はがき=5円 封書=10円 速達=30円 小包(市内)=50円 市内電報(基本料)=30円  以上の郵便料金の適用は昭和何年頃でしょうか? もしくは、過去の郵便料金が記載されている出版物やサイトがあれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

追加します。


「郵便法令集」(郵政は勘違い)を発掘してきました。(^^)
それによると,小包(市内)が50円だったのは昭和36年6月1日~昭和41年3月31日です。
というわけで,さらに3ヶ月ぶんだけ絞れました。残るは電報料金か…。
    • good
    • 0

「日本切手専門カタログ」に毎年掲載されている「郵便料金変遷表」によると,



はがき5円 昭和26年11月1日~昭和41年6月30日
封書10円 同上
速達30円 昭和36年6月1日~昭和41年6月30日

となり(あとの2つは分からず),昭和36年6月1日~昭和41年6月30日まで絞りこめました。

下記URLには本の紹介があります。ここには2000年版が紹介されていますが,最新版は2002年版です(なんと気の早い!)。

また,郵政省郵務局の「郵政法令集」にも同様の表があったような気がしますが,部屋の奥のほうに埋もれてしまって出てきません。片付けないと…(^^)

参考URL:http://www.yushu.co.jp/y_canisn2000.htm
    • good
    • 0

http://www.goo.ne.jp
葉書5円

で検索したらすぐにヒットしました。

参考URL:http://www.iptp.go.jp/museum/yusei/tsushin/1950. …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q郵便切手の値上げの推移

郵便切手の5円以降の年代ごとの値上げの推移を、どなたか教えてください。
小生は、「5円で結ぼう心と心」が友人・知人との合言葉でしたので・・・

Aベストアンサー

はがきや封書(定形郵便物)の料金の変遷ということでしょうか。

参考URLによると、はがき5円、定型20gごと10円だったのが、
S26.11.1からS41.6まで。以降、
S41.7.1~ はがき7円/定型25gまで15円/50gまで20円
S47.2.1~ 10円/20円/25円
S51.1.25~ 20円/50円/60円
S56.1.20~ 30円/60円/70円
S56.4.1~ 40円/60円/70円
H1.4.1~ 41円/62円/72円
H6.1.24~ 50円/80円/90円

参考URL:http://masudahp.hp.infoseek.co.jp/Yuubin/yuu0100.html

Qこの郵便物の消印は大正、昭和?

http://fumisan822.exblog.jp/11768352

上記サイトにある電報の櫛形消印ですが、
大正時代でしょうか、昭和でしょうか?
ヨミは
13年9月4日
でいいんですよね。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

櫛型C欄3星印、A欄県名入り、という物です。
C欄3星は、昭和時代しか用いられておりません。珍しいものではなく、非郵便印に多く使用されました。昭和18年以降は郵便物にも使用されました。

なお、動員令の電報自体は希少品です。

岩手県の古書店より。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報