ネットが遅くてイライラしてない!?

足し算、引き算には「繰り上がり」「繰り下がり」がありますよね。これらの言葉の意味が、いまだにわかりません。どういう意味ですか?。なにをさして「繰り上がり」「繰り下がり」と言っているのか教えてください。よろしくお願いしますm(__)m。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

たし算・ひき算からは離れますが、ご質問の件は、生活の中での「お金の両替」が私には一番「ピン」とくるように思います。



百円玉が「10」枚あったら、千円札「1」枚にしたいときがあります。財布に千円札の枚数が多いときも一万円札にしたくなります。「10」枚を「1」枚に両替しておいた方が、財布を見て「だいたいいくら持っているか」を把握するにも都合がいいからです。

私たちは、数が多くなると「セットをつくる・まとめて数える」知恵を持っていますが、私たちが通常使う数字の場合は「10」集まったら、大きな「1」に両替するシステムです。これが繰り上がりの考え方です。(10進数を使っていますから「10」です。)

300円払いたいのに丁度ない場合は、先に千円札「1」枚を百円玉「10」枚に両替します。(「おつり」は考えません)
繰り上がりとは逆に、大きな「1」を小さな「10」に両替するのが繰り下がりです。

>なにをさして「繰り上がり」「繰り下がり」

千円札を持って思案している場合は「その千円札」です。10枚以上あったら「繰り上がり」を考えていますし、300円を支出したいなら「繰り下がり」を考えています。そんなふうに私は理解していますが、いかがでしょうか。

私は小学校に勤務しています。大人社会で「当たり前のように使われていること」を子どもたちに伝えていくことが仕事ですが、算数の中でも「簡単なこと・当たり前なこと」で難しいと感じる場面に出会ってきました。子どもの感覚に戻れないからだと思います。
「なにをさして繰り上がり・繰り下がり?」…、なるほどなあ!と思います。

この回答への補足

返事が遅くなってしまい、すみませんm(__)m。具体的な例を交えた回答、ありがとうございます。

>大人社会で「当たり前のように使われていること」を子どもたちに伝えていくことが仕事ですが、算数の中でも「簡単なこと・当たり前なこと」で難しいと感じる場面に出会ってきました。
ああ、わかります!。自分は、子供のころは特に意識していなかったことを改めて考えたとき、分からなくて苦悩することが多いです。


もう一度、手持ちの算数の参考書やweb上にある辞書などで調べなおしてみました。すると、Web上にある辞書では「繰り上げる」「繰り下げる」という言葉で調べることができました。調べ方が悪かったみたいです。

繰り上げる:『足し算で、ある位の数の和が二けたになったとき、一つ上の位に数を加える。』
繰り下げる:『引き算で、ある位の引かれる数が引く数よりも小さいとき、一つ上の位の数を1小さくして引かれる数に10を加える。』

以上がweb上の1つの辞書の記述です(他でも、調べたところは似たようなニュアンスでした)。

自分の調べたモノとみなさんの回答内容から、平たく言えば『繰り上がりは、1つ上の位に数を移すこと』『繰り下がりは、1つ下の位に数を移すこと』と思ったのですが。どうでしょうか?。

補足日時:2008/08/07 02:30
    • good
    • 4

#5です。

補足に気が付きませんでした。申し訳ありません。

>平たく言えば『繰り上がりは、1つ上の位に数を移すこと』『繰り下がりは、1つ下の位に数を移すこと』と思ったのですが。どうでしょうか?

そうですね。「普通」と呼べる範疇の理解の言葉としては「その通り」だと思います。
付け加えますと、私としては「そんなふうに理解できるのなら、悩む必要はなかったのでは?」とも感じます…。ほとんど「教科書通り」、通常で期待される理解の言葉です…。(もしも、気に障る言い方と感じたらごめんなさいね。非難とか、そんな意図では全くありません。)
私が(職業人として)興味があるのは、「あなたが、どんな理由で・どんな見方で理解できない(or理解できた)」のかでした。もしも、言葉で表現できるのでしたら、貴重な一例になるかも…。教えていただければと思います。(感覚ですから、言葉で表すのは難しいですけれどね。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなって本当にすみません。お礼を書いて、質問を締め切ったつもりでいました。久しぶりに質問内容を確認したのでハッキリ覚えてないのですが。おそらく、この質問をしたとき「繰り上がり、繰り下がり」を、計算のなかでは特に問題なくできているが、言葉の意味を説明することはできない状態だったと思います。意味わかんないですかね?。とにかく、解決できましたので助かりました。また、No.5の回答は、やってることの意味を再認識できたので、とても勉強になりました。丁寧な回答、どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/07/22 02:26

#3の回答者です。

補足を拝見しました。

>>>
自分の調べたモノとみなさんの回答内容から、平たく言えば『繰り上がりは、1つ上の位に数を移すこと』『繰り下がりは、1つ下の位に数を移すこと』と思ったのですが。どうでしょうか?。

筆算するときの「ワザ」としては、そのとおりですよ。
小学校で、筆算のやり方を習うとき、そういう教わり方をします。

前回、私がなぜそういう回答をしなかったかというと、
質問者様が小学校のときに習った「繰り上がり」「繰り下がり」という言葉の意味を未だに理解できないということだと思ったからです。
ですから、お金の両替にたとえて、本質を理解していただこうと考えていたわけです。
ワザを覚えることと、意味や本質を知ることは、全然違うことですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって本当にすみません。お礼を書いて、質問を締め切ったつもりでいました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/07/22 01:12

計算の話ではなくて、言葉の定義の話と思えます。


net辞書にconsultして見ました。
定義は厳密には書けませんが、
およそ下記の記述で・・・。
-------
(国語)くりさ・げる【繰(り)下げる】
(1)順にさげる。順ぐりに下またはあとへ移す。
(2)日時を予定より遅くする。

   32-5は、2から5を引けないので、
   (10の位)を利用して、20+12-5。
(10の位)は3から2に下がっている。
(1)順にさげる。に該当するんで、
算数/数学用語として定着したのではないでしょうか。

  32-2、32-1はその必要がないので、
  繰り下がりは生じないと。
-------
(国語) くりあ・げる【繰(り)上げる】
(1)上または前に順に移す。
(2)期日を予定より早くする。

   32+9は、2と9を足すと(1の位)に収まらないんで、
   30+2+9=30+10+1=40+1
(10の位)は、3から4に上がっている。
(1)上・・・に移す。に該当すると考えられます。

   32+7、32+1 は繰り上がりは生じない。
-------
国文法では、自動詞・他動詞を、
(認める派)と(認めない派)があるらしいんですが、
(認める)として、
繰り上げる(他動詞)、繰り上がる(自動詞)、繰り上がり(名詞化)
・・・  。

この回答への補足

返事が遅くなってしまい、すみませんm(__)m。わざわざ調べていただき、ありがとうございます。

yhposolihpさんの回答内容を読んでいて、調べ方が悪かったことに気づき、再度、自分で「繰り上げる」「繰り下げる」をweb上にある辞書で調べなおしてみました。

繰り上げる:『足し算で、ある位の数の和が二けたになったとき、一つ上の位に数を加える。』
繰り下げる:『引き算で、ある位の引かれる数が引く数よりも小さいとき、一つ上の位の数を1小さくして引かれる数に10を加える。』

以上が、自分が調べたweb上に存在する1つの辞書の記述です(他でも、調べたところは似たようなニュアンスでした)。

手持ちの算数の参考書なども使いまして。自分の調べたモノとみなさんの回答内容から、平たく言えば『繰り上がりは、1つ上の位に数を移すこと』『繰り下がりは、1つ下の位に数を移すこと』と思ったのですが。どうでしょうか?。

