電車の中で全裸の女性が何人か出てる4コマ漫画を読んでる人をみかけました。
書店のカバーをされていたので、他に情報がありません。
4コマ漫画の「自虐の詩」のようなタッチの絵でした。
たくさんあるかもしれませんが、
これでは?とおもうものを教えてください。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 そういう特徴だと「岩谷テンホー」さんかな。

とりあえず連載作品一つのページを。

http://www.youngsunday.com/rensai/comics/otsuyu. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
しかし、違います。(TT)
裸の女の人が結構でてくるんです。
また、なにか思い出されたら、よろしくお願いします。

お礼日時:2008/08/08 09:13

「聖☆高校生」(小池田マヤ)でしょうか?

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気体の製法について質問です! (アンモニアの取り出し方) 2NH4Cl+Ca(OH)2→CaCl2

気体の製法について質問です!

(アンモニアの取り出し方)
2NH4Cl+Ca(OH)2→CaCl2+2NH3+2H2O

…反応するには加熱を伴い、H2O(水)が発生するから、加熱する際には試験管が割れないように試験管を傾ける必要がある

これは納得しています。
でも次。

(一酸化炭素の取り出し方)
HCOOH→CO+H2O

…これも反応させるために加熱を伴う。H2O(水)が発生しているのに、試験管を傾けないで気体を捕集している(なんでっ?!)

また、
(酸素の取り出し方)
2KClO3→2KCl+3O2

…これも加熱を伴う。液体が発生しているようには見えないけど、試験管を傾けて捕集しないといけない(なんでっ?!)


つまり、僕が聞きたいのは、気体の捕集方法で試験管を傾けて加熱する条件ってて、「液体が発生して、加熱部に流れて試験管が割れてしまうのを防ぐ」、だけではないのでしょうか???

長くて分かりにくいと思いますが、どうかお助け下さいっ!

Aベストアンサー

>(一酸化炭素の取り出し方)
HCOOH→CO+H2O

…これも反応させるために加熱を伴う。H2O(水)が発生しているのに、試験管を傾けないで気体を捕集している(なんでっ?!)


これに関してなのですが、HCOOHは常温で液体です。これに脱水剤として濃硫酸を加えて熱すると思いますが、フラスコを使い試験管は使わないと思います。



>(酸素の取り出し方)
2KClO3→2KCl+3O2

…これも加熱を伴う。液体が発生しているようには見えないけど、試験管を傾けて捕集しないといけない(なんでっ?!)


塩素酸カリウムの代わりに過酸化水素を使う場合は、水蒸気が発生するので試験管を傾けなければ試験管が破損する恐れがありますね。
塩素酸カリウムは水蒸気を発生しませんが、個体試薬には水和水などを含んでいるものもあるので、いつも試験官の口を下げて加熱するほうが安全だからだと思います。念のためということですね。

Q文庫版の4コマ漫画・1Pのコマ数

文庫版の4コマを読んだことのある方、教えて下さい。
通常のA5サイズの4コマの単行本(ぼのぼのとか)は1ページに2本(8コマ)入っていますが、文庫版も同じなのでしょうか?
また、読みやすさはどうでしょう?
昔の漫画の文庫復刻版は読んでいるのですが、4コマはないので今回書き込み致しました。
回答お願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、4コマで持っているのが『少年アシベ』だけで、単行本の方はかなり昔に友達に借りて読んでいたため、どちらが読みやすいとかあまりいえないんですが。

1ページは2本(8コマ)で見開き4本ありました。タイトルのページは上半分にタイトルの絵と下半分に1本でした。

たぶん、イメージは他の漫画の復刻版とあまり変わらないと思います。
字や絵がちっちゃいのでその分単行本より読みにくいかもしれませんが、そこを気にされないのであれば、大丈夫じゃないかと思います。

Q電気分解の反応式の矢印の上に「e-」を書きますか?

例えば,
2Cl- → Cl2↑
の式の矢印の上に「e-」を書くのはわかります.

しかし,HCl(=H+Cl-)を電気分解した場合の
2H+Cl- → H2↑ + Cl2↑
というような式の矢印の上に「e-」を書くこともありますか?

Aベストアンサー

#1さんご紹介のページを拝見しました。確かに、矢印の上に「-e-」の表記がありますが、「e-」の前にマイナスが付いており、左辺の分子から電子が奪われて(電極に電子が移動して)右辺の分子が生成する(左辺の分子が電解酸化される)ことを示していますね。還元反応を同様に表記するなら、「+e-」を付すでしょう。「-e-」でも「+e-」でもない「e-」を矢印上に書いて、電気分解であることを示すことは不適切ではないかと私は思います。

塩化水素の電気分解の例に関して、陽極での反応 2CL- → CL2 の矢印上に「-2e-」、陰極での反応 2H+ → H2 の矢印上に「+2e-」または「2e-」を書くことはありますし、場合によっては係数の2を省略することもあるかもしれませんが、2H+ + 2CL- → H2 + CL2 の矢印上に「e-」を付すのは奇異に感じます。

電気分解に限らず、変化に注目する分子を左辺右辺に書いて、あまり注目しない(或いは異なる視点で注目する)反応種を矢印上に付記することは少なくありません。#1お礼欄の「CH3COOC2H5 → CH3COOH + C2H5OH 」なら、左辺と右辺は物質収支が合いませんが、+H2Oを左辺に書かず矢印上に(時には+を省略して)付すことで、「酢酸エチルから酢酸とエタノールを生じること」(または本反応が加水分解であること)が強調される表記だと思います。更に極端?な表記例として、フタル酸ジエチル → フタル酸 の矢印上に「H2O」を付せば、1モルのフタル酸ジエチルが2モルの水を喰うことも、エタノールが生じることも表せなくなりますが、 「フタル酸ジエチルが加水分解してフタル酸になる」ことは浮き出すでしょう。

エステルの加水分解の例で、「CH3COOC2H5 → CH3COOH + C2H5OH 」の矢印上に「H+」を書くように、反応の量論に関与しない触媒を示す場合もありますね。#1お礼欄の「加熱を表すΔ」と似た状況かもしれません。そう考えると、矢印上の「e-」で電気分解を表すというのも「ありそう」ですが、少なくとも私は馴染みがありません。

最後に来て煮え切らなくなってきましたが、参考になれば幸いです。

#1さんご紹介のページを拝見しました。確かに、矢印の上に「-e-」の表記がありますが、「e-」の前にマイナスが付いており、左辺の分子から電子が奪われて(電極に電子が移動して)右辺の分子が生成する(左辺の分子が電解酸化される)ことを示していますね。還元反応を同様に表記するなら、「+e-」を付すでしょう。「-e-」でも「+e-」でもない「e-」を矢印上に書いて、電気分解であることを示すことは不適切ではないかと私は思います。

塩化水素の電気分解の例に関して、陽極での反応 2CL- → CL2 ...続きを読む

Q猫が出てくる四コマ漫画を探しています

つい最近、こちらの四コマ漫画の画像を見ました。
とても可愛らしいので気に入ってしまいました。
でもこの漫画のタイトルが分からず、他のものが読めずにうずうずしています。
知っている方、教えて下さい!!

Aベストアンサー

ところはつえさんの「にゃんころりん」です。
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68322401

参考URL:http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68322401

Qイオン結合と共有結合

NaClはNa+とCl-になるのでがイオン結合,
H2は電子を出し合うのでが共有結合なのは何となく納得できます。

しかし,HClもH+Cl-になってイオン結合しそうですが,実際は共有結合。
どうも納得がいかないのですが,ある物質がイオン結合なのか共有結合なのか,どうやって判断すればいいのでしょうか。
(金属結合や水素結合等は,この際無視して下さい)

Aベストアンサー

分子になっているかどうかで判断します。
HClは分子になっており、H-Cl結合は共有結合です。
ただし、水溶液中ではH+とCl-になっていますので、HとClの間に結合はありません。
NaClがイオン結合というのも、水溶液中でNa+とCl-に分かれるからではなく、結晶状態で分子になっていないからということです。
細かいことを言えばきりがないですが、金属ー非金属はイオン結合。非金属同士は共有結合と思っておけばおおむね間違いはないでしょう。

Q4コマ漫画

4コマ漫画の情報に詳しいサイトは無いでしょうか?
発売日や発売予定 過去に発売されている本のリスト等
作者別や雑誌別に見やすく分けられているようなサイトを探してます。
雑誌社のオフィシャルHPがあるのは知っているのですが
社を超えてその作者の全ての作品を知りたいのです。
ちなみに自分が好きな作者は、胡桃ちの(さおしか然)・小池田マヤ・こいずみまり(敬称略)等です
この方々の詳しい情報が掲載されているサイトの情報書き込みよろしくお願いします。

Aベストアンサー

すべての漫画家はありませんが、wikipediaで漫画家リストがあります。
HPをもっている漫画家のところへはリンクもあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%BC%AB%E7%94%BB%E5%AE%B6%E4%B8%80%E8%A6%A7
日本の漫画家一覧 - Wikipedia

ついでに漫画家のデータベースが豊富なサイトも紹介しておきます。

http://picnic.to/~gogowest/index.shtml
コミックスページ by WestRiver

Q酸・塩基 の分類

塩酸、水酸化マグネシウム、リン酸、酢酸、アンモニア、水酸化カリウム、水酸化鉄(III)、硫酸、シュウ酸、硝酸、

これらを2価の酸、1価の塩基、強酸に分類せよ、という問題なのですが

まず、それぞれの化学式は書けます。
HClならH+ Cl- だから 1価
H2SO4なら 2(H+) SO4 2- で価数が2つとも2だから2価というふうには理解しています。
これでいいでしょうか・・・?

酸・塩基についてはブレンステッドやアレーニウスなどは知っていますが、いずれもH+の授受や、
オキソニウムイオン、水酸化物イオン、などに溶液中で電離したりしてわかりますよね

反応式からなら酸化数の変化で酸・塩基がわかるのですが、この問題のように物質の酸、塩基はどうすれば分かるのでしょうか?

受験勉強のためにやっているので、高校の範囲までの理解でといったところなのですが、問題集に、1価、2価の酸、塩基の分類表みたいのがあるのですが、これはひとまず暗記なのでしょうか?
それとも区別する基準があるのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

オキソニウムイオン、水酸化物イオン、水溶液中での電離がわかっていると書いてあるのに酸、塩基の判断が出来ない。どうしてですか。
酸・塩基の定義でアレニウスとブレンステッドを書いてありますがブレンステッドはひとまず忘れて下さい。アレニウスの定義を少し修正して出します。「水溶液中でオキソニウムイオンを生じる物質を酸、水酸化物イオンを生じる物質を塩基と呼ぶ。」これでこの質問の中に示されている物質は全てわかるはずです。
Hが化学式の中に含まれていればいいのではありません。イオンとなって離れてこないといけません。初めから無くてもいいです。水の中で出てくればいいです。
アルコールにはHもOHもあります。でも水中でイオンとして離れてきません。酸でも塩基でもありません。酢酸にはHが4つあります。でもイオンとして離れてくるのはOについているH1つです。酢酸は一価の酸です。
アンモニアにはHがありますがOHはありません。でも水中でNH3+H2O⇔NH4++OH-と電離します。一価の塩基です。二酸化炭素はCO2+2H2O⇔HCO3-+H3O+で酸です。CaCO3やNaHCO3という形のものが多く存在しますのでH2CO3という化学式で炭酸を表しています。 炭酸は二価の酸です。上の電離式でも途中でH2CO3を考えた方がわかりやすいと思います。SO2,SO3,NO2も同様に考えます。酸の形はH2SO3,H2SO4,HNO3です。

>酸化数の変化で酸・塩基がわかる
という文章は間違いです。酸化数は酸化・還元です。

有機物の場合は酢酸に見られるように酸に関係するHとかんけいないHとの区別が必要です。官能基ということで構造毎に整理されていますからそれを判断の材料にします。分子式だけではわかりません。異性体も多いです。蓚酸はカルボキシル基を2つ持っている酸です。2価の酸です。酢酸の中にあるCOOHの構造をカルボキシル基と呼んでいるのを知っていると思います。

酸には普通~酸という名前が付いています。塩基には普通水酸化~という名前が付いています。強弱の違いはありますがこれが食い違うことはありません。
注意するのはアンモニアです。これは上で見たように「水酸化~」というのではない塩基です。アニリンのようなアンモニアの誘導体でも同じです。アミノ酸は1つの分子の中に酸の構造であるCOOHと塩基の構造である-NH2の両方を持っています。昔は塩基はかならずOH-をふくんでいるはずだと考えて「水酸化アンモニウム」という表現を用いていました。今は間違いであるとされています。年配の人が使うことがありますから注意して下さい。
もう一つの注意は水に溶かしたときに酸性を示す物質は「~酸」と呼ばれるもの以外にもあるということです。塩基性についても同様です。酸・塩基と酸性を示すもの・塩基性を示すものとは一致していません。酸と塩基が反応して生じたイオン結合性の物質を塩(塩)と呼びます。塩を水に溶かしたときた水溶液は酸性にも中性にも塩基性にもなります。塩化ナトリウムの水溶液は中性ですが塩化アンモニウムの水溶液は酸性です。炭酸ナトリウムはアルカリ性です。水酸化ナトリウムの合成法が見つかるまでは最強のアルカリでした。何故こういう事が生じるのかを説明するためには電離の強さが問題になります。酸の強弱、塩基の強弱で説明する人、電離度で説明する人共役酸・共役塩基で説明する人、色々です。
形だけでは判断できません。HSO4-は酸性を示しますがHCO3-は塩基性です。具体的な電離度が問題になります。高校の化学では酸性を示す塩を酸の中に含めるということはしていません。同様に塩基性を示す塩を塩基の中に含めてはいません。
でもこれは一つの立場です。含めてしまうという立場でも構わないのです。
アレニウスの定義の後に補足を付け加えると反応の範囲が広がります。
追加の性質。「水溶液中で酸・塩基として働く物質は水のないところでも直接反応することが出来る」
NH3+HCl→NH4Clは普通水溶液中の反応を表しています。でもこの反応は水のないところでも可能です。CaO+CO2→CaCO3は漆喰が固まっていくときの反応です。Ca(OH)2+CO2→CaCO3+H2Oという似た反応式を書くことも出来ます。これは固体と気体の反応として実際に起こることです。
ブレンステッドの定義をアレニウスの定義の拡張だとしている本があります。でもこの反応に対しては使うことが出来ません。ブレンステッドの定義は有機化学の分野での要請で広まったものです。

オキソニウムイオン、水酸化物イオン、水溶液中での電離がわかっていると書いてあるのに酸、塩基の判断が出来ない。どうしてですか。
酸・塩基の定義でアレニウスとブレンステッドを書いてありますがブレンステッドはひとまず忘れて下さい。アレニウスの定義を少し修正して出します。「水溶液中でオキソニウムイオンを生じる物質を酸、水酸化物イオンを生じる物質を塩基と呼ぶ。」これでこの質問の中に示されている物質は全てわかるはずです。
Hが化学式の中に含まれていればいいのではありません。イオンとな...続きを読む

Q4コマ漫画

私は、4コマ漫画が好きで毎月何冊か買って読んでいるんですが、
いつの間にか姿が見えなくなってしまう方がいますが、そのような
漫画家さん達は、結局人気が無いから打ち切られたという事なんですかね?
最終回を迎えて「えっ」と思ってても、新連載を期待して待っていても、
ず~っとお目に掛かる事が無く(勿論、何冊も探しました)残念に
思ってる方が何人かいます。例えば「かたおかみさお」さん
絵も好きだし、描かれていた内容も好きなのに・・・・
私の、探し方が間違っているのかな・・・
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

 えーと、芳文社系と竹書房系のファミリー4コマ誌を毎月購読している者です。(4コマ漫画を毎月買っている、というのは「雑誌を」買っていると解釈しましたが、間違ってたら補足下さい)

 別に内情に詳しいわけではないので、実際のところはわかりませんが、人気がなくて打ち切りになった、方もおそらくいらっしゃるでしょう。ですが、多分それよりも、作者さんの都合により漫画家を廃業したとか、作風の違いから別誌に移ったとか、同じく4コマ漫画をやめてコマ割のストーリー漫画に移行したとか、そういう事情の方が多いのではないかと思います。

 ところで、「かたおかみさお」さんをWeb書店で検索してみたんですが、講談社でコミックスを出されてますね。講談社で4コマ雑誌って出してたっけ…? ということで、そちらに移られたんではないかな、と思います(寡聞にして、講談社でも月刊の4コマ誌を出していて、そちらでの話でしたら申し訳ありません)。

Q解答の説明が納得できない

薬剤師国家試験 第87回問85

塩素消毒で,NH3が式(1)~(3)の反応に従って完全にN2に分解されるとすると,1モルのNH3を分解するときに消費されるCl2のモル数はどれか。ただし,Cl2は水中でCl2+H2OHOCl+HClに従って解離する。また,水中の他の成分は次の反応に影響しないものとする。

  NH3  + HOCl  NH2Cl + H2O     (1)

  NH2Cl + HOCl  NHCl2 + H2O      (2)

  2NHCl2 + H2O → N2 + HOCl + 3HCl   (3)



解答は(1)で1モル、(2)で1モルを消費、(3)で1/2モルを生成しているので、計1.5モルである。
と書いてあるのですが「消費される」Cl2の量は2モルではないのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんは計算はわかっていらっしゃる。何故1.5モルになるか、が分からないのではなく、あくまで消費されたCl2は2モルであって、『出てきた』Cl2を加味して1.5モルにするのが理解できない、ということでしょう。


閉じた系で実験したと仮定します。消費されたCl2(厳密には残ったCl2、ですね。生成物と比べるのだから)と生成されたCl2は区別できません(色が違う、とかいうわけじゃないし、名札を下げてるわけでもないし…)。ですから反応の前後で『減った』Cl2の量を『国語の定義としてはおかしな用法だが』"消費される"Cl2と表現しているのです。

言ってみれば慣例です。確かにおかしい(質問者さんの考えも、分かる)、と思います。

「こんなもんなんだ」って、割り切っちゃって下さい(^^;

Q4コマ漫画

この画像を見て、4コマ漫画風に台詞を考えてみて下さい(^-^)

Aベストアンサー

こんにちは。

左からいきます(笑)

「注文の品が届いたぜ!」
「まてまて、テメーを撃つ気はねぇよ」
「この世界からアホを一人減らすためさ(もごもご)」
「ダメだぁ~(TT) やっぱおっかねぇーーーーー!!!」

ではでは!


人気Q&Aランキング