旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

建設業法上の建設工事の工事分類の解釈については以下で良いのでしょうか。
1.生産ラインの工事の中で,その生産状況や電力を監視するシステムのみを下請けで請負い,その納入品となる制御盤を工場内にホールインアンカ等で床に設置し,配線接続を行った場合は電気工事で良いのでしょうか。
2.同工事の中で生産ラインのコンベヤやロボットを制御する制御盤のみを設計・製作し,1項と同様にその盤のみを下請けで工場内に据付・配線した場合もその工事は電気工事で良いのでしょうか。機械器具設置工事とはならないのでしょうか。
どちらの主任技術者を立てる必要があるかなどで判断がつかず困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

工事分類は主たる工事内容の種類です


(一番割合の大きい工事内容)
主たる工事内容以外は付帯工事と成ります

1は機械器具設置工事 又は電気工事
  設置工事の方が金額の割合が多ければ機械器具設置工事
  電気工事の方が金額が割合が多ければ電気工事

  となりますので


2も1と同様ですね
 まあ、2は電気工事の内容が多いので、ほぼ電気工事でしょうがね
 金額割合が不明なので 調べれ下さい

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
ありがとうございます。
配線がほとんどなくて,据付が主な作業でも電気品の据付なので
電気工事でしょうか。

お礼日時:2008/08/12 22:01

電気工事で多分良い。



質問の場合のように、一般的には単独の建設工事区分のみで済むケースは非常に珍しいと言えます。
主たる工事が何かで、区分を決めることでよい。
主たる工事とは受注金額の多寡で決める。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
ありがとうございます。
主たる工事を金額で決めて判断したら良いのですね。
受注金額の多い少ないは注文が細分化されていないのでこちらの見積もり内訳で判断したいと思います。

お礼日時:2008/08/12 21:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング