5年から7年ぐらい前に、どこかのプログラム関連の本で『オブジェクト指向』の次の新しい指向ができつつある。という記述を見たことがあります。

当然、『ネットワーク指向』や『コンポーネント指向』などといったものではなく、見たこともないような単語がつかってあって、『ええっ?聞いたことないな~』と学生のころに思ったのがいまでも強く印象に残っています。あれから月日がたったので、おそらく完成してるんじゃないかなとこっそり期待しています。

どなたか、この『新しいプログラミングパラダイム』についてご存知有りませんか? あぁ、なんだったのだろう。きになるな~。

A 回答 (1件)

かなり自信無しです。


と言うのは「あ、これかな?」と思った本がプログラミングパラダイムの本ではなかったから。
でも、可能性は0じゃないので一応書いておきます。

通常プログラミングパラダイムと言えば
手続き型
オブジェクト指向型
データ型
関数型
の4つですね。
「~指向」と曖昧な表現になっているのはオブジェクト指向型だけです。
ただ、数年前に「オブジェクト指向からエージェント指向へ」と言うタイトルのぶっ飛んだ内容の本がありました。
内容はプログラミングパラダイムではなく、プログラミングスタイルに関する本でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでした!! エイジェント指向!!
オブジェクト指向型を発展させ、『知性』パラメータを持たせ、オブジェクト自体に思考力が伴ったヒューマン的コミュニケーションを実現させようとするものでした。

かたっぱしから家の本の後ろの索引で、『エイジェント指向』というのをさがすとありましたありました。平成5,6年に購入した本です。

一行でさらっとかいてあるので、当時はしょっくを受けたものでしたが、今見ると、あまり珍しくもない単語ですね。(とほほ)

お礼日時:2001/02/20 10:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報