お酒好きのおしりトラブル対策とは

すみません。今アメリカの方と何度かメールのやり取りをしているのですが、どうしてもわからない部分で出てきました。
相手は企業様なのですが、商品のサンプルを送ってもらう事になり、
相手方からUPSアカウントを取得してくれと言って来たので送料
着払いで送ってくれるのだと思い、UPSアカウントを取得し、相手に知
らせたのですが、今度はクレジットカードナンバーも必要だと言ってき
ました。私がなぜクレジットカードが必要なのですか?と聞くと以下の
文が返ってきました。サンプル自体は50円以下のものですし、サンプル代金が必要なわけではなさそうなのですが・・。
このメール以外に一通メールを頂いたのですが、そのデータが消えてしまいましてこのメールしか残っていませんが、そのメールにはUPSアカ
ウントをActiveにするとか書いてありました。下記の英文から何か読み取れる部分ありますでしょうか?こんな感じの意味では?などでもいいのでアドバイスいただけると助かります。因みにUPSアカウントは問い合わせた所、現在使用可能ですのでUPSアカウントが使えないといった
事はないようです。


I understand that you
have your account # with UPS and the shipping charges will be billed to
them, this makes the process a lot better. I only need a credit card to
secure against your account. There will be no charges made to the card, this
is just to open a account.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.1です。



>間違いが多い英文でしょうか?

3つのセンテンスがありますが、すべて文法上の間違いを
含んでいます。正確で正しい文は一つもありません。
まあ、アメリカでそこそこ規模のある会社ということです
から、受注業務を人件費の安い海外にアウトソースしてい
るのかも知れません。いまどき日本でもありますからね。
サポートセンターに電話したら中国語なまりの人が出てきたとか、
返信で帰ってきたメールを読むと担当者の名前が中国人名であった
とか。

>相手の会社はそこそこ大きな会社
>でして、カードナンバーを聞き出して悪いことを考えているように
>は見えません・・。

安全だと分かっているのなら、カード番号をメールしてやれば
よいわけです。以後は、スムーズな取引になるのでしょう。
要はあなたが相手を信用するかどうかです。
    • good
    • 0

I only need a credit card to secure against your account.


これが特によくわからんね。

たとえばto secure against theft.なら「盗みから守るため」でしょ。
to secure against your account.だと、「あなたの口座から(何かを)守るため」になっちゃうよね。

まるであなたの口座が(あるいはあなたが、口座を利用して)、なにかの悪さをしかねない、とでも言いたげ。
口座を不正に利用された場合に備えて、クレジットカードを人質にするよ、という意味なのかな。

もう一度メールして、真意を正すと良いよ。出身国や第一言語も聞くと良い。どうしても珍文ばかり送ってくるようなら、「お前の文章力じゃらちがあかないから、他の人に代われ」と要求するか、さもなくばサンプルをあきらめな。
    • good
    • 0

「あなたがUPSに取引口座番号をお持ちで、送料は彼ら宛に請求されることはわかりました。

そのほうがスムーズでいいです。」
正確には、送料は「UPSからあなたの会社へ請求」だと思いますがto them とto youの書きまちがいでしょうか。

「私はただあなたの(自社での)取引口座の信用の保全のためにクレジットカードが必要なだけです。(当社への)取引口座開設のためのみで、カードに請求は起こりません。」
secure againstは~に対して安全策をとるという意味でしょうか。

確かにあまりかちっとした英語ではありませんが、海外からの取引メールはくだけたものも多く、通常企業としてはweを使うようなところも、Iで話す(書く)人が多いです。
個人輸入が流行ったころ、サンプル送付時に、クレジットカード情報の入力が必要な企業も多いと聞いたことがあります。
(値段は安いものでも、海外へサンプルを送る側からすれば、そのサンプルをコピーされたり何か商業上の不利益をこうむるような危険もあるので、送付先がきちんと身元の確認がとれるところでないと送りたくないということでしょうか。)
このメールのみでは、文面上ではとくに怪しいことは言っていないと思います。

その相手先企業さんをよくお調べの上で、クレジットカード情報を渡してもいいか慎重にご判断されることをお勧めします。
    • good
    • 0

ここには、おそらく2つのアカウントが登場しているのではないでしょうか。

1つは、UPSに開いたアカウントで、後ろの2つの文にあるのは、このサンプルを送ってくれる会社に作るあなたという取引き相手用のアカウント。サンプルを送るのにも、そのアカウントを開くのを要求されているように想像します。

状況説明と、英文を読む限りでは、上のような理解をしますが、果たして、サンプルだけなのに、クレジットカード情報の提供まで必要というのは、どうなんだろう、、、という気もします。
    • good
    • 0

この英文は、コピー&ペーストした文章ですか?


もしあなたがタイプしたのでなければ、間違いの多い
稚拙な印象を受ける文章なので取引は止めておくほうが
よいと思います。

「クレジットカード番号が必要なら取引はしない。」と
メールして、相手がそれでもなんとか番号を聞きだそうと
するなら無視する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すません。コーピー、ペーストした文章なのですが間違いが多い
英文でしょうか?

疑うのはよくわかりますが相手の会社はそこそこ大きな会社
でして、カードナンバーを聞き出して悪いことを考えているように
は見えません・・。

お礼日時:2008/08/14 08:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング