こんばんは
この前シーパラに行って、念願のアデリーペンギンに会いました

さてあの水槽には、マゼランやケープもいました
マゼランやケープって割と暖かい気候にいますよね?
対するアデリーは根っからの南極ボーイですから、0度以下が好ましいはずでわ?・・・

ということは、あの水槽ではどちらかが暑いor寒い思いをしているのでは?と余計な心配をしています

シーパラのペンギン水槽に詳しい方教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

シーパラが日本には多数ありますが、残念ながらご質問のシーパラに関しては知りません。

以下は一般論を…

アデリーペンギンを飼育しています多くの水族館では、気温0℃水温12~3℃で飼育しているところが多いようです。大阪の海遊館でお聞きしたところ-2℃~3℃に維持しているとのお話でした。4℃になると体調を崩してしまうかららしいですね。現在の南極の夏期の気温は10℃ほどです。繁殖地の個体数が減ったという報告も頷けます。

「フンボルトペンギン」「ケープペンギン」「マゼランペンギン」「ガラパゴスペンギン」の4種類のペンギンは、海洋で最大の寒流であるフンボルト海流にのって分布域を広げたものですのでフンボルトペンギン属といいます。フンボルトペンギン属はお互いに交配が可能です。

フンボルト海流は赤道直下でも水温20℃を越えることはありません。かなりの緯度まで本流の水温は17℃以下です。ですからその水温で生活しているわけですから彼らはかなり低温に対して耐性がないと生活していけないものです。温帯域でも飼育が可能ですが、本来はアデリーペンギンと同じもっと低温なところが本来の生育環境と思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペンギンは何故

ペンギンは何故寒い地域に多く生息しているのでしょうか?
あそこまで極端に寒い場所じゃなくてもいいような...

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと調べてみましたけど、地球規模の温暖化で南極大陸の氷が溶け、そこに生息するペンギンや白熊たちが生存の危機に直面しているみたいです。冬期が短くなり、“南極が寒くなくなってしまう”ことでむしろペンギンたちは絶滅してしまうかもしれません。こんなところでも環境破壊(オゾン層など)を行う人間社会の負の側面が影響してるようです。

なぜ(ガラパゴスペンギンなど除く)ペンギンは南極にしかいないのか? 
ルーツやその他さまざまなペンギンの謎が載ってます。
ペンギンのQ&A
http://www.asahi-net.or.jp/~kw6a-tnb/penguin.htm
ペンギンが凍傷になったり足が凍りつかない理由、体のメカニズムなど
ペンギンは霜焼けにならないの?
http://homepage2.nifty.com/osiete/s487.htm
こちらは写真家の方のHPのようです(南極大陸のレポート)
動物の風景と写真のページ
http://www.asahi-net.or.jp/~kw6a-tnb/

Q皇帝ペンギンの集団移動と営巣地についての質問

こんにちは、先日映画皇帝ペンギンを見に行って、
非常に気になったので質問させていただきます。
皇帝ペンギンはなぜ、営巣地に集まるのでしょうか?
(映画内ではオアモック(氷丘 のオアシス)と呼ばれていました)
ペンギンたちは交尾子育てのために、餌場からものすごく離れた場所に、移動するそうなのですが…
南極に住んでいる皇帝ペンギンのすべてが、一つの営巣地を使っているのでしょうか?
なぜ餌場の近くを営巣地にしないのでしょうか?

ご存知の方はよろしければお教えくださいませ。

Aベストアンサー

群れで生活するメリットとして天敵に襲われた時に標的を絞りにくくするためとかたくさんいるので天敵に食べられる子供が自分の子供である確率を下げるためなどが一般的に言われています。これがコウテイペンに銀の場合も当てはまるかどうか分かりません。
コウテイペンギンの場合寒いところにすんでいるのでみんなで体を寄せ合って暖めるために集団でいるのです。
>南極に住んでいる皇帝ペンギンのすべてが、一つの営巣地を使っているのでしょうか?
これも分かりません。
>なぜ餌場の近くを営巣地にしないのでしょうか?
これはあくまで推測なのですが餌場の近くには天敵が多いからではないでしょうか?

Qペンギンの足

ペンギンの足は、どうして凍傷にならないのでしょう。あんな厳寒の地で水に浸かって、どうして足が動くのでしょうか。不思議です。ご存知の方教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
以前テレビで説明していました。
ちょっと文章で説明するのは難しいのですが、イメージして下さいね。

まず、心臓から温かい血液が送り出されます。
その血液を運ぶ血管は足の方へ下りていきます。
足首の辺りまでくるとコイルのようにくるくると巻きながら下りていきます。
そして足先まで行くと今度は上に戻りますが、
その時血液は冷たくなっています。
冷たい血液の流れる血管は足首の辺りで先ほどのコイル状に
温かい血液が流れる血管の中心を通ります。
その時に温められます。
そして心臓に戻る時には温かい血液になっています。

なんだか説明がうまくできないのですが伝わります??
イラストにできるといいのですが。(汗

Qペンギンの分解

南極では気温が低いためにバクテリアが生存できず、有機物は分解されない(腐らない)と聞きました。
では、南極にたくさん住んでいるペンギンは、死んだらその死骸はどうなるのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

南極にも夏があり、各ペンギンの営巣地も、氷が解けたりやや暖かくなったりする季節が、短いながらあります。たいていは海中で死にますが、地上で死んだペンギンの骨は、ごろごろ転がっています。死んだ祖母がツアーで見ました。写真も撮りましたがどこに行ったやら。気候が厳しいのですぐに風化して砂利になります。

Q南極海のオキアミ

南極海のオキアミを人類が直接利用することは良いのでしょうか?それともダメなのでしょうか?海洋生態系やエネルギーの転送効率を考慮に入れた場合どうなんでしょう。

ご意見を聞かせてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

少しぐらいエビの代わりに使わせて貰っても良いでしょう。
それにしても日本人はエビが好きだね-、ほとんどバカだ。
エネルギー効率は、氷温で生きたまま保存すればペイします。それもエビの代替で高価で売れるから。
エビピラフ、エビチリソース、エビクリームシチューなんかみんなオキアミ。
でも鯨さんの分までは残しておきましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報