帰省時の移動中に読む本を探しています。

今まで読んできた中で特に好きな作家は伊坂幸太郎、絲山秋子、恩田陸
、時雨沢恵一、森見登美彦です。
ジャンルはミステリーが多くてホラーはあんまり読まないですが、特にこだわりはないです。

おすすめの本の紹介お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

「葬列」小川勝己 角川文庫


横溝正史賞正賞受賞作。
スピーディーでワクワクしました。

「ツ、イ、ラ、ク」姫野カオルコ 角川文庫
なんと、恋愛小説です。でも予想を上回って面白かった。

「凍える牙」乃南アサ 新潮文庫
ご存じ直木賞受賞の痛快刑事物。音道貴子は惚れますねえ。

以上、読んで損はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

聞いたことあるけど読んだことない作家ばっかりでした。
いい機会なので読んでみようと思います。
ご回答ありがとうございました!!

お礼日時:2008/08/04 17:10

1冊既出ですが乙一さんはおすすめですね。


「暗いところで待ち合わせ」
「失踪HOLIDAY」
「きみにしか聞こえない -CALLING YOU-」

湯本香樹実さんの
「ポプラの秋」
「夏の庭」

北村薫さんの
「冬のオペラ」

どれも文庫本(文庫化)なので移動中も読みやすいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

下の回答のお礼と重複してますが、乙一は既読なんです。
せっかくおすすめしてもらったのにすみません…。
でもほかの2人は読んだことないので、読んでみます。
ご回答ありがとうございました!!

お礼日時:2008/08/04 17:18

恩田陸さん系として、辻村深月さんがおすすめです。

青春ミステリで、日常の中のこれ、というところを切り取るのがとても上手いひとだと思います。「凍りのくじら」「スロウハイツの神様」(講談社ノベルス)がおすすめ。持ち運びのしやすさにこだわらないのであれば、最新作の「名前探しの放課後」は二度読んで楽しめるおいしさがあってよかったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

辻村深月はまだ読んだことなかったです。本屋で探してみます。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/04 17:14

米澤穂信さんの「古典部シリーズ」や石持浅海さんの作品が最近のお気に入りです。


どことなく伊坂さんの作風に似ているような・・・と勝手に思っています。

時雨沢さんがお好きということはライトノベルでもいいんですかね?
それでしたら野村美月さんの「“文学少女”シリーズ」をお勧めします。
一応ミステリだとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

聞いたことあるけど読んだことない作家ばっかりでした。
いい機会なので読んでみようと思います。
ご回答ありがとうございました!!

お礼日時:2008/08/04 17:09

乙一【平面いぬ】


金城一紀【GO】

厚いのでしたら
宮部みゆきが良いかも知れません。
レベル7とか面白かったです。
私も読み返そうかな♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

乙一と金城一紀は昔から好きで全部既読なんです…。
でも宮部みゆきは模倣犯とか数冊しか読んでなくて、今回おすすめして
もらったレベル7はまだ読んでないんで本屋で探してみます。
ご回答ありがとうございました!!

お礼日時:2008/08/04 17:02

帰省の移動時間にもよりますが…



池波正太郎『鬼平犯科帳』シリーズ
今野敏『ST』シリーズ
岡嶋二人『99%の誘拐』
黒川博行『疫病神』『国境』

どれも面白い!と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今野敏は「果断捜査」シリーズが面白かったのでほかの作品も気になってました。
ほかの3人も読んだことないのでこの機会に読んでみようと思います。
ご回答ありがとうございました!!

お礼日時:2008/08/04 16:58

ミステリーじゃなくて申し訳ないですが…。



重松清「ナイフ」「きよしこ」
重松さんの本はどれもおススメです。
谷崎潤一郎「卍」
フレドリック・ブラウン「未来世界から来た男」「天使と宇宙船」
サン・テクジュぺリ「夜間飛行」
佐藤亜紀「戦争の法」

小説ではないですが新書で
茂木健一郎「脳の中の人生」「ひらめき脳」もおすすめです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ジャンルにはこだわりないので、ミステリー以外も大歓迎です!
重松清はちょっと読んでみようかと思ってたので、丁度良かったです。
ほかにも色々な作家を挙げていただいてありがとうございます。
ご回答ありがとうございます!!

お礼日時:2008/08/04 12:37

こんにちはー



「悪意」 東野圭吾
「黒嗣の島」 小野不由美

よくできたミステリーだと思います。
おすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

東野圭吾は探偵ガリレオシリーズとか何冊か読んだことあるんですけど、悪意は未読でした。
小野不由美も十二国記で名前を知ってるだけで読んだこと無かったです。
本屋で探して読んでみようと思います。
ご回答ありがとうございました!!

お礼日時:2008/08/04 12:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q恩田陸作品の読む順番

以前から恩田作品に興味があるのですが
どこから読んでいいのかわかりません。
『ドミノ』はシリーズに関係ないということで
以前読みました。が、面白かったのですが
逆にシリーズに手を出すきっかけを逃しました。

同じようなスレッドを探したのですが見つからず

御講授願います!

Aベストアンサー

三月シリーズ
「三月は深き紅の淵を」→「麦の海に沈む果実」→「図書室の海」の中の「睡蓮」→「黒と茶の幻想」or「黄昏の百合の骨」。
NO.1の方が紹介されていたシリーズです。
「水晶の朝、翡翠の夜」という短編がありますが、これは「麦の海~」の後に読んだほうがいいです。ネタバレになりますから。

光の帝国シリーズ
「光の帝国」→「蒲公英草紙」or「エンドゲーム」。
「光の帝国」は短編で、そのうちの一つが「蒲公英草紙」、別の一つが「エンドゲーム」につながっています。

関根家シリーズ
「六番目の小夜子」→「図書室の海」の表題作or「象と耳鳴り」or「puzzle」
「六番目の小夜子」の登場人物である、関根秋(高校生)の家族の話です。「象と耳鳴り」は秋の父で退職した判事である関根多佳雄が主人公の短編集、「puzzle」は秋の兄で検事の春の話です。

恵弥シリーズ
「MAZE」→「クレオパトラの夢」

とりあえず思いつく限りシリーズ物をあげてみました。
シリーズ名は私が勝手につけてしまいましたが・・。
三月シリーズがとても複雑です。私は上記の順番で読むといいと思いますが、人によって違うと思います。
たくさんあるので読むのが大変ですが、微妙なつながりを発見したとき、わかったときはとても嬉しいですよ。ぜひ読んでみてください。

三月シリーズ
「三月は深き紅の淵を」→「麦の海に沈む果実」→「図書室の海」の中の「睡蓮」→「黒と茶の幻想」or「黄昏の百合の骨」。
NO.1の方が紹介されていたシリーズです。
「水晶の朝、翡翠の夜」という短編がありますが、これは「麦の海~」の後に読んだほうがいいです。ネタバレになりますから。

光の帝国シリーズ
「光の帝国」→「蒲公英草紙」or「エンドゲーム」。
「光の帝国」は短編で、そのうちの一つが「蒲公英草紙」、別の一つが「エンドゲーム」につながっています。

関根家シリーズ
...続きを読む

Q伊坂幸太郎 おすすめ

伊坂幸太郎著書の本を読もうと思っているのですが、
全作品の中でおすすめの本と、映画化されていない作品の中でおすすめの本を教えてください。

Aベストアンサー

お勧めは
「鴨とアヒルのコインロッカー」
「ゴールデンスランバー」
「陽気なギャングが地球を回す」
ですね。

映画化されていない中では
「グラスホッパー」
です。

Q伊坂幸太郎のこの文章を、三文雑誌のエロ小説みたいな文章と言ってる人がいたのですが

伊坂幸太郎の小説の一部の文章です。「兄の贔屓目で言うのではなく、弟の外見は人並み以上だった。鋭さを備えた眼に、官能的な曲線を描く涼しげな眉、鼻は高く勇ましさもある。寡黙でありながらも敏捷な獣、たとえば豹さながらの力強さが滲んでいる」
性的描写はほとんど無い普通の小説ですが、そういう風に思えますか?

Aベストアンサー

#5欄にいただいた「捕捉質問」とは下記2点のことでしょうか。

>まあ、この小説をお読みになっていなければ答えようがないかもしれませんが、この文章だけ、エロっぽいだけで、他の文章はまともという事もありますよね?

はい、他の文章はまともという事もありますよ。前回、そう示唆したつもりです。ただし、三文が「まともでない」とは一言も言っていませんが。

>上手い文章ではありませんが、三文は言い過ぎでは?(笑

上手い文章ではないんですか? 私は、三文っぽさを出した上手い文章だと思いますし、前回も前々回もそう書いたつもりです。三文は「言い過ぎ」なんですか? 文脈から察するに、「三文は、けなし過ぎでは」と、あなたは質問していらっしゃるのですよね? その質問は、その批判を言った人に聞いてください。その人がどんな憎しみを込めて言ったのかは私にはわかりません。私は三文な感じが嫌いではないので、「けなし過ぎ」かと聞かれても困ります。

どうも、私の文章力が乏しいせいで、これまでの私の回答の真意がうまく伝わっていないような気がします。できるだけお役に立ちたくて、今日一日、どう答えるべきか考えていたのですが。

#5欄にいただいた「捕捉質問」とは下記2点のことでしょうか。

>まあ、この小説をお読みになっていなければ答えようがないかもしれませんが、この文章だけ、エロっぽいだけで、他の文章はまともという事もありますよね?

はい、他の文章はまともという事もありますよ。前回、そう示唆したつもりです。ただし、三文が「まともでない」とは一言も言っていませんが。

>上手い文章ではありませんが、三文は言い過ぎでは?(笑

上手い文章ではないんですか? 私は、三文っぽさを出した上手い文章だと...続きを読む

Q恩田 陸

お奨めの1冊を推薦してください。

Aベストアンサー

私が初めて読んだ恩田陸作品は「Maze」でした。これではまりました。でもラストが微妙かも…。

一番好きな作品は「麦の海に沈む果実」です。他の作品ともリンクしてますし、これからもまだまだ楽しめそうです。

「ユージニア」は初めに読むのはお勧めできないですね。この作品はなんだかよくわからないと思います。他のわかりやすい作品から入ったほうが楽しめますよ。

Qおすすめの本(よしもとばなな、恩田陸の本が好き)

秋といえば読書!
ということで、最近読書にはまっているのですが、みなさんのおすすめの本も読んでみたいと思い質問します。

私が最近よく読むのは、よしもとばななさん、恩田陸さんの本です。
特に「王国」(よしもとばなな)、「上と外」「夜のピクニック」(恩田陸)が好きで、
ファンタジーというか、ちょっと自分がトリップしたような、読んだ後に不思議な感じになるような、余韻にひたれるような本を探しています。
あと、青春!って感じのも好きです^^

もしこんな感じでおすすめの本があれば教えてください。
もちろんそれ以外でも嬉しいです。

Aベストアンサー

私も恩田陸さん、よしもとばななさんは好きで
それぞれ何冊か読みました。
『読んだ後に不思議な感じになるような』←これスゴクわかります!

質問者さんと好みが似てるであろう私のオススメは、
森絵都さんの本です。
(1)「カラフル」これは『読んだ後不思議な感じ』になる本です。
ファンタジーっぽいけど現実的な要素もあって、優しく背中を押してくれる感じの本です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%AB-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%82-20-1-%E7%B5%B5%E9%83%BD/dp/4167741016/ref=sr_1_4/249-3527145-2681140?ie=UTF8&s=books&qid=1191493848&sr=1-4

(2)「DIVE!!」これは『青春!』って感じの本。飛び込みでオリンピックを目指す少年達の話です。私はまったくスポーツに興味がなく、飛び込みなんてTVですら見ないのに、一気に読めました。
10代の男の子が数人出てくるのですが、それぞれが違った魅力を持った少年で、だけど一人一人悩みもあったり、自分が憧れてる相手も
実は自分の事を羨ましく思ってたり・・読んでいて
あぁ~・・わかるなぁ・・って感じる部分が多かったです。
読んだ後はかなり爽やかで、オススメです。
http://www.amazon.co.jp/DIVE-%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%A3%AE-%E7%B5%B5%E9%83%BD/dp/4043791038/ref=sr_1_11/249-3527145-2681140?ie=UTF8&s=books&qid=1191493848&sr=1-11

私も恩田陸さん、よしもとばななさんは好きで
それぞれ何冊か読みました。
『読んだ後に不思議な感じになるような』←これスゴクわかります!

質問者さんと好みが似てるであろう私のオススメは、
森絵都さんの本です。
(1)「カラフル」これは『読んだ後不思議な感じ』になる本です。
ファンタジーっぽいけど現実的な要素もあって、優しく背中を押してくれる感じの本です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%AB-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%82-20-1-%E7%B5%B5%...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報