元素の宇宙存在度というグラフを見ると、水素とヘリウムが多くて、リチウム、ベリリウム、ホウ素で、少なくなっています。真ん中あたりでは、鉄が多くなっています。原子番号が小さいほど、存在の割合が高くなるのは理解できるのですが、なぜ、ベリリウムは、宇宙に少ないのでしょうか(軽い元素なのに)。
私の考えでは、原子核の安定性と、星の中で原子ができる時の核融合反応経路を考慮することによって説明できると考えているのですが、具体的には分かりません。
ベリリウムが宇宙に少ない理由について、何でもいいので、皆さんよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 宇宙はビックバンからはじまった。

ガモフ等は火の玉宇宙がすべての元素の融合炉であるというアイデアを、1948年に発表した。しかし、その後、4Heより重い元素は初期の宇宙では大量にはつくられないことが判明した。そして、D(重水素),3He(ヘリウム3),4He(ヘリウム4),7Li(リチウム7)等、軽元素のビックバン元素合成である。
 さらに、恒星内で行われる核融合反応で、6C(炭素)から26Fe(鉄)までの元素が合成される。超新星の爆発の衝撃でさらに原子量の大きい元素が誕生するのである。
 この元素の成因説で、3Li(リチウム)~5B(ホウ素)はビッグバンで生まれたもの。しかも、大部分は水素とヘリウムである。恒星内の核融合反応の最終点が鉄で、鉄に多いピークがある理由である。恒星内の核融合反応ではほとんどリチウム~ホウ素の元素は生まれない。
 とういう、宇宙の成因説「ビッグバン理論」と「星の一生(恒星の核融合反応)」の理論により、元素の量が決まってくる。

参考URL:http://base4.ipc.konan-u.ac.jp/Kenkyu/buturi/cos …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
恒星内の核融合反応が、鉄で終了するのは、鉄の原子核が他の原子核に比べて安定だからですよね。やっぱり宇宙では、リチウム、ベリリウムなどの合成経路って少ないんですね。

お礼日時:2001/02/20 19:29

bilikenJrさんの回答への補足です。

本題から外れるので手短にさせて
いただきます。

太陽から来るベリリウム7ニュートリノが地球上で観測される数が少ない
ということが知られていますが、このことは、現在、一般には太陽内で
作られるベリリウムの量が予想より少ないのではなく、太陽内では予想
どおり作られているのだけれどニュートリノが地球に届く前に観測され
にくい「ミュー型ニュートリノ」に変身してしまう「ニュートリノ振動」
という現象が起こっていると解釈されています。

参考URL:http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/index_j.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
内容が深いですね。ベリリウム7問題について、私は、よく理解できてはいないのですが、専門家の予想通りの量のベリリウムが太陽系でも作られているということですよね。

お礼日時:2001/02/21 18:29

dragon-2さんの補足として。


星の中での核融合反応で、もっともエネルギーを供給してくれるpp連鎖反応部ではbigseaさんの言われるとおりベリリウムも必要であることは分かっています。
しかし、太陽の核融合反応に伴うニュートリノ量の観測から、ベリリウムは太陽中でほとんど作られていないという指摘がなされています。
これは通常「ベリリウム7(セブン)問題」といわれています。
ベリリウム7が十分に作られないと、ボロン8が作られず、ボロン8の核融合反応に伴うニュートリノが出てきませんが、現在の観測では、ボロン8ニュートリノが地球にやってきていることが観測されています。これが矛盾として指摘されており、太陽標準模型の問題点として解決が待たれているところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白い学説を教えてくださり、ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/20 19:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校の原子分野についての質問です。 原子核反応において、原子核同士を衝突させたときと原子核に中性子等

高校の原子分野についての質問です。

原子核反応において、原子核同士を衝突させたときと原子核に中性子等の粒子をぶつけたときの反応は違うものなのでしょうか??

教えてください

Aベストアンサー

No.4です。ちょっと用語の使い方が適切ではなかったかもしれません。
鉄より軽い元素が「核融合」で作られると書きましたが、鉄より重い元素も「核融合」で作られます。
その意味で「鉄より軽い元素は、発熱反応の核融合」で作られ、「鉄より重い元素は、吸熱反応の核融合」で作られる、と書くべきなのでしょう。

学問的に正確に書くとどうなるのか、ちょっと自信がありません。とりあえずイメージ的な話として書きました。
「正確」に知りたければ、その筋の「書籍」なりを読んでください。

Qヘリウム3の核融合の可能性

ヘリウム3の核融合は放射能を出さないと聞きました。本当でしょうか?これが本当で実用化されれば危険性のない原子力発電が可能になると思うのですが、現在どの程度まで開発が進んでいるのでしょうか?実現の可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 現在核融合の研究では、重水素(D)と三重水素(T)の核融合反応が使われています。これをD-T反応といいますが、利点は最も低温で起こる核融合反応だからです。同じぐらいの温度で起こる反応にD-D反応がありますが、これは取り出せるエネルギーが少ないため、D-Tが重視されます。
 要するに最も実現が楽なのがD-Tなのですが、問題はmario_cxさんもおっしゃるように中性子線を大量に出すことです。中性子線自体も人体に有害ですし、これを吸収した物体は放射能を持ちます(放射能と放射線を区別してください)。
 ヘリウム3(He3)を用いる核融合は、基本的には重水素と融合させるHe3-D反応ですが、この反応自体からは中性子線が出ません。陽子線が発生しますが、これは磁場から逃げ出せないのですべて閉じ込めることができます。ただ、He3とDを混ぜるわけですからD-D反応も起こり、中性子線が発生します。ただ、これはD-T核融合の10分の1以下と言われています。また、逃げていく中性子が少ないので発電効率もよくなります。
 しかしこれはD-T反応やD-D反応に比べて非常に高温にしなければ実現できないので、技術的に難しいのです。簡単なD-T反応でさえ実用化できていないのが現状なので、He3核融合は将来の話となるでしょう。また、He3は地球上には非常に少量しか存在せず、高価な燃料です。月には大量にあることが確認されていますが、今はまだ利用できません。しかし、人類が実用的に使えそうな核融合反応はD-D・D-T・He3-Dの三種類だけであり、He3-Dの利点は明らかなのでいずれ研究が進むでしょう。

 marioさんは「核融合は簡単に起こるが暴走を防ぐためにわざと抑えている」というようなことを述べておられますが、少し違うのではないでしょうか。D-T反応ですら連続的に起こすために工夫が重ねられているのです。暴走どころか、すぐ止まってしまう反応をいかに活発に起こさせるかということが研究されているのです。

 現在核融合の研究では、重水素(D)と三重水素(T)の核融合反応が使われています。これをD-T反応といいますが、利点は最も低温で起こる核融合反応だからです。同じぐらいの温度で起こる反応にD-D反応がありますが、これは取り出せるエネルギーが少ないため、D-Tが重視されます。
 要するに最も実現が楽なのがD-Tなのですが、問題はmario_cxさんもおっしゃるように中性子線を大量に出すことです。中性子線自体も人体に有害ですし、これを吸収した物体は放射能を持ちます(放射能と放射線を区別してください)。
 ...続きを読む

Qヘリウムの原子核について

物理学は、文系の大学の一般教養でやったきりなので全くの素人ですが、高校時代は理系にいましたので、大変興味があって、今少し研究しています。

その中で少し疑問に思ったのですが、ヘリウム原子は普通、陽子ふたつに中性子がふたつですが、中性子のない、陽子がふたつだけの原子(ヘリウム原子というべきか、2重水素というべきか)は自然界に存在しないのでしょうか?もし存在しないのであれば、その理由はなんでしょうか?また、人工的に核融合反応か何かで作れるものなのでしょうか?ご存じの方、お願いします。

Aベストアンサー

核力について補足。
強い力と言われる様に電磁気力より、遥かに強い力ですが、力が届く距離が短くて、隣りの粒子ぐらいまでしか届きません。

あと、前の投稿では書かなかったんですが、核力は陽子と中性子との間に働く力と考えてください。
陽子のみ、中性子のみでは充分に働きません。

核力をイメージで書きます。
単純化のため、前の投稿のように、中性子は陽子が服を着込んだものと思ってください。
原子核の中で、ある中性子が服を脱いで隣りの陽子に渡します。この時、服を脱いだ中性子は陽子になって、服を渡された陽子は中性子になります。
これをいろんな所で繰り返すこと、服を引っ張りあうことで、陽子-中性子が引きあって原子核になります。

ちなみに、この服は中間子という粒子ですが、
この機構を提唱してノーベル賞をとったのが、湯川秀樹博士の中間子理論です。

Q奇数の原子量を持つ原子核はなぜ核分裂を起こし易いのか?

U235やPu241の奇数の原子量を持つ原子核は、偶数のそれに比べて、なぜ核分裂を起こしやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

>「量子力学の基本方程式を正確に解いて明らかにすることは極めて困難

それは、当然のことです。殻模型は、一体近似(平均場)であり、あくまでも、殻の安定性を簡単に説明するための、一つのモデルにすぎません。しかし、スピン軌道相互作用を考慮することにより、質量数が偶数の核の方が奇数の原子核よりも安定だということが分かります。

>魔法数が、核分裂を起こし易いのと深い関係があるのでしょうか

魔法数が直接核分裂と関係するわけではありません。核の安定性の議論をするために、魔法数を持ち出したにすぎません。核分裂はあくまでも、核の安定性に関わる問題なのです。核の安定性を論議するには、殻模型が理解しやすい、と云うことです。

>ワイツゼッカー と ベーテ の 公式でZ=偶数、N=偶数のときに、結合エネルギーが大きいのか不明です。

当然のことです。だから、「半経験公式」というのです。液滴模型では、非対称エネルギーの項とペアエネルギーの項の導出過程が明らかになっていないですからね。だから、「殻模型で考えてみては?」とお薦めしているのです。

Qニワトリの生体内原子転換(核融合)

 とある本で、「ニワトリにカルシウムを全く与えないと、殻のない卵を産むようになったが、カルシウムは遮断したままカリウムを与えると、カルシウムの殻に包まれた卵を産むようになった。ニワトリの体内で原子核融合が行われている」という話を読みました。
 ネットで検索すると、ケルブランという学者の説のようですが、先の本には「この学者が書いた論文はノーベル賞候補になった(受賞はせず)」ということも書いてあります。
 あちこちのブログ等でも紹介され、感心されているようですが、この話はどこらへんまで正しいのでしょうか。

なお、

http://www.asahi-net.or.jp/~FT1T-OCAI/jgk/Jgk/Public/Color/color-03.html

で、「元素転換」としてケルブランの記述が引用されています。

Aベストアンサー

をぉおお!!
懐かしい!

 高校2年生の時に、夏休みの宿題で、「物理でも、化学でもいいから、誰かの論文を読んで、感想文を書け」という宿題があって、
 自分は、運悪く、彼の論文を読んでしまったのです。
 
 物凄い衝撃的な論文だったので、さぞかし、物理の先生に褒められるだろうと思って、自信満々で提出したら、
 
 「高校生にも、なってこんな新興宗教みたいな論文に騙されおって、おまえの様な奴が、xxxの様な宗教に騙されて事件を起こすんだ、歳相応の判断力を持て!」
 
 とたっぷり、10分は説教され、
 その後さらに、教室で公開批判されました。

 今なら、騙されませんが、あの頃は若かった。

 ちなみに、現在、無宗教です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報