忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

医療事故で骨折し、子供が入院しました。
その病院は、子供の入院には必ず24時間体制で付き添いを必要としています。
事故の補償として、入院日数分の慰謝料が保険から給付されるそうですが、その際、親が付き添った費用は見てもらえないものでしょうか。 
実際に付き添いの人を雇うと実費がかかると思うのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

追伸


自賠責支払い基準計算では
総治療日数×4,200円=慰謝料
実通院日数×2×4,200円=慰謝料 比べて慰謝料金額の低い方が支払われます。
例えば総治療日数30日 うち入院含め実通院が13日とすれば、上記計算式であてはめると
30日×4,200円=126,000円
13日×2×4,200円=109,200円 となり両者比較して金額の低い方が慰謝料 つまり109,200円が慰謝料となります。

「×2」はあくまで慰謝料計算のためのものです。付き添い料とは無関係です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答をありがとうございます。
骨折なので、総治療日数はとても長くなるから2倍にして実治療日数で計算してあるんですね。
ご丁寧なご説明でとてもよくわかりました。
付き添い料は別に請求させていただこうと思います。

お礼日時:2008/08/16 13:08

No.2さんの回答のとおり、自賠責の支払基準を準用して考えて良いかと思います。



つまり、お子さんが小学生であれば無条件、中学生以上であれば医師が必要と診断した場合(ただし通常ありません)には、定額の補償があります。

また、付き添った人に休業損害が発生した場合は、自賠責の休業補償の基準で補償されます。

お子さんは実際何歳なのでしょうか?。

この回答への補足

子供は2歳半です。
脳性マヒで障害を持っています。
病院側が提示してきた慰謝料が入院日数×2で計算されていました。
全面的に病院側に非があるから2倍されているのかと思いましたが、これは付き添い分なのでしょうか。
一般的には入院日数×2で計算する理由って何でしょうか。

補足日時:2008/08/12 22:09
    • good
    • 0

自賠責では、近親者の付き添いを医師が看護の必要認めた場合、または12才以下の場合入院1日につき4,100円 通院の場合2,050円が認められます。


12才以下の場合は、近親者の付き添い看護は無条件で、認められると思います。
賠責保険も、自賠責を補償を準用した形で認められるのではないかと推測しますが・・・・?

この回答への補足

No3さんにもお尋ねしたのですが、今回慰謝料が4200円×2×日数分(10日)となっています。  この×2の部分が付き添い料なのでしょうか。

補足日時:2008/08/16 11:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございました。
12歳以下ですから看護は認められるということがわかりました。
大変参考になりました。

お礼日時:2008/08/12 22:42

医師や病院が必要であると認めて証明書を書いてくれた場合には認められます。



出来れば付き添ってあげてください。では認められません。

通常の入院施設を持った病院でその様な証明を発行する事はまずありません。
なぜかと言うと、入院患者に対して看護士が何名で夜間も付き添いは不要であると言う事が基準で病院の治療単価が決められています。

「付き添いが必要」とした場合、基準の入院費は大幅に下げられてしまう事になります。
付き添いが必要な病院だと、入院できる病院は経営が成り立たないのが現実なんですよ。

ただし、病院が必要と言う証明書を書けば、それは認められる事になります。

この回答への補足

ご回答をありがとうございます。
国立の医大なので、聞いてみますね。

補足日時:2008/08/12 14:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳幼児医療は入院費もでるのですか?

今乳幼児医療を頂いています。今度娘が手術の予定があり。手術や治療代は無料になるんですよね?
あと一週間弱の入院が必要なようなのですが
入院費まだ小さいので個室希望なのですが個室の場合のベット代もでるのですか?また個人負担となるような
ものはあるのですか?たとえば病院食など・・・・
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

長男が、10ヶ月半で2週間、11ヶ月半で10日ほど入院しました。

乳幼児医療証は、地域によっては「医療費の一部を助成する」「医療費をいったん支払って、後から請求する」「医療証を提示すれば、支払いが無い」など、助成方法にいくつかのパターンがあります。

一番大事なことは、乳幼児医療証で助成してもらえるのは、「かかった医療費の全て」に対して全額または一部ではないのです。
健康保険が適用になっている部分が、全額または一部、助成されるそうです。
手術を伴う入院だったら、かかる医療費のほとんど(手術費、治療代など)は、健康保険が適用になると思います。
また、病院から出される規定の給食(病院食)は、確か健保対象です。規定の金額まで?だったかな。

部屋代ですが、保険部屋なら乳幼児医療証が適用されます。差額ベッド代を請求されるタイプの部屋は、健保対象ではないようなので、乳幼児医療証もつ替えないかも。
(私が出産した病院、個室の方が多い病院なんですが、差額ベッド代の無い個室っていうのが、あるらしいです)

あと、医療用の諸雑貨など、個人負担になる物はあります。病院で用意してくれる物でも、自分で用意するものでも。
ほとんどが乳幼児医療証で助成されるので、個人負担額はすごく安いです。

ちなみに、私は個室を希望なさるのは、賢明だと思います。
大部屋は、他の患者さんも居るから一人ぼっちにならないとは言っても、いろんな年齢の子がいるので話し相手になれるとは限らないし、大勢の子供よりも母親が一人いてくれた方が(手術直後で、気持ちが弱っている時は特に)安心できると思います。

小さい子供と言っても、小学校低学年とかだと、話し相手になる子供がいれば寂しくないかもしれませんが、乳幼児医療証明が使えるような年齢だと、病気の時くらい、親にそばに居て欲しいかもしれませんね。
(うちの子なんて、1歳になる前というすごく小さい時に、喘息様気管支炎になりましたが、親が帰ったら爆泣きし続けて呼吸困難になり、翌日から「帰らないでくれ……」と病院側から言われました)

長男が、10ヶ月半で2週間、11ヶ月半で10日ほど入院しました。

乳幼児医療証は、地域によっては「医療費の一部を助成する」「医療費をいったん支払って、後から請求する」「医療証を提示すれば、支払いが無い」など、助成方法にいくつかのパターンがあります。

一番大事なことは、乳幼児医療証で助成してもらえるのは、「かかった医療費の全て」に対して全額または一部ではないのです。
健康保険が適用になっている部分が、全額または一部、助成されるそうです。
手術を伴う入院だったら、かかる医...続きを読む


人気Q&Aランキング