はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

SHM-CD(Super High Material CD)という高音質CDがありますが、これはSACD等と異なり、基本的にはCD技術の枠の中で、素材を変えることでエラー率を下げ、高音質になっていると理解しています。
(ちょっとこのへん怪しいですが)

このSHM-CDをAIFFもしくはWAV等の非圧縮フォーマットで取り込んだ場合、通常のCDと異なることはあり得るのでしょうか?

原理的には記録されているデジタルデータ自体は(マスタリング等の違いがなければ)、同一であるはずかと思います。
CD、SHM-CDの取り込み時には、エラー訂正を行って取り込みを行うとします。

とすれば、データとしては、

 CD=SHM-CD=非圧縮取り込みデータ

音質的には、

 CD<SHM-CD=<非圧縮取り込みデータ(同等かそれ以上)

となる、という理解でよいでしょうか?
(非圧縮取り込みデータは、高速読み出し+音楽用の高音質DAコンバータ利用の前提です)

どなたかご教示いただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

何点か補足を


>やはりこれまでのCDは、データ損失によって音質が悪くなっていた、ということですね
損失と言っても99%は最終的にC1C2と言う形で完全に修正されています、
通常バイナリレベルでCDPのデジタルアウトとPCのリップを比較しても完全に一致します、
どちらかと言えばエラーの元となる、CDの反りや乱反射が減り、
サーボや訂正回路が動く際に発生するノイズが低減され、
結果としてジッターやら何やらが普通のCDよりも改善されているという感じかと。

因みにPCでエラー訂正を使って読み込むと言っても、
オーディオフォーマットにはパリティが存在しないため、
CDPと同じレベルのエラー訂正ですよ。

>DISCMANのバッファ
長時間のバッファ機構そのものはCHORD/DAC64やEsoteric/D-70他の様に存在します、
ため込んでから非同期で読み出してジッターを低減するタイプですね、
但し、ポータブル機では消費電力の低減や、長時間のバッファを売りにするため、
初期はATRACを使ってMD同等のレートへ圧縮してバッファしていました、
最後の方の製品では非圧縮も選べたので、こちらなら改善できる可能性は有ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ようやく理解できてきました。

たしかに、CDにはパリティがありませんので、そんなに有利ってわけでもないですよね。
(むしろ、通常PCがリッピングする際には何倍速というスピードで読んでいますし)

> どちらかと言えばエラーの元となる、CDの反りや乱反射が減り、
> サーボや訂正回路が動く際に発生するノイズが低減され、
> 結果としてジッターやら何やらが普通のCDよりも改善されている
> という感じかと。

素材のおかげで、リアルタイム読み込みの際に、より精度があがって、余計なノイズが乗らない、という理解をしました。

そういったノイズが、聞いてわかるほどの影響を及ぼしているのですね。

丁寧な解説、ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/04 08:26

更に追記というか補足というかですが


>CD<SHM-CD=<非圧縮取り込みデータ(同等かそれ以上)
この辺はほぼ合ってると思って良いかと思います、
CDをリアルタイムで再生する場合、
信号として刻まれてる最小単位の3Tに併せて読み取り速度を可変させますので、
これが均一でないと小刻みにデータの抽出が揺れる事になります、
バッファ機構やFIFO(非同期読み出し)を使い、
ジッター・ノイズ対策や電源部がしっかりしてるなら影響は少ないでしょうけど、
実際はそこまで真面目にやってるのは一握りの製品ですからね。

PCでHDDへ取り込んでいる場合出力側デバイスの要求に応じて、
バッファが枯渇しないようにHDDから非同期で読み出しているのと、
I/O各所にバッファが存在するためその辺の揺れがアイソレートされる、
(再生ソフトで一曲丸ごとメモリ上に展開すら出来ますからね)
この辺りからデジタルアウトを使ってデータをDACへ供給する分には結構高性能かと思います。

個人的には使用してるD-70vuとペアになるP-70vuよりfireface400の方が良く感じられましたから。
    • good
    • 1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

基本的にデータはいっしょ、ということで理解しました。
ということは、やはりこれまでのCDは、データ損失によって音質が悪くなっていた、ということですね。

余談ですが、むかしDISKMANなどが流行っていた時代、よく60秒ぶんとかバッファリングして音飛び防止をうたっていましたが、そういった機構だと実は音質に寄与していたのかも(ちょっとだけ)気になるところです。

お礼日時:2008/08/03 23:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘッドフォンとインピーダンスの関係

インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが、そもそもこのインピーダンスってどんな意味があるのですか?
そしてインピーダンスと音の善し悪しは何らかの関連性があるのですか?
その他、インピーダンスと音の関連性について何か特筆すべき事があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

> インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが・・・

負荷がヘッドホンにしろスピーカーにしろ、パワーアンプの出力は通常、これらを「定電圧駆動」するようになっています。
(オーディオの電力伝送でインピーダンスマッチングを取ることは、まずあり得ません。ローインピーダンス出し・ハイインピーダンス受けのアンマッチングが当たり前です)

具体的に言うと、8ΩのSPを繋いでいる時にアンプの出力電圧が8V(=出力8W)だったとすると、4ΩのSPに繋ぎ替えても出力は8V(=出力16W)、SPを外しても出力は8V(=出力0W)ということです。

したがって、SPのインピーダンスが低いほど、同じボリューム位置でも出力が増えるので、(SPの能率の差がなければ)インピーダンスが低いほど音量が大きくなります。

> そもそもこのインピーダンスってどんな意味があるのですか?

同じ電力を伝送する時に

ローインピーダンス:電圧低め・電流多め
ハイインピーダンス:電圧高め・電流少なめ

となります。

> インピーダンスと音の善し悪しは何らかの関連性があるのですか?

「音の善し悪し」というよりは、むしろ経済性の問題です。
例えば仮に(実際とは異なりますよ)、
「インピーダンスを2倍にすると、コストも2倍になる」
としたら
「同じコストで製品を作るなら、インピーダンスを半分にした方が2倍良い物が作れる」
ということです。

現在、SPのインピーダンスは6Ωの物が多いですが、これは
「6Ωだと理想的なSPが設計出来る」からではなくて
「6Ωだともっとも割安にパワーアンプが設計出来る」からなのです。

これが25年くらい昔だと、8Ωが当たり前でした。パワーアンプ(の出力トランジスタ)が今ほどは大電流対応でなかったためです。

更に昔の真空管時代になると16Ωが標準でした。これは、真空管アンプ自体が高いインピーダンス(=高電圧・小電流)で動いていたため、SPのインピーダンスも高ければ高いほど、アンプ(の出力トランス)の設計が楽になったからです。

では、真空管時代に何でもっと高いインピーダンスのSPを使わなかったのか?というと、今度は余りインピーダンスを上げすぎるとSP自体の設計の方が難しくなるからです。
要するに、当たり前のことですが、トータルで低コスト・高性能となるように、各装置間の入出力インピーダンスが定められているわけです。

> その他、インピーダンスと音の関連性について何か特筆すべき事があれば教えて下さい。

インピーダンスが下がるほど、ケーブルの導体抵抗の影響を無視出来なくなります。
ラインケーブル(出力側のインピーダンスで1kΩ前後)よりSPケーブルの方が、音質に対する影響が大きい(・・・と言われている)のはこのためです。

インピーダンスが上がるほど、線間の静電容量によって高域が減衰します。したがって負荷(10~500kΩ)に電流を流す必要のないライン出力でも、出力インピーダンスは1kΩ位まで下げておいて、高域減衰を防いでいます。

とはいえ、インピーダンス1kΩと8Ωでは大差が生じますが、6Ωと8Ωではどうという程の差はありません。
(パワーアンプの見かけ上のスペックが向上するだけです)
通常使用では気にする必要もないと思います。

> インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが・・・

負荷がヘッドホンにしろスピーカーにしろ、パワーアンプの出力は通常、これらを「定電圧駆動」するようになっています。
(オーディオの電力伝送でインピーダンスマッチングを取ることは、まずあり得ません。ローインピーダンス出し・ハイインピーダンス受けのアンマッチングが当たり前です)

具体的に言うと、8ΩのSPを繋いでいる時にアンプの出力電圧が8V(=出力8W)だったとすると、4ΩのSPに繋ぎ替えても出力は8V(=出力16W)...続きを読む

QBlu-Spec CDには利点がない?

Blu-Spec CDやSHM-CD(以下、高品質CD)など、既存のCDDA規格の枠の中で音質向上を謳った製品がリリースされていますが、これらには音質向上などのメリットはないのでしょうか?

よく、このような質問への回答として、「高品質CD版はリマスタリングされているから」というのを見ます。リマスタリングされていれば音質には差があって当然です。
ですがそうではなく、通常CD版と高品質CD版、どちらも同じデータが収録されているとしたらどうでしょうか?

