人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

昔の一刻とは現代の分秒に換算すると何時間になりますか? 1日=100刻 1日=24時間 わかりやすく説明していただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

一刻(いっこく):一時(いっとき)とも言い、一昼夜を12等分する定時方では今の2時間にあたります。


 不定時法では季節・場所によって異なりました。

 少し昔は「めぞん一刻」でした。
    • good
    • 0

釣りかな?


まあ、どの程度の「昔]かにも依ります。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%BB
    • good
    • 0

一刻は夏と冬、昼と夜によって違いがあったようです。


詳しくはこちら
http://www.geocities.co.jp/Playtown/6757/edojika …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔の時間の単位を教えてください

昔(明治より前)、日本で使われていた時間の単位を教えてください。

例えば、今で言うところの「10分」とか「1分」に相當する時間はなんと言っていたのでしょうか。

まさか、無かったなんてことはないでしょうね。
そしたら「あと10分で仕事を終わりにしよう」なんて言えないですよね。

時間・分・秒は、明治以降ですよね。

Aベストアンサー

現在のような、分や秒を使った記録はないようです。
九つ、の0時は子の刻、午の刻、現在の子午線、日付変更の基準にしています。
12時を正午(正午の刻)など現代生活に使われている。
明け六つ、暮れ六つ、は簡単にいうと夏時間、冬時間のようである、時代劇ではいつも朝明け、日暮れ時である、これは時代劇の効果ではなく夜明け、日暮れにあわせたそうです。
基本的には、1刻は2時間、1時(とき)は1時間、以下は、半時は30分、四半時は15分、このような値より長いと思うときは半時余り、短いときは四半時足らず、などの表現で生活に支障がなかったようです。


人気Q&Aランキング