補足日時:2008/08/07 03:05
    • good
    • 1

こんにちは。



【繰り上がり】
487+235 という足し算を考えます。
これは、
百円玉4枚 + 十円玉8枚 + 一円玉7枚 の金額と
百円玉2枚 + 十円玉3枚 + 一円玉5枚 の金額との合計です。
これを、一円玉、十円玉、百円玉の順に足していきます。

一円玉は、7枚+5枚ですから、合計12枚です。
一円玉12枚は、十円玉1枚と一円玉2枚と考えることができます。
ですから、一円玉の枚数を2枚とし、十円玉の枚数を1枚増やします。
(ここで、一円玉の枚数、つまり一の位が2枚と確定しました。)
そして、十円玉の枚数を 8枚+3枚+1枚 として計算します。
上記の、「十円玉の枚数を1枚増やします」が繰り上がりです。

計算を続けます。
十円玉の枚数が 8枚+3枚+1枚 で、合計12枚です。
これは、百円玉1枚と十円玉2枚 と同じです。
ですから、十円玉の枚数を2枚と確定させ(=十の位)、百円玉を1枚増やします。(繰り上がり)

最後に、百円玉の枚数です。
1枚繰り上がっていますから、1枚+4枚+2枚=7枚(=百の位)

以上のことから、
487+235 = 722(= 百円玉7枚+十円玉2枚+一円玉2枚)



【繰り下がり】
722 - 235 という引き算を考えます。
これは、
百円玉7枚 + 十円玉2枚 + 一円玉2枚 から
百円玉2枚 + 十円玉3枚 + 一円玉5枚 を引いたものです。
足し算と同様、一の位から順番に計算します。
そこで、一円玉の枚数は、2枚-5枚 なのですが、これではマイナスの数になってしまうので、2枚ある十円玉のうち1枚を一円玉10枚に崩して(両替して)、一円玉の枚数を 2枚+10枚=12枚 とします。
これが繰り下がりです。
12枚-5枚=7枚
これが一円玉の枚数(一の位)です。

次に十円玉ですが、
2枚-3枚ではなく、1つ繰り下がっているので、1枚-3枚です。
このままだとマイナスの数になってしまうので、百円玉1枚を十円玉10枚に崩します。
よって、十円玉の枚数(十の位)は、1枚+10枚-3枚=8枚

最後に百円玉ですが、7枚-2枚 ではなく、1つ繰り下がっているので、7枚-1枚-2枚=4枚 です。

以上のことから
722 - 235 = 487(= 百円玉4枚+十円玉+一円玉7枚)


つまり、

繰り上がりは、小さい硬貨10枚を大きい硬貨1枚に両替すること、
(それによって、1つの桁に2桁以上の数を押し込まないようにすること)

繰り下がりは、大きい硬貨1枚を小さい硬貨10枚に崩すこと、
(それによって、1つの桁の数が負の数にならないようにすること)

です。

この回答への補足

返事が遅くなってしまい、すみませんm(__)m。具体的な例を交えた、丁寧な回答ありがとうございます。

もう一度、手持ちの算数の参考書やweb上にある辞書などで調べなおしてみました。すると、Web上にある辞書では「繰り上げる」「繰り下げる」という言葉で調べることができました。調べ方が悪かったみたいです。

繰り上げる:『足し算で、ある位の数の和が二けたになったとき、一つ上の位に数を加える。』
繰り下げる:『引き算で、ある位の引かれる数が引く数よりも小さいとき、一つ上の位の数を1小さくして引かれる数に10を加える。』

以上がweb上の1つの辞書の記述です(他でも、調べたところは似たようなニュアンスでした)。

自分の調べたモノとみなさんの回答内容から、平たく言えば『繰り上がりは、1つ上の位に数を移すこと』『繰り下がりは、1つ下の位に数を移すこと』と思ったのですが。どうでしょうか?。

補足日時:2008/08/07 01:58
    • good
    • 0

 次の桁に行くかいかないかの話しです。


 100-1=99 3桁から2桁になりました3桁の部分が0になったからです。      これが繰り下がり
 逆は99+1=100 2桁での表示では表現できないので新たに次の桁を増やしました。これが繰り上がり。

 これが実際の数字の表現ではないですが、
 頭の計算として考えるとこんな感じです。
 100-1=099
 099+1=100
 これだと分かるかな?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事が遅くなり、すみません。どうもありがとうございます。
言ってることは分かるのですが、質問に対して、回答内容が合ってない感じがします。質問文が良くなかったみたいです・・回答していただいたのに、本当にすみませんm(__)m。

お礼日時:2008/08/07 03:28

10進法で考えます。


1番下の位の計算結果が次の上の位に影響することを言います。足し算なら繰り上がる場合があり、引き算なら繰り下がる場合があります。

「なにを」さすかと聞かれれば「次の上の位の変動」となるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなり、すみません。どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/08/07 03:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小2です。繰り上がりの計算の教え方についてアドバイスください

小2の息子が、10までの足し算、引き算、繰り上がりの計算でつまづいています。10までの計算をきちんとできることが先決だとは思うのですが、同時に繰り上がり計算についても理解しやすいような教え方はありますか?
1年生の内容なので、さすがに親も焦りを感じています。

どうしても苦手意識が強いようで、教科書通りに教えてもちんぷんかんぷんのようで。飲み込みの遅い子に対して、「あ、そうか」って思わせるような教え方があればお願いします。
また、教え方に関する本も出ているようですが、どれがいいのかわかりません。おすすめの書籍などもあればお願いします。

Aベストアンサー

10までの数の合成・分解を繰り返し練習します。
例えばお母さんが「7」と言えば子どもさんは「3」と答える(会わせて10になるように)最初は指を使ってもいいと思います。これがすらすらできるようになればブロックやおはじきなどの具体物を使って練習します。学校で使うさんすうボックスの中にブロックはだいたい入っていると思いますがなければペットボトルのふたとか、おはじきなど実際に触って数えられるものがいいです。
例えば、7+4の計算だと、「4」から「3」個とって「7」と合わせて「10」を作ります。「10」のまとまりを作るのがポイントです。「4」から「3」とったのでのこりは「1」です。「10」はまとまったので「10の部屋」にいれます(くりあがり)答えは「11」になります。
文章だとわかり辛いと思いますが・・・ニュアンスは伝わったでしょうか?
具体物を使うのがいいのは、子どもは実際に触って数えられるだと数の概念がつかみやすいからです。
参考になればいいのですが・・・・

Q時間の繰り上げ・繰下げについて

お世話になります。

よく、「時間を繰り上げる」、「繰り下げる」といった表現を耳にします。

ネットをみていても、正確な?情報がないようで、逆の表現があったりして混乱します。

私自身は繰り上げが予定より早める、繰り下げが遅らせる、という風に解釈していましたが、両方の表現があり、また、調べることもできませんでした。

業務上の報告書で使うため、正確な情報が頂きたいと思い、こちらにご質問させていただきました。

恐縮ですが、根拠を付記してご説明頂けると幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

水が上から下に流れるように時間も上から下に流れるというのが中国の昔からの考え方です。従って上は過去の方向、下は未来の方向です。

Q筆算(引き算)の教え方は?

小二の息子がいます。
宿題を見てたら筆算に間違いが多いのでよくみると
繰り上がり、繰り下がりが全然できていません。
繰り上がりはすぐ理解できたようなのですが
繰り下がりを説明する際、私がわからなくなってしまいました。
100-36の問題で、紙にかいて「まず0から6ひくやろ。でも引かれへんからとなりから10かりてくるんや。ところがとなりもゼロ。だからまず
1から100の真ん中のゼロに10をかりる。これで右のゼロに10をかりれる
ようになったから真ん中のゼロから10をかりる。そうすると真ん中の10は9になる・・・」(以上私が昔習った考え方です)
でも9になるというところでなぜ9なのかとつまづきました。
説明できなくなりました。10かりてそこからまた10かすならゼロじゃないかと。親がこんなだからこの子もなーと情けなくなりました。
(そもそも私が習った方法って正しいのか?)
こんなじゃなくうまい説明の方法はないですか?

Aベストアンサー

単純に…100=10が10個

 100
- 36
では…1の桁が0なので十の桁も…0です。
あっれー!って親が思っては駄目です。10が10個なのです。100って考えるから わからんのですよ。
では…10個ある10から、一つだけ10を「貰います」
【この状況説明:90(一つ10を10の桁に渡した)+10(貰った10)-36】

で…貰った10で1の桁を計算です。はい…4が出てきました。

次は10の桁です。

10の桁に10を一つ渡したので…10が9個=90です。
90-30=60です。
で…10の桁と1の桁を足すと…64です!

Q小学三年生繰り下がり計算の悩み

どうやら二年生の二桁繰り下がり引き算からつまづいているらしく、三年生になり大きな数の引き算や割り算にも支障が出ています。
引き算を一から教えたいと思っていますが、以下のような教え方でいいのでしょうか?
アドバイスをよろしくお願いいたします。

『24-8=?』
(1)4から8は引けないから、20から10借りてきて、14-8=6の6が一の位。20は10取られてしまったから10になり、その1が十の位。よって答は16。

(2)引く数の8を4と4に分解して、24-4=20。残りの4を20から引いて答は16。

(3)引く数の8を10と見立てて、24-10=14。でも2多く引きすぎてしまったので14+2=16。

たぶん学校の教え方は(1)の方法だと思うのですが、ウチの子供は「十の位から1を繰り下げて一の位に足しても一の位は5じゃん。」と言います(^^; 「1借りてきた訳じゃなくて、10借りてきたの!」と言い聞かせても「???」の様子です。
単純に引かれる数の24の2に斜線をして1と書き直し、10から8引いて4を足した答を一の位に書く・・・。と機械的に教えられて来たせいなのか、基本的に理解していないようです。

やはり学校と同じ方法で教えた方が混乱しないでしょうか?
今後の大きな数の引き算を考えると、(3)のように解いていくのも必要なのかなとも思うのですが・・・。
長くなりましたが、是非ともアドバイスをよろしくお願いいたします。

どうやら二年生の二桁繰り下がり引き算からつまづいているらしく、三年生になり大きな数の引き算や割り算にも支障が出ています。
引き算を一から教えたいと思っていますが、以下のような教え方でいいのでしょうか?
アドバイスをよろしくお願いいたします。

『24-8=?』
(1)4から8は引けないから、20から10借りてきて、14-8=6の6が一の位。20は10取られてしまったから10になり、その1が十の位。よって答は16。

(2)引く数の8を4と4に分解して、24-4=20。残りの4を...続きを読む

Aベストアンサー

恐らく、子供さんは位取りがいまいちわかってないのでは。

24 と書いた時、これは、「十のものが2個、一のものが4個」というものを表すと決まりごとがつかみきれていないのではないでしょうか。(漢字で書くとニ十四と、十が二つあるのが見えやすくなるかと。桁が多くなるとこの表記はかなり面倒になってしまいますが)

数字がどのようなものを表すかのイメージを持つのが大事だと思います。方眼紙などを使って一番小さいマスを一個を「1」とします。マス十個が「10」(正方形の形でまとめておく。そうすると大きなマスと見れます)、百個が「100」(「10」の正方形が十個ある)

24 というのは、一番小さいマスが四個、十個で一塊のマスが二個分を表す、と説明すれば位取りの意味もわかるのでは。引き算もマスを使って説明すればやりやすいのではないでしょうか。

詳しくは、「数学の学び方・教え方」岩波新書 著者 遠山啓 を参考にしてみてください。古い本ですが、ネットなどを使えば入手は難しくないと思います。 

Q割引の計算の仕方を教えて下さい。

5980円の60%オフ、30%オフ、25%オフを電卓で出したいのですが、計算の仕方を教えて下さい。
分かりやすく教えていただけたら嬉しいです!!
よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

まず100%=1なので
60% = 0.6
30% = 0.3
25% = 0.25
としてこれが割引かれる分ですから

実際の価格はそれぞれ1から引いた残りを掛ければ良いです。
5980*(1-0.6)=5980*0.4
5980*(1-0.3)=5980*0.7
5980*(1-0.25)=5980*0.75

ではでは。

Q一年生 算数がわからない  どう教えたらいいかわからない・・・。

春に一年生になった娘がいます。
昨日、娘に算数の勉強がわからないと泣かれてしまいました。
今、学校では足し算?の問題を習っているようですが
1+1=とか 10+5=などはわかるようなのですが
日本語で
13は10と? や 19は10と? という問題がわからないようです。
ちなみに 10と2で? や ?と6で16 という問題はわかるようです。
(読解力がないのでしょうか?算数じゃなくて本を読ませるべきなのか・・・?)

どういう風に教えるのが効果的ですか?
おはじき?指?・・・どうも私が教えると回りくどくなってしまって余計に混乱するらしいです。
教えようとせずに同じような問題を毎日出していくのがいいですか?
それともこれからは+-で計算するのだから○は□と?という問いにこだわらなくていいですか?

私たちのころは1+1=みたいなのが普通で?+1=3みたいなのはなかったように思うのですが
最近は足し算でもいろんなバリエーションがあるのでしょうか?

他の方の質問で「差が出始めている」との言葉もうなづけることがあります。
自分の教え力のなさに参ってしまいます・・・。
問題を教えるにはどういうアイテムを使ったほうがいいのか?
ひとつのことにこだわらなくていいのか、教えてください。
又、ドリルも与えてありますが授業がゆっくりなのか毎日持ちません。
(入学当初、「宿題のほかにドリルを一ページね」といって始めましたが
ドリルのほうが進んでしまい結局宿題のみになってしまっています。)
ドリルを増やすべきなのか、別の教材にするべきなのか(でもチャレンジとかも結局一緒ですよね?)
他のご家庭ではどうしていますか?

春に一年生になった娘がいます。
昨日、娘に算数の勉強がわからないと泣かれてしまいました。
今、学校では足し算?の問題を習っているようですが
1+1=とか 10+5=などはわかるようなのですが
日本語で
13は10と? や 19は10と? という問題がわからないようです。
ちなみに 10と2で? や ?と6で16 という問題はわかるようです。
(読解力がないのでしょうか?算数じゃなくて本を読ませるべきなのか・・・?)

どういう風に教えるのが効果的ですか?
おはじき?指?・...続きを読む

Aベストアンサー

教員です。

数には、3つの要素があります。
例えば、「5」なら、
「5」という数字の記号、
「ご」という音(読み方)、
○○○○○というイメージ
です。

きっとお子様は、この3つ目の「イメージ」がしっかり定着していないのだと思います。
ためしに、紙に、

○○○○○

と書いて、「5」とすぐ言えるか。

○○○○○


を見せて、「6」がすぐ言えるか。
ここで、「1、2、・・・6」ではダメです。
上の段が「5」のかたまりだとすぐにわかり、下に1つあるから「6」と出なければいけません。

同様に、「10」までやってみてください。

次に、「10」以上の数です。

○○○○○ ○
○○○○○

を見せて、「11」とすぐに出るか。

○○○○○ ○○
○○○○○

を見せて、「12」とすぐに出るか。
これも、左側が、「10」と一目で認識でき、右側が、「2」と認識できることが大切です。

フラッシュカードのように、○だけを画用紙や自由帳に書いて、
どんどん言いながら、テンポよくめくっていき、
イメージを定着させるのもいいでしょう。

計算だけを繰り返すより、
おはじき、ブロック、フラッシュカード なども上手に活用しましょう。

また、こんな方法もあります。
「11」~「19」までのカードを作って、机の上に裏返して適当におき、1枚めくります。
「16」がでたら、「10と?」と聞きます。
数秒で答えられなければ、親が「6」と答えを言ってしまい、またカードをもとにもどします。
そして、違うカードをめくります。
こうやってゲーム感覚で繰り返しているうち、子どもは答えを暗記しますから、言えるようになります。

あとは、
「1」~「9」のカードを用意しておいて、今度は数字を見せて机の上にばらばらにおいておきます。
先ほどの、「11」~「19」のカードは、裏向きに一山にしてつんでおきます。
その山から一枚とって、例えば「13」がでたら、子どもに見せながら、「13は10と?」と聞きます。
子どもは、「3」をとるわけです。
数字を見ながらですから、言葉だけより簡単だと思います。
「3!」をとったら、今度は、カードを一旦ふせさせて、
「13は10と?」と再び聞きます。
すると、子どもは「3」といえるわけです。

コツは、楽しく、テンポよく、いろいろな方法を組み合わせながら飽きないように、です。

教員です。

数には、3つの要素があります。
例えば、「5」なら、
「5」という数字の記号、
「ご」という音(読み方)、
○○○○○というイメージ
です。

きっとお子様は、この3つ目の「イメージ」がしっかり定着していないのだと思います。
ためしに、紙に、

○○○○○

と書いて、「5」とすぐ言えるか。

○○○○○


を見せて、「6」がすぐ言えるか。
ここで、「1、2、・・・6」ではダメです。
上の段が「5」のかたまりだとすぐにわかり、下に1つあるから「6」と出なければいけません...続きを読む

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q足し算で、1+9=10, 18+3=21 など、「位が繰り上がる」こと

足し算で、1+9=10, 18+3=21 など、「位が繰り上がる」ことを英語でなんというのですか?
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

足し算の繰り上がりは carry、引き算の繰り下がりは borrow です。

1+9=10 の説明だったら、

Add together 1+9 and carry the one to the next digit.

1+9 を足して、次の桁に 1 繰り上がります、のように使います。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q方位磁石の使い方をおしえてください

方位磁石の取り扱い方を教えてください。
赤の針は北を指すんでしたっけ?
とにかく、使い方が良く分かりませんので
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 南北が全くわからなくなる事は通常考えられないのですが、色の付いている方が北です。太陽が出ているか、出ていなくてもおよその位置がわかれば、その時の時刻で、およその方角はわかるものです。
 常にそういうことに気をつけていれば、方向音痴なんてないと思います。ちょっと脱線しましたが、方位磁石で気をつけなければならない事は、磁石は正確な南北を指さないという事です。日本ではおよそ6~9度正確な北より西を指します。

 使い方は東京ではこれが6.5度ですので、磁石の針が北より西へ6.5度の位置になるように置きます。この時の磁石に書いてある方向が東西南北になります。

 もうひとつ気をつけなければならない事は、磁石の周りに金属製のものとかが無い所で使わなければいけない事です。何も無いと思っても土の中に金属があるかも知れないし、岩も磁性を持った物がありますから、ちょっと場所を移動して変化がなければ実用上は問題ないでしょう。

参考URL:http://www.sci-museum.kita.osaka.jp/publish/text/koyomi/105.html

 南北が全くわからなくなる事は通常考えられないのですが、色の付いている方が北です。太陽が出ているか、出ていなくてもおよその位置がわかれば、その時の時刻で、およその方角はわかるものです。
 常にそういうことに気をつけていれば、方向音痴なんてないと思います。ちょっと脱線しましたが、方位磁石で気をつけなければならない事は、磁石は正確な南北を指さないという事です。日本ではおよそ6~9度正確な北より西を指します。

 使い方は東京ではこれが6.5度ですので、磁石の針が北より西へ6.5度の位...続きを読む


人気Q&Aランキング