車のカセットデッキが壊れ、MDデッキを探しています。
パイオニアのcarrozzeria MEH-515 が手ごろで良いかな?と思っているのですが、ネットの書き込み評価で、DSP機能の評判が悪いようなんです。このDSP機能とは何なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

DSPという言葉自体は、デジタルシグナルプロセッサというもので、


信号処理に特化した、特殊な演算用LSIを指します。

しかし、カーオーディオの世界で使われているDSP機能は
このDSPを使って、車内の音響環境を補正し、
特殊効果を加えることで、臨場感を出したり
音楽に迫力を与える機能を指します。

カーオーディオに凝っているのであれば、
あればあるなりに楽しめる機能ですが、
普通の4スピーカーのカセットプレーヤーから
置き換えるのであれば、
そんなに意識しなくても良いと思います。

本来の音そのものというよりは、音を加工する機能ですから
値段なり の性能ということで考えるのも一つの手でしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素人にでも、とてもわかりやすい説明有難うございました。
今回は、値段優先で機種を決めました。カーオーディオは、それなりで良いかな?と思っていたので、これで良かったということですね。やっと購入する事が出来ます。有難うございました。

お礼日時:2002/12/09 23:04

DSP とは、簡単に説明すると、デジタル技術によって音響効果(エフェクター等)を創り出すこと(またはその装置)をいいます。



正確には Digital Signal Prosessing または Digital Signal Prosessor の略が DSP です。

下記ページに、技術的なもっと詳しい情報が、書いてあります。

参考URL:http://www.heg.co.jp/know/dsp/dsp1.htm
    • good
    • 3
この回答へのお礼

自分でこのようなサイトを探す事が出来ませんでしたので、とても参考になりました。有難うございました。

お礼日時:2002/12/09 23:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカーオーディオ ツイーターのホワイトノイズ対策

ツイーターのノイズ対策

別の質問で得たヒントを元に、現在検討中です。
現在、カーオーディオのスピーカーを2Wayマルチアンプで組んでおりますが、ツイーターから無音時だろうとボリューム の大小にかかわらず、一定音量のホワイトノイズが発生しております。

電源周りやアースや配線の対策はやり尽くしたと仮定し、後は機器の故障を疑う前に、ツイーターにノイズカット用途のフィルムコンデンサを並列に入れてみようと思います。
そこで、まず試すとしたらコンデンサの容量はどのくらいの値から試すと良いでしょうか?
完全DIYで、一般的な工具は一通り持っておりますが、オシロスコープの様な専門的な機器は持っておりません。電子工作自体は問題無いですが、ノイズフィルターとしてのコンデンサの選び方は無知です。

困ってます。何卒アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

コンデンサーは「ノイズ」か「信号」かなんて判断はできませんから、SPと並列に居れれば周波数の高い信号をどんどんと自分経由で流してしまいます。

ホワイトノイズという事は高周波も低周波も含んでいる訳ですから結果としてツイーターから出るべき高い信号が届かずに低い周波数のノイズだけが聞こえるという事になります。

まずはアンプの出力に最短でSPを接続してノイズが出ているのか、エンジンを回さないで常時ONから電源を引いて動かしてみて電源や発電機からのノイズかどうかなど、どこでノイズが出ているのか突き止めるのが先です。

Qおすすめの、カセットデッキとMDデッキを教えてください。

カセットテープやMDの音源(著作権の問題が無いもの)をPCに取り込み、CDなどにしたいと考えています。
とりあえずはHDDに録音し、後でまとめてCD-Rに焼くとして、まずはできるだけ良い音質で録音する方法を知りたいです。
より良い音質で録音するため、USBオーディオプロセッサー(ONKYO SE-U55SX)を購入しました。

ヘッドフォン端子のみのMDラジカセしか無いので、カセットデッキを購入することを検討しています。
ヘッドフォン端子しかないラジカセより、LINE出力のあるデッキの方が全然良いのでしょうか?
ちなみに手持ちのテープはハイポジのものが多いですが、安いラジカセはノーマルにしか対応していないと、仕様には書かれています。
でも一応再生はでき、PCにつないで録音もできていましたが、もっときちんとしたカセットデッキにすれば音質が確然と上がるのでしょうか?

MDもポータブル(ウォークマン)しかないので、MDデッキを購入することも検討しています。
マイクで録音した音源のため1回目のデジタルコピーはできるはずなので、光出力できる方が良いです。
手元にあるポータブルMDのうちの1台は光出力ができますが、一番最初に出たSHARPの94年発売モデルです。それでPCにつないで録音できました。
新しい、ポータブルではないちゃんとしたデッキの方が音質は良いのでしょうか?

オークションで色々と出品されているので、中古での購入も考えています。
この機種はおすすめ!このメーカーが良い!というアドバイスがございましたら教えてください!
PCへの音源の取り込みにのみ使用し、それ以外ではあまり使わないと思います。
もちろん中古の場合は、ヘッドが磨耗している、ゴムが伸びているなどのリスクもあると思いますが…。

カセットテープやMDの音源(著作権の問題が無いもの)をPCに取り込み、CDなどにしたいと考えています。
とりあえずはHDDに録音し、後でまとめてCD-Rに焼くとして、まずはできるだけ良い音質で録音する方法を知りたいです。
より良い音質で録音するため、USBオーディオプロセッサー(ONKYO SE-U55SX)を購入しました。

ヘッドフォン端子のみのMDラジカセしか無いので、カセットデッキを購入することを検討しています。
ヘッドフォン端子しかないラジカセより、LINE出力のあるデッキの方が全然良いのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

MDデッキの購入を考えていらっしゃるのなら、同じお金でポータブルHi-MDのMZ-RH1が買えます。
この機器は、MDの音源をデジタルのままパソコンに吸い出すことができます。
(NetMDの音源を除く。…著作権の問題がない音源ということなので、多分全然大丈夫でしょう)
これならポータブルでも「完全に劣化はない」と言い切れるわけです。

でも
>手元にあるポータブルMDのうちの1台は光出力ができますが、一番最初に出たSHARPの94年発売モデルです。それでPCにつないで録音できました。
ということなので、それが本当ならいらないかもしれません。
MDは光出力がついてても実はアナログで出してるだけだとかなんとか、電気量販店のお兄さんが言ってたことがあるので(真偽不明)、SHAPに電話して「これは本当に光出力されているのかどうか」確かめてみるとよいかも。

カセットについては私は詳しくないのですが
>もっときちんとしたカセットデッキにすれば音質が確然と上がるのでしょうか?
それはそうだと思います。ラジカセのヘッドフォン端子と、ちゃんとしたデッキのLINE出力ではかなりの差があります。
例えばですが、私は普通のコンポとラジカセを持っていますが、ラジカセのヘッドフォン端子をアンプのLINE入力につないで再生したときと、そのコンポのシリーズのカセットプレーヤーからつないで再生したときとでは雲泥の差がありました。
色々あってカセットプレーヤーを手放したのでラジカセで代替させているのですが、「やっぱりラジカセじゃ~だめだ~」と思っているところなのです。

適当なオーディオメーカーのカセットプレーヤーとアンプを買うのがいいかと思われます。
2chのURLでなんですが、
ttp://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/pav/1189949275/l50
このスレを一通り読むと評判のいいメーカーが見つかるのでは。

MDデッキの購入を考えていらっしゃるのなら、同じお金でポータブルHi-MDのMZ-RH1が買えます。
この機器は、MDの音源をデジタルのままパソコンに吸い出すことができます。
(NetMDの音源を除く。…著作権の問題がない音源ということなので、多分全然大丈夫でしょう)
これならポータブルでも「完全に劣化はない」と言い切れるわけです。

でも
>手元にあるポータブルMDのうちの1台は光出力ができますが、一番最初に出たSHARPの94年発売モデルです。それでPCにつないで録音できました。
ということなので、...続きを読む

