仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

こんにちは。

スペイン語の学習も約1年になり、基本的な単語をずいぶんと覚えてきました。
動詞についても同様に見聞きしてわかるものから自分で使えるものまで、
覚えたり忘れたりを繰り返しつつ、単語数を増やしています。
そこで動詞+前置詞の組み合わせについてもっと体系的に学習したいと
思います。
そこで、もし良い参考書・お勧めの参考書がありましたら教えてください。サイトでもいいのですが、出来れば書籍の方が望ましいです。
回答付の練習問題形式になっていて、手に入りやすく、価格が手ごろなもの、
3000円前後までが予算です。
それ以上の価格のものでも、もしお勧めのものがありましたら
書籍名だけでもお教え下さるとありがたいです。
日本語のものだけでなく、英語、スペイン語(あまり難しくないもの)で
書かれたものでもOKです。

また、「動詞+前置詞」の組み合わせのことは何というのでしょう。
(熟語?句動詞?)

急ぎませんがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

前置詞の働きは非常に幅が広いので中級文法(スペイン語専攻レベル)を終えるまでは、対象を絞らず多くの文例に当たって覚えることをお勧めします。



参考書もご質問のような分野を特別に取り上げたものは見当たりません。
初級文法書を読破し基礎を習得したと思えるなら「中級スペイン文法」山田善郎監修 白水社 ¥4,700

>「動詞+前置詞」の組み合わせのことは何というのでしょう。
前置詞の学習は名詞+前置詞=形容詞句、副詞句と動詞+前置詞が基本になります。後者は前置詞の項ではなく動詞の項で扱われ、前置詞句述部などと呼ばれます。しかし、このような難しい文法用語に拘るよりも個々の動詞が相性として取る前置詞を文例で覚える方が実用的です。

練習問題としては「スペイン語技能検定、4級・5級・6級対策問題集」南雲堂フェニックス刊¥1,500+税をお奨めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

martinbuhoさん、いつも有難うございます。

今のところはレッスンや会話の中で提示される文例でこう使うんだと
いうことだけやっていますが、今のレベルをもう少ししっかりやってから
教えていただいた参考書を読んでみようと思います。

おっしゃるように文法用語にこだわるのはナンセンスですね。
これは単に興味心と、日本人の先生に聞くときにいちいち説明するより
用語で聞いてしまったほうが早いかなと思ってお尋ねしてみました。

検定問題集も今出来ているところとわからないことを明確にするために
やってみたいと思います。

有難うございました。とても参考になりました。

お礼日時:2008/08/14 09:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語の未来完了と過去未来完了形の違いについて

スペイン語の文法、未来完了と過去未来完了形の違いについて教えてください。
違いがわかりません。例えば、
「どこから風が入っているのだろう?」
とスペイン語で言う場合、下のどれが正しいのでしょうか?

¿Por dónde esta entrando el viento? :現在進行形
¿Por dónde habrá entrado el viento? :未来完了形
¿Por dónde habría entrado el viento? :過去未来完了形

どれが正解で、日本語で訳する場合どういう違いがあるのか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

以下のとおりお答えします。

>スペイン語の文法、未来完了と過去未来完了形の違いについて教えてください。
⇒まず、次のことを確認しておきましょう。
(1)未来形には、「現在形の代りに用いて現在の推量を表す」機能がある。
(2)過去未来形には、「過去形の代りに用いて過去の推量を表す」機能がある。

(ご質問とご回答)
>違いがわかりません。例えば、
>「どこから風が入っているのだろう?」
>とスペイン語で言う場合、下のどれが正しいのでしょうか?
⇒まず、各文の訳を考えます。

>¿Por dónde esta entrando el viento? :現在進行形
⇒¿Por dónde entra el viento?「どこから風が入るか?」に対して、このような進行形(ただし、esta→estáと訂正)にすると、「どこから風が入ってきている(きつつある)のか?」といったニュアンスになります。

>¿Por dónde habrá entrado el viento? :未来完了形
⇒この文は、上の(1)から、現在完了形¿Por dónde ha entrado el viento?「どこから風が入ってきたか?」に推量の要素を加えた表現になります。「どこから風が入ってきたのだろうか?」といったニュアンスです。

>¿Por dónde habría entrado el viento? :過去未来完了形
⇒この文は、上の(2)から、過去完了形¿Por dónde había entrado el viento?「(あのとき)どこから風が入ってきてしまったのか?」に推量の要素を加えた表現になります。「(あのとき)どこから風が入ってきてしまったのだろうか?」といったニュアンスです。

ここで最初のご質問に戻りますが、「どこから風が入っているのだろう?」という文の意味がいまいちはっきりしませんが、これを「現在の推量」とみなしますと、上記3つの文はいずれも合わないように思います。

もし、「現在の推量」にしたい場合なら、
¿Por dónde entrará el viento? 「どこから風が入るのだろうか?」
と未来形で言うのがいいでしょうね。

また、「現在進行の推量」にするなら、
¿Por dónde estará entrando el viento? 「どこから風が入ってきているのだろうか?」
と未来の進行形で言うのがいいと思います。

以上、ご回答まで。(さらにご不明な点などがありましたら、補足してください。)

以下のとおりお答えします。

>スペイン語の文法、未来完了と過去未来完了形の違いについて教えてください。
⇒まず、次のことを確認しておきましょう。
(1)未来形には、「現在形の代りに用いて現在の推量を表す」機能がある。
(2)過去未来形には、「過去形の代りに用いて過去の推量を表す」機能がある。

(ご質問とご回答)
>違いがわかりません。例えば、
>「どこから風が入っているのだろう?」
>とスペイン語で言う場合、下のどれが正しいのでしょうか?
⇒まず、各文の訳を考えます。

>¿Por dónde...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報