これからの季節に親子でハイキング! >>

こんにちは。

インターネットを使い始めて2年程になりますが、いつまでたっても
私の田舎では高速インターネットができません(泣)
現在、最高速度52Kbpsのアナログ電話回線を使っています。
ADSL、光はだめだそうなので、ISDNやケーブルテレビですか・・・?
どうにかして高速な回線を使いたいのですが、何か方法はありませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

光はともかくADSLもエリア外になるようなところはCATVはほとんど絶望的でしょう。


モバイル系ではブロードバンドと呼べるようなものはイーモバイルぐらいですが政令指定都市クラスでもつながらないところが珍しくないので論外です。
DoCoMoもハイスピードエリア担っていないでしょうから理論上の上限でも384kbpsです。
となると残るのはauでしょうか。
実際に出るスピードで300kbps~1Mbps程度です。
これが事実上最も高速になるものになってしまう可能性が高いでしょう。
ただ、動画がリアルタイムで見続けられるほどのものではないですが。
NTTに嘆願という意見も出ていますが、普通は数百口以上の申し込み予定を要求されます。
実際に私が過去にすんでいた人口1万人の街で500口をNTTから要求されました。
それだけ集めても実現したのは街の中心部の極一部でしたが。
    • good
    • 0

ケーブルTVがエリア内なら現状ではそれがベターだと思いますけど。

    • good
    • 0

こちらも田舎で、最初はISDNもだめな地域でしたがCATVがつながり今は光になっております。


どうしてもだめな場合はつなぎとしてドコモのハイスピード定額データーカードを使うと良いでしょう。

http://www.nttdocomo.co.jp/product/relate/index. …
    • good
    • 0

周囲で20,30人集めてNTTに嘆願書を持っていくと開通してくれる場合があります。


議員に知り合いがいる場合、その人に協力を求めると更に効果的。
    • good
    • 0

差し障りがなければ、どちらの田舎なのか書いた方がアドバイスもらえるかもしれません。


t-a-n-a-kaさんが気が付かなかったサービスが実は提供エリアになっているかもしれません。
    • good
    • 0

ISDNだと128Kまででますが、今と大差はないですね。

(常時接続のフレッツだと64Kになりますし)
ケーブルテレビでのインターネットができるのであれば、これが一番だと思います。
    • good
    • 0

どちらの地域化が不明なのですが、インフラの問題なのでt-a-n-a-kaさん自身がどうこう出来る問題ではありません。


ISDNの方がアナログ回線よりも多少は早いですが高速回線と呼ぶには程遠いレベルです。
CATVはCATV会社がインターネットサービスを行っているかどうかです(これもやはりインフラの問題です)。携帯電話やPHS等も高速化しつつありますが、これらも高速回線と呼ぶには程遠いレベルですし、サービスが及ぶ地域かどうかは不明です。
インフラの整備を待つしか方法はないです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qものすごい田舎でのネット接続

将来住めたらいいなと思っている空き家があるのですが、その場所はかなりの田舎です。テレビを観れたり電話はきています。ですが果たしてネットをすることができるのか気になります。どなたか調べる方法を知っている方いますか?

Aベストアンサー

ものすごい田舎・・がどういう程度なのかですが・・
若者がほとんどいなくて年寄りが多い、山間地に家が点在するような感じでしょうか?それとも
質問者様の感覚から見てものすごい田舎なのでしょうか?
私もそこそこ田舎に住んでいます。
世の中ブロードバンドが当たり前・・のように都会地の論理で言われている中、何度も役場に要望のメールを入れたりして、数年前にようやくADSLが開通しましたが、まだ中心部だけで、周辺部は未だにNGです(中継所が複数あり、とりあえず中心部のみ)、光なんていつになるやら・・ですよ
携帯だって、奥地の集落までは通じません、つまり、未だに携帯・ブロードバンドなど無縁の土地がたくさんあるということです。
その土地の役場で聞けばすぐわかりますので問い合わせてください。
電話回線があればアナログ56KかISDNで通信可能です。
私も以前はアナログ・ISDNで使っていましたが、ネットを見るだけならそこそこ使えます、動画・ソフトのダウンロードなどは論外ですが。

田舎に魅力を感じ、住みたいのなら、不便さもいっしょです、場所だけ田舎気分で生活は都会地なみにしたいのなら田舎暮らしはNGです。
政府が「情報ハイウェイ」などと言って2010年くらいまでに全ての地域でブロードバンド開通・・というの信じれば、もう少しの辛抱かもしれません。

ものすごい田舎・・がどういう程度なのかですが・・
若者がほとんどいなくて年寄りが多い、山間地に家が点在するような感じでしょうか?それとも
質問者様の感覚から見てものすごい田舎なのでしょうか?
私もそこそこ田舎に住んでいます。
世の中ブロードバンドが当たり前・・のように都会地の論理で言われている中、何度も役場に要望のメールを入れたりして、数年前にようやくADSLが開通しましたが、まだ中心部だけで、周辺部は未だにNGです(中継所が複数あり、とりあえず中心部のみ)、光なんていつになる...続きを読む

Q光回線は一生来ない??

私は茨城の片田舎に住んでいるのですが、数ヶ月前に私の住んでいるO町にも光回線の提供が開始しました。私はO町内K町に住んでいるのですが光回線が提供されているか確認したところO町の全域ではなく一部地域で提供されているようで、K町では提供されていないようです。年寄りばかり住んでいるド田舎なので光回線を通すことによる採算が取れないと判断され見送られたのでしょうか。光回線の開通には莫大な費用がかかると聞きますし、都市開発で人口が増えたりしない限り一生うちのK町では光回線を使うことはできないのでしょうか?
うちのネット回線より携帯の4G回線の方が速くなり、将来ISPは解約し携帯のテザリングからPCをネットに繋ぐことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

 水戸市内に住んでる者ですが、もしかして12日の午後にNTT東が
発表したエリアではないですか?

http://www.ntt-east.co.jp/ibaraki/information/detail/1200550_2476.html

 該当すれば、良いですけどね。


 個人向けのサービスは使えない場所でも、企業等に向けた専用線サービスが有ります。

 高価で、最低使用期間が有ったり、開設まで3か月から半年程かかりますが、
専用線を引く事は、可能と思いますけど。

http://www.ocn.ne.jp/business/jouji/bizocn/ether/charge.html
 

Q光の開通していない地域でのインターネット

現在OCNで光フレッツを使っていますが、近々2世帯住居を建てる予定なのですが、建築予定地には光回線が開通していません。NTTに問い合わせたところ開通の見込みも当分なさそうです。
自宅でPCを使った仕事をしているのですが、データ受信やデータ送信、インターネットもかなり活用しています。
ADSLはおそらく使えるとは思うのですが、これはまだ未確認です。
近頃ではWiFiなどというCMを目にしますが速度はどのようなカンジなのでしょうか?
これからは2世帯なので無線で他機種接続できるというのは魅力的に感じるのですが速度が心配です。
今まで自宅の光につないだPCでしかインターネットもデータの送受信もしておらず、若い方々がよく使われているゲーム機やiPadも使った事がなくて、色々調べてみても速いとか遅いとか言われる感覚がよく掴めません。

とても初歩的な質問のなのだと思うのですが、光の開通していない地域でインターネットを使用する際、より良い環境にするためのアドバイスをいただけたら幸いです。
(2世帯住宅である事も考慮頂けると助かります)
よろしくお願い致します。

現在OCNで光フレッツを使っていますが、近々2世帯住居を建てる予定なのですが、建築予定地には光回線が開通していません。NTTに問い合わせたところ開通の見込みも当分なさそうです。
自宅でPCを使った仕事をしているのですが、データ受信やデータ送信、インターネットもかなり活用しています。
ADSLはおそらく使えるとは思うのですが、これはまだ未確認です。
近頃ではWiFiなどというCMを目にしますが速度はどのようなカンジなのでしょうか?
これからは2世帯なので無線で他機種接続できるというのは魅力的に感...続きを読む

Aベストアンサー

ADSLは基本的に電話線があれば使う事が出来ます。
お住まいのエリアで対応しているサービス次第ですが、
およそ下り10Mbps~50Mbps程度です。
※Mb=メガビットであり、MB(メガバイト)でないことに注意。8ビット=1バイトです。
※実測はこの半分程度になります。

対するFTTH(光)は下り100Mbps~1Gbpsほどになります。
要するに10倍違うってことなんですが、通常のウェブブラウジングではそこまでの差を感じる事は出来ません。
(パソコン側の処理速度の問題等もある為)

で、Wi-Fiはというと、ちょっと意味合いが変わって来ます。
Wi-Fi自体は無線LAN機器による相互通信の名称です。
通信速度はほぼ回線速度と同程度まで出せると思って構いません(機器が対応していれば、ですが)。
要するにFTTHで1Gbpsの回線を引いていれば、同程度まで引き出せるということですね。
少々心配なのが、ADSLとWi-Fiを似た様なものと勘違いされていないか、です。

通常云う意味のWi-Fiは、回線を自宅まで引き(FTTHでもADSLでも何でも良い)、
それに無線LANの親機を接続し、Wi-Fiで各端末とつなぐ、というだけの話です。
(無線LANの親機は電波がせいぜい数10メートルしか届かない)

外出先でのWi-Fiというのは、町中の色んな場所に無線LANの親機がある様なものです。
あるいは携帯電話のネットワークを回線として利用して改めてWi-Fiに変換する商品もあります。
これはポケットWi-Fiと呼ばれるものですが、通信速度は当然ながら携帯電話と同程度にまで落ちます。
さらに続けると、その「携帯電話の回線」も進化しておりまして、LTE(ドコモのXiとか)の場合には、
ADSLと同等レベルまでには通信速度が上がっています。(まだまだサービスエリアが狭いですが)

ようやく本題。
FTTHが使えないということですので、回線の選択肢はまずADSL、次にLTEかWiMAXといったところが順当かと。
まあ、用途を考えるとADSLにするしかないでしょう。
あるいはケーブルテレビがあるようならそれも考慮して良いかも知れません。
FTTHは電話回線というわけではありませんので、NTTが駄目でもケーブルテレビだったりKDDIだったりすると行けたりします。
特にケーブルテレビは独自の回線網をかなり田舎の方まで伸ばしていますので検討する価値はありそうです。
※最近のケーブルテレビはインターネットサービスもやってます。

懸念があるとすれば、FTTHの普及もあってADSLが衰退している事です。
恐らく数年後には事業自体をやめてしまう業者も出て来そうです。
(NTTはあと3年でADSLユーザーをFTTHに切り替えさせる予定)

ちなみケーブルテレビだとこんな感じです。
http://www.jcom.co.jp/files/welcome/starter/net/index.php
http://www.itscom.net/service/internet/
http://jcntv.jp/service/internet/internet.php

ADSLは基本的に電話線があれば使う事が出来ます。
お住まいのエリアで対応しているサービス次第ですが、
およそ下り10Mbps~50Mbps程度です。
※Mb=メガビットであり、MB(メガバイト)でないことに注意。8ビット=1バイトです。
※実測はこの半分程度になります。

対するFTTH(光)は下り100Mbps~1Gbpsほどになります。
要するに10倍違うってことなんですが、通常のウェブブラウジングではそこまでの差を感じる事は出来ません。
(パソコン側の処理速度の問題等もある為)

で、Wi-Fiはというと、ちょっと意味合...続きを読む

Qまだ光回線が開通していない地域はどれくらいある?

2014年現在、まだ光回線が開通していない地域はどれくらいありますか?
某雑誌の記事でまだ開通していないとこがけっこうあると大雑把に
書いてあったのですが本当でしょうか?
私の知人では比較的、田舎の方でもみな開通しています。

検索をかけましたが具体的な情報は私の検索方法では見つかりませんでした。
具体的にどのくらいの地域が開通していないのでしょうか?
非開通な具体的な地域名も合わせて教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

市区町村単位なら、NTT東西で検索はできますけど。

結構中国地方は多いですけど。特に山陰側は山野が多い割に人口が少ないため1世帯に到達させるまでのファイバーの距離が総じて長くなります。
その割に、利用者が少ないことと、家庭用に使う光ファイバーのラインも減衰が数キロ~30キロ程度で通信可能下限値を下回ることもあり、リピーターが必要になります。そのため、割に合わないことから後に回っている町が多いのです。
さらに、過疎の地域はお年寄りが多いため、コンピュータやスマートフォンなどの高速通信が必要なサービス自体をしていなかったり、地域のCATVなどのサービスで繋いでいる世帯もありますから・・・
http://flets-w.com/next/area/31tottori.html
http://flets-w.com/next/area/32shimane.html
http://flets-w.com/next/area/34hiroshima.html
http://flets-w.com/next/area/33okayama.html
http://flets-w.com/next/area/35yamaguchi.html

尚、私の知る限りで県庁所在地でも、人口の少ないエリアでは、光回線契約が出来ない世帯は多くあります。何何市○○町(地区)でサービスが始まったと言っても、ちょっと離れたお隣と、少し大きな川を隔てただけで、NGというのもある。私の知る限りでは結構知人で使えない人は多くいますけど。離島なども含めて・・・。

最後に、当該エリアの多くはラストワンマイルの無線化も行われていない地域があります。
3Gは一応第一世代の2Mbpsぐらいが通信できるぐらいとか・・・光化されていないというのは、基幹通信網も、電話回線であるか、そもそも基幹が交換のみを行う簡易基地局しかないのです。よって無線も速くはならないことを意味します。

最後に、人口カバー率は92%を超えているはずですが、大きな都市から順番です。それが意味するのは8%が1億2000万分の幾人かを考えると、それだけ小さな町の多くがいくつも繋がらないことを意味します。ちなみに、太平洋側の地域及び関東甲信地域で光が繋がらない地域は僅かのはずです。(瀬戸内は離島も多いので、結構多いです)

市区町村単位なら、NTT東西で検索はできますけど。

結構中国地方は多いですけど。特に山陰側は山野が多い割に人口が少ないため1世帯に到達させるまでのファイバーの距離が総じて長くなります。
その割に、利用者が少ないことと、家庭用に使う光ファイバーのラインも減衰が数キロ~30キロ程度で通信可能下限値を下回ることもあり、リピーターが必要になります。そのため、割に合わないことから後に回っている町が多いのです。
さらに、過疎の地域はお年寄りが多いため、コンピュータやスマートフォンなどの高速通...続きを読む


人気Q&Aランキング