【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

中3の男です

ギターのコードにはハイコードとローコードがありますが

プロの歌手がギターを弾いているときって

ハイコードの方が多いんですが

なぜなんでしょうか?

音が同じなので何か理由があるのでしょうか?

もしハイコードのほうがいいとすれば

将来ギターを弾けるようになりたいので

ローコードではなくハイコードの方ばかり

練習したほうがいいでしょうか?

回答お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

コードについてですが、基本的にはどういう押さえ方をするかで成立するものではなく、どの音程が出ているかで成立するものです。

ですので、コードフォームについては、ハイコードとローコードというように分けて見るのは少々的を外しているように思えます。

コードフォームは、ひとつのコードに対して2つ以上の多数のバリエーションが考えられ得るものです。その中でどのコードフォームを採用するかは、前後の流れや音程の配置から来るニュアンスなどを考慮に入れて選択されるのが普通です。突然離れたポジションのコードに飛んだりすると、音のニュアンス(弦の鳴り方など音の出方を含め)が急激に変わったり、低音・高音のバランスが大幅に変わったり、あるいは手先の物理的な移動距離が支障になったりする可能性も考えられるので、通常は大きくポジションが飛躍するようなコードフォームの選択をしたりすることは珍しいケースといえると思います。そういった流れなども含めて、コードフォームが選択されることになります。
質問中の「ハイコード」を選択するか、「ローコード」を選択するか、という件に関しても、それを選択するのは前後の流れやニュアンスを元に考慮した結果ともいえます。ですので、ハイコードの方がいいとか、使用頻度が高いというような見方については、あまり適切ではないようにも思えます。それについては、少々偏見が入っているかもしれません。もっといろいろな演奏の様子を見てみることをお勧めします。

また、演奏の練習に関しては、どちらが選択されうる可能性が高いかはなんともいえませんが、どちらかが多用されるからと他方をおろそかにするのは、あまり感心できる考え方とはいえません。また、コードフォームはハイコードとローコードに限られたものではないのは上述の通りです。さまざまな状況を考慮するのであれば、どちらにも対処できるように、両方ともを練習するのがより現実的で前進的な考え方といえるでしょう。
また、ローコードとハイコードに関しては、単に手がネックのどの位置にあるかの差異でしかないともいえます。両者の間に越えられないような区分の壁があるように捉えるのも、あまり適切ではないでしょう。コードフォームに関しては、コードの成り立ちという面から見直したり、あるいはローコードにあるフォームとハイコードにあるフォームとの類似性とを比較して見直してみる(例えば、開放弦を絡めたEコードや1フレットバレーのFコードと、8フレットバレーのCコードの違いを見比べるなどしてみてください)など、いろいろな面から見直してみると良いと思いますよ。

いずれにしても、技術の向上を目指して練習に取り組むのであれば、できるだけいろいろなことに触れ、いろいろなことを練習し、いろいろなことを経験することが何よりも大切な基礎になります。はじめから経験もしない内に取捨選択をするのではなく、いろいろなことを経験するように意識してみることをお勧めします。

参考まで。
    • good
    • 0

オープンコードもバレーコードもどちらも習得の必要がありますよ。



厳密には同じコードでも響きが違うことで、音も違った感じです。
オープンコードは開放弦を使うからよく響きますし、
バレーコードはミュートカッティングなどのリズミカルなストローク奏法に向いたりしますし。
#1さんの言うように「使い分け」するものですよ。
    • good
    • 0

バレーが出来ないからって、ローコードばかり使っている人が上手くなるとは思えません。


どちらも臨機応変に使いこなせるのが上手い人です。
どうしてどちらかだけを練習しようと思ったのか、不思議です。
ギターのコードの仕組みについて、まず勉強されるといいと思いますよ。
何だか楽して上手くなりたいという、都合のいい欲求ばかり見えて、本気でギターに向き合っている感じがしませんね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弾き語りってハイコードよりもローコードのが無難ですか?

弾き語りってハイコードよりもローコードのが無難ですか?

Aベストアンサー

>弾き語りってハイコードよりもローコードのが無難ですか?

どちらが「無難」か?と言えば、当然ローコードが無難です。
ローコードのメリット
1.楽譜を見ながらでもコードを間違う可能性が低い
ハイコードだと「ポジション間違え」の可能性があります。左手で押さえるフレットの「位置」を間違えてはいけないので、神経が分散され歌がおろそかになりがちです。
2.特にアルペジオの場合、音がプツプツと切れにくい
ハイコードでは、必要な弦がキチンと押さえられていないといけませんが、ローコードがと開放弦に助けてもらえます。
3.ベース音がしっかり出しやすい。
ローコードは音域がより低いので、一人での弾き語りの場合、コードのルート音がシッカリ出せる場合が多いです。
4.長時間の練習やライブでも左手が疲れない
上級者であってもバレーコードが続くと左手が疲れて来てつってきます。
5.楽器の鳴りが良い。
ローコードは、ナットを経由して弦の振動が楽器に伝わるので音がキレイに良く伸びます。
ハイコードのメリットは、カッティングのときです。
歯切れの良いカッティングは、左手のバレーコードが好都合です。

ローコードで違和感のないときにはローコードに勝るものはありません。
ローコードで不都合なときにだけハイコードを使えば良いと思います。
特にねらいや理由が無いのであれば、ローコードをお勧めします。

>弾き語りってハイコードよりもローコードのが無難ですか?

どちらが「無難」か?と言えば、当然ローコードが無難です。
ローコードのメリット
1.楽譜を見ながらでもコードを間違う可能性が低い
ハイコードだと「ポジション間違え」の可能性があります。左手で押さえるフレットの「位置」を間違えてはいけないので、神経が分散され歌がおろそかになりがちです。
2.特にアルペジオの場合、音がプツプツと切れにくい
ハイコードでは、必要な弦がキチンと押さえられていないといけませんが、ローコードがと開放弦に...続きを読む

Qギターのダイアトニックコードのハイコード一覧表が見たいのですが…

今ダイアトニックコードを覚えている最中なのですが、手元にはメジャー、マイナーの三和音、四和音のローコードの一覧が載っている教則本があります。これと同じ要領で、ハイコード編が一覧になって載っているサイト、もしくはそのような表を自分で作れるフリーのソフトを教えていただきたいのですが…僕が探した分にはありませんでした。

ハイコードでまったく同じコードでも、フォームの違いがあると思います。 サイトの場合は管理人様のチョイスしたフォームで、1キー、7フォームだけがのっていれば十分です(それ以上のものならなおうれしいです)
ソフトの場合は、コードとフォームが選択式になっていて、キーCならCの、ハイコード版が自分で作れるものなどを希望です。できれば「メジャー、三和音、C~Bのダイアトニックコード」といった形で一度に表示できるものがいいです。印刷したいので。

本来ならこういうものはみなさん自分で作成しておられるのでしょうが…
労力のことを考えて質問しました。よろしくお願いします

長文失礼しました

Aベストアンサー

普通のコードブックを参照するのでは不足でしょうか。 通常のコードブックであれば、コードフォームについていくつかのバリエーションを載せているのが通常ですので、それを逐一参照するのが良いと思います。 オンラインで参照できるコードフォーム集では、下記のページは一つのコードのバリエーションを豊富に取り上げています。
http://www.musicians-st.com/chord/ch-index.html

ダイアトニックコードといっても、ダイアトニックスケール上の音程のみを拾って作るコード群というだけで、コードの構成そのものに特殊性などがある訳ではありませんので、実用上は普通のコードブックで十分に事足りると思います(ダイアトニックコード群として一覧表になっている訳ではありませんが)。

なお、コードフォームについては、できれば自分でコードの構成音を拾って考案できるようにするのが良いと思います。 指板上の音の配置と、各ポジションの相対的な音程差を把握するようにすれば、コードネームから必要な構成音を知り、自分でコードフォームを導くこともできるようになるでしょう。 あまり難しく考えすぎずに、規則性を踏まえてコードフォームを考案してみることをお勧めします。
また、バレーコードに関しては、実用的なフォームはおおよそ2つに絞られます。 いわゆるハイコードについては、Fコード系(6弦上にルート)のコードフォームか、Bコード系(5弦上にルート)のコードフォームのいずれかを平行移動させて利用するのがほとんどですので、この二つのコードフォームを参考にし、後は5・6弦上の各ポジションの音程を記憶して、コードフォームのルート音の位置が目的のコードのルート音と一致するようにそのフォームを平行移動させるだけでも、対応の幅はかなり広くなると思います。

少々逸れたアドバイスかも知れませんが、参考まで。

普通のコードブックを参照するのでは不足でしょうか。 通常のコードブックであれば、コードフォームについていくつかのバリエーションを載せているのが通常ですので、それを逐一参照するのが良いと思います。 オンラインで参照できるコードフォーム集では、下記のページは一つのコードのバリエーションを豊富に取り上げています。
http://www.musicians-st.com/chord/ch-index.html

ダイアトニックコードといっても、ダイアトニックスケール上の音程のみを拾って作るコード群というだけで、コードの構成そのも...続きを読む

Qギターはローコード、ハイコード、パワーコードの三つが基本ですか?

ギターはローコード、ハイコード、パワーコードの三つが基本ですか?

あとはソロですよね。

Aベストアンサー

いや、ギター弾き語りの場合は、パワーコードなんか使う事は、よっぽど特殊な技を使う時だけですから、パワーコードは基本じゃないです。

ギター弾き語りの場合は、
「ローコードとハイコードの使い分け(使い分けの上手さ)」

「アルペジオ(のバリエーション)」
の2つが、超基本中の基本です。

ギター弾き語りベースのソロは、バックにコード感を作ってくれるベース等の楽器が居ない事が前提ですから、ソロもどっちかと言えばアルペジオの延長線上のやり方をしないとダメですし。

Qギターのコード なぜ同じ音で複数の弾き方があるの?

私はギターを始めたばかりの初心者です。

ギターの先生にコード一覧表をもらったのですが、同じ「F」と書いてあっても(セブンスやマイナーは別として)、何種類も弾き方があるのは何故ですか?(全ての弦の1フレットをセーハする弾き方と、1,2弦の1フレットをセーハする弾き方etc)
「C」のコードでも、8種類くらいあってどう違うのかわかりません。
回答待ってます。

Aベストアンサー

コードネームは、押さえ方を表しているのではなく、そのときの和音の響きを表した記号です。
コードネームは、ギターだけではなく、キーボード、ピアノ、ベース、ウクレレその他、あらゆる楽器に共通したもので、世界中の楽器奏者が、「F」と書いてあれば、「ファ・ラ・ド」を、「C」を見れば。「ド・ミ・ソ」を鳴らします。そのような約束になっています。
「F」のときに「ファ・ラ・ド」あるいは、「C」のときに「ド・ミ・ソ」さえ鳴っていれば、低いところ、高いところなどは自由なので、各奏者ごとに、あるいは、前後のコードの関係などで、その時そのとき押さえる場所が変わります。
そのため、コード表を見ても色々な押さえ方が出ています。しかし、必ず共通しているのは、「F」と書いてあれば、「ファ・ラ・ド」が響き、「C」と書いてあれば、「ド・ミ・ソ」からできる和音が響きます。
押さえ方の記号ではなく、響きを示す記号だと思えば納得がいかないでしょうか?

Qアコースティックギターとフォークギターの違い

ギター始めようと思ってて、ギター選びしてるんですけど、アコースティックギターとフォークギターの違いってありますか?できればアコースティックギターにしたいんですが、それほど差がなければフォークギターのほうがいい色があったので、そっちにしたいんですけど、もし違いがあるならそれぞれの特徴を教えて下さい。お願いします!

Aベストアンサー

アコースティックギターという名称は基本的に、電気的に音を増幅する機構を使用しないで音を出すギターの総称になります。 この中には、フォークギターも含まれますし、フォークギター以外にはクラシックギターやフラメンコギターなどのガットギターなども含んでしまいます。
ですので、アコースティックギターとフォークギターの間に違いがあるかどうかは、ちょっと比較する次元が違ってしまいます。

フォークギターと呼ばれるギターは、金属の弦を張っているアコースティックギターです。 基本的に、金属質の固めの音になることが多いと思います。 取り回しについては、スケール長も長めで、その分音域が広いものが多いでしょう。 ネックの幅もガットギターと比べると少し狭いと思います。

ガットギターは、ナイロンの弦を張ってあるアコースティックギターです。 音はフォークギターと比べるとマイルドな音になることが多いと思います。 取り回しについてですが、スケール長はフォークギターよりも短いことが多いので、その分音域は狭いものが多いでしょう。 ネックはフラットで、弦間隔もネック幅も広めのものが主だと思います。

仮にこの両者を比較しているとしたら、どちらが目的にかなうものなのかを見極めるのが良いでしょう。 音的な特徴や、演奏性、音量などを試奏などで体験してみて、自分のやってみたい音楽で使っているものに近いものを選ぶのが良いと思います。


蛇足ですが、エレキギターの一種で、構造的にアコースティックギターと同じようなボディが中空のものに、コイルのピックアップを載せたものを、フルアコースティック(もしくはフルホロウ)などということもあります。 こちらもアコースティックという言葉がつきますが、もしこちらのものとフォークギターとを比べているとしたら、音的にも取り回し的にも、まったく性格の異なるものになるでしょう。

また、アコースティックギターとして使えるギターの中には、アンプに対して出力できるような電気的機構を付け加えたエレクトリック・アコースティックギター(エレアコ)というものもあります。 先の説明を覆してしまうようなものになりますが、このエレアコについてはアコースティックギターの音をアンプで大きくするものと捉えるのが良いと思います。 こちらは、基本的にエレキギターとは異質の音になるでしょう。

いずれにせよ、楽器店に出向いて、それぞれのギターの音を聞き比べ、自分の好みや目的に合うものを選ぶのが良いと思います。
もし試奏することがためらわれるのであれば、店員さんに音出しをお願いすれば、代わりに音を出して聞かせてくれると思いますので、お願いしてみるのも手だと思います。 (ただ、その場合でも、音は出さないまでも、抱えてみてボディのサイズを確かめたり、ネックの握り心地を確かめてみるのがよりよいでしょう)

参考になれば。 乱文失礼しました。

アコースティックギターという名称は基本的に、電気的に音を増幅する機構を使用しないで音を出すギターの総称になります。 この中には、フォークギターも含まれますし、フォークギター以外にはクラシックギターやフラメンコギターなどのガットギターなども含んでしまいます。
ですので、アコースティックギターとフォークギターの間に違いがあるかどうかは、ちょっと比較する次元が違ってしまいます。

フォークギターと呼ばれるギターは、金属の弦を張っているアコースティックギターです。 基本的に、金属質...続きを読む

Qギターに向いていない指?

ギターが全然上達しません。というのも指の形が変なんです。正確にいうと指を横から見た時、指先が鋭角の形をしていて爪よりも指先の肉が下がっている状態です。イメージ的には平らな指です。弦を押さえる時は爪から当たってしまうのでどうしても指が寝てしまいます。それにより隣りの弦がミュート状態になり、きれいな音が出ません。唯一薬指の指先だけが爪よりも上になっているので、薬指は問題ありません。他は全滅です。ギターが下手なのを指の形のせいにするのはただの言い訳みたいですが、長年の悩みです。よきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

趣味で30年近くギターを弾いています。 電気なのかアコースティックなのかクラッシクなのか判断できませんが、必ずしも指先を弦に直角にあてフィンガーリングする必要はないと思います。 

練習あるのみです。 

爪は皮膚が変化したものなので練習次第で退化していきます。いずれ指先が平らになると思いますよ。

またコードワークも不思議なもので指の関節が柔らかくなってくると、例えばコードCを押さえるとき、初めは3フレットを人差し指でバレーして、5フレットで2弦3弦4弦をそれぞれ小指、薬指、中指で押さえていましたが、薬指の第一関節が外側(手の甲側)に曲がるようになり、薬指一本だけで5フレットの2弦3弦4弦を押さえられるようになりました。

私は手自体が小さく、ロックンロールでいうリフも苦労して弾いていましたが人差し指と小指が段々と大きく開くようになり今では問題なくなりました。

指が太すぎて苦労している人よりは早く上達するのではないでしょうか。自信を持って練習に励んで下さい。

Qコードチェンジの間に音が途切れてしまいます

クリックありがとうございます。アコギ歴8ヶ月の♂です。実は、バレーコードの前後の音が切れてしまいかっこ悪い演奏になってしまいます。どうすればうまくコードチェンジできるでしょうか?皆様の力をお貸しください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 他の方がいうように、練習して早くコードチェンジできるようになるのが、一番なのですが、若干の補足をさせてください。
 バレーからローコードへ、またローコードからバレーへ、というのは、バレーの性質上、どうやったって音は切れます(厳密にいえば、ローコードだって、ベース音が開放でないコード(C)や、構成音に開放弦が少ないコード(D)は、音は切れてます)。
 どうやったって切れてしまう音をつながってるように聴かせるコツ、それは、正確なリズムです(ノリ、といってもいいかな)。
 リズムキープできていれば、多少の音の空白は気にならないものです。
 逆に、よくあるのが、チェンジを速くすることだけに注意がいってしまって、そこのリズムが、ちょっと速くなっちゃう(走っちゃう、なんていいます)こと。聴く方は、「音切れ」と「リズムの崩れ」の両方をしっかり意識します。
 なんていったって音楽は、リズムは重要な要素です。
 「木を見て森を見ず」という諺ご存知でしょうか。「木=コードチェンジ」だけを気にしてると、「森=全体のリズム」をないがしろにしてしまいがち、ということです。 だから、練習なさるとき、リズムにのってるかということを、常に心がけるといいと思います。それに、のって練習した方が、楽しいでしょう!

 よきギターライフを!
 

 こんにちは。

 他の方がいうように、練習して早くコードチェンジできるようになるのが、一番なのですが、若干の補足をさせてください。
 バレーからローコードへ、またローコードからバレーへ、というのは、バレーの性質上、どうやったって音は切れます(厳密にいえば、ローコードだって、ベース音が開放でないコード(C)や、構成音に開放弦が少ないコード(D)は、音は切れてます)。
 どうやったって切れてしまう音をつながってるように聴かせるコツ、それは、正確なリズムです(ノリ、といっても...続きを読む

Qフレットの減りの判別方法

こんにちは。

ヤフオクなどでギターを見ていると
「フレットの減りは~です。」
といった表記が良く見られます。

フレットの減りはどのように確認するのでしょうか?
今まで意識した事がなく、良くわかりません。

私が10年くらいに買ったギターには
フレットに弦でできたへこんだ跡があります。
ちょうど各弦の下にできていてボコボコしています。
これがフレットの減りなのでしょうか?

それ以外のフレットの減り方はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

フレットの減りについては、通常は目視で判断します。
フレットは通常、すり合わせを行った後にフレット横断面がかまぼこ状になるように角を落とす成形を行います。その状態をフレットの未使用の状態として、そこからどれだけフレットトップが磨り減っているかを目で見て判断します。通常、磨り減ったフレットは上部が平面的になり、その角が目に見えるようになるはずです。
フレットに弦でできた凹んだ跡については、それがフレットの減りといえます。弦の下のくぼみは、金属製の弦とフレットがぶつかることでどうしてもできてしまうものです。また、弦をフレットにこすり付けるような奏法(チョーキング)などを多用する場合、それがフレットの減りを促すこともあります。その場合、弦の下ではなく、弦の横でもフレットが減ることになります。
フレットの減りは、音程の狂いを招いたり、スライド奏法などの時の指触りが悪くなったり、程度がひどくなるとビビリや音切れ、チョーキングの際の音詰まりの原因になったりすることがあります。

フレットについては、特に金属の弦を使うギターでは長期的には消耗していくものになります。フレットの減りについては、ある程度は避けられないことになるでしょう。
減ってしまったフレットについては、軽度であればすり合わせ、重度であればフレット交換で状態を修正できる可能性があります。すり合わせはフレットの上部を複数のフレットに渡って均等に削り落として最も低いところに高さをあわせ、フレットの上部の角を落として新品のような状態にする修正です。フレットの最も低いところでまだ十分なフレットの高さを確保できる場合は、フレットのすり合わせを行ってフレットの状態を回復させることができます。もし、すり合わせを行った後でフレットの高さが十分に確保できないくらいにフレットが減ってしまっている場合には、フレットを交換する必要があります。
すり合わせもフレット交換も、素人作業では精度を出すことが難しいことも多いため、どちらも専門家の手に委ねた方が良い修正といえます。フレットのすりあわせについてはリペアショップにもよりますが10,000円程度から、フレット交換については30,000円前後の費用がかかると思います。フレット交換に関しては、ネックにバインディングが入っていたり、セットネックやスルーネックのギターでは、より費用が高くなることも多くあります。また、特にフレット交換については修理費が高くなる傾向があるため、ギターによってはギターそのものを買い換えた方が安く上がることもありえます(そうした場合、リペアショップの良心で修理を拒否するところもあるようです)。

参考まで。

フレットの減りについては、通常は目視で判断します。
フレットは通常、すり合わせを行った後にフレット横断面がかまぼこ状になるように角を落とす成形を行います。その状態をフレットの未使用の状態として、そこからどれだけフレットトップが磨り減っているかを目で見て判断します。通常、磨り減ったフレットは上部が平面的になり、その角が目に見えるようになるはずです。
フレットに弦でできた凹んだ跡については、それがフレットの減りといえます。弦の下のくぼみは、金属製の弦とフレットがぶつかることで...続きを読む

Qギター "Em→F" "C→F"への移行が上手くいきません

アドバイスがいただければ嬉しいです。
現在、アコギ歴3ヶ月くらいの素人です。

現在、練習している曲に、
Em→F
C→F
のコードへの移行が多く出てきます。

この動作をスムーズに行う為のポイントって何かありませんか?

今は必ずもたついてしまい、ワンテンポ遅れてしまいます。
やはり練習して慣れるしか無いのが現状でしょうか??

Aベストアンサー

とても簡単です。
まず、「Em」の押さえ方ですが、第五弦2フレットを薬指で押さえます。
第四弦の2フレットは小指で押さえます。
この2本の指を、「弦から絶対に上げずに」おのおの第3フレットにスライドさせます。
弦から絶対に上げないのですが、押さえたままではスライドさせようがないので、左親指の力を抜くようにして弦の上をスライドさせます。そうしておいてタイミングよく、中指と人差し指を下ろします。最初は右手を弾かずに、左手だけを移動させて手にクセをつけます。
CからFにいく場合は、Cのときに第五弦を薬指で押さえていると思いますが、この指を「絶対に指板から上げないように」して「F」コードに移行します。「薬指」をキーポイントにするのです。これも最初は、右手を弾かずに、左手だけの動作で手癖をつけます。
このように、ギターのコードチェンジは、2つのコードにわたって「指とフレットと弦が共通している場合は、指板から指を上げないようにする(意味がないのに、いったん上げて押さえ直してはいけない)」
2つのコードにわたって「同一の指が同じ弦を移動すればよいときは、弦から上げずにスライドさせる。また、いったん上げて押さえ直す必要のないような指を使って押さえる。」
コードチェンジのコツは以上のように、「無駄に指を上げ下げしない」ことです。

それから、もっと大切なことは、「アンティシペーション」です。
ギターのコードワークで、これ以上大切なことはありません。
まず。右手は、淡々とリズムを刻む。決してよどまない。ためらわない。左手を待たない。時計のように無表情にストロークする。別の生き物のようにストロークを続ける。
音楽は、「まずリズム有りき」と言って、絵画が画用紙の上に芸術を表現するように、音楽は、時間の上に乗っかったものですから、リズムが乱れては、すでに音楽と言えないのです。だから、右手は左手のグズさに付き合ってはいけないのです。
左手は、とにかく「小節線の右側(コードネームが書いてある場所)に遅刻をしない」ということがもっとも大切です。ということは、その前のコードを早い目に放棄して次のコードの準備にかかって、コードが変わった瞬間には、「確実に押さえている」ことが大切。
逆にいうと、「前のコードは、早い目に放棄するのが正しい。最終最後まで押さえてはいけない。」ということです。最終最後まで押さえて、なおかつ、次のコードを遅れずに押さえることは、神様でも不可能です。なぜならそのために与えられている時間は「ゼロ」だから。小節線を越える一瞬にコードを押さえ直すということは神様でもできないということです。ではどうするかということですが、「前のコードを早い目に放棄して、次のコードを押さえる準備をする」ということです。その間、右手は少しのためらいもあってはいけません。
先ほど書いたように、「神様でもできない=許された時間がゼロ秒なのに、そこでコードを変える!ことをやろうとするから、右手が止まって待っているという現象=音楽ではない」ことになるのです。「練習したらできる」という問題ではありません。それは誰にも不可能なのです。
したがって、淡々とリズムを刻む右手に対し、左手がコードチェンジの作業中は、開放弦が鳴ったり、押さえを放棄してミュートっぽい音が出ます。しかし「それこそが正解!」なのです。
名人の演奏を聞いたり見たり、しっかり観察してください。100人が100人そうしています。本人が気がついていない場合もあり、口では、「最後までコードを押さえなさい!」などと言いますが、実際は、本人も「アンティシペーション」を実行しています。
「アンティシペーション」とは、「あらかじめそなえる」という意味です。
コードチェンジのときに、1~2拍気持ちよく開放弦を弾いてみてください。何の違和感もないはずです。逆に右手が止まると救いようがありません。
「右手を止めない」これが、コードチェンジのバイブルです。

とても簡単です。
まず、「Em」の押さえ方ですが、第五弦2フレットを薬指で押さえます。
第四弦の2フレットは小指で押さえます。
この2本の指を、「弦から絶対に上げずに」おのおの第3フレットにスライドさせます。
弦から絶対に上げないのですが、押さえたままではスライドさせようがないので、左親指の力を抜くようにして弦の上をスライドさせます。そうしておいてタイミングよく、中指と人差し指を下ろします。最初は右手を弾かずに、左手だけを移動させて手にクセをつけます。
CからFにいく場合は、...続きを読む

Qカッティングについて

カッティングという奏法についてですが、

バレーコードのカッティングは人差し指を

浮かせればできるのですが、Cコードなどの

ローコードの場合はほかの弦が開放されているので

カッティングのやり方がよく分かりません。

Aベストアンサー

まず、あえてローコードを使わずに、ハイコードのみに置き換えて弾くという方法があります。
しかし、今回は、「ローコードでのカッティング」というおたずねなので、
1.左の余っている指(たいていは小指)を使って、弾いた直後の弦をリズミカルに伏せる。小指が余るような押さえ方をしないとできません。Cコードなら普通に押さえて小指があまりますので、その小指でバレーをするような感じですべての弦に触れます、DやAやEコードは、この方法でカッティングできます。Gコードのように小指で第一弦を押さえて人差し指が余っている場合は、人差し指をバレーのように使って第二・三・四弦に触れて消します。そのときにタイミングを合わせて、押さえている指の力を抜いて第一・五・六弦をカッティングします。この動作を同時にやると、全部の弦がカッティングされます。
弦を押さえている指の力を抜くというより、裏側の親指の力を抜く気持ちのほうが上手くいきます。バレーコードのカッティングも同じです。親指の力をリズミカルに抜くようにすればキレイに消えます。
2.また、右手のたなごころ=小指側の手のひらの肉がお布団のようについた部分を使って、弾弦直後に弦の振動を止める方法もあります。この場合はダウン直後しか消せません。(アップのときは消せません)
この場合のコツは、「弾いてから触れる」というよりも、「触れてから弾く」くらいの気持ちのほうがうまく消えます。
いずれも、いきなりはできません。たくさん練習すればできるようになります。

まず、あえてローコードを使わずに、ハイコードのみに置き換えて弾くという方法があります。
しかし、今回は、「ローコードでのカッティング」というおたずねなので、
1.左の余っている指(たいていは小指)を使って、弾いた直後の弦をリズミカルに伏せる。小指が余るような押さえ方をしないとできません。Cコードなら普通に押さえて小指があまりますので、その小指でバレーをするような感じですべての弦に触れます、DやAやEコードは、この方法でカッティングできます。Gコードのように小指で第一弦を押さ...続きを読む


人気Q&Aランキング