友人の一人には、「ジッターが低減しても、CDにはエラー訂正があるから読み取ったデータに差異はない。その程度で読み取り結果が変わるのはあり得ない。」という風に言われました。確かに理論的にはそうかもしれません。実際、Blu-Spec CDのレビューで、音質は確かに違うが、データの中身は同じだったというのを見かけたことがあります。

しかし、メーカー側もいくら売りたいと思っても、新規の作品をわざわざ高品質ディスクでリリースする必要性はありません。それどころか、変化が全くない物に手間とお金をかけて研究開発をする必要性は皆無です。ということは、違いは絶対にあると思うのです。

こういう物には、実際に高品質CDを用意して、私自身で比較するのがベストなのでしょうが、残念ながら私が欲しい作品はリリースされておらず、確認ができません。

高品質CDで実際に違いを感じた体験、またはこういう理由で音質が変わるのではないかといったお話を是非お聞きしたいです。よろしくお願いします。

Blu-Spec CDやSHM-CD(以下、高品質CD)など、既存のCDDA規格の枠の中で音質向上を謳った製品がリリースされていますが、これらには音質向上などのメリットはないのでしょうか?

よく、このような質問への回答として、「高品質CD版はリマスタリングされているから」というのを見ます。リマスタリングされていれば音質には差があって当然です。
ですがそうではなく、通常CD版と高品質CD版、どちらも同じデータが収録されているとしたらどうでしょうか?

友人の一人には、「ジッターが低減しても、CDにはエラー訂正...続きを読む

Aベストアンサー

「個人的な感想です」とコメントを入れない限り、「音質が向上した」と宣伝するのはまずいんじゃないかと私は思ってます。

ご承知の通り、CDDAというのはデータの入っているCD-ROMと物理的には同じものです。CD-ROMには、Blu-Spec CDなんてありませんが、それは読み取りミスが無視できる位少ないからです。コンピュータのソフトなんか1ビット間違っていただけで動作しないので、それこそ大問題になります。コンピュータがCD-ROMを読み取るときには、再読込が何度もできるから問題ないがオーディオはそうは行かないのでは?という意見もあるでしょうが、数回の試して駄目なら永遠に駄目ということが殆どです。つまり、本当に駄目でなければ通常は数回読めば読み取れるのです。ということは、読み取り処理を早め早めに行い読み取ったデータをメモリにバッファリングしておけば、多少エラーがあってもCDプレーヤはデータを完全に再現できるのです。その前にエラー訂正システムが組み込まれているので1ビットの誤りなどは瞬時で修正してしまうので、いままでの話は訂正不能なある程度大規模なデータエラーがあった場合です。これを考えると通常のCDDAであっても、データは完全に再現できているはずです。盤面が汚れているとかであれば話は別ですが、Blu-Specだって盤面が汚れていれば正しい再現は望めないでしょう。

この話題になるとジッタの話が出てきますが、再読取によって生じるデータの読取の揺らぎがDACのクロックにジッタを発生させることは基本的には考えられません。というのは、DACのクロックがマスタ・クロックになっていて読み取りは早め早めに行い通常はバッファが一杯になるまでに先読みしておきます。バッファに入っているデータをDACはマスタ・クロックに従って読み出して行くだけなので、バッファが空にならない限りCDからデータを読み取る部分で発生して問題がDACに影響を及ぼすことはありません。ただし、データ読取部分が忙しくなるとその部分の消費電力が大きくなり電源にノイズが乗り、それがDACのクロックにジッタを発生させるという可能性はあります。DAC出力に揺らぎが生じるので当然音質に影響してきます。しかし、Blu-Spec CDを購入するようなオーディオマニアが使用している高級機であれば、データ読取部分が忙しくなると電源にノイズが出てそれがDACの動作に影響を及ぼすようなチャチな造りではないと思います。皮肉なことに、電源回路のプアな安物だと違いが出るかもしれないというのが私の推測です。

昔、CDに切り傷を入れると音が良くなるなんていう迷信がありましたが、これは、訂正不能なエラーが発生したために原音が変化し、これは「音が良くなった」と勘違いしたためだと私は思っています。訂正不能なエラーが出たときは、とりあえずスピーカを破壊してしまうような音が出ないようにデータを修復している(エラーコンシールメントと言う)ますが、これを「音が良くなった」と感じる場合があるのは否定できない事実だと思います。

「個人的な感想です」とコメントを入れない限り、「音質が向上した」と宣伝するのはまずいんじゃないかと私は思ってます。

ご承知の通り、CDDAというのはデータの入っているCD-ROMと物理的には同じものです。CD-ROMには、Blu-Spec CDなんてありませんが、それは読み取りミスが無視できる位少ないからです。コンピュータのソフトなんか1ビット間違っていただけで動作しないので、それこそ大問題になります。コンピュータがCD-ROMを読み取るときには、再読込が何度もできるから問題ないがオ...続きを読む

QCD-R DVD-Rの最大容量

700MBのCD-R 4.7GBのDVD-Rは、最大でどのくらいの容量のデータを入れることができるのでしょうか?

私の認識では、HDDなどと同様で、箱に表記されている容量より実際に入る容量は少ないと思っていたのですが
以前、PC上での表示が705MBというデータCD-ROMがあり、それを700MBのCD-Rに焼いたところ、全部問題なく入ってしまったことがありました。(そのCD-RはPC上で705MBと表示されました)

実際はどのくらいまで入るものなのでしょうか?

Aベストアンサー

2~3%増であればオーバーバーン可能と言われています、700MBメディアに740MB焼けたなんて例もありますが。

DVDの場合は表記上4.7GBでもPC上では4.37GB(小数点切捨)です。

実際メディアには規格容量+αの容量があります、この+αの領域に無理矢理書き込むことで規格以上の容量を焼くことが出来ます(+α領域がないと700MBのCD-Rに690MBしか焼けないなんて事が起こるのでこうなってます)。

Q「4GB」は音楽CD何枚分?

とても大雑把で乱暴な質問ですが、わかりやすく教えていただけたら幸いです。

***

so-netポイントが結構貯まってきました。
sonyのウォークマンと交換しようか検討中です。
今の私のポイント数では「SシリーズNW-S616F(4GB)」に交換可能です。

☆この「4GB」という容量は、どれくらいのCD枚数が入るのでしょうか?
(例えば約10曲入りJ-POPのCDアルバム何枚分くらい?)
音質は最も一般的なレベルで入れたいと思っています。
(音質を上げると容量も食ってしまうのですよね?あまりに悪い音では入れたくないので、間を取って中間の音質で入れたいと思います)

☆クラシックとJ-POPでは、CDそのものの容量が違うのでしょうか?
それもちょっとした疑問です。
ちなみに私が所持しているCDは600枚くらいあって、半分はクラシックで半分はJ-POPです。

☆4GBでは私の持っているCDの全ては転送できないでしょうか?
もっと容量の大きなウォークマンやmp3プレーヤを買った方が賢いでしょうか?
(その際はポイントは別のものに使おうと思います)

以上、本当に大雑把で申し訳ありません。
同じような質問をしているかたもいらっしゃいますが、どうもうまく理解できないので、思い切って質問してみました。
初心者向けにお答えいただければ有り難く存じます。

よろしくお願い申し上げますm(__)m

とても大雑把で乱暴な質問ですが、わかりやすく教えていただけたら幸いです。

***

so-netポイントが結構貯まってきました。
sonyのウォークマンと交換しようか検討中です。
今の私のポイント数では「SシリーズNW-S616F(4GB)」に交換可能です。

☆この「4GB」という容量は、どれくらいのCD枚数が入るのでしょうか?
(例えば約10曲入りJ-POPのCDアルバム何枚分くらい?)
音質は最も一般的なレベルで入れたいと思っています。
(音質を上げると容量も食ってしまうのですよね?あまりに悪い音では...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと訂正
「CD15~20枚程度ではないでしょうか」は1GBにつきです。
4GBであれば最大60枚程度だと思います。

Qサブウーファーの置く位置

初歩的な質問で申し訳無いんですがサブウーファーというものを初めて使います。

環境的に、今はプリメインアンプに左右のスピーカー、という状態ですが、
そこにサブウーファーを追加しようとしているんですが、
サブウーファーは(左右スピーカーに対して)どういう位置に置いたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には、No.1の回答者が指摘されているように、できれば左右のスピーカーの近くに置くのが望ましいといえるでしょう。

その際、左右いずれかのスピーカーの外側ではなく、両者の間(必ずしも中央である必要はない)に置いた方が、より望ましいといえます。外側に置かざるを得ない場合でも、離れすぎない方がベターです。

サブウーファーを、部屋の壁際やコーナーに置くのは、あまり良くありません。現代のスピーカーは、フリースタンディング、つまり前後左右に何もない状態で鳴らすことを前提に設計されており、壁際に寄せると音波の放射状態などが変わってしまって、音質に影響するからです(もともと壁際に寄せて使うことを前提としているサブウーファーについては、もちろん、この限りではありません。なお、ベテランになると壁との距離を調整して音質調整をする人もいますが、壁際に寄せることが常にベストであるとはいえません)。

また、サブウーファーの場合、壁との角度はほとんど関係ありません。なぜなら、低音は指向性(直進性)が弱いという特徴があるので、そもそも「角度」に意味がないからです。単純にいえば、高音は懐中電灯の光、低音は裸電球の光と思えば良く、サブウーファーの角度に意味がないのは、裸電球をどの角度から見ても意味がないのと同じです。

なお、上で「ベテランになると壁との距離を調整して音質調整をする人もいる」と書きましたが、実際にはこれがいちばん重要です。専門的には「定在波」というものがあって、壁との距離の調整は、これを上手くコントロールするものだからです。

したがって、結論的には、

(1) 左右のスピーカーの間に置くのがベストだが、壁(や家具。以下同じ)に密着してしまうなら別の場所を探した方が良い場合もある。

(2) 間に置けない場合は、左右いずれかのスピーカーのすぐ外側がベストだが、壁に密着してしまうなら別の場所を探した方が良い場合もある。

(3) 壁との距離は、実際に音を聞きながら良い位置を探す。基本的に、壁際や、特に部屋のコーナーは良くないことが多い(多いだけで、絶対にダメという訳ではない)。

(4) サブウーファーの角度は、あまり関係がない(もっとも、角度を変えるとユニットやポートの位置が変わるので、場所を動かしたのと同じく壁との距離が変わる、という意味では関係する)。

基本的には、No.1の回答者が指摘されているように、できれば左右のスピーカーの近くに置くのが望ましいといえるでしょう。

その際、左右いずれかのスピーカーの外側ではなく、両者の間(必ずしも中央である必要はない)に置いた方が、より望ましいといえます。外側に置かざるを得ない場合でも、離れすぎない方がベターです。

サブウーファーを、部屋の壁際やコーナーに置くのは、あまり良くありません。現代のスピーカーは、フリースタンディング、つまり前後左右に何もない状態で鳴らすことを前提に設計さ...続きを読む

QPCとプリメインアンプどちらで音量調節?

PC-プリメインアンプ-スピーカーと接続しているのですが、PC音量(右下の)・再生ソフト(WMP)音量・プリメインアンプ音量の、どれを調整するのが、

(1)音質が良いでしょうか?

(2)ノイズが少ないでしょうか?

一応過去の質問も見たのですが、CDなどを聴くのは、PC音量MAX・再生ソフトMAXで、プリメインアンプで音量調節がイイみたいなのですが、私が聴くのは主にMP3です。

Aベストアンサー

再生するソースが何であろうと、一般的には「プリメインアンプへの入力レベルは固定」として、プリメインアンプの最終段で音量調整するのがいちばん良いでしょう。
(もちろん、プリメインアンプのクオリティにもよりますが・・・)

>PC音量MAX・再生ソフトMAXで、プリメインアンプで音量調節がイイみたい

PC音量MAX/再生ソフトMAXの場合、PCのオーディオ出力の方式によっては音が割れる可能性があります。
元々の音源(=プリメインアンプへの入力)が悪ければ、プリメインアンプの性能云々によらず音質等は悪くなります。

PCのからの音声出力のレベルを「音が破綻しないという条件でなるべく大きい音量」で出力し、最終段のプリメインアンプで音量を細かく調整するのが良いでしょう。

以上、ご参考まで。

Qハイレゾ音源とレコードはどちらが良い音?

去年は新聞やフリーペーパー等の媒体で、「ハイレゾ音源はCDより音が良い」という記事を沢山目にした一年でした。しかし一点疑問点があります。ハイレゾ音源が「CDと比べて音が良い」という記事は沢山見かけたのですが、「レコード(いわゆるアナログ盤)と比べても音が良い」という記事は目にしませんでした。ハイレゾ音源は、レコードと比べても音が良いのでしょうか。レコードには、CDでは大幅にカットしてしまった音域が存在するので良い音だと昔から知っていましたが、最近登場したハイレゾ音源も、CDよりも幅広い音域を有するという事は、ハイレゾ音源とレコードには共通性があると思うのですが、それでもやはりレコードと比べてもハイレゾ音源の方が良い音質なのでしょうか。もしレコードよりもハイレゾ音源の方が良い音質の場合、具体的に数値上で言うとどのくらいの差なのでしょうか。微々たる差なのでしょうか。それとも圧倒的な差なのでしょうか。

またこれとは別に、数値上はCD<レコード<ハイレゾ音源の順に音が良いとしても、音声信号の種類はCDとハイレゾ音源は「デジタル音声」なのに対しレコードは「アナログ音声」ですが、聴こえ方と言いますか、聴いていて快感に感じるのはハイレゾ音源とレコードのどちらなのでしょうか。もちろんこれには個人差もあると思うので一概に言えないと思いますが、この点も併せて御回答お願いします。

去年は新聞やフリーペーパー等の媒体で、「ハイレゾ音源はCDより音が良い」という記事を沢山目にした一年でした。しかし一点疑問点があります。ハイレゾ音源が「CDと比べて音が良い」という記事は沢山見かけたのですが、「レコード(いわゆるアナログ盤)と比べても音が良い」という記事は目にしませんでした。ハイレゾ音源は、レコードと比べても音が良いのでしょうか。レコードには、CDでは大幅にカットしてしまった音域が存在するので良い音だと昔から知っていましたが、最近登場したハイレゾ音源も、CDよりも幅...続きを読む

Aベストアンサー

普段LPを愛聴している者です。e-Onkyoのハイレゾ音源も時折DL購入していますが、イマイチ物足りません。歪みもノイズも少なすぎて、蒸留水のような感じ。音楽を洗濯・漂白してしまったように聞こえます。

ハイレゾは確かに高音質ですが、なんか心に迫ってくるものがない。どこかよそよそしいんですね。試みに同じ音源のCDデータをPCに取り込み、アップコンバートしてハイレゾと聴き比べてみたら、どっちも機械的に作られたような冷たさがあって、大して変わりませんでした。

一方LPは、オーディオIFで再生音をPCに取り込み、波形編集ソフトで表示してみると、波形がものすごく汚れています。音に歪みが載っている証拠です。

しかしその歪みこそが、生々しさ、迫力、温もり、潤い等々、物理特性では説明できないLP独特の味わいの秘密のようです。こうなるともはや、良し悪しではなく好き嫌いの問題でしょうね。

ただ、LPで困るのはCDと違って製品ムラが多いことです。

ベテラン技師が細心の注意でマスタリング~カッティングしたLPは天上の音楽かと思うほどの美音を奏でますが、雑に製作されたLPの音は雑音でしかありません。

また、ていねいに製作されたLPも、レコードプレーヤーの性能が不十分だったり針が摩滅していたりすると、スマホやガラケーのスピーカー以下の音しか出しません。

CD&ハイレゾ=デジタルの再生音は平均してそこそこいい音だが、極端にいい音はない。LP=アナログは、いいものは極端にいいが、悪いものは極端に悪い。これが結論です。

普段LPを愛聴している者です。e-Onkyoのハイレゾ音源も時折DL購入していますが、イマイチ物足りません。歪みもノイズも少なすぎて、蒸留水のような感じ。音楽を洗濯・漂白してしまったように聞こえます。

ハイレゾは確かに高音質ですが、なんか心に迫ってくるものがない。どこかよそよそしいんですね。試みに同じ音源のCDデータをPCに取り込み、アップコンバートしてハイレゾと聴き比べてみたら、どっちも機械的に作られたような冷たさがあって、大して変わりませんでした。

一方LPは、オーディオIF...続きを読む

Q無圧縮のFLACをサポートしているCDリッピング

wavとほぼ同サイズになる無圧縮のflacをサポートしているフリーソフトを
探しています。また、メディアモンキーのように時間がかかってよいので
セキュア―な取り込み(エラー訂正)も同時にサポートしているソフトです。
メディアモンキーは、FLAC 0 でも圧縮が結構かかっています。
可逆性でも圧縮がかかっていると分かります。C

dBpoweramp CD Ripper以外でよいフリーソフトがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

非圧縮FLACは、いわゆる隠し機能に相当するもののようで、作成出来るソフトは殆ど無いし、ご存じない方が多いですね。
当方も、dBpoweramp CD Ripper、XrecodeIIの2つしか知らないです。
http://reika788.blog.fc2.com/blog-entry-4.html
因みに、前の方々が挙げたfre:ac、MusicBee、EACは無理です。

更にセキュアリッピング(AccurateRip とか)にも対応となると、dBpoweramp しか無いのでは。そもそも、AccurateRip は dBpoweramp のメーカーである Illustrate が開発して運営してるシステムですしね。


人気Q&Aランキング