Qホワイトノイズ

今、大学の研究でホワイトノイズを扱うことになりました。データ数200で、プログラムでホワイトノイズを
作成したのですが、これが(この作成したホワイトノイズ)が本当にホワイトノイズ
といえるかがわかりません。
よくパワースペクトルが例にありますが、
どのようにしたら、ホワイトノイズである
ということがいえるでしょうか?
ご教授願います。

Aベストアンサー

ホワイトノイズとは全ての周波数成分を同じ強さで含む信号のことです。
ですからパワースペクトルが一直線ならホワイトノイズです。(現実的には高周波でパワーが落ちるが)
ちなみにインパルスも同様の性質を持ちます。

Q32年前のカセットデッキと10年前のカセットデッキ

・デッキ A

32年前にボーナスのかなりの部分をはたいて買ったカセットデッキ
http://audio-heritage.jp/NAKAMICHI/Player/682zx.html

が、今もほぼ完全に動作します。(我が家にある最も古い電気製品です。)

・デッキ B

デッキAが老朽化で壊れたら困ると、10年前に買ったカセットデッキ
http://audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/player/tc-ka3es.html
(安価なものではなくクローズドループデュアルキャプスタン 3ヘッドの中級機です。)

これも完全動作します。
(そもそもこの時点でデッキAは長寿命。)

この8年ほどはカセットは新規録音には使っていません。
(CDレコーダーを使用しています。)
しかしながら40年以上撮りためたテープ資産があります。
(残したいものは少しずつCD化しています。)

不思議なのですが、32年も前に作られたカセットデッキの方がしっかりした
良い音を出してくれているように感じます。

一般にテープオーディオは自己録再がベストと言われますが、それほど使い込んではいない、
Bデッキで録音したものも、Aデッキでの方が音が良いように感じます。

これはなぜなのでしょうか?

・デッキ A

32年前にボーナスのかなりの部分をはたいて買ったカセットデッキ
http://audio-heritage.jp/NAKAMICHI/Player/682zx.html

が、今もほぼ完全に動作します。(我が家にある最も古い電気製品です。)

・デッキ B

デッキAが老朽化で壊れたら困ると、10年前に買ったカセットデッキ
http://audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/player/tc-ka3es.html
(安価なものではなくクローズドループデュアルキャプスタン 3ヘッドの中級機です。)

これも完全動作します。
(そもそもこの時点でデッキAは長寿命...続きを読む

Aベストアンサー

明らかにナカミチの方が「音」として一枚も二枚も上の高級機だからでしょうね。

それは、ヘッド周りの精密さ、安定した走行系、録音・再生回路の設計、使用パーツ等々・・・
特に1970年代~1980年代前半(CDが登場するまで)は録音機器と言えばオープンリールかカセットで、
特にカセットテープは取り扱い易さで普及し、次第に各社がオーディオとして高性能・高音質な路線へと競い合っていた時代。

中でもナカミチは独自の独立3ヘッド、Wキャプスタン、高品位の録音・再生イコライザー、ラインアンプ等で驚異的なワウ・フラッターと周波数特性を出しました。(オープンリールに匹敵するほど)
価格も驚異的で庶民には高嶺の花でしたね。
この時代の高級機は物量をたっぷり投入し、実に丁寧に凝った作りで音自体にもしっかりした主張があるようです。

その後、CDに押されカセットは徐々に衰退していきましたが、90年代前半まではそれでも各社製造していました。デジタル時代に入り、それまでの重厚さは薄れシンプルであっさりした感じになり普通価格帯の製品でも十分高性能なものが現れ、また、それまでは主に家庭内で録音再生して楽しんでいたものからウォークマンなどの登場で手軽に外で聴けるスタイルへと変わったのも影響しているかと。
つまり、カセットには本来のカジュアルさが再び求められたということでしょうね。

しかし、厳密に音質を比較すると80年代前半までの高級機は明らかに違いますね。
実際、私もこの頃の高級カセットデッキ(ティアック)で録音したテープを持っていて、やはり90年代前半の7~8万クラスのカセットデッキ(ソニー)で録音したものとを聴き比べると、後者も確かに水準以上の音ですが前者はもっと落ち着いた説得力のある音という印象。つまり、何というかアナログ時代の最高水準のカセットの音なのです。当時は、レコードの再生に重点が置かれ(レコードが一番高音質で、他はオープンリールの2トラ38など)、カセットは主にFM放送やレコードを気軽にテープに置きかえるという単なる録音媒体だったのが、ナカミチなど専門メーカーの登場で一挙にレコードの音に迫る、或いはそれ以上になったのです。

というわけで設計思想や回路、作り(メカニズム、仕様部品)が半端でなく当時はこれ以上のものがなく最高を目指した成果の製品であったということが、現在でも「音」として残っており、確かに証明されているからではないでしょうか。

明らかにナカミチの方が「音」として一枚も二枚も上の高級機だからでしょうね。

それは、ヘッド周りの精密さ、安定した走行系、録音・再生回路の設計、使用パーツ等々・・・
特に1970年代~1980年代前半(CDが登場するまで)は録音機器と言えばオープンリールかカセットで、
特にカセットテープは取り扱い易さで普及し、次第に各社がオーディオとして高性能・高音質な路線へと競い合っていた時代。

中でもナカミチは独自の独立3ヘッド、Wキャプスタン、高品位の録音・再生イコライザー、ラインアンプ等で驚...続きを読む

Qホワイトノイズ対策について

MMGVDA-100と言うUSBオーディオアンプを使っています。
サーと言うホワイトノイズが多く難儀しています。
アンプ自体の出力が大きいですので全体的にレベルを下げて
ホワイトノイズそのものを気にならない程度に抑えたいと思っています。
アッテネーターを抵抗などで簡単に安く自作出来ますでしょうか?
スピーカーはJBL CONTROL1(4Ω)です。

Aベストアンサー

質問の趣旨ですが、単にアッテネーターを作る際の “抵抗値” の
組み合わせの “値” が分からずに困っておられるということですか?

それとも、ノイズ の発生原因の 特定にも至らずに、苦慮されて
おられるということですか? どちらでしょうか。

まず初めに、“ ホワイトノイズ ” とありますが、文意通りに解釈すると
意図された返答とならなくなるので、ここでは 単に
『 ノイズに困られている 』 ということで、返答します。

それでは、総論から . . . .
今回のケースで 考えられるノイズの発生原因は、

 1) EMIに代表されるように、電磁的なノイズの影響
 2) 音声データの 【 有効桁 】 のビット落ちの問題

この二つがあげられます。
但し、今回の件では、最も疑われるのが、2)の “有効桁落ち” です。

というのも、D級アンプ であるが故に、その最大の特徴である ヒート
シンク無しでも、簡単に 大出力 (4Ω負荷、16W) が 得られると
いうことが “災い” し . . . . .

> アンプ自体の出力が大きいですので
       ・
       ・
       ・
着眼点:
 アンプに 『 余裕 』 があるから、まだまだ 『 下げる余地 』 が
 あるのではなくて、

問題点:
 もしろ、出力が大き過ぎるので、やむなく Windows 側のボリュームで
 音量 を下げていませんか?

 だから、『 有効桁 』 が落ちてしまう のです。
 → 結局は、S/N が非常に悪化し ノイズが増えてしまう。

解説:
 Windows 標準の USBのサウンド・ドライバーを使用されていると
 推測しますが、この場合の “PC” と “サウンドカード” との
 インターフェースは、
  ・Type I フォーマット
  ・Type II フォーマット
  ・Type III フォーマット
  ・MIDI フォーマット
の4方式のいずれかで行われます。

このうち 音声データを扱うのは、前者の三方式だけであり、圧縮の有無の
違いはあるものの いずれの場合でも、音声信号は “リニア” 即ち
“固定桁” による ビット表現となります。

したがって、例えば CDを聞くことを考えてみます。

もともとの有効桁は、16ビットあります。
しかし、音量を下げると、やむなく 有効桁 が 【 削ぎ落とされて 】

有効ビット数が 8ビット、7ビット、6ビット、 . . . . . へと、
好ましくない結果を招きます。
その結果が、今回のノイズです。 (S/Nが大きく悪化するので )

という訳で、umidnightさん の検討されておられる スピーカの直前に
アッテネーターを挿入するのは、良案かもしれません。

※理想的には、サウンド基板 の 回路パタンに 直接ナイフなどで
 切り込みを入れて、

 ・DAコンバータの出力 と
 ・D級アンプの入力

この間に ボリュームを挿入ができるとベストです。
( 私なら そうします )

あと、選ぶべき アッテネーターですが、可変式を選ぶと かなり金額が
高くなる (※1)ので、固定値の抵抗を使用された方が 今回のケース
ではベストです。

※1:
 ノイズ対策のコストが、サウンドカードの値段を超えてしまうと、
 本末転倒なので . . . . .

最後になりますが、私は かつて オーディオに非常に凝っておりました。
その経験を踏まえて言うなら、今回のサウンドカードは あまりにも
出力が大き過ぎます。 ( 出力が、4オーム負荷で16W もある )

参考までに、私のオーディオの最後のシステムでは、4Way のスピーカを
自作し、マルチアンプ構成としました。
(各音域のスピーカ・ユニット毎に専用アンプを、別々に用意します)

そこでのトータルでの出力は、3000Wクラス ( 3千ワット )にも
及びますが、( もちろん、電源は 住居 とは別 )

それでも 通常の 音楽のリスニングでは、アンプの出力は、
僅かに 1W程度、ないしは せいぜい 3W 程度です。
→ ここが、ポイント!!

この事を踏まえるなら、このサウンドカード ( MMGVDA-100 )は、
出力が 大き過ぎます。 ( ボリュームが付いていないので )

という訳で、アッテネーターを入れて ノイズが減るといいですねぇ。

質問の趣旨ですが、単にアッテネーターを作る際の “抵抗値” の
組み合わせの “値” が分からずに困っておられるということですか?

それとも、ノイズ の発生原因の 特定にも至らずに、苦慮されて
おられるということですか? どちらでしょうか。

まず初めに、“ ホワイトノイズ ” とありますが、文意通りに解釈すると
意図された返答とならなくなるので、ここでは 単に
『 ノイズに困られている 』 ということで、返答します。

それでは、総論から . . . .
今回のケースで 考えられるノイズの発生原因...続きを読む

QMP3とカセット再生機能のあるMDラジカセ

MP3とカセットテープ両方再生機能のあるMDラジカセを探しているのですが、見つかりません・・・。プレゼント用に探しているのですが、どなたかご存知の方いらっしゃいませんでしょうか???困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

SONY のCMT-AH10という機種があります。カセット、MD、CD、ラジオの他にUSB経由でパソコンと接続して、ネットMDとしてや、USBスピーカーとしても使えるという多機能モデルです。
MP3のCDやMDも聞けます。またHI-MDを使うと1GBの記録メディアとしても使えます。
ただラジカセではなくて、コンポなのですが。まだ販売してるところがあれば、実勢4万円くらいでしょうか。

Qホワイトノイズとは具体的に何ですか?

現在、ノイズのことについて調べております。

ホワイトノイズや、ブラウンノイズ、ピンクノイズなどがあり、
wikiには「ホワイトノイズは全ての周波数で同じ強度となるノイズである。」と書いてあり、
他のページを見ると「音声に載るノイズ」というような事ばかり出てきました。

音に限らず、ノイズの形がすべての範囲で一定であるものはホワイトノイズなのでしょうか?
例えば、電子機器を用いてAを100回測定、Bを100回測定、Cを100回、Dを100回・・・・と測定したときにそれぞれで生じる偶然誤差が、すべて一定の範囲内にある場合、ホワイトノイズと言ってしまって良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 No.1です。

>回路内で意図的に発生させようとしない場合には、ホワイトノイズなどは発生しないということでしょうか?

 自然発生的にNo.1に書いたような「ホワイトノイズ」が発生することはないと思います。

 ただ、主にオーディオの世界で、オーディオ回路に乗っかっている「残留ノイズ」「デバイスノイズ」「定常ノイズ」といったような、原因の特定が難しい、広範囲な周波数のノイズ、という意味で「ホワイトノイズ」と称することがあるようですね。
 これは、その周波数成分がどうなっているかということとは無関係のようです。

 これらのノイズは、回路素子の中の非線形要素や熱雑音、電源からのノイズ(交流電源としては50/60Hzの低周波ですが、デジタル回路には種々のスイッチング電源や高周波が存在するので、そういったものの影響)、周辺からの電磁波など、いろいろな影響があると思います。オーディオ装置で無音状態(入力がない状態)でボリュームを上げていくと「サー」とか「ブーン」とか聴こえてくる音です。「ブーン」はほぼ50/60Hz電源のノイズなので、「サー」の方を世間では通称「ホワイトノイズ」と呼ぶことがあるようです。(ただし、これは物理用語とは異なることに注意)
 この「サー」は、古い音源の場合は元々の音源の「録音テープ」に含まれるヒステリシス・ノイズであることもありますし、最近の音源であれば、録音機材に含まれる残留ノイズ(音源そのものに含まれるので、再生機器での除去は不可能)、再生機器で付加される電源ノイズや残留ノイズということであって、必ず何らかの要因があります。ただし、人知では切り分け・特定が難しい、ということです。ご質問の中にある「測定したときにそれぞれで生じる偶然誤差」という「測定」に関する誤差とは、これまた切り離して議論しないといけません。

 質問者さんが問題にしたい「ホワイトノイズ」は、この「物理学」カテではNo.1に書いたような意味だと思いますが、どうなのでしょうか。学術的な議論に、Web上でググッた一般通称用語を持ち込むと、よくこういう混乱が起きます。注意して、用語の定義を明確にして議論しましょう。

 No.1です。

>回路内で意図的に発生させようとしない場合には、ホワイトノイズなどは発生しないということでしょうか?

 自然発生的にNo.1に書いたような「ホワイトノイズ」が発生することはないと思います。

 ただ、主にオーディオの世界で、オーディオ回路に乗っかっている「残留ノイズ」「デバイスノイズ」「定常ノイズ」といったような、原因の特定が難しい、広範囲な周波数のノイズ、という意味で「ホワイトノイズ」と称することがあるようですね。
 これは、その周波数成分がどうなっているかとい...続きを読む

QカセットからCDに録音がしたいです。パソコンあります。カセットデッキあります。それらをつなぐための何

カセットからCDに録音がしたいです。パソコンあります。カセットデッキあります。それらをつなぐための何かを買えば録音できますか?

Aベストアンサー

まあ理屈で考えれば分かると思いますが、
アナログの音声をデジタルに変換する装置が必要です。

パソコン自体に音声入力がついてる(マイク入力)のですが、
それだと音声レベルが低いので、普通はUSB接続にします。

パソコンにデジタルデータとして取り込んでしまえば、
あとは普通にCDにするだけです。

分かりやすい製品だとこんな感じ。
http://www.iodata.jp/product/av/capture/ad-usb/

凝り始めるといろいろ機材はあるのですが、
恐らくは上記かそれに近い製品で充分なはずです。

Q何もないところでもホワイトノイズがあるのはなぜですか?

