日本各地に生物でない物(主に道具類)を「供養」すると言う習慣(「針供養」等)がありますよね。
この様な習慣の起源を御存知の方いらっしゃいますでしょうか?(時期、地方など)
多くの場合、これらの習慣は仏教的な儀式として行われていると思いますが、
仏教の中ではこの様な非生物の「供養」について定義されているのでしょうか?

アイヌ文化でもネィティヴインディアンの文化でも、
長年使用した道具(非生物)に対し儀礼を行うと聴きました。
その様な風習が仏教以前にも一般的に存在していたのか、
あるいは仏教文化と共に持ち込まれたのか、
仏教以前に存在するとすれば、いつ頃仏教文化と一緒になったのか興味を持っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

仏教で「供養」は三宝(仏・法・僧)または死者の霊に諸物を供え回向(エコウ)することを意味します。

三宝の一、法の意味として「一切の存在するもの」がありますから、ある意味、「供養」と言う言葉自体すでに非生物を含んだ言葉だと考えてよいのかもしれません。

非生物への「供養」がどうして日本で行われるようになったかについて、僕は勝手に次のように、想像しています。
1.インドで煩悩から解脱することを目的とする仏教が生まれた。
2.中国に仏教が伝わって、儒教の影響を受け葬送儀礼が取り込まれた。
3.葬送儀礼の加わった仏教が日本に伝わり、万物に神が宿ると言う考えとひとつになり、非生物への供養が行われるようになった。

針供養の他には、「橋供養」「鐘供養」などがあるようです。
針供養については参考URLに由来が書いてありますので見てください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/272 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2001/02/20 16:15

結論からいえば、非生物を祭る儀礼は仏教以前に存在したと云ってよいでしょう。



森羅万象、万物に生命や精霊が宿るという考えは、現代の主要宗教以前の世界各地に存在したと考えられます。その形跡はインディアン(中南米ではインディオ)や世界各地の僻地に住む民族に残っています。勿論、日本でも形を変えて色濃く残っており、先進国としては珍しいケースと云えるでしょう。ドイツやスイス、北欧などの同じような習俗はきリスト教により禁止され早い時期に姿を消した訳ですが、
一部は姿を変えて生き残っています。(ハロウイーン、クリスマスの樅の木、春の祭礼など)

万物を崇めることを具体化したのが祭りであり祠や大木信仰だと思います。太古から万物礼拝が行われていたらしいことは、発掘された祭祀場跡や祭りの道具、偶像、人形などで考古学的に確認され、現代社会(特に未開の)においては、文化人類学が証明しています。

キリスト教が徹底的に古い習慣を追放したのに比べ、アジア生まれの仏教は各地の
習俗を布教の道具として、積極的に取り込んだのではないでしょうか。厳しい一神教のキリスト教でさえ、布教が遠方に及ぶにつれて人類共通の習俗や願いを無視できなかったようで、イエス・キリスト以外にマリア信仰や沢山の聖人が生まれ、それぞれが何らかの守護神となって庶民の願いを聞き届けています(カトリック)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。
世界的にはキリスト教下で消滅したものが多いのですかね。

お礼日時:2001/02/20 16:24

 仏教渡来以前の民間の物語の集成である古事記に水神とか山あるいは風の神、火の神様の記述がありますので、日本古来の風習です。

仏教の伝来と共に、それが仏教の習俗の様に変化(大国主の命が仏教の大黒天になり、かまどの神となった)した例もありますが、基本的には全てのものに神が宿っていると見ていた日本古来のものです。

参考URL:http://www2.spitz.net/amou-field/kuniumi.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。(参考URL面白いですね)

お礼日時:2001/02/20 16:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお寺で煙をかぶる習慣は仏教のマナー?

お寺に入ると大きな壺にお線香が立っていて煙が出ていますね?
よく人がたかって、煙を頭にかけていますが、どういう習慣なのでしょうか?
仏教の習慣ですか?

Aベストアンサー

>>よく人がたかって、煙を頭にかけていますが、どういう習慣なのでしょうか?仏教の習慣ですか?
 仏教で言えば「塗香(ずこう)」の流れかとおもいます。塗香とは、体に香を塗って煩悩のような心の汚れを清める意味があります。
 香木を粉末にしたものを乾燥させて、水と練り合わせて使うようです。一般的に使われる抹香よりも細かく木屑のように見えますね。
 そもそも、古代インドでは香木を体に塗ることで体に付けて体臭などを消すのに使っっていたそうで。日本においても平安時代などは体臭を消すために衣に香を焚き染めていました。中世ヨーロッパの香水のような役目を果たしていたと考えていただければよいと思います。こういったところから発展して、内的な煩悩を清める、外的な邪を寄せ付けないという意味づけによって仏教に取り入れられていったと考えられます。こういった流れから、質問者の言うような香をかぶると病気が治るとか、頭がよくなる、邪が払える等の風習が生まれたのではないでしょうか。

 余談ですが、現在では香や線香は仏様(故人・ご先祖様)に差し上げるものと考えるのが一般的ですが、仏教においてもともとは自分自身の煩悩という汚れを清めるためのものでした。葬儀や法事などで、お焼香するときおデコのところまで持ち上げたり、お線香を立てたりするのは、仏様に差し上げるためのものです。ただ浄土真宗においては、お焼香のときにおデコのところまで持ち上げないのが正しい作法ですし、お線香も立てません。それは仏様に差し上げるためではなく、お香を焚くことで自分たちの煩悩臭さを消して部屋をきれいにし、お招きする仏様(ご先祖様)に気持ちよくいていただきたいという立場からなされます。

 このようにお香に意味自体も宗派によってそれぞれ違います。今は浄土真宗を例に出しましたが、真言宗さんにおいても祭壇にお水と塗香がおいてあって、お坊さんは自分の身を清めるために使うそうです。私も全ての宗派について知っているわけではありません。どうぞご自身の菩提寺のお坊さんにも質問してみてはいかがでしょう。私より明快な答えがもらえるかもしれませんよ。
 長々駄文を連ねました、文意を読み取っていただきたくおもいます。
 合掌 南無阿弥陀佛

>>よく人がたかって、煙を頭にかけていますが、どういう習慣なのでしょうか?仏教の習慣ですか?
 仏教で言えば「塗香(ずこう)」の流れかとおもいます。塗香とは、体に香を塗って煩悩のような心の汚れを清める意味があります。
 香木を粉末にしたものを乾燥させて、水と練り合わせて使うようです。一般的に使われる抹香よりも細かく木屑のように見えますね。
 そもそも、古代インドでは香木を体に塗ることで体に付けて体臭などを消すのに使っっていたそうで。日本においても平安時代などは体臭を消すた...続きを読む

Q食事について文化や習慣の違いに驚いたこと

 日本に住んでいる外国人の方、または外国に住んでいた事のある日本人の方にお尋ねしたいと思います。
 外国と日本において「食事」の文化・習慣の違いに驚いたことはありますか?それはどのような事ですか?例えば、食べる回数、量、作法、材料などといった事 他にもどんなささいな事でもかまいません。
 「私の国では~だが、日本では・・・だ。」といった感じで、さらにお国の名前を必ず添えていただきたいです。お手数ですが、どうかよろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

面白かったのは、我が家にホームステイしていたアメリカ人です。
食事の時には、お椀を持っていいのだと教えました。
持ったほうが良いのだと。
冬休みに実家に帰って、お皿を持ち上げて家族に仰天された話と一緒に戻ってきました(^^;)
これは、常識の範囲でしたか?

Qお雛様の道具が多い

祖母に7段飾りの雛人形を買ってもらったのですが、道具の中に「几帳」(百人一首の小野小町などの横に描かれている衣文掛け?)が一対入っていました。飾り方の説明書などにも描かれていなくて、とりあえず一番下の牛車と籠の後ろに飾っていますが、火鉢などの道具が見えなくなってしまいます。正式には何処に飾る物なのでしょうか。

Aベストアンサー

 三人官女の両脇の2名の背後だと思います。
数年前、娘の雛人形購入を検討していた時にそういう段飾りを見た記憶があります。

Q針供養にこんにゃくを使うのはどうして?

針供養で、こんにゃくに針を刺して祀るならわしがあります。
どうしてこんにゃくを使うのでしょうか?
「食べ物を粗末にしない」という発想と相容れない気がしますので、
なにか伝統的な理由があると思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1118466
http://allabout.co.jp/family/ceremony/closeup/CU20060208A/index.htm

いつも硬いものに刺しているので柔らかい物に刺して供養するという心遣いからです。

Q首都圏に世界文化遺産が存在しない理由

文化遺産の数を比較した場合、関西には数多くの世界文化遺産がありますが、首都圏には世界文化遺産は存在しません。
鎌倉を世界文化遺産にしようとの声もあったようですが、海外の諮問機関からは「不登録」として真っ先に取り下げられたようです。今後も首都圏に世界文化遺産が登録される見込みはないでしょう。
やはり首都圏は文化不毛の地なのでしょうか。

ここでいう首都圏とは、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県を指します。
関西は京都、大阪、兵庫、奈良の2府2県です。和歌山や滋賀も関西ですが、首都圏と都府県の数を公平に合わせました。
関東地方の一部である栃木や群馬には世界文化遺産がありますが、栃木や群馬を首都圏とは言い難いでしょう。

Aベストアンサー

おいら趣味であちこちウォーキングで歩き回ってて、東京出張の時には東京・神奈川・埼玉・千葉も結構行ったことあります。
当然、普段は近畿の各エリアを歩き回ってるんですが・・・ぶらぶらしてておもろいのは、やはり圧倒的に近畿の方です!
正直、奥行きや深さ、バリエーションが全然違います。

・竪穴式住居の遺跡から始まって、仁徳天皇稜、(ご存じない方も多いと思いますが)奈良の平城京以来大阪や京都など何度となく遷都していて、その都の跡。
・小倉百人一首の舞台となったスポットは、おそらく1/3以上。
・「○○の起源」「○○発祥の地」というスポットの多さ。
・明治からの近代でも、五代友厚をはじめ連ドラのネタに取り上げられる人が何人もいてる。
・昔は「鉄道王国」と呼ばれたエリアやっただけに、近鉄や(当時の)国鉄etc.の各社がしのぎを削っていた跡etc.も多数残っている。
などなど。

関東を「文化不毛の地」とはよー言いませんが、やはり関東は江戸自体以降に急速に発展した分、それ以上に近畿エリアの歴史があまりに厚すぎるんです。

ちなみに、今回対象から外された和歌山・滋賀でも、例えば滋賀には信長が築いた「安土城」址があったり、和歌山には熊野古道があったり(CMでもやってますけど)醤油発祥の地があったり・・・と、歴史好きな人にとってはより興味深いスポットが多いと思いますよ。

おいら趣味であちこちウォーキングで歩き回ってて、東京出張の時には東京・神奈川・埼玉・千葉も結構行ったことあります。
当然、普段は近畿の各エリアを歩き回ってるんですが・・・ぶらぶらしてておもろいのは、やはり圧倒的に近畿の方です!
正直、奥行きや深さ、バリエーションが全然違います。

・竪穴式住居の遺跡から始まって、仁徳天皇稜、(ご存じない方も多いと思いますが)奈良の平城京以来大阪や京都など何度となく遷都していて、その都の跡。
・小倉百人一首の舞台となったスポットは、おそらく1/3以...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報