出産前後の痔にはご注意!

外に木目のベランダがあるのですが、最近、塗料というかニスがはげてきてしまい、塗り替えようと思っております。何年か前に人の勧めで油性のニスを塗ったのですが、すごく臭くて二週間ぐらい苦しみました。外で雨も降りこむ所もあるのですが、水性だとどうなんでしょうか? 何か木目の風合いも損なわない、匂いがきつくないお勧め塗料はありますか? どなたか教えていただけますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

オイルステンは、水性に近く臭いは少ないですが期間的には水性と同じかより短いと思います。



色合いは、木にしみこむと少し感じが変わります。(暗くなる?)
そして、透明度が高いので前に塗ったものを綺麗に落としてからでないとまだら模様になります。また、油性の塗料の上には載らないかもしれません。
=ご利用の時は試験塗装を。

耐候性は余り長持ちしません。防腐能力も他に比べて少ないです。

*前回補足
ニスは、透明・やや色のついたものとありますが、膜厚は薄く乾燥も速いです。=その分臭いは早くなくなります。
(軟らかい刷毛で一気に塗ります=何度もなでているとムラムラに)

仕上げコートと考えれば良いでしょう。
陽や水分が繰り返し当たるところでは、ある期間すると薄皮がめくれるように剥げて来ます。
この点では、油性のものには勝てません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます、 やはり油性が一番長持ちしそうですね、
臭いですが、塗り直しもいやなので、油性にしてみようと思います。
いろいろありがとうございました。

お礼日時:2008/08/16 00:06

>外に木目のベランダ・・・


とのことですが、木製の・・・と言うことでよろしいでしょうか
木製の場合、一番お勧めできるのはオイルステインです。
オイルステインとは、表面に塗膜を作る物ではなく、木の内部に染み込んでカビや腐食を防ぐ物で、ニスに比べてメンテナンスが簡単にすむ反面、土埃などによる汚れは付きやすいです。
ニス同様水性・油性がありますが、臭いが気になるのであれば水性をお勧めします。
最近のウッドデッキ等はほとんどこのオイルステインが使用されています。
オイルステインのメンテナンスは、再塗装部分を水洗いし、乾燥後必要に応じてサンドペーパーで汚れを落とし、そのまま塗り重ねます・・・当然前回の塗料を完全に剥離できませんので、塗り重ねる度に色が濃くなりますが、私的には風合いが出て良いと思います。
どうしてもニス・・・という場合は、外部用の水性ニスを使用下さい。
http://www.washin-paint.co.jp/product/details.ph …
ニスを塗る場合は、前回の塗膜をサンドペーパーで完全に取り除いた後で塗装するようにしてください。旧塗膜の上に塗り重ねるとムラになるばかりでなく、下地の旧塗膜が劣化し、新しい塗膜もすぐにダメになります。・・・この点を考えるとニスのメンテはとても大変です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、オイルスティンですか、よさそうですね。
調べてみます、いろいろありがとうございました。

お礼日時:2008/08/16 00:09

油性のペンキ類はどうしても後の臭いは乾燥の期間します。


水性塗料は、その点少ないですが、対候性は油性に劣ります。
(塗装膜の厚さでカバーできるが、木の風合いはなくなります)

ニスは本来アルコールで希釈します。
木の風合いは保てますが、風雨に曝されるところでは、この中では一番早く消耗します。
(色つきのクリアーくらいのつもりでお考え下さい)

オイルステンと呼ばれるものがありますが、前に塗った所ではその上に塗るのは難点があります。
(しみこみは良く色も沢山出ています。=絵の具水の色付けくらいのつもりで)

この回答への補足

ありがとうございます、オイルステンは匂いは水性より臭いですか?

補足日時:2008/08/12 11:03
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニスの匂いを消したいのです。

ミニバンの車中で使用する木製コンソールBOXを作りました。結構上手に出来たので、ニスを塗ることにし、「教えてgoo」で色々調べて、油性ニス(ウレタン入り)を二度塗りしました。既に一週間ほどたちますが、ニス(溶剤?)の匂いがとれず、車中に持ち込めません。ニスは日光に弱いとも聞きましたし、どうしたら良いか分かりません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

なるべく温度の高い環境(塗料が傷まない程度の温度環境)に置いて
溶剤分を揮発させてしまうようにしてはいかがですか?

#シックハウス対策の場合に、室温を上げて薬剤成分等を揮発させて
#その空気を換気して屋外に排出する、ということをやりますので、
#その応用で考えてみました。効果がどの程度あるかは何とも言えませんが…。

QDIY初心者です。ニス塗りに失敗してしまいました

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので困っています。

この場合、

1. 同じウレタンニスを薄め液で十分に薄めて塗りやすい状態にし、薄く何回か重ねてムラが目立たないようにした上で、最後に表面をちょっと粗めのサンドペーパーでやすりがけし、ツヤを消す。

2. 今の塗装にざっとサンドペーパーをかけ、不透明のこげ茶のペンキなどを重ね塗りし、ウレタンニスの失敗を隠す。

3.他の方法

のどれが良いでしょうか?
過去に2回位棚を作った程度のDIY初心者なので、家に電動のサンダーなどはありません。置く場所も無いので購入予定も無く、人力で塗装を全部はがすというのは難しく思われます。

現状の塗りムラだらけのツヤツヤの塗装を、濃い色である程度均一に塗られたツヤの無い(弱い)状態に近付けたいです。

お知恵をお貸し下さい!

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので...続きを読む

Aベストアンサー

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくしなくても済むはずです。多分、180♯くらいまでいけば・・・様子見ながらですけど。完全に削り取れずに多少残ってしまっても問題ないです(平滑になれば)。
今回は目止めしたのだと割り切ってしまえばそんなに悔しくないでしょう(笑)

指定の溶剤で少し薄目に割ればムラは出づらいです。
完全に硬化してから中研ぎして上塗りします(2回塗りですね、色見が重くなりますが)。
つや消しにするには(メーカーによっては半ツヤ消しの塗料を出しているところもあるようですが)さらに中研ぎしてから一液性ウレタンのつや消しスプレーを吹けばいいでしょう。
中研ぎは塗膜の層間剥離を防ぐ意味でも必要です。刷毛塗りですと硬化をちゃんと待ってから中研ぎしてください。

ステインは浸透系の着色剤ですから今回の場合はさらに悪いことになってしまう可能性が高く、向きません。

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくし...続きを読む

Q本棚の塗料(臭いの少ないもの)

本棚の塗り直しを考えています。
・においの少ないもの
・本などにくっつかないもの
・ホームセンターで入手が可能なもの
以上を満たすものでお勧めの塗料をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか?
一般的に販売されているものの商品名を教えていただきたいです。
あと、日曜大工等はあまりしないので、初心者でも扱いやすいものを教えていただけると助かります。
回答の方よろしくお願いします;;

Aベストアンサー

ホームセンター等で「水性」「木部用」と表示されている物で大丈夫です
水性ですので、うすめるのは水ですから扱いは簡単です
ただし、キレイに出来るかどうかは別です

塗装は「技術」ですので、何の経験もない方が、初めてやってもキレイに出来るというものではありません
塗装の手順等については、ネットで検索すれば沢山出てきますので、事前に調べた上で、不要な板などで練習をしてからはじめる様にしてください

Q油性ニスをぬった後の仕上げ

小さいですが木製のテ-ブルをつくりました。
ウレタン系の油性ニスを塗ったのですが
(表面を240番研磨後ニス1度塗り。ニスが乾いた後表面を400番研磨後2度塗り)
ツルツル感とツヤは出ましたが表面に気泡等気になるところがあります。
デコボコは消したいですがこのツヤはいかしたい。どうすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。
気泡が出たのは、ニスが乾ききる前に重ね塗りをしたか、刷毛を十分にニスになじませなかたったからでしょう。
さて、でこぼこの解消ですが、800番程度の紙やすりを2つに切り研磨面どおしを合わせてこすります。ある程度すると手に引っかからないくらいになりますのでそれで、テーブル面を研磨してみてください。ざらざら感も解消してしっとりするはずです。どうぞお試しあれ。

Q手作り雑貨・アクセの仕上げ(ニス)について

自作で雑貨・アクセサリーを製作したのですが、仕上げ剤について困っています。
水性ニスを現在使用しているのですが、乾燥後も若干のベトつき感がずっと残ってしまいます;
(他メーカーも何種か試しましたがやはりぺタつきは残り。。。ニスの特性なのでしょうか?)
市販品の手作り雑貨やアクセサリーってどんな仕上げ剤を使用しているのでしょうか??売り物はペトペトなんてしていないですよね・・・
そもそもニスではないのでしょうか。。。?

ベトつかないニス、もしくは方法、目的に適した仕上げ剤がありましたら教えて下さい;
※実用的に使用したいだけなので、一般家庭で安易に扱える仕上げ剤であれば特にニスにはこだわりません。

ちなみに自作している雑貨・アクセの素材は樹脂粘土です。
焼成後の樹脂粘土にアクリルで着色をしている状態です。

知識がなく困っております(泣)どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは 彫金趣味のおばさんです。
最近はレジンを組み合わせたアクセサリーを作ってますけど、そのベタつきは恐らく元の素材とラッカー(ニス)が融合してなっちゃんだと思います。
よく乾かしても、数ヶ月もすればベタベタってことありませんか?

アクリル絵の具ってダメなんですよ。
あの色合いは綺麗なんですけど…。
それでその樹脂の素材って何でしょう?(私はエポキシレジンです)
恐らく樹脂粘土(=ポリマークレイ)っていうくらいなのでポリ塩化ビニールだと思います。
なので油分と着色アクリルとラッカーが交じり合って溶けちゃうんだと思う。

まずお勧めなのは「ソフビカラー透明」というもの。
これお勧めです。対塩ビ用とでも思ってください。
大きい店なら売ってますが結構いい値段(^^;;1200円くらい。

今までどおりやってこれを最後にふきかける(よく乾燥させてから)
コレでダメなら焼成した段階で下地に吹きかけてからアクリルを塗る(アクリル色が乗れば)
一番いいのはアクリル絵の具をやめて専用の「ソフビカラー」で色づけ>「ソフビカラー透明」で仕上げがベスト。
で、お金を掛けたくないのであればアンチ・ラッカー(シンナー系じゃない)クリア塗料がお勧め。
私の使っているのは東急ハンズオリジナルの「ハンズセレクション 多様途用 マットクリア」
これは500円前後と安い。 これはアンチラッカー系です。
私はアクリルじゃなくソフビカラーを使っているので「色止めセルロースセメント」も使っています。では参考になれば。

こんにちは 彫金趣味のおばさんです。
最近はレジンを組み合わせたアクセサリーを作ってますけど、そのベタつきは恐らく元の素材とラッカー(ニス)が融合してなっちゃんだと思います。
よく乾かしても、数ヶ月もすればベタベタってことありませんか?

アクリル絵の具ってダメなんですよ。
あの色合いは綺麗なんですけど…。
それでその樹脂の素材って何でしょう?(私はエポキシレジンです)
恐らく樹脂粘土(=ポリマークレイ)っていうくらいなのでポリ塩化ビニールだと思います。
なので油分と着色ア...続きを読む

Q油性塗料の臭い

初心者の質問になります

先日SPF材でキッチンに置く棚を作り、油性の塗料を塗りました。(IKEAで売ってる塗料です)
塗り終わって24時間、野外で放置し、室内にいれましたが、臭いが大変きつく、キッチンに置くものですので、耐え切れずまた外に出しました。
油性塗料の臭いは大体どの程度で消えるものでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

IKEAのHPで見てみましたが、材料が、亜麻仁油ですね。
つまり、乾燥がおそいので、おそらく半年くらいはその臭いがするでしょう。
乾性油なので、ホルムアルデヒドも発生する為、最低でも2週間は室内におかないか、こまめに換気してください。

くさくないものなら、水性ウレタン系がいいと思います。
溶剤系ならば、ラッカー、2液ウレタンが良い物と考えます。

Qテーブル塗装(オイルステン)後のニスについて

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょうか?
塗らなければ、使用しているうちに塗装が溶けて(暑い部屋に置いていたり)しまう、等になる可能性があるのでしょうか。
また、塗らなければならなくて、下記のような仕上がりにしたいのなら、どのような種類のニス?を使用すれば良いでしょうか?


仕上がりの質感的には、有名な所でtruck furniture(メーカー。使用している木の種類は、自分のとは大きく違うので無理があるかもしれませんがw)のような、あまりテカテカしていない、塗っているか塗っていないか分からないぐらいの木目がしっかり出たような自然な仕上がりにしたいのですが。
自分が使っている木材はカラーボード(芯材=パーティクルボード)です。


お手数ですが、ご返答宜しくお願いします。

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

使った塗料にもよるのですが、一般的にはステインだけだと塗料が固定しにくいので、例えば
椅子やテーブルなら着衣に色写りしたりすることがあります。
また水濡れやアルコール(酒とか)で退色、ムラになる可能性もありますね。

一般的には上塗りした方が塗装としては強固です。

かといってニスをそのまま塗ったら塗膜でテカテカになって、木の風合いが消えてしまいますね。
私もあまりそういう仕上げはスキじゃないです^^

私の場合、上塗りでよく使うのは蜜蝋ワックス、ワシンオイルとかですね。
施工も簡単ですし、風合いもよく残るのでオススメです。

蜜蝋ワックスはたまに上塗りして磨くと、深いツヤが蘇りますよ。

Q合板から発する臭いについて

ソファーを購入したのですが、そのソファーの中にある合板から強烈な臭いがします。
SGS-CSTC Ltdという会社の検査の結果、合板に含まれるホルムアルデヒドの量は規定値内でしたし、私が簡易キットで行った試験でも反応がなかったのでホルムアルデヒドではないようです。


マレーシアの会社が作ったソファーのようですが、ソファー屋さんに聞くと、東南アジアの木の中には強烈な臭いを放つ木もあるとのことでした。 

臭いの特徴としては、ツンとするようなにおいでもあり、埃っぽいような臭いでもあります。 ソファーは合皮でできているのですが、温度が高くなり、日が当たりだすと、ソファーの表面からも臭いだします。  夜になり、寒くなると臭いはなくなります。 

一体、この臭いはなんなのでしょうか? 
このソファーが来てから、肝臓のあたりが痛くなり、1週間ほど、家に帰らないでいたら治りました。 このソファーが原因なのかなと思い、体に悪いものなら困るなと思っています。

お分かりの方がいらっしゃいましたら教えていただければと思います。

Aベストアンサー

接着剤ならばホルムアルデヒド、酢酸エチル、酢酸、アセトンなどが考え
られますが、ホルムアルデヒドは陰性のようです。

亜熱帯地方には匂いの強い気が多いです。香木と呼ばれる木は東南アジア
原産であることが多いです。お茶の木も中国雲南省の木が突然変異したものです。
正倉院の宝物で有名な蘭奢待は日本に伝わってから1000年以上になりますが、
測定ではまだ強い香気成分を含有しているそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%AD%E5%A5%A2%E5%BE%85

埃っぽい匂いということで、沈香、白檀に近いのかも知れません。

Qニスとワックスの違い(フローリング)

フローリングについて質問です。
ニスとワックスの違いを教えてください。

通常のフローリングは、
・ニスの上に、ワックスがかかっている
・上のワックスは、除光液でも剥がれるが、下のニスは、除光液では剥がれない

このような理解で正しいでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

 本来は、ニス(varnish)は、乾性油--不飽和脂肪酸を含む油脂でヨウ素価が130以上--や松脂などの樹脂を溶剤で希釈したものです。油脂とは高級脂肪酸とグリセリンのエステルです。
 ⇒乾性油( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%BE%E6%80%A7%E6%B2%B9 )
 ⇒蝋( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%8B )
 ワックス(WAX)は、高級脂肪酸と高級アルコールのエステルのことです。これはアセトンでは溶けにくい。
 ⇒ワニス( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B9 )

 ---ここまでは、高校くらいの化学で習っているはずですから、当時の教科書をお持ちならそれぞれの用語を調べてください。---

 ただ、これは由来で現在ではニスのほうは様々な樹脂が使われています。特に床材の場合はポリウレタンが多いでしょう。

 除去液はアセトンが主体のものが多いでしょう。独特の臭気を持っているので判断できると思います。

 よって、お宅の場合は、
     ^^^^^^^^^^^^
 フローリングの塗装に反応硬化型のポリウレタン--一般的にはニ液型ウレタン塗装---が使われていると考えられます。
 
 よって
・ニスの上に、ワックスがかかっている
・上のワックスは、除光液でも剥がれるが、下のニスは、除光液では剥がれない
 ではなく、あくまでお宅の床はアセトンでは溶けにくい樹脂で仕上げられていて、その上を、本来のワックスでない樹脂ワックスが使われていると判断できるかな?
 と言うことです。

 床ワックスの目的は、床の保護とスリップ防止です。洗剤やアルコールなどで比較的簡単に落とせるため塗り替えができます。床ニスは木材の表面強度を上げて傷を付けにくくするためです。工業製品の場合は溶剤を使う量が少なくてすみ工業化しやすい反応硬化型が使われることが多いでしょう。市販されている床ニスは、業務用は兎も角、家庭用は溶剤型ですのでアセトンやトルエンなどの溶剤で溶けます。

 本来は、ニス(varnish)は、乾性油--不飽和脂肪酸を含む油脂でヨウ素価が130以上--や松脂などの樹脂を溶剤で希釈したものです。油脂とは高級脂肪酸とグリセリンのエステルです。
 ⇒乾性油( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%BE%E6%80%A7%E6%B2%B9 )
 ⇒蝋( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%8B )
 ワックス(WAX)は、高級脂肪酸と高級アルコールのエステルのことです。これはアセトンでは溶けにくい。
 ⇒ワニス( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B9 )

 ---ここまでは、高校くらいの化...続きを読む

Qテーブルみたく膜を張ったようになる塗料

先日テーブルを作りました。
リサイクルショップでテーブルの足だけと、
ホームセンターで天板(四角い木材)を購入し組み立てました。

木材の方は何という木か見てこなかったのですが
無垢のもので柔らかいものです。
水で薄くした水性のペンキを塗りましたがよく吸い込み
素適に出来上がり満足しています。

ここから問題なのですが、天板の表面が木独特のザラザラ面の
ままなのでどうにか触れた時にテーブルっぽくなるような
位にしたいと思っています。
これは塗装をするのでしょうか?
既製品のものをみるとピカピカと輝いていますが
あそこまではいかなくてもざらざらが抑えられるくらいに
なればと思っていますが具体的にどうしたらいいのでしょう。

もし塗料のようなものを塗るのでしたら材料名を、
違うやり方があるのならば教えてください、お待ちしております!

Aベストアンサー

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術があるならここに質問しないはず・・・)

失敗が少なく、比較的きれいに仕上げるためにはオイルフィニッシュが良いでしょう。
自然系のオイルなら、塗った後のシックハウス被害も防止できます。

参考URLの太田油脂の「健康オイル」は使いやすく、ホームセンターでも取り扱っています。
これ以外でも自然オイル仕上げ用のオイル塗料が販売されていますので、店員にお問合せください。

仕上がりを決めるポイントは「サンディング」に尽きます!

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~ohtaoil/otprodct.htm#tkm

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報