初めまして。

現在26歳なのですが生まれつきの吃音に苦しんでいます。
新卒で入社してから2度転職していますが、
いずれの職場でも電話対応についてかなり怒られてきました。
電話の最初で所属部署と名前を名乗らないといけないのですが、
苗字で一番どもるため、「○○課の・・(数秒経って)・・××です。」
といった具合になってしまいます。

最近ネットで裁判所に申し立てて苗字を変えることができると聞いたのですが、
吃音を理由に変更することは可能なのでしょうか?
また、やむを得ない理由を証明する資料も必要とのことですが、
どんなものであれば証明に足る資料になるのでしょうか?

最近2度目の転職をして心機一転頑張ろうと思っていた矢先に
また吃音をかなり注意されてしまって、かなり悩んでいます。
吃音を完全に治すことは諦めているので、もうこれに賭けるしかありません・・。
法律に詳しい方、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 吃音が理由で「下の名前」を変えるのは、医師の診断書があれば可能です。


しかし苗字を変えるのは難しいかもしれません。
結婚して伴侶の名前にする方法があるのは、すでに承知されてるとは思いますが。
吃音はまだ治療法もなく、本人の気持ち次第みたいな病気と誤解されています。そのような社会風土を変えていかねばならないでしょう。
吃音をトコトン突き詰める云々って・・・・・前の人の回答は意味不明ですね?
    • good
    • 0

初めまして。

こんばんは。


詳しくは、最寄の家庭裁判所にお尋ねになるといいでしょう。
判断するのは、結局そちらですし。

ただ、苗字が原因のストレスではなく、吃音が原因のストレスのように思えます。

吃音をトコトン突き詰めたようにも思えません。

とおもえますが。。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吃音の学校教育について

8歳の吃音の子供を持つ親です。

息子の吃音について、学校の授業(道徳の時間など)で息子の吃音についてクラスの子供たちに考えてもらいたいと思い、担任の先生へ吃音者の授業を行ってもらいたいと思いますが、授業内容や吃音者の困りごとなどについてどのように説明すれば良いでしょうか?

できれば、吃音者ご本人やご家族、教育関係者からアドバイス頂ければ幸いです。

先日、吃音者についての学習があり、その中で 吃音者の6割がイジメを受け、4割が引きこもりや対人恐怖症になるなどの説明を受けショックを受けました。


周りに吃音者がおらず、困っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

吃音当事者の28歳女性です。
吃音で困ることと言えば、学生時代で考えると自分の名前が言えない、お友達や先生の名前が言えない、職員室の出入りができない(クラス名が言えないので)、音読ができない、答えは分かっているのに挙手できない、日直ができない(号令を掛けられないので)など、沢山ありました。
成人した今でも結婚するまで名前は言えなかったし、就活の時はなによりも会社名を重視しましたし、外食に行けばオーダーができない、など苦労は尽きません。

授業で吃音のことを取り上げてもらいたいとの事ですが、現在何らかの問題に直面している訳でなければ必要ないのでは?と思います。
私の場合、低学年のうちは音読などでつっかえると笑われたりしましたが、先生がその都度クラスメイトに吃音について説明してくれました。授業が終わるとクラスメイト自ら「笑ってごめんね」と謝りに来てくれることもありました。
四年生から高校卒業までは年度初めの自己紹介で「上手く話すことができないので授業などで迷惑を掛けるかもしれませんがよろしくお願いします」と言ったきり、どんなにどもっても笑われることはなかったし、先生から特別何らかの説明もすることもありませんでした。
1度だけ、言葉の教室に通うことが決まったときにクラス全体に説明があったくらいです。

低学年ならば吃音が面白くて笑うことはあるでしょうが1度説明されたら納得できるでしょうし、高学年になれば詳しいことは分からなくても、笑ったり、からかってはいけない事だと認識できると思います。
また、私であれば自分自身が学級会の議題になることで特別扱いされることも嫌ですし、発言を求められるのはもっと嫌です。その辺の息子さんのお気持ちも確認する必要があると思います。

いずれにせよ授業の一コマを割いてまで説明しなくても子供たちは理解していると思いますし、息子さん自身も自分の力で乗り越える力を養わなくてはいけないのですから、そちらを気に掛けてあげた方がよいかと思います。
もしも吃音が原因でイジメなどがあれば、それは学級会レベルの話ではありませんからね。

社会人になってから学生時代の旧友と再会したことがありますが、友人によると「話すのが苦手な人」程度の認識だったそうです。
もしも息子さんもクラスメイトから「話すのが苦手な子」程度の認識だとすれば、吃音を議題に挙げることによって「話すのが苦手な子」から「障害を持った子」に置換されてしまうかもしれません。
そのようなリスクや息子さんのお気持ち、息子さんが置かれている状況なども考慮の上、それでも学級会が必要だと判断されたら担任の先生にご相談なさるといいと思います。

吃音当事者の28歳女性です。
吃音で困ることと言えば、学生時代で考えると自分の名前が言えない、お友達や先生の名前が言えない、職員室の出入りができない(クラス名が言えないので)、音読ができない、答えは分かっているのに挙手できない、日直ができない(号令を掛けられないので)など、沢山ありました。
成人した今でも結婚するまで名前は言えなかったし、就活の時はなによりも会社名を重視しましたし、外食に行けばオーダーができない、など苦労は尽きません。

授業で吃音のことを取り上げてもらいた...続きを読む

Q戸籍改名 したいのですが、苗字は変えられないのでしょうか?

わたしは、今戸籍改名をしたいと考えています。
むかし、ストーカーに会ったことで、何年も付きまとわれてやっとのこさで逃げ出しました。虐待などもされ、そのことがトラウマで外に出て行くときはいつも帽子を被っています。
整形をすればいいんじゃないかとも思ったりしていますが、
なんにしてもわたしの苗字はすごく変わっていて、同じ苗字の人と会ったことが一度もありません。読み方も変わっていて、ちゃんと読まれたことがありません。
名前は普通ですが、苗字と名前を変えれば、気が楽になれる気がするのです。
この氏名が付きまとう限り、わたしは一生過去を背負わなければいけません。普通の名前がいいんです。

でも結婚する予定もないですし、そのために結婚したいともおもいません。
なんとしても氏名をかえたいのですが、無理なんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

氏名の変更は不可能ではありません。
手っ取り早いのは戸籍上の氏名とは別に通称を使用するか、誰かと養子縁組して別の氏になることですが、自ら戸籍上の氏名を変更するとなると、条件が厳しくなります。

まず、氏の変更は、やむを得ない事由がある場合に限り、家庭裁判所の許可を得て市町村長に届け出てすることができます(戸籍法107条1項)。
それで、この「やむを得ない事由」は家庭裁判所が個々に判断することですが、一般に「社会生活上その氏の使用を強制することが甚だしく不当である場合」であり、これには「難読または珍奇な氏」も含まれると解されています(昭和24年5月21日民事甲1149号通達)。質問者様の氏が誰もまともに読めない難読・珍奇なものならば、断言はできませんが、裁判所が変更を認めるかもしれません。
変更したい場合は住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てることになりますが、申立ができるのは戸籍の筆頭者か配偶者だけなので、もし質問者様が戸籍の筆頭者でなければ、分籍して自分が筆頭者になる必要があります。

また、名の変更についてですが、これもやはり正当な事由が必要とされ、家庭裁判所の許可を得なければなりません。ただし、正当事由の判断にあたっては氏の変更より緩やかに解されています。

なお、変更許可の申立においては、「かつてストーカー等の被害にあったから名前を捨てて過去を忘れたい」というのは理由になりません。あくまで「こんな難読氏名のためにいじめにあった」とか「名乗る度に説明をしなければならない」というような社会生活上の支障を述べる必要があります。

ちなみに、戸籍とは別の通称を長年使い続けていれば、やはり家庭裁判所の許可を要するものの、氏名の変更が認められることもあります。

氏名の変更は不可能ではありません。
手っ取り早いのは戸籍上の氏名とは別に通称を使用するか、誰かと養子縁組して別の氏になることですが、自ら戸籍上の氏名を変更するとなると、条件が厳しくなります。

まず、氏の変更は、やむを得ない事由がある場合に限り、家庭裁判所の許可を得て市町村長に届け出てすることができます(戸籍法107条1項)。
それで、この「やむを得ない事由」は家庭裁判所が個々に判断することですが、一般に「社会生活上その氏の使用を強制することが甚だしく不当である場合」であり、...続きを読む

Q物心ついた時から30年近く吃音で悩んできました。

物心ついた時から30年近く吃音で悩んできました。
吃音症状を克服された方がおられましたらどのような訓練で克服又は改善されたかご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

吃音は必ず直る症状ですから、心配なさらないことが一番ですよ!

「吃音がある」・・・と思ってしまって、必要以上に萎縮してしまってはもったいないことです!


重度の吃音症にやはり20年以上も苦しんだ方で、
今では症状をすっかり克服し、会社を経営なさっている方がいらっしゃいます。

吃音に悩む方の相談にも応じていらっしゃるようなので、もしも御興味がおありでしたら
以下のサイトを御覧になってみてください。

何かヒントがつかめるかもしれません。


http://domorikanzenkokufuku.sublimeblog.net/

自信をもって頑張ってくださいね!

参考URL:http://domorikanzenkokufuku.sublimeblog.net/

Q珍しい苗字が嫌で、氏の改名をしたいです。

私の苗字はめずらしくて、子供のころからずっと嫌でした。
苗字を言うと、家がすぐわかってしまったり、病院に行っても笑われたりするのでほんとうにいやです。
結婚の予定も無いので、なやんでいます。

苗字を変える方法ありましたら、アドバイスおねがいします。

質問検索したのですが、名前のことがほとんどだったので、おねがいします。

Aベストアンサー

 わが国の戸籍法では氏については「やむをえない自由」があれば変更することができます(107条)。そして家庭裁判所の許可を得て変更できることになっています。今までの家庭裁判所の判例より、次のような基準が見て取れます。
 1.誰から見ても、珍奇な氏であり、他人から著しく嘲笑侮蔑されるようなもの。たとえば、「腹巻」「色摩」「阿保」や「百足」「天狗」「井戸端」「素麺」のような動物やものの名前がこれにあたります。
 2.難読、難解の氏で、社会生活を営むうえで、間違って読まれたりして不便を感じたり、話題になり恥ずかしい思いをするもの。たとえば「東恩納」「十八女」「一尺五寸」などです。常用漢字にないというのは理由になりません。
 3.外国人と紛らわしい氏。たとえば、「周」「金」「陳」などがこれにあたります。
 4.その姓を名乗ることが本人に有害である場合。有名なのは、差別脱却のための改氏(間邪、陀目など)ですが、「前科があるので」は却下されています。
 5.同姓同名の人がいて、社会生活を営むうえで非常に不便に感じている場合で郵便が間違って届いたり、善行、非行などで周囲に間違った認識を持たれてしまうケースが該当します。 
 申立権者は戸籍の筆頭者に限ります。配偶者のある人は必ず、共同して申し立てます。申し立て先は申立て人の住所地を管轄する家庭裁判所へ申立て人の戸籍謄本を添えて行います。この申し立てによって家庭裁判所で審判が開かれますが、その際申立て人と同一戸籍にある15歳以上の人の陳述を聴くことになっています。変更許可の審判が確定しますと、申し立て本人が市町村役場へ氏変更届に審判の謄本と確定証明書を添えて提出し受け付けられることにより、改氏が成立します。

 わが国の戸籍法では氏については「やむをえない自由」があれば変更することができます(107条)。そして家庭裁判所の許可を得て変更できることになっています。今までの家庭裁判所の判例より、次のような基準が見て取れます。
 1.誰から見ても、珍奇な氏であり、他人から著しく嘲笑侮蔑されるようなもの。たとえば、「腹巻」「色摩」「阿保」や「百足」「天狗」「井戸端」「素麺」のような動物やものの名前がこれにあたります。
 2.難読、難解の氏で、社会生活を営むうえで、間違って読まれたりして...続きを読む

Q吃音〔どもり〕の治療手段 吃音克服できた人教えて

心因性による吃音です。
吃音のせいで非常にコンプレックスを抱えてしまい、
落ち込む毎日です。生きていると喋らざるを得ないですから・・・
吃音を治すためにどのような治療方法がありますか?
おすすめの方法がありましたら教えて下さい。
吃音克服のためにはどんな努力も惜しみません。
もうどもりと指摘されるのはいやです。

補足ですが、薬を飲むことは昔やっていました。
効果が出ずにやめてしまいました。
心因性によるものだとわかっていますので、
なにか良いどもり克服方法はないでしょうか

Aベストアンサー

吃音という事ですがこれは神経症の一種という事で神経症の治りという事を書いてみます。神経症には様々な症状が有ります。ですが原因は一つです、それは「意識する事」が原因です。意識したことが原因で、皆うまくゆかなくなっています。

人前で字を書こうとして、手が震えてうまく書けなかった事から、自宅に帰ってもう一度書いてみたけれど、やっぱりうまく書けなくて、今度は全身の力を振り絞って書いたけれども、ますます書けなくなる。この事を書痙と言います。貴方には理解できますでしょうか?書痙も同じ原因から発症しています。

それは、意識をしたことによってその症状を発症させています。神経症の原因は自我意識が、異常に「意識」をしたために、無意識とうまく切り替わらなくなった、という現象です。貴方の場合にも言える事です。

神経症を直すという事を説明します。症状がどうであれ、症状は有っても無視をする事が大事な事になります。症状を意識して症状を無くそうとすることが症状を起こす原動力になっています。そうして症状として発症しています。その症状が出たことによって社会生活が邪魔されています、その事で症状を無くしたい、直したいという思いが症状を固定させています。この事を良く理解する事が大事な事になります。

従って症状はもう治らないと思って下さい。症状を治らないものとして受け入れる事が大事な神経症の解決方法となります。神経症はほんのちょっとした認識の誤り、或いは勘違いです。その勘違いを修正することで、症状は自動的に消滅してゆきます。ですから症状を追い出そうとしないで、受け入れる事です。

神経症を治すためには、学ぶことが有ります。その前にもう一度言っておきます、症状が治ったとか、治りそうだとかは、もう考えない事です。症状は不問として日記にも書かない、口にもしないという事が本当に大事な事になります。その事を了承した上で、学ぶことが有ります。

第一番目は、人間の心理学です。是は神経症を扱った「森田療法」というものを学ぶのです。自分の症状だけではなく、他の症状を学ぶ事です。神経症全般を学んだ方が近道になります。どうして神経症を発症するのかという事です。それが分かる時には解決方法が手に入るかも知れません。

二番目は「禅」というものを学ぶ事です。昔から不安になり易い人達が、この門を叩いて、そうして不安を安心に変えてきた歴史が有るからです。禅には禅問答というものが有ります。是は神経症の人が症状を直そうとしても治らないで苦心している姿と全く符号しています。禅問答が解けた時には、神経症の完治という事になります。

この事をうまく説明しようとした場合には、大変な字数になりますので、控えさせていただきます。もし、興味が有るようでしたら、私の投降したものを読んでみて下さい。神経症と、不安について、私が回答しているのがかなりの数あるからです。その中から興味を持てるものを読んで参考にしてください。いつも同じことばかりを書いているようですが、少しずつ、変えてある部分が有ると思うからです。

早い話が、貴方の自我意識と、貴方の無意識が絶えず交代しながら貴方を働かせています。歩くときでも、貴方は無意識で歩いています。そうで無いならば、考えながら歩く事は出来ない筈です。処が意識をした場合には自我意識が出てきてうまく無意識になれなくなる場合が有ります。貴方の場合は話をしようとした時です。

眠れないという時は、何か不安などが有って、意識をした状態で眠ろうとした時です。眠る時には自我意識は引っ込んでしまって、一旦無意識に切り替わっています。無意識が体をうまく眠りに入らせています。不眠症になったという時は、無意識とバトンタッチが出来にくくなった状態と言えます。

貴方が、症状を克服した時には、症状は今と同じに有ります。ですが不安がなくなっています、その事で意識しなくて済んでしまいます。その事で症状が有ったまま症状が意識に上ってきません。貴方は症状を忘れてしまっています。そのために気が付かない内に自我意識が引っ込んでいます。そうすると貴方の無意識が貴方の口を勝手に動かしています。是が神経症の治るという事になります。その時には、貴方は悟りを開いているかも知れません。無意識の意識とは仏性の事です。貴方は吃音という事を通して仏性と仲たがいをしている状態と言えるからです。

神経症の治りとは自分の中の自分を働かせているものと、仲直りをする事、言い方を変えたなら、子供の時の一つの心が、ある時、意識をした時から二つの心になって苦しい思いをしていたものが、又一つの心になったという意味が有るからです。心が言い争いをしなくなるという事です。本当の安心が手に入るという事になります。

吃音という事ですがこれは神経症の一種という事で神経症の治りという事を書いてみます。神経症には様々な症状が有ります。ですが原因は一つです、それは「意識する事」が原因です。意識したことが原因で、皆うまくゆかなくなっています。

人前で字を書こうとして、手が震えてうまく書けなかった事から、自宅に帰ってもう一度書いてみたけれど、やっぱりうまく書けなくて、今度は全身の力を振り絞って書いたけれども、ますます書けなくなる。この事を書痙と言います。貴方には理解できますでしょうか?書痙も同...続きを読む

Qこどもの改名、改名した方へ質問です。

8月に初めての子を出産しました。
産む前は姓名判断とかそんなに気にしていなかったのですが、出産後にいろんなHPを見たりTVでたくさんの方々が改名を希望している事を知りました。
子供の名前は人格・地格・外格はいいのですが総画はあまり良くないようです。
改名した方がいいのでしょうか?
姓名判断で良くないと人格形成にも良くないのでしょうか?
いざ子育てを始めてみるといろいろと不安になってきて心配になり質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ここは法律のカテゴリーなんで、この回答は本来筋違いなんですが、お子さんの将来を考えて敢えて書かせてもらいます。

参考 URL の No. 4 の回答をよく読んでください。

これは、「血液型と性格」 論に対して、意味があるかないかをどう論じるか、を説明したものです。同じことが、「姓名判断と人格形成」 にも言えます。

貴女が信じている姓名判断を、全日本人の名前に当てはめて、「悪い」 と出た人は、皆人格形成に問題があり、「良い」 と出た人は、人格形成に全く問題がない、ことが立証できる (人格形成に問題があるかないか、と客観的に判定する指標と判定基準を明確にできることが前提です) ならば、いいでしょうが、これはできません。

「敢えて」 と書いたのは、生後 3 ヶ月の時点から、親がこのような無意味な俗説に振り回されているとすれば、これ以降の発育過程で、更なる俗説・迷信に振り回されることが予想され、その結果が子供の人格形成に及ぼす影響の方が余程大きいからです。子供は大人の模倣から学習します。幼児期に接する大人は身内、特に親に限定されます。そこで、貴女が、このようなものに一喜一憂して不安定になれば、そのことの方がお子さんには影響します。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1080806

ここは法律のカテゴリーなんで、この回答は本来筋違いなんですが、お子さんの将来を考えて敢えて書かせてもらいます。

参考 URL の No. 4 の回答をよく読んでください。

これは、「血液型と性格」 論に対して、意味があるかないかをどう論じるか、を説明したものです。同じことが、「姓名判断と人格形成」 にも言えます。

貴女が信じている姓名判断を、全日本人の名前に当てはめて、「悪い」 と出た人は、皆人格形成に問題があり、「良い」 と出た人は、人格形成に全く問題がない、ことが立証できる (人...続きを読む

Q吃音、どもり、言語障害

23の吃音持ちです。10歳のころから吃音で、一時期治まっていたのに中学くらいから酷くなり、今でも酷いです。 波があるのでその時によって気持ち悪いくらいスムーズに話せる時もあります。そのため、家族や初対面に近い人にさえも「あれ?吃音、治ってるじゃん」と誤解されるのです。

笑われるのも辛いですがなにより怒られるのが意味不明です。なんでもっと吃音について知識を広めないのでしょう? 「言いたいことがあるなら早く言え」とか「緊張しすぎだ」とかです。 もちろん緊張で酷くなることもありますがそもそも緊張ばかりではないんですし原因もわかってませんし非吃音者には理解できないほどの負担がかかるんです。 せっかく話すことが好きで、人前に出るのも嫌いではなく、英語も好きなのに喉をかっ切りたいくらいです。 もちろん本当にそんなことはしませんがその位、のどが憎いです。 いくつか原因がある程度わかっていて、「この場合はこうすれば治りますよ」と言うのであればこんなに苦しみません。 でも確実な治療法がなく、自然治癒に任せるべきだという意見、トレーニングで治すべきだという意見など人によって見解が違うようですし、「もしかしたらいつか治るだろう」と諦めるしかないんでしょうか? また、バカにされたら怒ってもいいんでしょうか?  

23の吃音持ちです。10歳のころから吃音で、一時期治まっていたのに中学くらいから酷くなり、今でも酷いです。 波があるのでその時によって気持ち悪いくらいスムーズに話せる時もあります。そのため、家族や初対面に近い人にさえも「あれ?吃音、治ってるじゃん」と誤解されるのです。

笑われるのも辛いですがなにより怒られるのが意味不明です。なんでもっと吃音について知識を広めないのでしょう? 「言いたいことがあるなら早く言え」とか「緊張しすぎだ」とかです。 もちろん緊張で酷くなることもあります...続きを読む

Aベストアンサー

吃音については素人知識がまかり通っていて、最新の知識はあまり関係の方々に伝わっていないのが現状です。

吃音はご本人の緊張や精神状態でひどくなったりするので、昔から「精神的なもの」「訓練すればよい」「大人になれば治る」というようにご本人の自己責任のように言われてきました。

けれども最近の研究では、脳の言語中枢ではなく、運動企図という運動を制御する部分の機能が不安定であることが原因であることがわかってきています。これは多少なりとも先天的な要素があります。全てとは言いませんが、前頭葉の機能の不安定さが原因する方がかなりの割合にのぼり、治療薬によって改善する理屈もわかってきています。

症状や程度は個人差があるので「△△をすればよい」という単純なものではありませんが、新薬を含めた有効と考えられる薬をひとつ一つ試していくことで、回復されるかたも増えてきています。

日本では「矯正的なトレーニング」とか「鍛錬」とか「医者に通わず治す」とか30年前と同じ誤った古い方法がまかり通っているのは不思議でなりません。

「絶対治る」とか安易なことを申し上げることはしません。けれども、まだ試みられていないのであれば、大学病院レベルで薬物治療を併用しつつ新しいトレーニング方法を受けてみるのがよいと考えます。それで治るものであればそれに越したことがないからです。

どこにお住まいの方かわからないので、受診大学をお示しすることもできませんが、近くの大学病院から初めて「吃音の治療を行っている科がありますか?」と問い合わせてください。神経科、精神科、神経内科(稀)などで行っている大学が3割くらいになってきています。

繰り返しますが、精神病とか精神疾患という「心の病」ではありません。

吃音については素人知識がまかり通っていて、最新の知識はあまり関係の方々に伝わっていないのが現状です。

吃音はご本人の緊張や精神状態でひどくなったりするので、昔から「精神的なもの」「訓練すればよい」「大人になれば治る」というようにご本人の自己責任のように言われてきました。

けれども最近の研究では、脳の言語中枢ではなく、運動企図という運動を制御する部分の機能が不安定であることが原因であることがわかってきています。これは多少なりとも先天的な要素があります。全てとは言いませんが、...続きを読む

Q初めまして「労災」について質問させて頂きますので宜しくお願いします。

初めまして「労災」について質問させて頂きますので宜しくお願いします。

・先週の14日の金曜日に勤務先の工場で保護メガネ着用の上でグラインダー作業を行っていたところ
顔とメガネの隙間より削りカスが左目の眼球の中央に刺さりました。その日は我慢したのですが、あまりにも痛くて15日の土曜日に病院に行きました。刺さったカスを取り除いてもらったのですが「刺さった場所が眼球の中央」であることと「思った以上に傷が深い」為に視力の低下等の障害が出る可能性があると診断をうけました。(診断書は取っていません)
現在、痛み等はありませんが治療を受けた左目がかなりボヤケます。
医師の言葉もあり先がかなり不安です。

ここで質問なのですが、
・事故発生から数日経っていますが会社に労災を申し出る事はできますか?
・初めの治療は社会保険で行ってますが切り替えは可能でしょうか?
・仮に視力低下等の障害が出た時はどうなりますか?
・その他、「これは必ず行っておいた方がいい」というような事があればお教え頂けないでしょうか?

以上です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出来ます。医療費も全額負担されますから、そのお医者さんに労災を申請中とお話し、会社に手続きを要請します。
それにしても、会社内での事故を早急に報告しなかったことで、貴方は服務規程に違反したことを認識してください。
事故は、貴方の報告違反によるデメリットが大きいですから自己責任を負わされる部分が大きいことを自覚してください。
就労に当たり、貴方は事故について充分説明を受けてるはずですから、100%労災は適用されないかもしれません。

Q吃音です。学校生活で嫌になることがあります

吃音です。友達との会話で、言いたいことが言えません。大学での発表も心配です。
ゆっくり話すように工夫すると、吃音にならないのですが、会話中、気を抜くとすぐに吃音になります。
2、3ヶ月しゃべる練習したのですが、効果がなく、練習をしていて、吃音の練習に合っていないと感じました。
何かアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

吃音でイヤになります>ある雑誌にイギリスでは、政治家などが、わざと吃音の練習をしていると書いていました。吃音者というのは、感受性が強くて、頭の良い人が多いそうです。口より頭の方が先行するからです。私は口の方が先行していて、いつも失敗します。天皇陛下や高貴な方は、常にゆっくりと、丁寧に話をされますが、私も考えてしゃべりたいものです。他から見てても上品に見られるかなと思います。だから、気を抜かずにゆっくり話をされるべきかと思います。余談ですが、海軍の山本五十六は常に寡黙で「飯」「風呂」「寝る」と、単語を並べるだけの人だったと聞いています。とにかくゆっくりとが良いみたいですね。へんなアドバイスですが悪い所がありましたら許して下さい。

Q改名の理由

現在1浪男、航海士を目指してるものです。
先日、インターネットで無料の姓名判断をしたところ、「交通や車の運転の事故運が高いので避けるように」との結果が出ました。
航海士を担う以上、船の運転は必須。この結果は車と交通としか出てませんでしたが、まぁ船も変わらないでしょう・・・多分。仕事前からこんな結果が出たら不安になります。
そこで名前の漢字を1字変えると、まるで航海士に相応しいような結果が出たので、そっちに改名したいのですが、どうやら改名には家庭裁判所を通して裁判官を納得させなければいけないようで。。
そこで次の理由で裁判官が頷いてくれるか、個人的な意見を下さい。

1、航海士という人の命を預かる責務を負う以上、自分の為にも他人の為にも事前に不安要素を1%でも減らしておきたい。
2、もちろん基本は仕事の実力ですが、自分の力では避けれないような事故、例えば海賊に襲われたりとか、そういう不運から遠ざかるためにも改名して運気をあげておくのが良い。海賊に襲われたら迷惑するのは自分だけじゃない。運が悪かったじゃ済まされないです。
3、今の時世、船長不足の日本で、航海士を目指す若者が何人いるのかと。ここで1人消えてもいいのかと。
4、実は僕は3年以上前から心因性の病気で悩んでいます。幾度も病院に行き薬を貰いましたが良くなりません。改名して自分の運気を上げて少しでも希望を持ちたい。

と、まぁ、以上の4つです。
4に関しては、そんな病気を持っている人間が航海士になれるのか、と言われそうですが、それに関しては大丈夫です。ただ、何故大丈夫なのかは説明が凄く難しいんで言わなくてもいいです。
それと、今すぐ改名したいわけでもなく、本当に改名したくなったら姓名判断氏に見てもらうつもりです。

あと、これは知識として知っておきたいのですが、改名するにも家庭裁判所を通るわけですからお金はかかるのでしょうか?

ご意見お待ちしています。

現在1浪男、航海士を目指してるものです。
先日、インターネットで無料の姓名判断をしたところ、「交通や車の運転の事故運が高いので避けるように」との結果が出ました。
航海士を担う以上、船の運転は必須。この結果は車と交通としか出てませんでしたが、まぁ船も変わらないでしょう・・・多分。仕事前からこんな結果が出たら不安になります。
そこで名前の漢字を1字変えると、まるで航海士に相応しいような結果が出たので、そっちに改名したいのですが、どうやら改名には家庭裁判所を通して裁判官を納得さ...続きを読む

Aベストアンサー

まあ、海の男はゲンを担ぎますからね。ただ、改名には合理的理由が認められないと難しいので、そのような理由では却下される可能性が高いと思います。
とりあえず、無料=権威がないですから、よその高名な先生にでも診て貰っては。で、10件が10件とも同じ診断であれば、合理的理由と見てもらえるかもしれません(笑)まあ、おそらく全部違う判断が(同じ系列の人でない限り)出るでしょう。姓名判断なんてそんなもんです。

それから、戸籍上の名前(航海士免状も含めて)は変えられなくても、とおり名だけ変えてもらうという手もありますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報