柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

民事再生法の手続きをした会社の社長はどうなるんでしょう。
路頭に迷うのでしょうか。
それとも何らかの方法で財産を保持して、生き延びられるのでしょうか。

A 回答 (2件)

一般的な民事再生


 ◯経営陣が再生後も経営を続ける事が可能
   会社更生法では従来の経営陣が事業の経営権を喪失し、管財人がその経営
   に当たる事になるが、民事再生では旧経営陣がそのまま経営に携わる事も
   可能である。
     → そのまま経営する事例も多々あります。
        ※ そのまま経営となれば、路頭に迷うことはありません。

>それとも何らかの方法で財産を保持して、生き延びられるのでしょうか。

 会社が借金をする時に社長個人が連帯保証人となっている場合は、財産保全
 ができません。連帯保証人は会社に代わって弁済する法的義務があります。
     → 会社が借金を弁済できなければ社長個人が弁済
     → このような場合には一般的に路頭に迷います
 連帯保証人になっていなければ、会社と社長は別人格ですから出資金の範囲
 内で責任をとりますが、個人財産は手つかずとなります。


現経営陣は、民事再生をする時に債権者に対して
 <例>
  ◯借金は7割~8割カット(10億借りていれば、2億~3億だけ返済するので
   残りの7億~8億は借金を棒引きしてね)
     →会社を潰しても、配当は1億くらいしかできないから、潰すより
      民事再生した方が得だと思わせる。
  ◯残った借金は10年かけて支払います
     →潰すよりも得でしょ
    こんな約束を債権者に対して行い、債権者がOKなら民事再生が開始さ
    れます。

 ここで、債権者は
  ◯会社を清算した場合に何割配当できるかを見極めます。
    会社を清算(潰す)した場合に、2割配当である場合、10年で3割配当
    なんて再生案では、1割多いだけ。10年で1割しかならないのであれば
    潰した方が得と思うかもしれません。

債権者が、会社を清算した方が得だと思ったならば、会社はつぶれます。
このような場合には、社長に他の収入がなければ路頭に迷う可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
よくわかりました。

お礼日時:2008/09/09 14:35

会社が民事再生法の手続をした場合の、その会社の社長はどうなるのか、ということでしょうか。



そうれあれば、一般的には、(法的義務ではなくても)経営責任としての一定の財産の拠出等をしつつ、社長の座に留まるか、少なくとも「生き延びられる」ことが多いといえましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2008/09/09 14:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社が倒産したら社長はどうなるの

最近長い間関係のあった取引先が倒産しました。当方にはなんの影響も無かったのですが,
それまで会社社長としてふるまってきた人はそうなるとどうなってしまうのでしょうか。
当然自宅・会社土地家屋など指差し押さえられたりするのだろうけど、
本人や家族の生活とかもどうなってしまうのだろう。
その辺を出歩くのもはばかれるのではと思ったりするのだけれども、
一般的にどうなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

>一般的にどうなってしまうのでしょうか?

まず倒産。という言葉の定義を明確に把握しないことには
お話になりません。

◆会社更生法による倒産

一部上場とか有名な企業に多くみられるスタイルですが、
この場合は、会社は存続しますが経営者である社長は
その責を負って辞任することになります。

この場合、個人の資産は担保に入っていない場合が多く、
その場合は単に辞める。に留まります。

◆民事再生による倒産

零細中小に多く見受けられますが、
単なる借金棒引きで社長はそのままその席に留まり、
一見、会社は今まで通りの営業を続けます。

大抵は社長個人が個人資産を担保に差し出していることが多く、
金融機関などへは借金棒引きの条件として、
競売、任意売却などで個人資産は売り飛ばすことで、
借金を一部返済します。

◆清算による倒産

たぶん、質問者さんはこのケースを想定されていることと思いますが、
民事再生などで失敗した場合、こちらに移行します。
弁護士をいれて、会社の全資産を売却し負債額に応じて分配します。

この時に、処分していない個人の資産があれば、
もちろん差し押さえられたり、売却されたりするわけです。

で、法的に処理されてしまえば、
社長に実力、人望などがあれば、細々と事業を再開することは可能です。
実際、そういう例はゴマンとあります。

もちろん、事業はあきらめて、歳を取ってからでも勤められる
タクシーの運転手やガードマンなどになって細々とやっていく
という人のほうが多いわけですが。

◆夜逃げによる倒産

これやった場合は、というかやる場合は担保となるような資産のない
個人商店みたいな場合が多いわけですが、債権者はいつまでも
おっかけてきますから、まさしく表に出るのも憚られる。
というケースです。


で、例外というか、意外と多いのかもしれませんが、
資産を合法(脱法のほうがいいのか?)的に隠して、
会社だけ倒産させて、個人の資産はそのままという例はあります。
例えば武富士なんてまさしくその例ですね。
http://yuuki.air-nifty.com/go/2011/02/post-8120.html

>一般的にどうなってしまうのでしょうか?

まず倒産。という言葉の定義を明確に把握しないことには
お話になりません。

◆会社更生法による倒産

一部上場とか有名な企業に多くみられるスタイルですが、
この場合は、会社は存続しますが経営者である社長は
その責を負って辞任することになります。

この場合、個人の資産は担保に入っていない場合が多く、
その場合は単に辞める。に留まります。

◆民事再生による倒産

零細中小に多く見受けられますが、
単なる借金棒引きで社長はそのままその席に留まり、
一...続きを読む

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報