被害者には落ち度はないのに理不尽な仕打ちにあったり、いじめをうけたりする話。または本人たちは悪意を働いてると思っていない無意識での残酷さ、被害者の深い絶望や憎悪を感じるもの、痛ましかったり悲惨な内容の小説を探しています。
バッドエンドでもハッピーエンドでもOKですし、加害者に悪意があってもなくても構いません。
理不尽な仕打ちをうけて加害者に復讐する話でもいいです。
上手く探している小説の内容を表現できないのですが、例えば重松清「疾走」山田詠美「色彩の息子」乙一「死にぞこないの青」東野圭吾「さまよう刃」、漫画でいうなら「ブラッドハーレーの馬車」のような内容の話を探しています。(この中で一番好みだったのが山田詠美「雲の出産」です)

できれば現代物でお願いします。
色々と注文が多くて申し訳ないですが、このような条件に当てはまる小説があれば是非教えてください!(ちなみに重松清さんの小説は全部読みました。)
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

○『最後の息子』(吉田修一著、文春文庫)


 オカマの恋人〔閻魔ちゃん〕を無意識に(時に意識的に)傷つける〔ぼく〕の言葉と行動。「最後の息子」という言葉に込められた「閻魔ちゃん」の切ないメッセージが印象的で、吉田修一の初期作品群の中でも好きな一編です。

http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81 …


 理不尽な相手への復讐方法が異色なミステリー系の作品を二編。
○『アヒルと鴨のコインロッカー』(伊坂幸太郎著、創元推理文庫)
○『霧の旗』(松本清張著、新潮文庫)
(ネタバレになるといけないのでレビューは省略します)

 救いようのないほど痛ましい女の人生を描いたドイツ人作家ベルンハルト・シュリンクの『朗読者』(新潮文庫)。

http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%97%E8%AA%AD%E8%80 …


 ノンフィクションから一冊だけ。
○『心にナイフをしのばせて』(奥野修司著、文藝春秋)
 高校生の息子を同級生に殺された(頭部切断)家族のその後の壮絶な悲しみの人生。一方、少年法に守られ国費で弁護士にまでなった加害者、地域の名士となった彼はいまだ被害者への謝罪の言葉もないという。どうしようもない矛盾を抱えたこの国の現実、やりきれない思いでいっぱいになりました。

http://www.amazon.co.jp/%E5%BF%83%E3%81%AB%E3%83 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
詳しい内容ありがとうございます!最後の本は読んだことがないので、読んでみます。

お礼日時:2008/08/14 13:56

補足…とゆーか修正です。


『it』がフィクションなのは確かですが、作者が女性ってのは勘違いです。
女性なのは、同じようにノンフィクションと言ってフィクションだった『サラ、神に背いた少年』の方でした。
不正確な情報、失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あーそういう本、ありましたね!仰天ニュースでも扱ってたのも思い出しました。向こうはそういう本が多いのかな。

お礼日時:2008/08/14 13:57

こんにちは、トリーヘイデンの「シーラという子」はいかがでしょう?


虐待された子供たちが少しづつ人間の心を取り戻していくお話です。

また、中村 文則の「土の中の子供」も虐待を幼い時に受けた人間の話です。

宮本 輝「泥の河」も暗い内容の話です。宮本輝の話はどれを読んでも暗いです。

良かったら読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「シーラという子」は色々シリーズで出ている本ですよね?
他の本も読んだことがなかったので、読んでみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/30 22:00

山田詠美さんの「風葬の教室」はもう読まれたでしょうか。


理由の無いイジメの被害者が主人公ですが、お涙頂戴ものに堕すことがなく凄いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

山田さんは何故か恋愛小説家というイメージがあって一冊しか読んでなかったのですが、紹介された本のあらすじを読んで興味持ちました。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/30 21:58

奥田英朗の『最悪』と『邪魔』


もしかしたら条件外かもしれませんが、何ともいえなく嫌な気分になりました。

>『it(それ)と呼ばれた子』
ノンフィクションじゃなくて、女性が書いたフィクションだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

奥田さんは何冊か読んでますが、紹介された本は読んだことがないので読んでみます。
「it(それ)と呼ばれた子」はやっぱろフィクションだったのですね。発売当時から色々言われてましたが…。なんだか感動がいっきに消えてしまいましたーー;
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/30 21:56

ごめんなさい。


もうひとつ思い出したので再度おじゃまします。

内田 春菊 さんの私小説 「ファザーファッカー」とその続編「あたしが海に還るまで 」

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ファザーファッカー」は読んだことあるのですが、続編があるとは知りませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/30 21:55

小説ではないですが、椎名 篤子さんが児童虐待に言及した書をたくさん発表してます。


http://www.bk1.jp/webap/user/SchAuthorBibList.do …

あと天童荒太さんがちょっとそれっぽいですね。
犯罪モノのサスペンスなんですが、虐待などにより心に傷をもった登場人物がでてきます。
私が好きなのは「永遠の仔」「家族狩り」。ベタですが。
「孤独の歌声」もよかったです。
https://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%93V%93%B6% …

おっしゃる条件外かもしれませんが…
私の好きな本なので^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どれも読んだことのない本です。是非読んでみます!
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/30 21:54

「it(それ)と呼ばれた子」という本が、被害者には落ち度はないのに理不尽な仕打ちにあったり、いじめをうけたりする話に当てはまります。

が、体験談を綴った本なので小説ではないのかな?
検索すればすぐ見つけられると思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「it(それ)と呼ばれた子」シリーズは全部読んだことがあります。
虐待にいじめ、とても痛ましかったですね。それでも誠実に生きている著者に感動しました。
体験談の小説も大歓迎です^^

お礼日時:2008/07/29 23:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Qいじめをいじめている側から描いた小説

重松清さんのナイフに収録されている最後の短編を読んだとき、(これは大人間のいじめを、いじめる側から描いているのですが)終わりに近付くまで、この小説がいじめを描いているのだと気付かず、いじめだったんだと気付いたときに背筋がぞくりとした経験があります。

このように、いじめをいじめる側から描いた小説は他にはありますか?

Aベストアンサー

いじめとまでは行きませんが、すこしいじめる側に近いところに立っているのが『野ブタ。をプロデュース』ではないでしょうか?

ぞくりとはしませんが、そういった学生のクラス内の関係などが良く描かれている本だと思います。
私も学生なので、すごく「ああ、確かにこういうのあるよね」と思いました。

既読かも知れませんが、是非どうぞ。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Qコミカルな内容の小説を教えてください

気分が暗い時にでもすらすら読めてしまう、そんなコミカルな内容の小説を教えてください。

ジャンル自体は何でも構いません。
極端な話、推理小説のように人死にが出るようなな作品であっても、明るい内容なら何でも構いません。

漠然とした質問で申し訳ありませんが、教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

ミステリーに偏っていますが、

少々(いや、大分…)古いですが、赤川次郎の
「三姉妹探偵団シリーズ」、「三毛猫ホームズシリーズ」などは、ラノベ感覚ですらすらと読めるミステリ作品です。

これも古いですが、
天藤真の「大誘拐」。
悪人になり切れない誘拐犯と、誘拐されたおばあちゃんとのほのぼのとした関係がユーモラスです。

新しいところでは、「謎解きはディナーの後で」の作家、東川篤哉の、
「もう誘拐なんてしない」 (赤川氏の「セーラー服と機関銃」の様な作品ですね。「謎解きは…」も読みましたが、こっちより断然面白いです。)

東野圭吾の
「浪速少年探偵団シリーズ」も、コミカルなミステリー作品ですね。

三上延の
「ビブリア古書堂の事件手帖」も、コミカルというよりはちょっとラブコメ的なミステリーですね。

どれも、映画やドラマなどになった有名な作品なので、もしかしたらもう読んでいる(観ている)かもしれませんね。
いずれも、笑えるというよりは明るい作品で、読後に楽しい気分になれます。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q次のような内容の小説を探しています。

次のような内容の小説を探しています。

1986年に開催された「つくば博」で、タイムカプセルに
手紙を入れて16年後の2001年1月1日にそれを配達。。。
という企画があったそうですが、実際、16年後に手紙が配達されて
みると思いもかけなかったトラブルが次々と起こったそうです。

例えば、当時つきあっていた恋人から、今は別の人と結婚している
主婦の元に届いて。。。などなど

こういった話(16年前の手紙によってもたらされた
ハプニング(?))が小説化されていると以前、聞いたことが
あるのですが、タイトルも著者名もすっかり忘れてしまいました。

ご存知の方、教えて下さい!!

Aベストアンサー

もしかして、この本ではないでしょうか・・・
でも、感動話は欲しいのではなく、
ハプニングとかそいう面白いお話の方なんですよね・・・?

ちなみに、検索ページで
「つくば万博」「ポストカプセル郵便」って入れて検索するだけでも、
いろんなエピソードがあって楽しいですよ。

実は、自分にも届きました。
当時は子供だったのですが、文面があまりに生意気で腹が立ちました(笑)

参考URL:http://shinshomap.info/book/416660208X.html

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q心理描写が詳しく、人生を考える内容の小説

理系大学院生(女)です。最近就活について考えているのですが、就活を始める前にこれからの人生についてよく考えておきたいと思うようになりました。今まで、もうすぐ社会人になるという自覚ができておらず精神的な自立もできていなかったので、研究・仕事・両親・結婚・経済など、さまざまな面について非常に不安を感じています。また、生きるということ人間であるということなどの意味や、本当に大切なものとは何か、ということを初めて真剣に考え始めています。心配性で鬱になりやすい性格なのですが、なんとかこの不安を少しでも解消して前向きに就活に臨み、その後の自分の人生を一生懸命生きていきたいと思っています。

そこで、上記のようなことに対して何かヒントを得られるような内容の小説を探しています。普段、小説以外の本はたくさん読んでおり、読書は好きです。しかし小説はほとんど読みません。でも今回のような悩みを解決してくれるのは、心理描写を細かく描いた小説ではないかと思い、チャレンジすることにしました。

小説を読み慣れていないためか行間を読むことが苦手なので、あっさりした淡々とした文章は苦手です。また、現代的で都会的な雰囲気が強いものはあまり好きではありません。登場人物が人生の岐路に立って悩みながらも自分の人生を歩んでいく、若者が年老いていく両親を大切にしながらも仕事に励む、のような内容の小説で、心理描写ができるだけ詳しいものがありましたら、ぜひご紹介をお願いいたします。

理系大学院生(女)です。最近就活について考えているのですが、就活を始める前にこれからの人生についてよく考えておきたいと思うようになりました。今まで、もうすぐ社会人になるという自覚ができておらず精神的な自立もできていなかったので、研究・仕事・両親・結婚・経済など、さまざまな面について非常に不安を感じています。また、生きるということ人間であるということなどの意味や、本当に大切なものとは何か、ということを初めて真剣に考え始めています。心配性で鬱になりやすい性格なのですが、なんと...続きを読む

Aベストアンサー

貴方が20代前半の女性であると言う事を考慮して、

●トルストイ「戦争と平和」「アンナカレーニナ」
●バルザック「ゴリオ爺さん」
●オースティン「高慢と偏見」

ベタですが、いい本はいいのだと思う。

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q同じ小説なら発行年や出版社違いでも内容は同じ?

松本清張や横溝正史など、初版がかなり古い作品は、後年に何度か
再発行で出版されたりしますが、例え近年になってドラマ化されたりする
ぐらい有名な作品でも、小説自体の内容は初版と変わりはないですか?
あくまでドラマ上で現代風にアレンジはされてると思いますが、、、
また同じ作品でも発行所が違う場合でも変わりないですか?

最後に 196X年1月x日第一版発行
      197X年1月X日改版第一版発行
      200X年1月X日第六版発行

この3つの年代の場合2つめと3つめは同じ内容と認識していいでしょうか?
また年月日の後の「版」は具体的に何を意味するのでしょうか?

Aベストアンサー

通常は第一版第一刷、第○版第△刷りという形で表現します。版というのは原版です。同じ版の中では刷りがかわっても内容は変わりません。

196X年1月x日第一版発行
197X年1月X日改版第一版発行
200X年1月X日第六版発行

改版して第一版というのは通常はあり得ず改版は第二版になります(三版以降が出なければ改版で終わり)。改版第一刷のことだと思います。

版を新しくする契機としては、原版の摩滅、作家からの要求、差別用語や著作権問題による削除などがあります。
版が変わって言葉遣いや内容を改める作家は珍しくありません。仮名遣いの現代化や問題部分の削除と言うのが多いケースですが、漫画だと、手塚治虫のように版が変わると別作品という事例もあります(手塚治虫は版が変わって改稿というのが多い作家でした)。このあたりは作家のこだわりでしょう。手塚作品では、違う版を全てコンプリートしようとしているコレクターも多いです。

ですから、上記三つが同じか違うかは作家によります。


人気Q&Aランキング