何もないところをスペアナで測定したとしてもホワイトノイズが検出されます。
またオペアンプでは、オペアンプ自身のノイズとは別にグラウンドからのホワイトノイズが増幅されてゲインノイズとして現れたりします。

これらのホワイトノイズというは、完全に消すことは出来ないのでしょうか?
例えば導線を絶対零度にして導線にあるジョンソンノイズはゼロにしたとしてもこのノイズは消えないのでしょうか?
他に発生原因がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

ホワイトノイズは電子の運動です。それをとめれば消えるはず…ほんとうの意味の死の世界?
これでは、測定系も死にます…

質問前半の問いは、たぶん、測定系ノイズ(測定系が外部(被測定物以外)の影響を受けている)と思われます。

Qカセットテープの音をパソコンに録音したいのですが、カセットデッキのスピーカーが片方壊れていると出来ないのでしょうか?

色んな曲を集めたカセットテープを、CDに録音しようとした所、上手く行きませんでした。
パソコンのライン入力端子と、カセットデッキのヘッドホン端子を接続コードでつなぎ、録音用のフリーソフトで録音してみましたが、保存したデータを再生しても音楽が流れてきません。
調べてみると、カセットデッキのスピーカーの右の方が壊れているのか音が出なくなっているようです。(再生中にデッキの「バランス」というツマミを右にすると音が聞こえなくなる。)(パソコンにつないでテープを再生すると「L」のスピーカーからしか音が出ない)

このような状態では、パソコンに録音するのは無理なのでしょうか?
それとも何か他に原因があるのでしょうか?
どなたか、教えてくださいm(_ _)m


<使用機種等>
SONY VAIO PCV-J12
Celeronプロセッサー700MHz
メインメモリー64MB
ハードディスク Cドライブ6GB、Dドライブ24GB
Windows Me

使用ソフト
(フリー)A-RECORD (ベクターでダウンロード)

カセットデッキ
 SHARP ステレオダブルカセット QT77(かなり古いです…)
  マイク端子とヘッドホン端子とライン入力端子があります。今回はヘッドホン端子を使用。)

接続コード
 SONY RK-69H (これもかなり古いです…)

※カセットデッキでテープを再生、録音ソフトを「録音」状態にして、曲が終わったら「停止」
 「My Music」フォルダに保存。フォルダを開いてアイコン(リアルプレイヤー)をWクリック→リアルプレイヤーは起動するが、無音状態。

色んな曲を集めたカセットテープを、CDに録音しようとした所、上手く行きませんでした。
パソコンのライン入力端子と、カセットデッキのヘッドホン端子を接続コードでつなぎ、録音用のフリーソフトで録音してみましたが、保存したデータを再生しても音楽が流れてきません。
調べてみると、カセットデッキのスピーカーの右の方が壊れているのか音が出なくなっているようです。(再生中にデッキの「バランス」というツマミを右にすると音が聞こえなくなる。)(パソコンにつないでテープを再生すると「L」のス...続きを読む

Aベストアンサー

デッキ側の故障で、片チャンネルしか出力していないのであれば、PC側が正常でも片チャンネルしか録音出来ません。
ヘッドホン端子にヘッドホンを差し込んでみて、ヘッドホンなら両チャンネル聞こえるのであれば、接続はヘッドホン端子⇒PCライン入力でOK。
ヘッドホンでなら正常に聞けるのであれば、単にスピーカが逝っているか、内部配線断でしょう。
ヘッドホンなら両方聞こえて、PCに繋ぐと片チャンネルしか音が出ないのであれば、接続コードも断線していると思います。
ヘッドホンでも片チャンネルであれば、デッキにはラインアウトが無いようですので、いかなる方法でも正常に両チャンネル録音は不可能です。

今回の場合、片チャンネル録音も不可能のようですので、以下を確認してみてください。
タスクトレイの音量アイコンをダブルクリック。
オプション⇒プロパティ⇒録音でOKをクリック。
再生リダイレクトかラインインが選択されているか。
ここで、違う物(マイク、CD等)が選択されていれば、ラインインからの録音は出来ません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング