マンガでよめる痔のこと・薬のこと

唐突ですが、お酒やバーが題材になった小説は無いですか?
最近そういう小説が読みたいなと思っています。

お酒がキーワードだったり、
バーが舞台だったり、
カクテルとかウイスキーとかお酒にまつわるお話だったり・・・。
何でも良いです。

ただ、チャンドラーのマーロウシリーズみたいに「主人公にお酒が似合う」とか「お酒が小道具」とか、そういうのではないです。(そういうのも好きですが・・・。)


心当たり、オススメがある方はぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

北森 鴻さんのビアバー「香菜里屋」を舞台にしたシリーズはいかがでしょうか。


ミステリーです。
    • good
    • 1

 こんにちは。

この間読んだんですが、「ヴィンテージ・シックス」という本はワインに関する短編をまとめたアンソロジー本です。石田衣良さん、角田光代さんなどの人気の作家さんが書かれていて面白かったです。特に角田さんの小説はブドウ畑が広がるようで爽やかでした。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31724933
 藤原伊織さんの直木賞&江戸川乱歩賞ダブル受賞作の「テロリストのパラソル」は全共闘世代で世間から逃げているアル中のバーテンの話です。お酒もそうですが、浅井に振舞うホットドックがすごく美味しそうです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30417868
 宮本輝さんの川三部作の中の「道頓堀川」はビリヤードの名手だった人が開いているバーが舞台だったと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03715945
 映画化もされた馳星周さんの「不夜城」は中国人と日本人の間のハーフの主人公の職業がバーの経営者でした。確か「カリビアン」という会員制のバーで、バンド活動をしている人が雇われのバーテンをしています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28382229

 あと未読ですが何となく題名に惹かれている野中ともそさんの「世界のはてのレゲエ・バー」や、山本一力さんの「牡丹酒」、C・Wニコルさんの「ザ・ウィスキー・キャット」はいかがでしょうか?
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31607757
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31778177
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30938552
 小説でなければ椎名誠さんのお酒にまつわるエッセイを集めた「ひとりガサゴソ飲む夜は・・・」もあります。現在サントリーで「シングルモルトウィスキー」に関するエッセイを連載しているようですので、それも近々出版されると思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31597425
http://www.suntory.co.jp/whisky/museum/know/shii …

 ご参考までにm(__)m。
    • good
    • 0

鯨統一郎「九つの殺人メルヘン」

    • good
    • 1

最初に思い出すのが、


◇ロアルト・ダールの「味」ですね。短編集『あなたに似た人』の最初に出てきます。
ワインの産地当て。女性まで賭けて。さて――。

次もワインで、
◇開高健『ロマネ・コンティ・一九三五』
伝説的最高級ワインの味わいは? そこから意外な記憶がよみがえります。

次はジンかラム酒かその他か知らないけど、
◇エドガー・アラン・ポー『ペスト王』短編。
滑稽小説なんでしょうねえ。酔っぱらいはペストより強し!

日本酒では
◇吉田健一『酒宴』これも短編です。酒豪たちが集まって底抜けに呑みあいます。
長編では
◇同じく吉田健一『金沢』 ついに自在に時空を超えてゆきます。

ウオッカ(ウォトカ)に行きましょうか。
◇ヴェネディクト・エロフェーエフ『酔いどれ列車、モスクワ発ペトゥシキ行』
この主人公アルコール漬けで頭が半分イカレてるし、もう、なんでもありって感じ。
俗なるものと聖なるもの。ロシア(旧ソ連時代)文学の底力ここにあり。もっと読まれていいと思います。

アフロ・ヘアのアフリカからは
◇エイモス・チュツオーラ『やし酒飲み』
これまた酒飲みにふさわしい、ぶっとんだ大冒険。
アフリカの深い森から湧きでてきた民話的な現代の小説です。

とりあえず思いついたところを並べてみました♪
    • good
    • 0

刑事物では大沢在昌さんの雷鳴なんかはじつに深いですね。



カクテルの話でいえば、以前にANAの機内誌「翼の王国」で連載されていたフライトカクテルストーリーは毎回その都市によって違うお酒の話と造り方を教えてくれました。私も飛行機に乗るたびに見ていたのですが、連載は終わったみたいです。調べてみるとオキ・シローさんって方が連載していたみたいで、一部修正、加筆した「パリの酒モンマルトル ポケットカクテルストーリー 」というタイトルで書籍化されているみたいですよ。
    • good
    • 2

映画ですと


聖なる酔っ払いの伝説

漫画でよければ
 平成よっぱらい研究所

 さけとたたみいわしの日々

があるのですが、小説だとちょっと思い浮かびませんね・・・・
    • good
    • 0

ウイスキーということなら、小説ではないのですがニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝氏とリタ夫人の物語は、どこかでお読みになると良いかもしれません。

検索するといろいろと出てきます。
    • good
    • 0

私も、中島らも



『今夜、全てのバーで』をお勧めします。

少し重たいかもしれませんが。亡き、らもさんの、酒浸りの生活がかわいらしくも感じたりします。ちゃんと自分を分析していたのだなと感心しますね。あれは自伝ですから。出て来る医者もいい。
    • good
    • 0

中島らも「今夜、すべてのバーで」


っていうのがあったと思います。

ただの心当たりですが参考に。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバー、カフェ、小料理屋などが舞台の小説

バー、カフェ、小料理屋など、飲食店が舞台となっている小説はありませんか?
お酒が飲みたくなったり、料理を食べたくなったり、又は店主と話してみたくなる、そんな内容だとありがたいです。
ハードボイルドな感じでないものを御存じでしたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

■北森鴻さんの『香菜里屋』シリーズ
『香菜里屋』(かなりや)という名前のビアバーを舞台にしたミステリーのシリーズです。
『花の下にて春死なむ』『桜宵』『螢坂』『香菜里屋を知っていますか』の4冊が出ています。

■近藤史恵さんの「ビストロ・パ・マル」シリーズ
こちらは庶民的なフランス料理店「ビストロ・パ・マル」が舞台のミステリー。
『タルト・タタンの夢』『ヴァン・ショーをあなたに』の2冊があります。

ご参考になれば幸いです。

Q一人でバーに行った時の過ごし方

私は比較的一人で行動したり、食事をする事に抵抗がありません。
ですが、唯一バーだけは一人で行けません。
たまに一人で美味しいお酒を1,2杯だけ飲んでサッと帰りたい時があるのですが、本当はバーに行きたいけど、結局お酒も置いてあるカフェに行きます。
でも、種類もないし、落ち着いた雰囲気の中で色んなカクテルを飲みたいなとずっと思っています。

何故行きにくいかというと、やはり一人でいると何をして良いか分からないのが大きいです。
カフェだと本を読んだりできるし、レストランだと食事を味わって食べる事で気が紛れるし。
でもバーだと何をしてたら良いのか分からなくて、結局味わう余裕も無く、アッと言う間に1杯を飲んでしまい、一人の時間を楽しむ余裕が出なそうです。
人見知りするから店員さんと話すのも苦手だし・・・
あと、男友達に「女一人で飲んでたら、ナンパ待ちだと思われても仕方ない」と言われたのも気になります。
本当にそうですか?

以前「恋愛偏差値」というドラマで、主人公の中谷美紀さんが、行きつけのバーでいつも本を読んでいました。
バーで本を読んでいる人っています?
本はいつも持っているから、それが非常識でないならやりたいのですが、バーで本を読む行為が許されるのかわからなくて。

普段から誰かと一緒にお酒を飲む時にバーって使わないんです。
私はあの雰囲気好きだけど、周りの人は男女共に余り好きじゃない人が多いんです。
だから、行きなれたバーもないし。
そういう店が1件あれば、一人でも入りやすいのかなとは思いますけどね。

あと、都内で女性が一人で入りやすいバーもあったら教えて下さい。

沢山質問してすいません。
宜しくお願いします。

私は比較的一人で行動したり、食事をする事に抵抗がありません。
ですが、唯一バーだけは一人で行けません。
たまに一人で美味しいお酒を1,2杯だけ飲んでサッと帰りたい時があるのですが、本当はバーに行きたいけど、結局お酒も置いてあるカフェに行きます。
でも、種類もないし、落ち着いた雰囲気の中で色んなカクテルを飲みたいなとずっと思っています。

何故行きにくいかというと、やはり一人でいると何をして良いか分からないのが大きいです。
カフェだと本を読んだりできるし、レストランだと食事...続きを読む

Aベストアンサー

>私は比較的一人で行動したり、食事をする事に抵抗がありません。
大変結構なことです。女性ではめずらしい。私は一人で食事をするのが凄く苦手で
大抵はラーメン屋 蕎麦屋、牛丼屋という方向に走ります。

>ですが、唯一バーだけは一人で行けません。
ですが、唯一バーがけは1人で行けます。というか男だからあたりまえですかね。

>たまに一人で美味しいお酒を1,2杯だけ飲んでサッと帰りたい時があるのですが、
>本当はバーに行きたいけど、結局お酒も置いてあるカフェに行きます。

女性バーテンダーのいる店がいいです。渋谷のAW(現在移転中)とワイン主体ですが
「黒い月」などいかがでしょう。

>でも、種類もないし、落ち着いた雰囲気の中で色んなカクテルを飲みたいなとずっと思っています。

家の近くにバーがあるといいですね。駒沢に住んでいた頃にEMPTYというバーがあって気軽に通い
ました。

>何故行きにくいかというと、やはり一人でいると何をして良いか分からないのが大きいです。
それはわりますね(^^)
私はひたすら、店に流れる曲を聴きながら、グラスを睨んで飲んでますけど(^^;

まず、時間が7時前後なら ドライマティーニを飲みます。
とにかく食前酒のくせに強い酒で、なかなか減らないから
続いてジンがうまいと思ったら、ギムレット、さらにトムコリンズを飲んで帰る
かさらにバーボンのロック(メーカーズマーク)を飲んで帰る

夏場はジンがラムにかわってフローズンダイキリではじまってボストンクーラー
あとは、その日の気分でカルバドス飲んでみたり ベルモットをオンザロックで飲んだり
基本的に甘い酒でしめくくりたいので、カシスをビールチェイサーで飲んでみたり
最後は店が混んでくるのでバーテンダーの手間を省くものをオーダーしてみたりします。
注ぐだけとかかき混ぜるだけのやつ。

>カフェだと本を読んだりできるし、レストランだと食事を味わって食べる事で気が紛れるし。
バーは基本的にバーテンダーに遊んでもらう場所です。
床屋やタクシーと同じで適当な世間話していたらいいです。
あとは、バーテンダーを遊ぶには、ありがちですが、世界旅行カクテルを頼む
とにかく 地名のついたカクテルをおもいつくままに頼む
もちろん一晩では無理なので次回に続くということで
まずは、
マイアミ フロリダ マンハッタン ニューヨーク ロングアイランドアイスティ
ネバダ パリジャン モスコミュール アイリッシュコーヒー 
・・・いろいろ思い出して行き詰ったたら、
ドライマティーニ を注文
「あれ?やめちゃったんですか?」と訊かれたら
すかさず
「ジンはボンベイサファイヤで。」
と言ってみる。
世界一周というカクテルもあるらしいです。
地名シリーズにはミント系が多いですね。ミントがお嫌いでなければぜひ
お試しください。

>でもバーだと何をしてたら良いのか分からなくて、結局味わう余裕も無く、
まず、1人でいくのは店の混まない早い時間がいいですね。
私は、ホテルのバーとかで6時~7時頃に1人で飲むのが好きでした。
パークハイアットのロビーのバーでもカウンターはデスクランプがあって本が読める
席があるのですね。

9時以降の混んでいる時間は、1人でいっても他の客がにぎやかなので大人しく
のんでいます。大抵バーテンダーが話し掛けてきたりします。
バーは基本的にバーテンダーのキャラで選ぶものです。
自分の好きなバーテンダーのいる店でのんびりくつろいで飲めば一人も楽しい
ですね。
最初友人ときて次に1人でくれば大抵は、バーテンダーが覚えています。

>アッと言う間に1杯を飲んでしまい、一人の時間を楽しむ余裕が出なそうです。
ゆっくり飲まなくてはダメ
そのためにはまず腹ごしらえ。
食事前なら、食前酒を2杯飲んで席をたつというのも粋ですよね。待ち合わせまでまだ
時間があるから、少し時間を潰した・・・みたいな感じで

>人見知りするから店員さんと話すのも苦手だし・・・
自分から話さないでいいのです。向こうが話し掛けてきたら答える程度でいいのです
客はこっち向こうはバーテンダーですからサービスしてもらってナンボですし(^^)
それと2度3度通ううちに普通に親しくなれます。
向こうは接客のプロです。

>あと、男友達に「女一人で飲んでたら、ナンパ待ちだと思われても仕方ない」と
>言われたのも気になります。
>本当にそうですか?
場所によります。オーナーバーテンダーの店は、店内でナンパされるのをあまり好ましい
とは思っていません。1人の客がよりつかなくなるからです。
ですから、店の雰囲気によります。ただし接客業ですし酒を出す場ですから客同士
親しくなろうがどうしようが不干渉主義です。
1人同士でカウンターに座っていれば
「あちらのお客様からです」
とかカクテルがまわってくることもあるかもしれません。
そういうときは、お礼をいっていただくくらいで、
「ご一緒に飲みませんか」といわれたら「人を待ってますから」といえば断れます。
もちろん待ち合わせの人はきませんが、店の外に出て携帯で会話するフリをして
そのあとでお勘定をすませて出れば、彼氏が急に都合がわるくなって待ち合わせ
場所が変わったというふうに伝わります。
いずれにしろカレシのいる女を口説くほど元気のいい男は少ないでしょう。

たしかに、女性が1人でバーで飲んでいると物欲しそうに見えるという感じはありますが
そのためにバーテンダーと親しくなっておけばいいのです。とにかくバーテンダーに
会いにきて会話を楽しんでいる。純粋に1人で酒を楽しんでいる。そういうことが
伝わる店を選べばいいです。

まず基本的に本格バーであることです。
ヘンな量販店はやめて一杯1000円~1500円の出来ればチャージのある店がいい
でしょう。
そういう店は自分一人ではいるのは敷居が高いと思ったら友人と二人でいって
次に1人でいく
あと、場所があまり奥まっていないところがいいですね。駅の近く。
渋谷では109の8階にある コレヒオ
恵比寿  ODIN

場所がわかりにくくほとんど女性一人でいったらヤバイ場所ですが渋谷円山町の
ルザンクはイチオシですね。

>以前「恋愛偏差値」というドラマで、主人公の中谷美紀さんが、行きつけのバーで
>いつも本を読んでいました。
古谷光敏さんの漫画レモンハートではいつもメガネさんが新聞読んでますよね。

>バーで本を読んでいる人っています?
何をやっていても自由ですが、はじめていっていきなり本を読み始めたらバーテンダーは
ちょっとショックですね。
本を読むなら、まず早めにいって、奥の邪魔にならない席に座って
大抵カウンターのカクテルライトだけでなくテーブルランプとかあったりしますから
そういう場所にしましょう。

>本はいつも持っているから、それが非常識でないならやりたいのですが、
>バーで本を読む行為が許されるのかわからなくて。

ホテルのバーなら大丈夫。あとは店の雰囲気次第。客が少なかったら平気でしょう。
それと1人の客のために図鑑やグラフィックや地図や旅行本を置いてある店もあったり
します。

>普段から誰かと一緒にお酒を飲む時にバーって使わないんです。
そうですか。

>私はあの雰囲気好きだけど、周りの人は男女共に余り好きじゃない人が多いんです。
そりゃ年齢によります。私がバー通いはじめたのは、30代の後半。海外出張で外国の
バーの雰囲気を知ってからです。
わが国でもオーナーシェフブームの1985年以降、バーラジオとかさきほどの黒い月とか
本格的なバーが広まってきたわけで、もちろん銀座のルパンとか資生堂パーラーのバーやその
後のテンダーとかの名店もありましたけど若造がいける店ではなかったわけです。

>だから、行きなれたバーもないし。
とはいいながら女友達さそって最初は2人でいきましょう。恋人とバーにいかないほうがいいのは
恋が終わったあと行きづらくなるからです。本当にいい店は、1人で通うのがいいです。
恋人や友達がいるのなら、それはなにもバーにこなくてもいい。バーは都会の自分だけの
プライベート空間。居間というより寝室の脇に置かれた、長いすとサイドテーブルのコーナー
みたいな場所。

>そういう店が1件あれば、一人でも入りやすいのかなとは思いますけどね。
ありますよ。いくらでも。

>あと、都内で女性が一人で入りやすいバーもあったら教えて下さい。
女性バーテンダー人見清子さんのAWは大変雰囲気のよい店でした。本人のオリジナルカクテル
パールリップスは甘口ですが絶品です。
バーテンダーを目指す若い女の子が1人で飲みにきていることもあります。
かつては、渋谷の東急本店通りのブックファーストの隣のビルの地下2階にありました。
コルビジェの椅子が並んで、ピアノがあって、私もかなり通った店でした。
今は確か東急本店のはすむかいあたりに移転予定と聞いています。
ここは1人でいっても大丈夫。

あと、9時過ぎにあく店ですが老舗の 黒い月
女性ソムリエの新田さんはエキゾチックな容姿の美人。
もちろんスタンダードなカクテルはきちんと出しますし、ワインの質のいいものがグラス売りで飲めます。
貴腐ワインとかマデラワイン、グラッパ カルバドスも珍しいものが入ります。
ただし、ワインがグラスで2000円くらいから。お値段はそこそこします。
心のアンカーポイントともいうべき大谷石の内装の落ち着いた異空間。
場所は、東急本店の向かいの東側。酒屋のあるビルの階段の3階
入り口が銅板の一枚板
看板のない店でも有名です。

ほとんど自分の趣味で書いています。すみません

>私は比較的一人で行動したり、食事をする事に抵抗がありません。
大変結構なことです。女性ではめずらしい。私は一人で食事をするのが凄く苦手で
大抵はラーメン屋 蕎麦屋、牛丼屋という方向に走ります。

>ですが、唯一バーだけは一人で行けません。
ですが、唯一バーがけは1人で行けます。というか男だからあたりまえですかね。

>たまに一人で美味しいお酒を1,2杯だけ飲んでサッと帰りたい時があるのですが、
>本当はバーに行きたいけど、結局お酒も置いてあるカフェに行きます。

女性バー...続きを読む

Qオーセンティクバーって?

こんにちは!のりぞうです。
今仕事で新聞を作っているのですが、オーセンティックバーという言葉が出てきました。
辞書をみても載っていないのです・・・
ウエ~~~ン。
出来れば直ぐに『オーセンティックバー』とはどういうバーのことをいうのか知りたいのです。

誰かバーに強い方、教えて下さい。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトに「オーセンティック バー」が何店か紹介されてます。
更に、asucaさん、myapapaさんの回答通り、「英次郎」で調べると、以下の例がでてきます。
=========================
authentic
【@】オーセンティック、
【形】頼りになる、れっきとした~、信ずべき、信頼できる、信頼の置ける、信憑性のある、真正の、真の、正式な、正文の、本物の
authentic French cuisine
本式のフランス料理
authentic Italian food
本格的なイタリア料理
authentic Japanese-style house
純和風住宅
authentic Korean restaurant
本場の韓国レストラン
==========================
ご参考まで。

参考URL:http://www.cno.ne.jp/g01/ys/linki.htm

Qイラストレータの画像をJPG形式で保存したい

イラストレータの画像(ai形式)を一番画質を劣化させずにJPG形式に保存する方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

画像サイズ、ファイルサイズをどうするのか、どのような画像なのか等、情報が少ないのです。

しかし私自身も興味深かったので、以下の6種類で試してみました。個人的見解が、十二分に入りますがあしからず。
圧縮度等に関しては、ファイルサイズがなるべく均等になるように、「Web用に保存」は最高値、「書き出し」中間値で行いました。
環境:
Windows2000、Illustrator CS、Photoshop CS


1.「Web用に保存」でjpg
2.「書き出し」でjpg
3.「書き出し」でbmp保存後、Photoshopで「Web用に保存」でjpg
4.「書き出し」でbmp保存後、Photoshopで「保存」でjpg
5.Photoshopに貼り付け後、「Web用に保存」でjpg
6.Photoshopに貼り付け後、「保存」からjpg

結論から言いますと、1.のIllustrator上での「Web用に保存」で最高で行った場合が、色やエッジ、文字等がきれいに感じられました。
3~6はやはりベクターからラスタ変換での劣化、jpg変換時の劣化と、2度の劣化が原因だと思います。


最初にも書いた条件の詳細が分からないので、役に立つか分かりませんが、参考までに・・・。

画像サイズ、ファイルサイズをどうするのか、どのような画像なのか等、情報が少ないのです。

しかし私自身も興味深かったので、以下の6種類で試してみました。個人的見解が、十二分に入りますがあしからず。
圧縮度等に関しては、ファイルサイズがなるべく均等になるように、「Web用に保存」は最高値、「書き出し」中間値で行いました。
環境:
Windows2000、Illustrator CS、Photoshop CS


1.「Web用に保存」でjpg
2.「書き出し」でjpg
3.「書き出し」でbmp保存後、Photoshopで「Web用に保存...続きを読む

Qトワイスアップって何ですか?

トワイスアップって何ですか?
バーで隣の人がモルトを飲むときにいってました
わたしにはちんぷんかんぷんです

Aベストアンサー

付け加えます!!

twice up と書きます。twiceとはonce,twiceの事で2回とか二倍と言う意味、upはstraight up(スペル会ってるかな?)の略です。

要するに、二倍にしたウィスキーのストレートの事です。
ちなみにアップは氷を入れずに飲むという意味がありまして、対して氷を入れて飲む事をオーバー(over iceの略)と呼びます(ロックと言うのも一般的ですね。)

ですから通常、氷を入れずに提供される、ギムレット、マティーニなども、TPOに合わせて「今日はギムレットをオーバーで。」とするのいいと思います。

トゥワイスアップは蒸留所のブレンダーもウィスキーの味を見る時には必ずやる飲み方で大変お勧めです。
ウィスキーが好きな方でしたら、決して濃くは感じないと思いますので、是非やってみて下さい。

個人的には、慣れてきたらまずストレートで注文して加水用の水も常温でショットグラスでもらいます。そして、半分位飲んだら残りのウィスキーに水を同量位加えてみて下さい。かなりの変化が楽しめます!!

では、楽しいバーライフを!!!

付け加えます!!

twice up と書きます。twiceとはonce,twiceの事で2回とか二倍と言う意味、upはstraight up(スペル会ってるかな?)の略です。

要するに、二倍にしたウィスキーのストレートの事です。
ちなみにアップは氷を入れずに飲むという意味がありまして、対して氷を入れて飲む事をオーバー(over iceの略)と呼びます(ロックと言うのも一般的ですね。)

ですから通常、氷を入れずに提供される、ギムレット、マティーニなども、TPOに合わせて「今日はギムレットをオーバーで。」とするのいい...続きを読む

Qショットバーとバーの違い

ショットバーとバーの違いが分かりません。
教えてください。
それとそのようなお店にこの前連れて行ってもらって店の雰囲気とかすごく気に入ったのですが、メニューとかもないのでどう頼んで良いのか分かりません。スマートに頼んでかっこよく飲みたい!って思うのですがお酒に詳しくないので困ってます。
そういうオーダーのポイントなど教えて下さい。
やはりお酒に詳しくならないといけないですね 。
勉強ですね。

Aベストアンサー

昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。
そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。
お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。
現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていますね。
接客があってもスナックとは一線を画す静かで落ち着いたものです。

お酒とかの頼み方ですが、お酒の知識がないのでしたら臆することなく何でもバーテンに相談すれば良いですよ。
生半可な知識で背伸びしていることは直ぐに見透かされてしまいます。
付け焼刃なウンチクでも語ろうものなら裏で失笑されてしまいます。
好みだけを伝えて見繕ってもらえば良いですね。

私も何度も通っていても自分の知識だけでは飲むお酒が固定されてしまうので時々新しいお酒に挑戦しようと相談します。
ラックにいっぱい並んでいるお酒の名前もほんの数種類しか分かりません。
いつもボトルを指差して”あれちょうだい”なんて注文しているものだから”いい加減名前くらい覚えてくださいよー(笑)”なんて言われてます(笑)

昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。
そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。
お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。
現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報