(1)挿し木の場合
挿し木の適期は若い枝がしっかり固くなった6月下旬~7月が適期です。今年春に伸びた若い枝を15cm前後に切り取って土に挿します。用土は特に選ばず川砂、赤玉土、鹿沼土などを使います。挿し木1年目はあまり生長しませんが、2年目以降は勢いよく生長をはじめます。

と言う事ですのでお住まいの地域にもよりますが、するなら未だ間に合うかも知れませんが、植物の挿し木は、6月頃の梅雨時期が適期でしょう・・・。

(2)種の場合
種は秋に熟した果実から取り出してすぐにまくか、翌春にまきます。

以下参考に・・・。
http://www.yasashi.info/shi_00036.htm

挿し木の方法について
http://www.mitomori.co.jp/hanazukan2/sasiki1.html

この回答への補足

根っ子付きのし君を土にかぶせて鉢植えできませんか?

補足日時:2008/07/29 18:17
    • good
    • 5
この回答へのお礼

もうすぐ秋になると花が咲き種ができますが、その頃お寺に行って種を拾って蒔くのはどうですか?

お礼日時:2008/07/31 11:49

植栽したい場所に直接挿し木しても付くことが有ります。


山砂、川砂に挿しておけばいいでしょう。
時期はもう少ししてからかな、去年の枝を挿せば今でもいいでしょう。
水はたっぷりです、春先に定植します。

この回答への補足

お花屋さんに切り花と根っ子つきのがありますが根っ子つきのほうは土を落として水洗いしてカットしてありますがそれを利用できませんか?

補足日時:2008/07/31 11:44
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/31 16:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q樒(シキミ)の家での栽培について

 いつもお世話になります、最近シキミの苗を購入(仏事用でなく植木屋より購入)したのですが親にシキミは昔から家に植える物では無いといわれました。言われを聞いたのですが、昔の人がそういっていたというだけの理由で畑に植えても家には植えないとのことでした。
 シキミについて調べてみたのですが、以前は神事にも用いられていたとのことで有毒で仏事に用いられるという点以外意味嫌う理由がないとは思うのですが、そのような理由などあるのでしょうか。言われ等ご存じの方が居られましたらお教え願えないでしょうか。
 よろしくお願いします

Aベストアンサー

http://www.fukuyama.hiroshima-u.ac.jp/fsm/data/25shikimi.html
こんな感じで、墓地に植えてあることが多いからではないでしょうか。質問者さまの住んでいる地域にもよると思いますが、私の田舎(高知県)ではしきみは山に自生しているか、栽培の場合は墓地にあるもの、家の中ではそれは仏様のものであって、家の敷地内に植えるというアイデアは、私も実際いやです。

Q樒(しきみ)を育てたいのですが・・・・

樒(しきみ)を育てたいと思っております。
花屋さんで根っこが付いている樒(しきみ)を買って自分で育てられる
のでしょうか?年中お花屋さんでは売っていると思いますが
季節を問わず育つのでしょうか??
どのようにしたら良いのか全くわかりません。
育てている方、またご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして。しきみは常緑ですので、これからの季節が移植には最適です。 根付くまで、外からは良くわかりにくいので気長に待った方がいいです。 しきみは山では北側の日があたらない所に生えています。ですから、日陰がいいと思います。 大きくなるには時間がかかります。木自体は丈夫な方です。病虫害もほとんど在りません。 私の庭にも雑木としてありますが、まだ小さいため、彼岸の墓まいりにはつかえませんので、目の前の山で採ります。花屋で根つきであるとは苗木ではないようですが、少し、葉を落として蒸散を抑えれば、植えればつくと思います。

Qシキミを植え替えたいのですが、注意点及び方法を教えて下さい。

ガーデニングの質問とはちょっと違うかも知れませんが、カテゴリーがわからないものでスミマセン・・・。
我が家の山に自生のシキミが十数本あり、その周りに自然に生えて来た15センチから50センチくらいの苗がたくさん生えて来ました。
南向きの山とか大きくなれない場所でもありますので、植え替えたいと思っています。
時期はこの梅雨時がいいと聞いたのですが、方法、注意点、肥料等教えていただきたくよろしくお願いします。

Aベストアンサー

シキミは常緑樹ですので今の梅雨の時期であれば植替えは大丈夫ですし、堆肥や腐葉土等をすきこみ元肥に発酵油粕等を入れると良いでしょう。
その後は緩行性の化成肥料で大丈夫です。
ご存知のこととは思いますがシキミは仏事に使われ、お墓に「花の木」として供えられるので仏事用に栽培されていますが春に淡黄色の花を咲かせて果実が秋に割れて中から種子が出てきますがこれは有毒ですので取り扱いの際はご注意下さい。
そしてこれが「悪しき実」との呼び名になったとの説もあり土葬の時代には有毒植物を墓の周辺に植栽したとの名残から仏様へ供えることになったと言われています。
葉には香りがあり線香や抹香に使われますが神事に使われるサカキと良く間違われていますね。

Qシキミのこんな症状は病気でしょうか?処置法は?

植えてより15~25年くらい、高さ2~4メートルくらいのシキミを山の至る所に数十本植えています。その半分くらいですが症状は次の通りです。
(1)数年前より半分くらいの木の葉に黒い粒(昆虫が卵を産み付けたような、大きさは2~3mm)が数個ついていました。これは何だろうと思っていましたが・・・。
(2)この夏あたりからその斑点の周りも含めて白くなり葉がその部分のみ枯れたようになりました
(3)同時に葉が引きちぎられたようにギザギザの傷もたくさん見えるようになりました。
(4)シキミにこの症状が出ているのはある程度かたまった数本のようにも思います。(一カ所では無いですが)
このままでは利用困難のため病気ならば対処したいと思っています。
対処法とかご教示よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>数年前より半分くらいの木の葉に黒い粒(昆虫が卵を産み付けたような、大きさは2~3mm)が数個ついていました。これは何だろうと思っていましたが・・・。

見てないのではっきりとはわからないですけど、ダニの可能性がありますね。ダニなどによって葉に傷がつくと、そこから細菌・ウイルス等に感染しやすくなります。

>この夏あたりからその斑点の周りも含めて白くなり葉がその部分のみ枯れたようになりました

病気でしょうね。白くなるならうどん粉病とかでしょうか。ネットで探せば画像もあると思いますので、探して比べてみましょう。

>(3)同時に葉が引きちぎられたようにギザギザの傷もたくさん見えるようになりました。
>(4)シキミにこの症状が出ているのはある程度かたまった数本のようにも思います。(一カ所では無いですが)

ちょっと(3)はわかりません。が、ほかの木にうつさないためにも、早めに対策をされたほうがいいように思います。病気の消毒と、ダニの駆除、かな。。。

Q榊を庭に植えるとよくないのですか

庭に榊が植わっています。以前挿し木をしてみたら発根してそのまま大きくなったもので、大きさは2メートルくらいです。

2年くらい前、地元の農家の方が別のことで、宅地内に榊は植えないものだというのを聴いたことがありまして、それ以来少し気にしていますが、神棚用に重宝しますのでそのままになっています。

昔からの縁起や言い伝えとか、まずいこととかあるのでしょうか。

地域で違うかもしれませんが、当地は千葉県市原市です。

過去ログに「神仏のものは屋敷内に植えてはいけないと聞いた」というのがありますけど。。。

Aベストアンサー

おはようございます。

榊は神の依代の神木だから、位の高い貴族や神官のような家にしか植えてはいけない・・・と言う事で、昔から一般の家には植えないようにするように言われているそうです。実家の神社から挿し木で持って来ている榊を見て、出入りの庭師さんから以前言われました。

でも今時、位も貴族も無いですから、特に気にされなくても良いと思いますよ。
虫も殆どよらないし、丈夫ですくすく育ちますし・・・
私も、榊を買わずに済むので重宝しています。

御参考になれば幸いです。

Qシキミとサカキの苗

副業というほどのものではないのですが、持ち土地の有効活用として
シキミとサカキでも少し植えて見ようと思っているのですが、
土作りや植え方、また苗の用意などまったくわかりません
ある程度まとまって欲しい場合、どのようにするのがコスト的に良いでしょうか?
親木の性質を受け継ぐようなので、山どりの場合、よほどいいものを選ばないと
あまりいい気にならないのかなぁと思いますし、
誰かにいい木を少し譲ってもらい、挿し木で増やすと山どりしたものを植えるのに比べ
数年遅れるような気もします
花木の展示場にあるようなものは良い葉でしたが、まとまった数を買える値段ではありませんでした
サカキも同様ですが・・・

何かアドバイスが有りましたら教えて下さい。数年かかっても挿し木で苗を育てるのが一番でしょうか?

Aベストアンサー

仏教で使われるシキミはお彼岸お盆お正月と出番が多いですが、神道のサカキは需要が少ないと思います。お住まいの地域で道の駅や直売所にどの程度出ているか、お盆前に市場調査をしてから始めるのが無難です。すでに栽培者がいると競合して新規参入は不利ではないかと考えます。

見込みがあれば苗を買うのが最短コースです。15年後ぐらいに出荷という段取りなら挿し木でもよろしいかと。苗で初めても10年以上育てないと出荷には至らないと思います。

苗は挿し木ではなく実生のものが多いと思います。それだけ年数がかかっているので割高の印象を受けるでしょう。苗を作っている方を突き止めて直接交渉で買い付けると卸値で手に入れることもできます。

ちなみに畑を花卉専用に変えました。シキミを苗で植えたり、自然の実生苗を移植したりして育てていますが5年では自家用に使っても心許ない大きさです。

参考になればと情報提供します。

Q浄土真宗の新盆の迎え方について

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、お墓参りはしていませんでした(数年に1度くらいは行ってましたが)。
父が亡くなったのは私が小学生のときでしたが、白いお盆ちょうちんを飾ったのは覚えてるんですが、それ以外の記憶はないんです。
母が亡くなったときは菩提寺がない状態でこちらにお墓を買っていたので、葬儀屋さんの紹介で葬儀の時にお世話になった住職さんに49日まではお世話になりました。実はその方から法要についての冊子をもらってあったんですが見つかりません。
お盆のときの作法はどうなのか、そもそもお坊さんには来てもらうのか、もう細かいところから全くわかりません。どなたか詳しい方がおられたら、教えていただけないでしょうか。
ちなみに、私の住所では7月にお盆を行うのが慣習のようですが、うちでは8月にやっていました。私の仕事の関係で、母の初盆も8月にしようと思っています。
よろしくお願いします。
また、文面中もし失礼なところがあったらご容赦ください。

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、...続きを読む

Aベストアンサー

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも同じことです。
なお、お盆の行事は、宗教行事というよりも地方独自の民族行事ともなっておりますので、日本全国一律の作法があるのではなく、地方ごとに、その土地の特産物などを取り入れた独自の飾りつけも残っています。その中には、浄土真宗では行わないことになっている提灯や灯籠等もありますが、迎え火や送り火は全国的に浄土真宗では行っていません。

なお、お母さまがご往生の際にご縁のお寺があるようですが、冊子等は、再度申し出ればすぐにいただけると思います。気にせずに「見つからないので・・・ください」と言えば良いのです。そのためのお寺です。

>そもそもお坊さんには来てもらうのか、
来てもらうか、来てもらわないかは、亡きお母様のご往生には関係がありません。したがって、亡きお母様にとって、どちらもプラスとかマイナスとかではないので、ご自身にとって、どのように新盆を迎えるのが良いかでご判断ください。自宅に呼ぶのも良し、よばないのも良し、本山や別院のお盆法要に参加するのでも良し・・・何でも良しです。
浄土真宗は、「ああしなければいけない」とか「高しなければダメ」ということは少ないです。ただ、他宗と比べると、「する必要が無いからやらない」ということが多いだけです。
合掌

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも...続きを読む

Qお仏壇に供える花

お仏壇に供える花って決まっているのでしょうか?

実家での事なのですが…。
祖母が亡くなって半年ちょっとたちます。
母が庭に咲いた花などをお仏壇に供えています。(週に1~2回取り替えています)

先日、近所の方が朝早く来られて、「おばあちゃんが榊(だったかな?)を飾ってくれないと夢に出てきた。」と言われたそうなんです。
でも祖母がいる時からお仏壇には庭の花や買ってきた花を飾ったりしていました。
近所の方に、「あなたがしないなら、持ってくる」と言われたそうなのですが、丁重にお断りしたそうなんです。

この事があって、母もどうしようかと悩んでいるみたいなんです。
父は今まで通りで良いと言ってます。(父方の祖母です)

そこで質問です。
お供えしなくてはいけない花等ってあるのでしょうか?
庭に咲いた花等を供えるのは駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

浄土真宗の寺の者です。
仏壇にお供えする花は、なんでも構わないのですよ。ときどき、色花はダメとか、洋花はダメとか言われることがありますが、そういうことではありません。
どんなお花でもいいというのは、こんな理由です。仏壇は、浄土を表しているものですが、お経の中で浄土について記されている箇所があり、そこでは、浄土では色とりどりの様々な花が咲き乱れていると記されています。色とりどりの様々なお花ですから、つまりどんなお花でも大丈夫ですよ、ということです。
ただし、お葬式のときなどにはこの限りではありません。
また、宗派によっても違いはあるかもしれませんので、すごく気になるようでしたら、菩提寺に聞いてみてもいいと思いますよ。

Q仏壇のお供え餅はいくつですか?

仏壇のお供え餅はいくつですか?

法事の時に仏壇にお餅をお供えするのですが、1つの入れ物(高台というんですか?)にいくつ乗せればいいですか?
お正月の鏡餅みたいに2つ重ねるのでいいのでしょうか?
ちなみに浄土真宗です。

Aベストアンサー

お供えをする小餅の数は決まっていません。
お仏檀や仏具の大きさ、他のお供えなどと調和するような(見た目にバランスが取れている)数でよいのです。

ただ、日本の慣習としては、一つの容器に奇数個盛るのが良いかと思います。
なぜ奇数かということは、仏教の教えに関係がありませんので、説明を省略させて戴きます。

浄土真宗のお寺では、報恩講などの重要な法事の場合は、丸小餅を盛り上げ、赤や青色の彩色をしてお供えをします。
これを「おけそく(お華束)」といっています。
しかし、一般の在家では、普通の丸小餅で十分です。

小餅を一対(いっつい;二つで一組)の供筍(くげ;お供えを盛るもの)に盛って供えますが、供筍が無ければお盆でも差し支えはありません。
あなたの質問でいっている高台(おそらく「高杯(たかつき)」のことでしょう。)で十分です。

「盛る」と記しましたが、供筍が小さい場合、縦に積み重ねます。
また、お仏壇の大きさ等の関係で、一対では混み合って見苦しいようなら中央に一つでも良いでしょう。

小餅を盛り上げて供えるのは浄土真宗独特の形式で、親鸞聖人の後を継がれた如信上人が、関東のお同行が少しずつ持ってきた小餅をお供えしたことに始まるといわれており、大切な形式です。

あなたがお尋ねになっていないことにまで触れて、回答が冗長になってしまいました。
ご容赦下さい。

お供えをする小餅の数は決まっていません。
お仏檀や仏具の大きさ、他のお供えなどと調和するような(見た目にバランスが取れている)数でよいのです。

ただ、日本の慣習としては、一つの容器に奇数個盛るのが良いかと思います。
なぜ奇数かということは、仏教の教えに関係がありませんので、説明を省略させて戴きます。

浄土真宗のお寺では、報恩講などの重要な法事の場合は、丸小餅を盛り上げ、赤や青色の彩色をしてお供えをします。
これを「おけそく(お華束)」といっています。
しかし、一般の在家では、...続きを読む

Qサツキ(?)の剪定の時期とやり方について

サツキ(?)の剪定の時期とやり方について
おせわさまです。サツキの剪定の時期とやり方について教えて頂けますか?
写真のような状態ですが、チョボチョボ生えた小枝を剪定機でズバズバと夏場に刈るのでしょうか?
何せ量があるので、手っ取り早く、機械を使いたいと思ってますが、いつ、どのくらいまで刈るのか自信がありません。よろしく、ご教示くださるようお願いします。

Aベストアンサー

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをするなら大鋏を使用します。
剪定機の場合ですが、エンジン式(混合油使用)と電動式がありますが、
メーカーによって名称は違いますが、エンジン式の場合はヘッジトリマー
と言います。利点としては混合油使用のため、力が強く多少は太い枝でも
楽に切れる事です。難点としては重たいのと価格が高い事です。
家庭ですから数が多くても電動式の方が使い勝手は良いのではないかと思
います。画像のサツキを見る限りでは、電動式でも十分に剪定は出来ると
思いますよ。エンジン式より力は弱くなりますが、長時間剪定をしていて
も疲れ難いですね。コードを謝って切らないように注意すれば、素人の方
でも使えるはずです。

僕は造園土木の会社に勤務して居ますが、主に除草作業を行っています。
それでも年間を通して剪定作業もあるので、剪定機による剪定作業に関し
ては誰よりも上手いと勝手に思っています。
丸型は何とか出来るのですが、難しいのは角型ですね。横は何とか出来る
のですが、上を真っ平にするのは経験が必要です。いかにして波のように
させないかが至難の業です。

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをする...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング