旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

労働基準を元に、給与計算を確認しているのですが質問があります。

【勤務内容】
1年間の変形労働(一定サイクルのシフト制)
出勤日数:163日
1日の実働:17.75時間
年間の実働:2893.5時間
実際の休日日数:40日

出勤日数163日に対し、週40時間、年2085.7時間をクリアするには
出勤日数を117日(2077時間)に設定する必要があると思われますが
労働基準法第35条では
4週間を通じ4日以上の休日を与えるとなっています。
実際は4週に3日の状況です。

こちらを踏まえて質問があります。

休日出勤は年間163日-117日=46日が該当するのでしょうか?
それとも4週に対し1日だけ休みが不足するので
年間最低52日-実際の休日40日=12日とし
それでも超過している部分を時間外勤務扱いとするのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1年の変形労働時間制の質問と言うことですが、


実際労働基準監督署に所定の協定届を提出されたうえでの質問でしょうか。

読んでいても、とても受理されるような協定内容でないので。
連続17時間のシフト制がみとめられるのは
おそらく1か月単位の変形労働時間制だけです。
1年単位は、1日最大10時間しか認められません。

会社の都合でそうしてるだけで、
有効に成立していないものとして回答します。
届け出しているのであれば、協定・届出した労働時間の概要を明記してください。
でなければ、1か月単位の変形労働時間制(労働基準法32の2)にして
勤務体系を組み直すことをお勧めします。

まず休日の質問にお答えします。

法定休日は1週に1日あたえること、
4週ごとに4日以上休みがあれば、1週1日でなくともよい。(法34)

ここでいう休日は暦日午前0時から始まる丸24時間でなければなりませんが、
シフト制をとっているなど、暦日であたえるのが難しい場合、
夜勤明け直後からつぎの勤務入りまで休みが正味24時間以上あれば、
休日とカウントできます。

カウントし直して、それでも週1日の休日が確保されていなければ、
その週の最初に出勤させた日が休日出勤扱いにせねばならないでしょう。
(割増35% 深夜勤にかさなる部分60%)
これでおわかりのように休日労働と、次に述べる時間外労働とはちがいます。

つぎに時間外ですが、
1日8時間または、変形労働時間制でさだめたその日の所定労働時間を
こえた時間のどちらか大きい方の時間を超過した時間が
時間外労働として25%の割増(深夜勤に重なる部分は50%)

さらに、週40時間または、変形労働時間制のその週所定時間のどちらか大きい方を
越えた時間(すでに1日の時間外として割りました時間および休日労働として割りました時間を除く)が
上と同じく、時間外労働となります。

最後に上2つの時間外とした部分を除き、変形期間を単位として、
所定の労働時間を超えた時間が上と同じく時間外となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

>夜勤明け直後からつぎの勤務入りまで休みが正味24時間以上あれば、
休日とカウントできます。

これは初めて知りましたので、計算しなおして見ます。
実はこのあり得ない勤務に対し、訴えを起こそうと考えている所です。

お礼日時:2008/08/14 07:57

>1日8時間または、変形労働時間制でさだめたその日の所定労働時間を


>こえた時間のどちらか大きい方の時間を超過した時間が

#1です。
訂正します。

1日8時間または、変形労働時間制でさだめたその日の所定労働時間の
どちらか大きい方の時間を超過した時間が、…

失礼しました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング