こんにちは。

60年代に作られた洋画でおもしろそうなものを教えてください。
ジャンルは問いません。

回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

NHK BS2で 太陽がいっぱ は放映しませんが


8月26日AM0:50から 地下室のメロディ 27日冒険者たち
とアラン・ドロン主演の作品が放映されます。
1970年の作品ですが 28日ボリサリーノ も是非見てください。

ハスラー/アラビアのロレンス/昨日・今日・明日/ミクロの決死圏
夜の大捜査線/暴力脱獄/俺たちに明日はない/明日に向って撃て!
などアカデミー賞受賞作品は手堅いでしょう。
http://www.premiere.jp/premiere/data/academy/yea …

博士の異常な愛情/2001年宇宙の旅 などキューブリックの作品も
お勧めです。

1950年代が主体ですがマリリン・モンロー主演作品も私は好きです。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/typs/id401 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。回答ありがとうございます。

先日引越しをして、新しい住まいでは
BS観られないです!
「ボロサリーノ」って、子供の頃テレビで観たかもしれません。
題名だけ覚えています。
観てみたいですね。レンタルであればいいのですが。。

なるほどアカデミー賞受賞作品を順番に観ていくのも
いいですね。

ありがとうございました!

お礼日時:2008/07/31 10:03

質問者様の性別、年齢、好みの方向性、何故60年代の映画がお好きなのか、が判らないので、独断で回答させてください。

私(40代後半)も60年代の映画が好きなので参加したくて・・・

「気狂いピエロ」初見の時は、若い事もあり、良く判らないけど凄く面白いと感じました。中年になった今再見しましたら、実に解り易いエンターテインメントでした。ゴダールだから、と敬遠せずに、是非見ていただきたいです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=5 …

「メリー・ポピンズ」60年代に流行ったロケ物のミュージカルでなく、全て室内セット撮影なのでやや閉塞感がありますが、「名曲揃い・ジュリー・アンドリュース主演・スタッフの純粋な意気込み・貴重な詩心」が、大きな魅力です。ロケ物でしたら、「ウエストサイド物語」で決まり!
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2 …

60年代の映画ではありませんが、59年「お熱いのがお好き」、72年「キャバレー」、は大傑作なのでお薦めです。どちらも60年代映画の香りはしませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。回答ありがとうございます。

映画が大好きです。
ふと「あれ、60年代の映画ってあまり知らないかも」と
思いまして・・。実際あまり観ていないです。

ゴダールですか・・難しそうですね!
ミュージカルは大好きなので
メリー・ポピンズとウエストサイド物語、観てみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/31 10:07

先のの回答に加えて



太陽がいっぱい
続・夕陽のガンマン
冒険者たち
野のユリ
暴力脱獄
卒業
ナイト・オブ・ザ・リビングデッド
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。回答ありがとうございます。

「太陽がいっぱい」と「卒業」は観たことがあります。
それ以外は観ていないので、楽しみです。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/31 09:58

[サウンド・オブ・ミュージック」


http://cinemakun.com/soundmusic/index.html

「夜の大捜査線」
http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/InTheHeatO …

「俺たちに明日はない」
http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/Bonnie%20A …

「卒業」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD5299/commen …

「荒野の七人」
http://hollywood.eigajiten.com/kouya7nin.htm

「大脱走」
http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/The%20Grea …

「ナバロンの要塞」
http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/THE%20GUNS …

「イージー・ライダー」
http://matuzawa.net/fin/movie/ezr/

思いついた映画を書きました。有名な映画ばかりなので、もうすでにご存知かも知れませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。回答ありがとうございます。

たくさん紹介していただいて嬉しいです。
「卒業」以外観たことはありません。
参考にさせていただきますね。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/31 09:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近、名作だと思った映画は何ですか?

最近、主人と名作といえる映画ってなんだろうねっと話しています。
みなさんの名作と思っている映画は何ですか??
新旧関係なく教えてください。

Aベストアンサー

何度も見たくなる映画、何度見ても飽きない映画ではないでしょうか?

「天空の城ラピュタ」

Q60年代、70年代のお勧め映画

こんにちは。よろしくお願いします。

1960年代、1970年代のお勧め映画を教えてください。
洋画で、あまり難しくなく、後味の良いのがいいです。

Aベストアンサー

ニューシネマは難しい(一回見ただけではよくわからない)感じが多いので、とりあえずシンプルでわかりやすいものということで挙げてみます。(アメリカ映画ばかりですが)
各ストーリーは検索してみてください。

荒野の7人/The Magnificent Seven (1960)
タイムマシン/The Time Machine (1960)
小さな恋のメロディー/Melody (1971)
アメリカン・グラフィティ/American Graffiti (1973)
バニシング・イン 60/Gone in 60 Seconds (1974)
ロッキー/Rocky (1976)
ビッグ・ウェンズデー/Big Wednesday (1978)
カプリコン1/Capricorn One (1978)

Q古今東西お勧め名作映画

映画史上の名作を軒並み見たいと思っているのですが、「名画100選」のように、なにか手引きとなるものはないでしょうか。邦画、洋画、新旧は問いません。できるだけ、古典的な名作に触れたいと思っております。

また、これだけは絶対に見ておいた方が良いという、お勧めの古典名作映画があればいくつでも教えてください。

Aベストアンサー

故淀川長治さんの先輩でもある古参の評論家双葉十三郎さんが、そのむかし映画雑誌スクリーンに「ぼくの採点表」というのを連載していました。
その連載から抜粋した新書本があります。

「外国映画ぼくの500本」
「日本映画ぼくの300本」
という書籍なのですが、双葉さんは映画の黎明期から見続けているそうで映画館で見た作品はたしか2万本くらいだったと思います。

HP上ではさらに絞って100本を挙げています。
http://www.interq.or.jp/silver/chic/100.html

他にも古今の100本だと米タイム誌が最近映画史上の100作品を選出していました。
http://www.time.com/time/2005/100movies/index.html

有名な映画評論家やジャーナリストでも、生まれ育った国の違いや、年齢などで、選ぶ映画ってかなり変わってくると思うんですけど、未公開の作品だと資料なんかも乏しいので、他の方たちがあげているようにキネマ旬報誌などの書籍も参考になると思います。
年代別のベスト10を一覧にしたHPもあるので参考にしてみて下さい。
http://www.asahi-net.or.jp/~AN4S-OKD/private/movie/mvkk.htm

ついでなのでボクの勝手な10本です(^_^;)。
「アラビアのロレンス」監督:デビッドリーン
「処女の泉」監督:イングマール・ベルイマン
「鏡の中にある如く」監督:イングマール・ベルイマン
「Z」監督:コスタ・ガブラス
「アルジェの戦い」監督:ジッロ・ポンテコルボ
「惑星ソラリス」監督:アンドレイ・タルコフスキー
「七人の侍」監督:黒澤明
「雨月物語」監督:溝口健二
「灰とダイヤモンド」監督:アンジェイ・ワイダ
「奇跡の丘」監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ

次点「続・夕陽のガンマン」監督:セルジオ・レオーネ
  「ライアンの娘」監督:デビッドリーン

明日選ぶと多少の変動があるかもしれませんけど……

故淀川長治さんの先輩でもある古参の評論家双葉十三郎さんが、そのむかし映画雑誌スクリーンに「ぼくの採点表」というのを連載していました。
その連載から抜粋した新書本があります。

「外国映画ぼくの500本」
「日本映画ぼくの300本」
という書籍なのですが、双葉さんは映画の黎明期から見続けているそうで映画館で見た作品はたしか2万本くらいだったと思います。

HP上ではさらに絞って100本を挙げています。
http://www.interq.or.jp/silver/chic/100.html

他にも古今の100本だと米タイム誌が最...続きを読む

Q50~60年代ぐらいの名作教えて下さい洋画邦画

こんにちは。サンタともうします。
ネットにて、名作を探して、レンタルして楽しんでいます。

最近になりまして、50~60年代ぐらいの映画は名作が多いと耳にしました。自分が見た古いものといえば、
「風と共に去りぬ」
「ベンハー」

70~80年代では、
ロングウェイホーム
など、最新技術でなくても、心にとても伝わってきます。そのような映画が大好きです。

洋画邦画、どちらでも構いません。

ネットでもブログなどで詳しく紹介されているのですが、これは絶対に、これは先に観ていたほうが良い!!というものがありましたら、ズラズラ通して頂けましたら、とても嬉しいです。
早速、、、借りに行きたいと思います。

何十本も構いません。皆様のお時間を少し拝借させていただきます。
よろしくお願い致します。
失礼いたします。

Aベストアンサー

1923年から発行され続けているアメリカのニュース誌TIMEが2005年に映画史上の100本という特集を組んでいます。
けっこう新しい映画も入っているのですが、選出作品はバラエティに富んでいて参考になると思います。
邦画では「東京物語」「雨月物語」「生きる」「用心棒」などが入っています。

下記TIMEのページでタイトルのABC順ですが。
http://www.time.com/time/specials/packages/0,28757,1953094,00.html

これを邦題にしたファンのページです。年代別に紹介されています。
http://kousyoublog.jp/?eid=391


映画評論家でもっとも映画を多く見たといわれている双葉十三郎さんの著書が鑑賞のガイドブックになるのではないかと思いますので紹介しておきます。

2万本以上は見ているそうで、そこから500本+300本を選んだものです。
外国映画ぼくの500本
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%AE500%E6%9C%AC-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%8F%8C%E8%91%89-%E5%8D%81%E4%B8%89%E9%83%8E/dp/4166603132

日本映画 ぼくの300本
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%98%A0%E7%94%BB-%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%AE300%E6%9C%AC-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%8F%8C%E8%91%89-%E5%8D%81%E4%B8%89%E9%83%8E/dp/4166603833/ref=pd_sim_b_1

ほかにも
淀川長治映画ベスト1000
http://www.amazon.co.jp/%E6%B7%80%E5%B7%9D%E9%95%B7%E6%B2%BB%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%881000-%E6%B7%80%E5%B7%9D-%E9%95%B7%E6%B2%BB/dp/4309270883/ref=pd_sim_b_4


映画の歴史を見ていくと、たくさんの人たちに指示され評価を受けた作品には、その国とその年代の社会を反映した作品も多く、そんな視点から鑑賞するのもまた面白いと思いますよ。

たとえば、
戦勝国であるアメリカの復員兵たちが日常生活に戻る姿を描いた46年の作品
「我等の生涯の最良の年」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=26238

朝鮮戦争時に捕虜になり洗脳された米兵が、その後要人暗殺へと向かうサイコサスペンスで62年の作品「影なき狙撃者」(公開の翌年の63年にはケネディ暗殺がありました)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2405


敗戦国となった西ドイツが戦後初めて製作した1959年の戦争映画で、敗戦間近に参戦した少年兵たちの悲劇を描いた実話「橋」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=17962

今日現在の中東情勢を予見したようにも思える作品でフランス占領下における独立戦争を描いた1965年の「アルジェの戦い」
監督や出演者はこの戦争の当事者たちで、2003年には米軍のイラク侵略の参考になるとされ、ペンタゴンで上映もされました。監督はまったく別の観点で作っているので、怒りの声明を出してました。驚くほどリアルな市民戦争映画です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1459

「Z」
ギリシャが軍事政権で恐怖政治を行っていた60年代に起こった政治家暗殺を描いた実話です。この映画の世界的な成功もありギリシャの軍事政権は数年後に転覆しますが、当事者たちは監督をはじめ多くが亡命し、中には死刑宣告を受けたスタッフもいます。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=12748

ベトナム戦争下の若い世代の将来への絶望感を取りあげた60年代末から70年代のニューシネマと呼ばれる作品群(イージーライダー、俺たちに明日はない、バニシングポイント、帰郷ほか)にも見応えのある作品がけっこうあります。

1923年から発行され続けているアメリカのニュース誌TIMEが2005年に映画史上の100本という特集を組んでいます。
けっこう新しい映画も入っているのですが、選出作品はバラエティに富んでいて参考になると思います。
邦画では「東京物語」「雨月物語」「生きる」「用心棒」などが入っています。

下記TIMEのページでタイトルのABC順ですが。
http://www.time.com/time/specials/packages/0,28757,1953094,00.html

これを邦題にしたファンのページです。年代別に紹介されています。
http://kousyo...続きを読む

Q名作!映画! 名作や不朽の作品などと言われてる映画は沢山あります。 そのなかでも、皆さんが 人生で

名作!映画!

名作や不朽の作品などと言われてる映画は沢山あります。
そのなかでも、皆さんが
人生でこの映画に会えてよかった!
と思える作品を教えてください!

Aベストアンサー

「戦場のピアニスト」ロマン・ポランスキー監督
「サード・パーソン」ポール・ハギス監督
「花様年華」ウォン・カーウァイ監督

ウォン・カーウァイ作品には「恋する惑星」「ブエノスアイレス」など傑作が多いが、特にこの作品はカメラワーク、脚本から役者の演技に至るまで、すべてが秀逸と言える。
主役のトニー・レオンは本作でカンヌの男優賞を受賞。また、英BBCのベストムービー100では、第2位にランクイン(第1位はデヴィット・リンチのマルホランド・ドライブ)。
香港映画=カンフーモノという認識を改めた逸品でもある。

Q60年代の洋画のいくつかの曲は日本製?の件

10年前後昔、某新聞の記事で呼んだのですが、60年代に日本で上映された数本のヨーロッパ映画に日本上映用に日本人作曲家による音楽をつけた、とありました。
そのうちの何作かは見たことがあり、とても驚きました。
と、ここまでの記憶があるのに、記事にかいてあった映画のタイトルを一本も覚えていません。作曲家の名前も分かりません。どなたか、昔の洋画の配給に詳しいかた、お教え頂けませんか?

Aベストアンサー

No3です。
興味が湧いたので、探したら詳しいページがありました。

http://d.hatena.ne.jp/ArappoCaro/20110827/1314463872

「殺しの免許証」は”日本ジャズ界の巨人と呼ばれる尾田悟氏のペンによるもの”となってます。ボクはこの記事を朝日新聞で読んだ記憶があります。

上記によるとゴダールの「女と男のいる舗道」も日本独自サントラ(ニセトラ)の可能性がありそうですね。
キングレコードのバージョンの曲はフランスで発売されたゴダールやルグランのアルバム等には入ってません。劇中で流れる曲をどうも編曲して勝手にサントラ化しちゃったみたいです。

日本版サントラ
http://www.youtube.com/watch?v=XbvktqgxhW8

そのオリジナル場面
http://www.youtube.com/watch?v=LlBS3PmPfaI

自分の知っているところではマカロニウエスタンにこういったものが多いです。
上記HPに出ている「地獄から来たプロガンマン」のほかにも「殺し屋がやって来た」はまったく違う音楽をサントラとしてシングル盤化してましたし、「続荒野の用心棒」はイタリア語の主題歌がレコード化されヒットしましたが、実際は英語の主題歌が使われてました。
「続荒野の用心棒」
レコードバージョン
http://www.youtube.com/watch?v=31G61nqL44U
映画バージョン
http://www.youtube.com/watch?v=lNUpbYwj57k

ついでなので、ゴダールの「軽蔑」はオリジナルはジョルジュ・ドルリューでこれはけっこう有名な曲ですが、イタリア版はイタリア映画音楽界の大御所ピエロピッチオーニのバージョンが使われました。
オリジナル
http://www.youtube.com/watch?v=aUs4awmb3-o
イタリア版
http://www.youtube.com/watch?v=DsjWcRxv4mk


もうひとつ、ついでに書きますと、映画のネガには画ネガと音ネガとのふたつがありまして、このふたつから上映用のプリントを作ります。
なので音を替えることはそんなにお金が掛かるわけではないのです。
映画制作をした会社は親会社(配給会社など)へ納品する際に、音に関しダイアローグトラックというセリフだけが入ったものと、MEトラックといって音楽と効果音が入ったものを納品します。
で、音楽と効果音はそのままで日本語吹き替えを作ったり、セリフはそのままで音楽を替える(ただし効果音は作り直しですが)ことはけっこうあったようです。

またまたマカロニネタで恐縮ですが「南から来た用心棒」という作品はTV放送時のタイトルバックに日本の関係者が絶妙な効果音を付けて、ファンの間ではそれがずっとホンモノだと思われており、近年DVDになったときにその効果音が入っていなくってガッカリだったそうです。
これに銃器の音(撃鉄を起こす音や弾倉が廻る音など)がぴったり入っていたそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=L5v8vDDbvgE

No3です。
興味が湧いたので、探したら詳しいページがありました。

http://d.hatena.ne.jp/ArappoCaro/20110827/1314463872

「殺しの免許証」は”日本ジャズ界の巨人と呼ばれる尾田悟氏のペンによるもの”となってます。ボクはこの記事を朝日新聞で読んだ記憶があります。

上記によるとゴダールの「女と男のいる舗道」も日本独自サントラ(ニセトラ)の可能性がありそうですね。
キングレコードのバージョンの曲はフランスで発売されたゴダールやルグランのアルバム等には入ってません。劇中で流れる曲をどうも編...続きを読む

Q誰もが名作といえる映画は?(条件付)

似たようなアンケートがたくさんありますが、少し回答の条件を絞らせてください。

映画鑑賞が趣味な映画大好きという方に質問します。
あなたが今まで見た映画の中で、誰もが名作と言うであろう映画を一つだけ選ぶとしたら、あなたは何を選びますか?
ただし、“誰もが”というのは、その映画の内容を理解することができる方、すなわち子どもや内容を理解することができない大人は除きます。

ヒッチコックや黒澤作品のような、今では一般受けしない映画でなく、かつ「パイレーツ・オブ・カリビアン」のような安直な娯楽大作でない名作。
私の知るところでは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズは誰もが楽しむことができる名作だと思っています。
ただこれらの例えはあくまでも私の主観ですので、疑問に思う方もいらっしゃるでしょうが、作品選定のニュアンスはこんな感じです。

不明な点は補足いたします。
繰り返しますが挙げる作品は一つだけです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前に同じようなご質問をお見受けしました。
その方も異様に「BTF」に拘っておりました。
かの映画は、1作目で余韻を残したまま終われば名作の一部でしたでしょうが。同監督である為シリーズは飽きました。
個人的にはゼメキス本願の「スパイダーマン」を撮って欲しかった。
サム.ライミでは、どれも無駄が(回りくどい)多すぎて痛快ではない。
と、これはさておき。
1作だけという事なら、後世に残らない名作でなくても構わないと言う事ですよね。
だったら「マッドマックス」。以降のシリーズは駄目。
徹夜明けの時間つぶしの映画館で「お目め釘付け」「眠気吹き飛ぶ」。
こんな「勧善懲悪」で、ハラワタニ沁みる痛快な映画はありません。
大画面テレビでもあの迫力は無理です、スクリーンで無くては。
同じように「ベンハー」も、騎馬戦がメインですが、4時間我慢出来ての話。ガリレー船の場面も引き込まれますが、現代の方に我慢は出来ないでしょ。
誰でも楽しめる映画ではありません。覚悟がいりますよ。
でも名作だと信じて疑いません。
じっくり見ましょう。

Q60年代の洋画サントラ集

1960年代の洋画サントラを集めたCDってありますか?
あったらめちゃくちゃ欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スリー・ドッグ・ナイト、ラスカルズ、プロコル・ハルム、ミラクルズ等。
タイトル:THE BIG CHILL(再会の時)
発売年:1983年
発売国:USA
発売元:MOTOWN


タイトル:ヘアー (2LP)
発売年:1979年
発売国:日本
発売元:RCA/RVC

あとは70年代や現代のが少しはいってしまいますが、
『ブラウン・バニー 』
http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?pdid=20169236

参考URL:http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?pdid=20169236

Q名作映画!

最近映画をよくみます。
単なる娯楽映画ではない、名作を探してます。
今まで見た中でこれは名作だというのがあれば紹介してください。紹介理由も教えてください。
平和ボケの国、鎖国みたいな国なので、戦争もの、海外がよくわかる映画とかは特にみてみたいです。
ちなみにあっしのお勧めはランボー、プラトン、ラスト侍あたり。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

キャスリン・ビグロー監督の
「ハートロッカー」 イラクでのアメリカ軍爆弾処理班
http://www.youtube.com/watch?v=J22-8Bu4mHw

「ゼロダークサーティ」 オサマ・ビンラディン殺害まで
http://zdt.gaga.ne.jp

あとは
「硫黄島からの手紙」
「ライフ・イズ・ビューティフル」
「ホテル・ルワンダ」

Q70年代~80年代前半の洋画

もう秋ですねー。

早速ですがこの時期になるとなぜか観たくなる映画(洋画)があります。
しかしそれは具体的に「この映画!」というのではなく、漠然として私が思い描いている、あるいは遠い昔に観たことあるようなシーンのある映画を探しているのです。懐かしいような、寂しくなるような・・・

まず、、、
(1)70年~80年代前半に作製された洋画
(2)ヒューマン系(家族愛、恋愛など)
(3)出来ればヨーロッパ辺りで撮影されたおしゃれなもの
(4)寂しげなシーンが多い
(5)落ち葉で敷き詰められた石畳の歩道、並木道を歩くようなシーンがある
(6)ファッションはタートルネックセーターにグルグル巻きのマフラー、クタクタなコート、くしゃくしゃの髪、古着な感じ
(7)クレイマークレイマー、普通の人々、黄昏、泣かないで、みたいな感じ

こんなのってありますかねー?苦笑
全部の条件あてはまらなくても、一部似たようなシーンがあるものでも結構です。

秋にはホットココアを頂ながらこんな洋画を観て寂しさや感動に耽りたいのです。苦笑
どなたかこんな映画をご存知でしたら教えてください。お願いします。。。

もう秋ですねー。

早速ですがこの時期になるとなぜか観たくなる映画(洋画)があります。
しかしそれは具体的に「この映画!」というのではなく、漠然として私が思い描いている、あるいは遠い昔に観たことあるようなシーンのある映画を探しているのです。懐かしいような、寂しくなるような・・・

まず、、、
(1)70年~80年代前半に作製された洋画
(2)ヒューマン系(家族愛、恋愛など)
(3)出来ればヨーロッパ辺りで撮影されたおしゃれなもの
(4)寂しげなシーンが多い
(5)落ち葉で敷き詰められた石...続きを読む

Aベストアンサー

ココアを飲みながら、しみじみと映画を鑑賞する。
いいですねぇ~。(^^)

お勧めしたい作品はいくつかあるんですけど、未DVD化も多いんです。
佳作だけど、有名な役者が出ていないとか、賞は獲ったけどそんなにヒットしなかったとか、そんな理由からか、それとも版権がなかなかクリアできないのか、ファンとしては、もったいないなぁと残念でなりません。
ただVHSはあったので、大きなレンタル店にはあるかも知れません。

「ハリーとトント」
住み慣れたアパートの立ち退きを余儀なくされた老人と愛猫のロードムービーです。アメリカではつい最近DVDになったので(それも10ドルで!)、そろそろ日本もと思うんですけど。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=18502


「みんな元気」
マルチェロ・マストロヤンニ主演の90年の作品ですが、しみじみと鑑賞できる作品だと思います。悠々とした余生をおくる父親が、長年会っていない息子たちを尋ね旅に出る話です。こうやって書くと「東京物語」ぽいなぁ。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=23091


「アメリカの夜」
仏のフランソワ・トリュフォー監督が、自分自身を演じたとも言える映画撮影の内幕ものです。トリフォー演じる映画監督がいろんな問題に直面しながら、映画を作っていく過程が映画ファンにはとても魅力的です。人生の一面を描いた映画とはちょっと違いますが、見終わるとなんだかむなしい気持ちにもなります。これは数年前にDVDになりました。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2693

「突然炎のごとく」
トリュフォーの名前を出したら、これも推薦せねばと思いまして……
男ふたり、女一人の三角関係のラブストーリーですが、いわゆる恋愛映画の枠を超えた映画です。ジャンヌ・モロー演じる奔放な女性が特に魅力的でした。「つむじ風」という歌を歌う場面があるのですが、この曲と物語の展開が、この季節にぴったりだと思います。
これも2度DVD化されてます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001DQW7Q/249-4353055-3518736


「鬼火」
アルコール中毒から立ち直りかけたブルジョア青年の漂泊の一日を描いた作品です。
エリックサティの曲が使われた映画としてもよく知られており(ジムノペディはこの作品で有名になりました)見終わると、心は秋を通りこして木枯らし状態になります(-_-)
そんなときにはココアがぴったりかも?
これも国内ではDVDには2度なっています。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3764


「惑星ソラリス」
人間の内面を読み取ることが出来る知能を持った惑星:ソラリスの調査に向かった男が、宇宙ステーションの中で、死に追いやってしまった亡き妻に遭遇し、懊悩する話です。
劇中何度も使われるバッハの「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ」が、効果的でハマるとすごくハマる映画なんですけど……、かなり好みが分かれる作品でもあります。
これもDVDには2度なってますので、DVDの情報です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00006RTTR/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-4353055-3518736

ココアを飲みながら、しみじみと映画を鑑賞する。
いいですねぇ~。(^^)

お勧めしたい作品はいくつかあるんですけど、未DVD化も多いんです。
佳作だけど、有名な役者が出ていないとか、賞は獲ったけどそんなにヒットしなかったとか、そんな理由からか、それとも版権がなかなかクリアできないのか、ファンとしては、もったいないなぁと残念でなりません。
ただVHSはあったので、大きなレンタル店にはあるかも知れません。

「ハリーとトント」
住み慣れたアパートの立ち退きを余儀なくされた老人と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報