すばらい映画を教えて下さい。タイタニックとかアルマゲドンとかじゃなくて、ニューシネマ(有名かな)とかユージュアルサスペクト(別によくないかもしれないけど)、知る人は知っているというかこれはよかったって言うのを教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

こんにちは!どんなジャンルが好きなのか判りませんが、


『髪結いの亭主』(私は超大好きです)
『イル・ポスティーノ』(主演俳優が監督をしています。最後はストーリーが現実に…)
古い所では『ひまわり』(名作です)
アメリカ映画の古い所で『巡り逢い』(その後、『めぐり逢えたら』を見ましょう!
おとぼけと言う事で『ジャック・タチのボクの伯父さんの休日』(ププッと言う笑いです)
そして『危険な関係』(グレン・クローズ主演。若い、キアヌ・リーブス、ユマ・サーマン、ジョン・マルコビッチ、ミシェル・ファイファーが出ています)
わたしこれ、何回も見ちゃいました。大作って訳ではないのですけど、人物の関係が面白い!
3回目かのリメイク映画で、1~2年程前にも兄弟を題材に、作られてました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

是非見させていただきます。

お礼日時:2001/02/21 10:11

>タイタニックとかアルマゲドンとかじゃなくて


っていうのは「商業性」よりも「作家性」重視ってことでいいかな?

今、作家性が際だっている映画作家を挙げると
*エミール・クストリッツァ
 99年公開の「黒猫・白猫」が最新作。
*ペドロ・アルモドバル
 00年公開の「オール・アバウト・マイ・マザー」が最新作。
*ラース・フォン・トリアー
 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」が現在公開中。
以上、ヨーロッパから。
イギリスは今、作家性というよりは職人性が強いから排除。
フランスは今、作家性重視の人が行き詰まってる。
アメリカで今、作家性を全面に出してきたのは
*M.ナイト・シャラマン
 「アンブレイカブル」が現在公開中。
アジアは今、注目すべき。大御所では
*アッバス・キアロスタミ
 00年公開の「風が吹くまま」が最新作だったかな?
*チャン・イーモウ、現在公開中の作品を見る前に
 00年公開の「あの子を探して」を見るべき。
で、日本
*黒沢清
 「回路」が現在公開中。
*三池崇志
 00年公開の「DEAD OR ALIVE 2」が最新作。
とりあえずこんな所から始めては如何? 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
是非見させていただきます。

お礼日時:2001/02/23 01:19

ジャン=ジャック・ベネックス監督の「ディーバ」!!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ディーバ」ですか。是非見させていただきます。

お礼日時:2001/02/22 18:39

「ブラス!」ユアン・マクレガーが出てます。


「好きといえなくて」
ユマ・サーマン、ジャニーン・ギャロファロ、ベン・チャップリンが出てます。
「テルマ&ルイーズ」スーザン・サランドン、ジーナ・デイヴィスが出てます。
これが私のおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ユアン・マクレガーと聞くと、キャメロン・ディアスと連想するおれは、普通じゃない?

お礼日時:2001/02/22 14:48

「アンタチャブル(?)」を撮った監督で、「ミッドナイトクロス」というものがあるはず。

切なくてスリルがあってという感じの映画だったと思います。
あと、「ロック・ストック・アンド・トゥ-・スモーキングバレルズ」(綴りがわからないです…。)というのも面白かったです。
日本映画だと、「君も出世ができる」とか、「太陽を盗んだ男」(ジュリーがなかなか死なないデス。)
ドキュメンタリーは「天安門」とか、濃いですが、原一男の「ゆきゆきて神軍」とか。
アニメではアードマン(ウォレス&グルミットの監督)の作品を見ても面白いと思います。
でも、マニアックな人と見てあとで解説してもらったりするのが一番おもしろかったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

是非見させていただきます。

お礼日時:2001/02/21 10:15

ジャンルにこだわらずにご紹介するなら


・「ライフ イズ ビューティフル」
もう有名ですね。めちゃ泣けました。
・「TATARI」
ホラーものですが、かなり怖かった。
ちなみに題名は日本ポイですが洋画です。
・「ヘルレイザー」シリーズ
趣味が悪いといわれます。これもメチャコワですがかっこいい。

参考にならないなぁ...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

是非見させていただきます。

お礼日時:2001/02/21 10:13

恋におちて (三角関係の青春もの)


 恋愛小説家(・・・・)
ブルースブラザーズ(コメディ)

こんなのはどうですか?

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

是非見させていただきます。

お礼日時:2001/02/21 10:13

新しいところでは、銀行強盗が刑事になりすまして警察に入ったら本当のやり手の刑事と間違えられてしまうコメディー「ブルー・ストリーク」は面白かったですよ。


サスペンスものではトム・ベレンジャーの「コンフェッション(原題:The murder of the crow)」が良かったです。
古くてシリアスなものでは、ルキノ・ビスコンティ監督、アラン・ドロン主演の「若者たちのすべて-ロッコと兄弟たち-」が長編もので感動的でした。でもビデオ屋で見かけたことはないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

是非見させていただきます。

お礼日時:2001/02/21 10:12

ティム・バートン監督の「エド・ウッド」は面白かったです。


50年代のハリウッドで史上最低の映画監督と呼ばれた実在の人物エド・ウッドの伝記映画ですが、期待せずに見たらはまりました。
この映画にも出てくるエド・ウッド監督映画「グレンとグレンダ」や「プラン9・フロム・アウター・スペース」「怪物の花嫁」なども見ましたが、最低ぶりが笑えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

是非見させていただきます。

お礼日時:2001/02/21 10:12

私はあまり映画には詳しくなく、ニューシネマとかがどんな類いの映画を指すのかわからないんですが、私の好きな映画をオススメさせていただこうと思います。


「センス オブ ウーマン」アル・パチーノ主演
「サブウェイ」よく覚えていないけどフランスの映画。
「恋する惑星」若かりし日の金城武が出てる香港映画。

みんな有名なものばかりですが、案外見てない人も多いので・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

是非見させていただきます。

お礼日時:2001/02/21 10:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ニューシネマパラダイス」と「ニューシネマパラダイス ディレクターズカット版」

多分、前者を観て、大大大好きな映画になりました。

そして多分、後者を見て、なんじゃこりゃ????となりました。

なんじゃこりゃ、のほうは、大人になったトトと女性の二人のシーンがだらだらと続き、映画を愛するトトの成長と郷愁の物語、からかけ離れた、駄作になったと思いました。
こっちが、ディレクターズカット、でよいですか?(もうこっちは観たくないので、確認しておきたく

Aベストアンサー

えーと、呼び方が多少入り組んでいるのです。
劇場公開版は後に「ディレクターズカット版」と呼ばれる「短い作品」で、
「完全オリジナル版」と呼ばれるのが「長い作品」です。

つまり、あなたが見たのは「ディレクターズカット版」であろうと思われます。
大ヒットしたのもこちらのバージョン。
仰るとおり、大人のトトのシーンが少ないシンプルなストーリーです。
完全オリジナル版は大人のトトの恋愛シーンが40分ほど入っています。

まあ、DVDなどでも尺を見れば大体わかるとは思いますけどね。
「繰り返して見ると完全版もなかなかの傑作である」という意見も多いですが、
テーマ自体も変わってしまうほどの違いですから、
最初に短い方を見ちゃうとどうしても引きずられちゃうでしょうね。

私も劇場公開版を見たクチなので、短いほうが好みです。

Qニューシネマパラダイス

この映画を見たとき、いたって普通な映画だな~って思ってしまいました。でも、世間の評価はものすごく高いですね。この映画の良さがわからない自分がバカなのかなと思いました。


質問です。
1この映画を通して、監督は何を訴えたかったのですか?
2この映画のどの部分で感動しましたか?

Aベストアンサー

私はこの映画があまり好きではないのですが
まだ回答がないようなので考えを述べさせて下さい。

> この映画を通して、監督は何を訴えたかったのですか?
監督が何を伝えたかったか?を考えるよりも
なぜ世間の評価が高いのか?そのために監督は何をしたか?
を考えた方が分かりやすいかな?と思います。

なぜこの映画は好まれるのか?
やはり映画好きのノスタルジックな憧憬に
(あざといまでに)的確に応えているからでしょう。
一口に映画好きと言っても色々な方がいるでしょうが
私のようにアクションやホラー、B級やカルト系が好きな人ではなく
古きよきハリウッド・スタイルの映画が好きな人~偏見を込めて断定すれば
保守的な映画が好きな人の嗜好を的確に捉えているからだと思います。

要するに「普通の・真っ当な・正しい」姿を装った映画ゆえに
ハリウッドの大味なアクション大作映画や
テレビ番組の延長線みたいな日本の娯楽映画や
難解を気取るヨーロッパの前衛的映画に疑問を感じているように人にとっては
救いの存在なんだと思います。

この映画の狙いが
単なる「映画賛歌のノスタルジー」に応えるモノなのか
それとも「ノスタルジーと決別し、現実を生きる」ための活力なのか
言い換えれば「シチリア」側が軸なのか
それとも「人生は、もっと困難なものだ。行け・・・・ローマに戻れ」
つまり「ローマ」側が軸なのか、その解釈は人それぞれでしょうが
http://www.satonao.com/cinema/paradiso.html
でも、多くの人を惹きつけて止まないのは
シチリアの街や広場や人々の人間的な(でも箱庭的な)情景、つまり
ノスタルジーだと思います。
ラストシーンなんてノスタルジックなファンタジーとしては
マスターピースだと思いますよ。
(でも、本当はああいうことはやっちゃイケナイんだよ。)
http://www.ne.jp/asahi/hp/mastervision/columns.html#NCP

あと、素直に素晴らしいと思うのは
役者陣、カメラ、そして当時若干33歳のジュゼッペ・トルナーレ監督の演出力。
上手いよね。
でも、技巧的だよね。
個人的な好みとしては技巧や作意が鼻について好きになれませんでした。
素材や味付けに凝ったアップルパイのようなもので
アップルパイ自体は伝統的な普通のお菓子だし
ああいうモノはあまり技巧に走ると途中で食べ飽きてしまうというか・・・

私はこの映画があまり好きではないのですが
まだ回答がないようなので考えを述べさせて下さい。

> この映画を通して、監督は何を訴えたかったのですか?
監督が何を伝えたかったか?を考えるよりも
なぜ世間の評価が高いのか?そのために監督は何をしたか?
を考えた方が分かりやすいかな?と思います。

なぜこの映画は好まれるのか?
やはり映画好きのノスタルジックな憧憬に
(あざといまでに)的確に応えているからでしょう。
一口に映画好きと言っても色々な方がいるでしょうが
私のようにアクシ...続きを読む

Qニューシネマパラダイスのこと

「ニューシネマパラダイス」という大変いい映画があるのですが、同名の映画がすごく前にあったのでしょうか?
昔の映画特集番組で正確な公開年は分からないのですが、たしか「ニューシネマパラダイス」という名前だったと思いますが、そんな映画が紹介されていました。
だれか知っている方、真偽(「ニュー~」かどうか)を教えて下さい。あと、それは1988年の「ニュー~」と関係あるのか教えて下さい。

Aベストアンサー

ご質問にある「ニューシネマパラダイス」と同題名の映画はございません。また、類似した題名の映画も、私の知る範囲および、調べて判った範囲ではありません。

尚、件の映画は、1989年・ジュゼッペ・トルナトーレ監督作品。
邦題は「ニュー・シネマ・パラダイス」
原題は"NUOVO CINEMA Paradiso" です。
(映画ポスターと、映画中のタイトルバックで、大文字・小文字の表記が異なります。)

ちなみに、物語の中で焼け落ちる映画館が「楽園座」(シネマ・パラディソ)で、再建されたのが「新生楽園座」(ニュオ・シネマ・パラディソ)です。

Qニュー・シネマ・パラダイス

先日、3時間ノーカット完全版を拝見したのですが、
通常版とどこが違うのでしょうか?
どういったシーンが通常版ではカットされているのでしょうか?
映画自体、ラストシーンにほろっときました。。。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

ニュー・シネマ・パラダイス
本当にいい映画ですよね
私は洋画好きですが 今までに見た映画の中で
5本の指に入るくらい 大好きな作品です

さて ご質問の件ですが
vivamartialartsさんが おっしゃるように
主人公が映画監督として 立派になって
帰ってきた時に 大好きだった女性と
再会し 二人の心にまた灯がともる
だけど・・・

そのあたりが通常版ではカットされています

通常版で大泣きした私は
ディレクターズカットが出た時
飛びついて見てしまいました

しかし 映画本来の出来からいうと
通常版の方が 簡潔にまとめられていて
いいかなーっと思いました

もう完全版を知ってしまったので
興味が無いかも知れませんが
通常版もごらんになって
その出来を比べてみてください

私はあの初恋の女性とは どうなったんだろうか・・・
とつれない思いをさせられて 
想像力をかきたてられ 余計に心に残りました

Qニューシネマパラダイスでの疑問

ニューシネマパラダイスでの疑問

最後のキスシーンのフィルムは誰が編集したのですか?
アルフレード?トト?アルフレードとトトの共作?

アルフレードが失明する前、幼いトトに技術を教えている間に
ひそかに編集していたのでしょうか?

私の理解力がないのか、わかりません・・
どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

正解はトトです。アルフレードから映写技術を伝授される過程で避けられないフィルム編集を、不要なキスシーンを利用したのでしょう。その意味ではアルフレードの共作と言えなくもありませんが。
アルフレードではない理由は
(1)本来公開終了後切り取ったキスシーンを復元しなければならない立場に居たにも拘らず放置していたほど雑に扱っていた事実。
(2)編集のプロが繋いだにしては雑すぎる編集(除去されていない汚れ、傷み、指紋、フィルム接合のズレ等々)
そしてフィルムを収めた青缶は、編集室に目立つように飾られていました。これを以ってしてもトトに内緒でアルフレードが繋いでいたとするには無理がありますね。更に火事の後アルフレードに青缶を託した人物はトト以外には考えられません。アルフレードが死ぬまで持ち続けていたのは、自分の目が見えていた頃のトトとの二人の思い出の唯一の形あるものだからでしょう。トトに贈るつもりで繋いでいたのなら死ぬまで持ち続ける意味がありませんね?
後年、映画監督になったトトは大成功を収めるも、決して幸福感を得る事はできませんでした。大事なものを失っていたからです。40年ぶりに村に帰り、そして全ての真相を知った後、片身として受け取った幼い頃に初めて自分が作った一本のフィルムを映写した時になって初めて自分が失ったものが何であったのかを理解できたのです。それはかって自分が映画が大好きで大好きで毎日が映画と一緒だった「映画を愛する」その気持ちです。その瞬間、トトは本当の意味でアルフレードの望んだ映画監督になったのです。

正解はトトです。アルフレードから映写技術を伝授される過程で避けられないフィルム編集を、不要なキスシーンを利用したのでしょう。その意味ではアルフレードの共作と言えなくもありませんが。
アルフレードではない理由は
(1)本来公開終了後切り取ったキスシーンを復元しなければならない立場に居たにも拘らず放置していたほど雑に扱っていた事実。
(2)編集のプロが繋いだにしては雑すぎる編集(除去されていない汚れ、傷み、指紋、フィルム接合のズレ等々)
そしてフィルムを収めた青缶は、編集室に目立つよう...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報