人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

私はギターのコードチェンジがとても遅いです。
どういう練習をすれば速くなるでしょう。
教えて下さいm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

コードチェンジの速さに関しては、最終的には慣れがモノを言うと思います。

いろいろなコードフォームを丁寧に鳴らす経験をたくさん積んで、その中から感覚をつかんでいくことがどうしても必要になるでしょう。また、スムーズにコードチェンジができるようになるまでには、それなりに時間がかかっても無理のないところといえます。結果を焦らずに、じっくりと取り組むことも大切でしょう。

コードチェンジに関しては、その前にまずコードフォームを整えてきれいに音を鳴らすことに慣れる必要があるでしょう。まずは、いろいろなコードについて、それ単体できれいに音を鳴らすことからはじめることをお勧めします。
コードフォームを整える時には、指先の扱いによく注意を払い、また手全体のバランスにも注意するのが良いでしょう。
弦を押さえる時には、フレットの近くに指を置くのが基本です。フレットから遠い位置で弦を押し込むと、弦が暴れたり、弦を押さえ込むのに余計に力が必要になったり、音程がシャープしたりするなどの不具合を呼ぶことがあります。弦を押さえるときの力みを抜く上でも、フレット付近で弦を押さえることが有利に働くところもあります。
弦を押さえ込む力については、可能な限りは必要最小限にとどめるようにするのが妥当です。弦をしっかり押さえなければと力みすぎると、指の関節が決まってしまい、コードチェンジなどで指を動かす時に支障になりますし、フレットの間で弦がたわんで引っ張られ、音程がシャープする原因にもなります。力任せに弦をねじ伏せるのではなく、力を込め過ぎなくてもうまく弦をコントロールできるようなスイートスポットを意識して取り掛かるのが良いでしょう。
弦を押さえるときの指の使い方についてですが、なるべく内側に軽く湾曲させる加減を意識し、指の付け根から大きく指を使うように意識すると良いでしょう。指先を直線状に突き出すようにして弦を押し出すのではなく、指先を軽く曲げて手のひらの方に引き込むような軌道を意識し、その指先で弦を捉えるようにすると、だいぶやりやすくなると思います。力加減については、指を引き寄せる感覚でやる方がコントロールしやすくなると思います。
指先ばかりでなく、手全体のバランスについても見直すと良いでしょう。指の付け根がネックから遠かったり、ネック表面よりも沈み込んだりすると、押さえるポジションから指の付け根が遠くなり、目的のポジションに指が届きにくくなることがあります。思い切って手首を押し込み、押さえるポジションに指の付け根を寄せるようにすると、指先の扱いも楽になるでしょう。
また、指先の扱いに窮屈さを感じるようなケースでは、ギターの構え方についても見直してみると良いでしょう。ヘッドが低く、弦を押さえる側の肘が開き、手首が内側に大きく折り込まれるような形になると、手の甲が突っ張るような感じで指先の動きに支障が出ることがあります。この場合は、ヘッドを引き起こしたり、肩をヘッドに寄せるように下げるなどしてネックと身体の位置を変え、肘の開きが小さくなるような構え方にすると良いでしょう。そうすることで手首の返しは小さくなり、指先の自由度も増すはずです。
とりあえず、こうしたことなどに気をつけて、一つ一つのコードをきれいに鳴らせるようになることが大切でしょう。

コードチェンジが遅いことに関してですが、それについてはなぜコードチェンジが遅いのかの原因を考えるのが良いでしょう。コードチェンジが遅くなる原因がわかれば、それを解消することで改善を見込めます。
コードチェンジが遅くなることについては、次のコードフォームがあらかじめきちんと記憶できていないか、次のコードフォームに移る指先の動きに迷いや無駄があるか、力みで指が不自由になっているか、単に慣れていないということが多いと思います。そのあたりの原因を探ってみると良いでしょう。
次のコードフォームがあらかじめきちんと記憶できていない場合は、まずはコードフォームをきちんと覚えることが必要になるでしょう。曲のコード進行がきちんと頭に入っていないのであれば、まずはそのコード進行をきちんと覚えてください。次のコードがわかっていて、コードフォームの記憶があいまいな場合は、その使うコードフォームをきちんと覚えてください。次にどのフォームを押えるということを自信を持って意識していれば、その分余裕を持ってコードチェンジに移れるはずです。
コードチェンジの際に指先に迷いがあるという場合は、指先の動きをもっと計画的に見通すと良いでしょう。次のコードフォームがあいまいで迷いがある場合は、前述の通り次のコードフォームをきちんと覚えてください。次のコードフォームがわかっているのに、指先に迷いが出てしまう場合は、こちらも先に書きましたが、それぞれのコードフォームについて単体できれいに音を出せるように馴染んでおくのが良いでしょう。その上で、前後のコードフォームを見比べて、・動かさなくても良い指、・フォームを崩さずに平行移動させるだけの指の組、・大きく動かす指、のそれぞれをパズル的に整理してみると良いと思います。あいている指については、次のコードチェンジで押さえるポジションの近くに待機させておくのも良いでしょう。それらをあらかじめ整理しておけば、最小限の指の動きも見えてくると思いますし、動きの無駄を計画的にそぐことができると思います。
コードチェンジなどの際には、指先の力みは指の動きを不自由にします。もし、ガチガチに力で弦をねじ伏せようとしているようであれば、それが原因で指先がスムースに動かないということもありえます。それに思い当たる場合は、できるだけ必要最小限の力を意識して弦を押さえるように気をつけてみるのが良いでしょう。
後は、最終的には慣れの問題になります。何度も繰り返し練習して、手先指先をギターを弾く感覚に慣らしていくことが必要になるでしょう。慣れができれば、指先も反射的に無駄なく動くようになってきますし、コードチェンジの速さも精度も上がっていくでしょう。じっくりと根気強く取り組むのが大事です。

長くなりましたが、参考になれば。乱文失礼しました。練習がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても長いご説明有難うございますm(__)m

お礼日時:2008/08/25 22:50

初心者のときは指の基準となる支点が定まらないので、なかなかうまくコードチェンジできません。


支点のなるのは指板を押さえている指自身や、ネック裏の親指、ネックを握っているなら手のひらということになります。

ひとつの解決策としてひとつのコードを離してから次のコードに切り替えようとせずに指の移動を時間的にずらして練習すると良いかもしれません。
また、コードを切り替えるときには、同じ場所を押さえている音があると
思いますから、その指を支点にして他の指を動かすと良いと思います。

たとえばC→Fのような変化の時には、5弦のC音の薬指は共通ですから
押さえたままでこの指を軸に手の形を変化させます。

このときに以下の手順のように時間差をつけてみるとやりやすいと思います。
1.2弦のC音の人差し指を1フレットのセーハに
2.4弦のE音の中指を3弦のA音に移動
3.小指で4弦のF音を抑える
いま自分でやってみると1.は少し先行しますが、2.,3.はほとんど同時にやっています。
でも、なれるまでは全部時差をつけても良いと思います。

アルペジオのときは弾く弦の順番がありますから早く弾く弦から順番に指を移動するという手もあります。
一番最初に弾くべき音というのはコードのルート音が多いですから、
コードのルート音から先に指を移動すれば他の弦を押さえる前でも
音を出すことができます。
ストロークのときでも、とりあえず最初の一拍目はルートだけ弾いても
ごまかせますよ。
なれてくれば、そんなことは気にせずにできるようになりますので
安心してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧なご説明有難うございますm(__)m

お礼日時:2008/08/25 22:46

私もギターを始めた時はコードチェンジがうまくできませんでした。



約10年ギターをやってわかった事はうまくなるために必要
なものは「柔軟さ」ということです。これは左手だけではなく
右手(ピッキング)にもいえる事ですが、できるだけ力を
抜いてリラックスして弾いて下さい。力が入っていると
スムーズなコードチェンジができません。

もう一つは「指の速さ」です。早弾きには高速のフィンガリング
が必要ですがコードチェンジでも早いに越した事はありません。

これはギターのメカニカルトレーニングでも鍛えられますが
自分の場合は早い16分音符のフレーズをピアノで弾くと
いう方法で鍛えました。他にも方法はいろいろあると思います。

あと本当にうまくなりたければ塾のようなところに習いに行くのも
一つの方法です。よほどいい音楽環境に生まれない限りは独学には
限界がありせっかくの時間を無駄にしてしまう場合があります。

グダグダな文章になってしまいましたが良ければ参考にして下さい。
練習頑張って下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございますm(__)m
参考になります(^O^)

お礼日時:2008/08/18 23:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング