『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

すいませんがどなたかお教えください。

ある事務所でちょっと特殊なプリンター?を使ってる間だけ
照明がちらつきます。
特殊なプリンターとは少し電気食いそうな感じのものでした。
ちらつきの元はプリンターだとは思いますが、
そのちらつきを無くす場合どのような方法があるのでしょうか?

よく高容量のものを電源入れた場合にも一瞬照明が暗くなりますが
あのような場合どういう現象がおきているのでしょうか?

どうかよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

レーザープリンターやコピー機で、ご質問の状態が起きることがあります。



原因は印刷ドラム等の温度維持にパルス状の大電流が流れ、一瞬電圧が下がる減少が起きます。この結果、蛍光灯のちらつきが起こったりします。
これをフリッカなどと呼んでます。

対策としては、
1.プリンターの配線を分電盤から専用配線とする。
2.分電盤までが単相3線式ならプリンター配線と照明配線を別系統に振り分ける。

2番目のの方法が簡単で効果が高いと思われます。
単相3線の方式では2系統の100V回路が取り出せ、両方を利用して200Vが利用できる方法で最近では住宅や事務所、店舗で一般的な配線方法です。

1の方法より2の方法が効果的です。また併用するのが一番確実です。
以上をふまえて電気工事屋さんにご相談なさればよろしいかと思います。
    • good
    • 2

 電気工事店さんに依頼して、内線を「太線化」していただければ、その事象は解消されると思います。


 所謂「内線ドロップ」といい、大電流が流れる機器を使用することで生ずるものです。事務所だとコピー機等で良く見られる現象です。
    • good
    • 1

多分プリンタの電流が多いために、変圧器および電線で電圧降下が生じているためだと思われます。

対策については、電圧降下がどこでどれだけ落ちているかを調べてみないと正確には申せませんが、次のような手段が必要でしょう。
(1)主に変圧器で電圧降下が起きている場合:変圧器を大きなものに取り替える。あるいはプリンタ専用にバッテリバックアップされた定電圧電源装置を置く。
(2)主に電線で電圧降下が起きている場合:プリンタ専用の線路を改に設ける。
(3)省エネ型の新しいプリンタに更新する。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電圧降下で電灯が暗くなる

確か、中学校か高校で習った記憶があるんですが、電圧降下で部屋の電灯が一瞬暗くなる時があります。
冷蔵庫とか大きな電力を消費する家電が急に動き出す時に起こると記憶してますが、気になったんで冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビなどコンセントから抜いてみたんですがやっぱり起こります。
蛍光灯のリングを新品に交換した後でも頻繁に起こるので気になります。
起こる原因は電圧降下では無いんでしょうか?
ちなみにうちは、築30年位の古い賃貸マンションで、30A契約、電気協会の人の話だと確か、この建物には2線で引き込まれているので40Aに出来ない(引きなおす工事が必要)とか言われた事があります。
玄関のブレーカーも今年の点検済みのシールが貼られていますが、かなり古い感じで、1年ほど前に電力会社のブレーカーが発火して壊れた事があります。この辺りも何か原因になっているのでしょうか?
もう1つ、原因に関連があるのか分かりませんが、最近よく売っている白熱電球に代わる「パルックボール」の様な電灯がやたら早く切れてしまします。(半年くらいです。)トイレとか風呂場みたいな使用時間の短い場所です。全然長持ちじゃなくて不思議です。

確か、中学校か高校で習った記憶があるんですが、電圧降下で部屋の電灯が一瞬暗くなる時があります。
冷蔵庫とか大きな電力を消費する家電が急に動き出す時に起こると記憶してますが、気になったんで冷蔵庫、洗濯機、エアコン、テレビなどコンセントから抜いてみたんですがやっぱり起こります。
蛍光灯のリングを新品に交換した後でも頻繁に起こるので気になります。
起こる原因は電圧降下では無いんでしょうか?
ちなみにうちは、築30年位の古い賃貸マンションで、30A契約、電気協会の人の話だと確か、この...続きを読む

Aベストアンサー

電圧降下は、給電線の太さと長さに影響されます。
線径が太いく短い程、電気抵抗は小さく、細く長い程、電気抵抗は大きくなります。
単純に、電圧100Vで10A(1KW)の電流が流れる回路の抵抗値は、R=E/Iで10Ωになりますが、回路(電線)に0.1Ωの電気抵抗があったなら、約1Vの電圧降下が起こります。
30A(3kW)の負荷なら、3V近く電圧降下が起きて、負荷の電圧は97V近くに下がります。
仮に、回路の電気抵抗が半分の0.05Ωなら、同じ負荷でも電圧降下は半分になります。
電力契約が30Aなら5.5sp程度のVVRかIV線での供給と思います。
これが、40A以上の契約になると3線になりますし、14sp程度の電線になりますから、供給線の電気抵抗は半分以下に下がります。
電圧降下の原因を断定は出来ませんが、電線の太さが影響してると思います。

Q部屋の電気が点滅する対策

最近、引っ越してきたアパートのリビングで、ニトリで三つ買ったシーリングライトが、どれを付け替えても数時間後に点滅を始めます。


時間を置いても五分以上点滅が続いたり、一度オフしても付け直した後、すぐに点滅が始まったりします。

他の部屋、寝室とキッチンは同じタイミングで点けても何も起こらない。

リビングにキッチンにあったものを取り替えても点滅します。

クーラーのリモコン操作でも点滅するが、電源を入れ直せば直る。

家族は、電波のようなものをセンサーが拾ってしまうのが原因であるとしてはいますが、そうなると買い換えるしか方法がないのでしょうか?

原因に対する別な見解、解決済の類似質問や解決策などありましたら、教えていただければ幸いです。

毎晩、心霊現象みたいで怖い上に目が痛いです。

Aベストアンサー

先ず初めに確認したいのですが、同じ照明器具が三つあって、その点滅してしまうのはリビングに取り付けした時のみで、三つのどれを取り付けしてもという事でまちがいありませんか?

補足を見ましたが、分電盤は単相二線式であるということですが、配線用遮断機は何回路ありますか?
おそらくは単相なのでせいぜい3回路程度だと思います。
過去にこのような症状を時々耳にはしましたが、大抵が回路数不足などによる電圧降下が原因の場合が多いです。
照明を点けるのは夕方以降の話だと思いますが、当然この時期なので暖房や他の家電も電源を入れてると思いますが、一度消費電力の大きな家電を何も使用せずに、リビングの照明だけを点灯させてみて下さい。
他の負荷のせいで電圧不足で点滅してるように思えます。

それともうひとつ疑えるのは、ニトリで買ったというその照明器具です。
たぶん日本の家電メーカーの一切絡まない外国製品だと思いますが、それらは時に最低使用電圧の高いものが多いのです。
そのアパートの受電電圧そのものも低い場合があるでしょうが、戸別に配電される際に更に電圧が落ちる事は珍しくありません。
そしてなお部屋毎の分電盤以降でまた更に電圧が下がり、蛍光灯が点灯状態を保持できないというのがあるのです。
これは照明器具そのものの品質の問題なのですが、日本の家電メーカー製の照明器具ならたぶん普通に点灯すると思います。
どこからか試しに借りてきて点灯するかどうか確認できませんか?

先ず初めに確認したいのですが、同じ照明器具が三つあって、その点滅してしまうのはリビングに取り付けした時のみで、三つのどれを取り付けしてもという事でまちがいありませんか?

補足を見ましたが、分電盤は単相二線式であるということですが、配線用遮断機は何回路ありますか?
おそらくは単相なのでせいぜい3回路程度だと思います。
過去にこのような症状を時々耳にはしましたが、大抵が回路数不足などによる電圧降下が原因の場合が多いです。
照明を点けるのは夕方以降の話だと思いますが、当然この時期な...続きを読む

Q電圧低下の原因

職場でコンセントから電気をとっていたのですが、
使えなくなったため、コンセントから電圧を測ると
80~90Vでした。
隣のコンセントも電圧が低下していたため、
コンセントを抜き分電盤のブレーカの2次側で電圧を
測ると、105Vありました。
ブレーカはトリップしていませんでした。
とりあえず、その回路は使用禁止としましたが、
電圧低下の原因として考えられるのは何があるのか
教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
もう一度確認しますが、
「すべてのプラグを抜いた状態で、コンセントは80~90Vしかなく、分岐ブレーカの2次側では105Vある。」
ということですね。

これは分電盤からコンセントに至る道中での、接続部の施工不良か、コンセントの刃受け部が甘くなっていることによる接触不良などです。
案外、分岐ブレーカに電線を挿してある、端子ねじがゆるんでいることなどもあります。増し締めしてみて治りませんか。

もし、負荷をつないだときのみ電圧が落ち、負荷を外せば正常に戻るなら、電源側の中性線欠相が考えられます。分電盤の3本の線のうち、白線の接続がゆるんでいたりすると、一方で電圧が落ち、他方で上がるという現象が起こります。これは電流を流している状態でないと現れません。つまり、プラグを全部抜いた状態では正常に見えます。

いずれにしても、電気工事業者に診てもらうことをお薦めします。

QLEDが電圧が下がると点滅してしまうのは何故ですか?

LEDが電圧が下がると点滅してしまうのは何故ですか?

Aベストアンサー

状況がよくわからないので断定しませんが、
消費電流が多いLED製品で、電源供給能力が低い場合に起こりえます。

1.回路を閉じ電流を流す
2.LEDが点灯する
3.大電流が流れた結果、電源の供給能力が低く電圧降下によりLED製品の供給電圧が下がる
4.LEDが消灯する

以下2~4の繰返し。人の目に点滅と気付く程度に点滅サイクルが長いのは
電源供給側内部にあるだろう平滑コンデンサによるものだと思います。

電圧が充分高い時は少々の電圧降下が生じても消灯に至らないのでしょう。

Qコンセントの電圧が低下したときの対策

最近、自宅の自作PCのなかで一台の調子が良くなく、再起動を繰り返したりするので原因を調べていたところ、電圧が低いのでは?と思いまして質問しました。

私も組み立てPC歴が短いわけではないので、いろいろと調べた結果、原因はPC自体にはないと思ってはいます。

あいにく安価なアナログテスタしか持っていないのですが、家のコンセントの電圧を測ったところ、87V~91Vほどでした。
もちろん部屋や時間帯によって若干変化するのですが、シロウト目にも80V台は低すぎるのではないでしょうか。

ステップアップトランスなどを買うことも考えましたが、それよりも先に電力会社に連絡しようと思いまして、その時こういう場合、工事などで料金がかかったりするのでしょうか。

ここ2年くらいで近くの空き地が宅地開発のため、周囲にかなりたくさんの家が建ちました。
その影響なのか、私の家の配線が古いのかわからないので、何かしらアドバイスがありましたらよろしくお願いします。

家は木造、築25年、東京都内在住です。
詳しい方からのご返答お待ちしております。

Aベストアンサー

このサイトで電気に関する相談や質問には、必ず「電力会社によって違いますが・・・」という枕詞を付けて回答しているのですが、本件は違います。
『電気事業法』をはじめとする諸規則によって、所定の電圧を維持することが義務づけられています。
これは全国共通で、責任分界点での話です。「責任分界点」とは、引き込み線が建物に取り付いたところをいいます。
それより屋内側は、お客様の設備であり、お客様の費用と責任で電圧を維持しなければなりません。

>家のコンセントの電圧を測ったところ、87V~91Vほどでした…

前述のとおり、電力会社から来る電気が 90Vしかないということは、事故や災害などのとき以外は考えられません。
一般の方が責任分界点の電圧を測ることは無理ですが、分電盤ではどうでしょうか。
いちばん大きなブレーカの下側の端子に、テスターを充ててみてください。
100V または 200Vありませんか。あまり正確でないテスターなら、95V、190Vぐらいでもよしとしましょう。
もし、ここでも 90V、180Vなどというなら、電力会社に電話してください。

>2年くらいで近くの空き地が宅地開発のため、周囲にかなりたくさんの…

これは、電力会社がそれなりに設備を増強していますので、関係ないと思われます。

>私の家の配線が古いのかわからないので…

責任分界点から分電盤までの間の電線はお客様のものですが、電線が古くて電圧が落ちるなどということはありません。
この間には、引込線との接続部ならびにメーターとリミッタがあります。これらの接続点が経年劣化でゆるむと、電圧が落ちる可能性はあります。
リミッタまでの間に原因があれば、電力会社で直してくれるでしょう。
分電盤内でも、リミッタよりあとのブレーカで接触不良を起こしていたら、それはお客様の費用で直すことになります。

それよりももっと大きな原因が考えられます。
コンセント数が少ないので、テーブルタップや延長コードをいくつも使ったたこ足配線をしていませんか。
たこのつま先にあるコンセントでは、90Vぐらいまで落ちても不思議ではありません。

このサイトで電気に関する相談や質問には、必ず「電力会社によって違いますが・・・」という枕詞を付けて回答しているのですが、本件は違います。
『電気事業法』をはじめとする諸規則によって、所定の電圧を維持することが義務づけられています。
これは全国共通で、責任分界点での話です。「責任分界点」とは、引き込み線が建物に取り付いたところをいいます。
それより屋内側は、お客様の設備であり、お客様の費用と責任で電圧を維持しなければなりません。

>家のコンセントの電圧を測ったところ、87V~...続きを読む

Q電気のちらつきについて

1年ほど前に家を新築しました。照明は電球タイプのものばかりでしたが明るさに問題が出てある部屋を蛍光灯タイプの電球に取り替えましたところ、掃除機を使ったり電子レンジを使うともうチラついてチラついて酷い状態です。電器屋さんに見てもらいましたが結局は原因がハッキリしません。電力会社は電気の引き込み口から我が家までが遠すぎるのが(同じ敷地内の他の建物から引いてきているので)問題だと言うのですが・・・・。
全くの素人考えですが我家の暖房は発電もするというエコイルというガス暖房を使っています。発電機が屋外に設置してあるのですが、それと関係しているのでは?などとも思ったりしています。
何方かその辺りの因果関係をご存知の方がありましたらぜひアドヴァイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

最大の問題点は電力会社も認めている通り供給電圧が低いのだと思います。
 電気事業法によると95~107ボルトを供給する事になっているのですが
蛍光灯は電圧が低くなるとチラツキが発生します
白熱灯(一般の電球)は電圧が低くなっても若干暗くなりますがチラツキは起こりません

蛍光灯でも照度調整が可能なインバーター式器具の場合にはチラツキは少なくなります

エコイルは関係無いと思います

Q蛍光灯がちらつく叉は消える

エアコン(暖房)を付けると部屋の蛍光灯がチラツク叉は消えてしまう 特に温度を上げたり風速を強くするとなぜか蛍光灯だけに影響します 他の電気器具には影響なし 電気不足ですか

Aベストアンサー

エアコンと、その部屋の照明の電気回路が同じ(同じブレーカー)なのだと思います。

そのせいで、エアコンを使用すると蛍光灯が灯くか灯かないか辺りまで電圧降下が起きているのだと思います。

エアコンの電源を別の系統にすると改善されるかもしれません。

Q調光器対応LED電球のちらつきについて

既存の白熱灯ダウンライトの球を調光LED電球に取り替えました。
調光器もそのまま使用可能と書いてあったので以前のままです。
今回、2箇所の部屋それぞれ400Wの調光器を使用していますが、
一つの部屋は1台、 もう一つの部屋は5台ダウンライトがあり 全部球を替えました。
 調光器を90パーセント以上絞るとちらつく場合があると説明されてるので、70パーセント位絞って使用しています。スイッチを入れてから数分経ったらチカチカしだします。
5台の部屋も若干しますがそれほど気になりません。
1台の部屋はかなりちらつきます。
それで、LED専用調光器にしたら治まるのでしょうか?
専用調光器と言うのは何が違うのですか?
他、何か原因が考えれましたら教えてください。
因みに球は、LDA5L-H-E17/D です。 

Aベストアンサー

 LEDや電球形蛍光灯の調光機能対応モデルは位相制御方式の調光器にのみ対応しており、同方式の調光器を使用してでもなおちらつきが発生する場合には、それはもう相性としかいいようがないようです。私も以前に調光機能がうまく動作しなかったのでメーカーに問い合わせたことがあったのですが、そういう場合にはスイッチ自体をメーカーが動作確認している機種に交換しないと無理だそうです。

 http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/haisen/switch_concent/switch/switch08.html

 上記公式サイト右上の動画を見ると、ちゃんと対応しているスイッチの場合にはきれいに真っ暗から全点灯までスムーズにしているようですので、買い換えるなら大丈夫なのでしょう。ただ、私の場合は電気店にいくらかかるか聞いてみたら、出張費・工賃込みで2~3万といわれました。さすがに高すぎ、さほど調光にこだわっているわけではなかったこともあってあきらめました。

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Q蛍光灯FL、FLRとは?

いろんな本を探してもFL,FLRの意味を載せたものはいないです。FL,FLRの正式名称はなんでしょうか?教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 FL、FLRは、蛍光灯の点灯方式の違いを表す記号です。
 FLは「スタータ型」と呼ばれ、一般家庭で主に使用されている方式です。
 この方式は、以前は点灯管(俗に言う「グローランプ」)と組み合わせて使用するのが一般的で、電源を入れてから点灯するまでに時間がかかり、特に点灯管が古くなるとさらに点灯が遅くなるといった欠点がありました。
 最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。
 FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用されている方式で、40ワット型がほとんどです。
 この方式は、安定器など点灯回路が点灯管式やインバータ式とは全く異なり、点灯管なしで、多くのランプが一斉に速く点灯する特徴を持っています。
 蛍光灯にはこのほか、「Hf蛍光灯」と呼ばれるものもあり、記号はFHFです。
 注意しなければならないのは、器具により適合するランプが異なるということで、ランプを交換する際には、必ず適合するランプを確認しなければなりません
 もし間違ったランプをつけると、短時間で端が真っ黒になって点灯しなくなったり、器具の故障の原因にもなります。
 一般家庭で使用されている蛍光灯は大抵スタータ型ですが、お店を経営されている方などで、店舗に40ワット型のランプを使用されている場合は、ランプ交換の際には必ず「FL」「FLR」の違いを確認なさるようにしてください。
 なお、「Hf蛍光灯」は、専用器具でなければ使用できません。こうした器具には必ず「Hf蛍光灯専用」と表示されたラベルが器具に貼られています。

参考URL:http://national.jp/product/conveni/lamp/flourescent/index_g.html

 FL、FLRは、蛍光灯の点灯方式の違いを表す記号です。
 FLは「スタータ型」と呼ばれ、一般家庭で主に使用されている方式です。
 この方式は、以前は点灯管(俗に言う「グローランプ」)と組み合わせて使用するのが一般的で、電源を入れてから点灯するまでに時間がかかり、特に点灯管が古くなるとさらに点灯が遅くなるといった欠点がありました。
 最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。
 FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用され...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング