私は夫の会社の経理をしております。
貸倒損失?のことでわからないことがあります。

ある取引先の売掛金の回収(80万円ほど)が出来なくなりました。
再三請求を出しているのですが、電話にも出てくれませんし、会社に行っても居留守を使いまいます。全く連絡がとれなくなりました。
夫はもう回収することは不可能だと思っております。
夫は会社に損失を与えてしまったことに随分責任を感じているようで、
回収できなかった売掛金全額を自腹で負担すると言っております。

私はそこまでする必要はないように思えるのですが・・・。
うちの会社は売上が伸びておりますので、今期もかなりの税金を納めなくてはならないと思います。
そこで質問なのですが、上記のように自腹で売掛金の損失分を負担した場合、税金上はどうなるのでしょうか?
無知な質問で申し訳ありません。
どなたか教えてくださると助かります。
宜しくお願いいたします。

A 回答 (3件)

法の専門家ではありませんが、ご提案として…



不払いの原因が業務上のトラブルによるもので無く、単に支払いに応じないのであれば、「少額訴訟」の手続きを取って見ては如何でしょうか。
確か60万円までは請求可能(それを超過した債権は自主放棄)なので、ダメもとでやってみるのも良いかと思います。

もしくは全額回収する望みを持ちたい場合は、まずは内容証明を出すことですが、もしこのどちらかを既にやってましたらゴメンナサイ^^;

あと、会社がご主人さん経営のものであれば、個人が損失補填するのはもったいないと思います。但し先方が支払いに応じない程度では貸倒損失と認められない可能性が高いので、損失処理するのは暫く先になります。何か回収不能となった事実(倒産や債権の時効、債権放棄等)を経て最終的な処理となります。
    • good
    • 0

>私は夫の会社の経理をしております。



<事実関係の整理から>
 夫と会社の関係→旦那さんが会社を経営しているとの前提で解釈します。

<税法的に正しい処理>
 会社を経営している旦那さんが、回収できない債権相当額を補填
   → 会社と経営者は別人格ですから、贈与された会社は法人税を納付
     する必要があります。
     (法人の所得となります)
       ※売掛債権の補填ではなく、法人所得として処理します。
        例: 現金 80万円/ 受贈益 80万円
 債権の売買
   未回収債権を、会社がご主人へ売却(債権者はご主人さん)したので
   あれば、法人は債権を売ったのですから課税関係は発生しません。
   但し、契約書を作成するなど権利関係を明確にしておく必要があります。
   債権を購入したご主人は、債権者となりましたので当該取引先へ請求
   等を行い債権を回収する権利が発生します。

 会社は貸倒損失を計上
   ※現在の状況では、貸倒損失として計上できません。
    (貸倒が確定していません)
    貸倒が確定した(債権先の倒産、不渡り等々)場合には、債権相当
    を貸倒損失として損金計上ができます。


<一般的には>
 当該80万円を個人で補填しなければならない理由(80万円がなければ会社が
 倒産する等)がなければ、あえて個人が債権を補填する必然性はありません。
 法的な手続きをしても尚、回収が不能な場合には当該金額が貸倒損失として
 法人税法上の損金として認められますので、わざわざ会社の不良債権を個人
 へ移転する必然性が感じられません。
  ※補填するメリットがまったくありません。
    • good
    • 0

> 自腹で売掛金の損失分を負担した場合、税金上はどうなるのでしょうか?



自腹の是非等を傍らに置いて、税法上の取扱いに絞れば、負担の仕方によります。

単に穴埋めのために現金を支出したのならば、贈与による課税関係が生じます。他方、債権を買い取る・第三者払いをするなどであれば、売掛金額と同額である限り、課税関係はそこからは発生しません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕掛品

工業簿記の仕訳に出てくる
【1】仕掛品  /材料
製造間接費



総合原価計算に出てくる

【2】月初仕掛品   50
当月投入      100
合計         150
【3】月末仕掛品   20
完成品        130

この3つの「仕掛品」について頭がごちゃごちゃです。

まず
【1】の
仕掛品     /材料
製造間接費
について

この場合の仕掛品は
仕掛品=月初仕掛品+月末仕掛品
ということでしょうか?

置き換えれば
月初仕掛品 /材料
月末仕掛品
製造間接費

ということになりますか?

Aベストアンサー

>この場合の仕掛品は
仕掛品=月初仕掛品+月末仕掛品
ということでしょうか?//

違います。この場合の仕掛品は当月投入のことです。

ご質問の【1】と【2】【3】の違いはなんでしょう?
それは、【1】が仕訳であるのに対して、【2】【3】は生産データであることです。異なる表現の物を持ち出してきて比較することは容易なことではありません。どちらもT字勘定で表わすと分かります;

【1】をT字勘定で表わすと(/は貸借の境目の縦線と考えて下さい)、

     材料                仕掛品         製造間接費
      / 仕掛品  100   又は  材料100/   および  材料 20/
      / 製造間接費 20  

ということです(便宜的に金額を入れました)。一方【2】【3】は、

     仕掛品
月初有高 50/製品  130
材料   100/月末有高 20

となります。
この【2】【3】の借方の「材料100」の部分が【1】の仕訳の借方仕掛品と同意(つまりT字勘定でみると材料勘定の貸方仕掛品100か、仕掛品勘定の借方材料100、特に【1】と【2】【3】を同じ仕掛品勘定で見れば正にどちらも借方にあります。)なのです。

工業簿記で大切なのは勘定連絡だと言われますし、実際その通りだと思います。T字勘定で理解できるようにしましょう。工業簿記は価値(材料などの資産)や費用(労務費や経費など)を集積して新たな価値(仕掛品や製品という資産)を作り出す行程ですから、大抵の勘定は、借方に資産や費用が集積し、新たな資産が貸方に出来ていきます。そしてそれがどんどん繋がっていきます。
とにかくT字勘定で理解できるようにしましょう。

>この場合の仕掛品は
仕掛品=月初仕掛品+月末仕掛品
ということでしょうか?//

違います。この場合の仕掛品は当月投入のことです。

ご質問の【1】と【2】【3】の違いはなんでしょう?
それは、【1】が仕訳であるのに対して、【2】【3】は生産データであることです。異なる表現の物を持ち出してきて比較することは容易なことではありません。どちらもT字勘定で表わすと分かります;

【1】をT字勘定で表わすと(/は貸借の境目の縦線と考えて下さい)、

     材料          ...続きを読む

Q自己破産した取引先(個人及び法人)から売掛金の回収は?

こんにちは
自己破産した取引先(個人及び法人)からは、売掛金の回収は、
できないんでしょうか?
免責になってる場合となってない場合について教えて下さい。
泣き寝入りするしかないんでしょうか?

Aベストアンサー

相手が貴方の債権を含めて免責になった場合は泣くだけです。
払う義務を免責されてしまったんですから。

自己破産だけだとしても全額回収することはほぼ困難です。
払えるなら自己破産なんてしませんもん。
債務額を確定し、破産者の財産を公平に分配するくらいです。
払えるぐらいの財産有ればいいんですけどねえ・・・

含んでいない場合は別の対応になるようですが。

Q工業簿記の”仕掛品””製品”勘定について教えてください

よろしくお願いします。
簿記の試験対策をしている間はあまり気にならなかったのですが、
”仕掛品””製品”という勘定は、資産?費用?なのでしょうか?

製品はおそらく資産勘定に当たると思うのですが、仕掛品は費用なのでしょうか?

しかし、月末仕掛品などは、資産っぽいし・・・。

でも、仕掛品10万が完成品になったとしたら

製品 10万  仕掛品 10万

となりますよね?

これは資産勘定が資産勘定に振り返られてる?

そんなことはないですよね。

費用が減って資産が増えてるならわかるのですが。

仕掛品勘定は、材料費など、費用勘定を集める集合勘定なのでしょうか?


教えてください。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

仕掛品も製品も資産です。貸借対照表を見てください。どちらも流動資産に計上されています。
>これは資産勘定が資産勘定に振り替えられてる?
そのとおりです。未完成品である仕掛品から完成品である製品に振り替える仕訳です。なぜ「そんなことはない」と考えるのでしょうか。現金で備品を購入するなど、資産から資産に振り替えられるのはよくあることです。

>費用が減って資産が増えてるならわかるのですが。
この考え方のほうが私にはわかりません。費用と資産では投下資本の意味合いが全く違います。なお、経営サイクルの考え方からすれば、投下資本は
資本⇒資産⇒原価・費用⇒収益⇒資本(利益)⇒資産・・・
と循環するのであって、費用が資産になることは普通は無いと思います。

>仕掛品勘定は、材料費など、費用勘定を集める集合勘定なのでしょうか?
集合管上という言葉もはじめて聞きました。仕掛品は無から製品完成に至る製造過程において発生する原価を積み上げる勘定です。質問で材料費を「費用」と表現していますが、材料費は原価の一要素であり、原価と費用は別の概念です。混同してはいけません。

仕掛品も製品も資産です。貸借対照表を見てください。どちらも流動資産に計上されています。
>これは資産勘定が資産勘定に振り替えられてる?
そのとおりです。未完成品である仕掛品から完成品である製品に振り替える仕訳です。なぜ「そんなことはない」と考えるのでしょうか。現金で備品を購入するなど、資産から資産に振り替えられるのはよくあることです。

>費用が減って資産が増えてるならわかるのですが。
この考え方のほうが私にはわかりません。費用と資産では投下資本の意味合いが全く違います。...続きを読む

Q取引先からの売掛金回収方法について

取引先A社が1回目の不渡りを出しました。
今月末の2回目も確実に不渡りがでます。
売掛金が300万円残っております。
代表者は開き直っており、夜逃げの心配はありません。
金目らしきものは何も無いみたいです。
今後、どのようにしたらよいかわかりません。
弁護士さんにも相談に来ましたがのんびりしておられ
とりあえず会社と代表者の土地謄本を上げなさいと
いわれましたが銀行ががっちり押えているみたいです。

Aベストアンサー

>弁護士さんにも相談に来ましたがのんびりしておられ とりあえず会社と代表者の土地謄本を上げなさいと いわれましたが銀行ががっちり押えているみたいです。

と云うことは、その弁護士の「腹の内」は「取立不可能だから、裁判しても無駄です。おやめなさい。」と云うことと思います。
すべてがそうですが、相手が、そのお金を持ってきて返済してくれなければ裁判所の勝訴判決などで相手の財産を差押、競売し、競落代金をもらうことで満足するわけです。しかし、実際に裁判することは大変ですし、仮に、勝訴したからと云って任意に支払ってくれなければこれまた強制執行の他ありません。更に、仮に強制執行しても相手の財産によって空振りに終わることは十分考えられますし実務上でも非常に多いです。不動産があり、それを競売することができたとしても、売却代金は抵当権が優先しますから配当が無いことがあります。その場合は却下され競売はなかったことになります。つまり、空振りに終わってしまう危険があります。そこまで進めるために多額の費用と時間がかかりますから・・・

Q工業簿記の仕掛品勘定は複数あるのですか?

工業簿記の勉強中です。仕掛品勘定はたくさんあるのでしょうか? 今まで勘定口座は1つで、原価計算表に明細があるのかと思っていたのですが、ネットスクールの「サクッと」を見ていると仕掛品Aとか仕掛品Bとあります。商品ごとに仕掛品勘定はあるのでしょうか? 頭が混乱しています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まとめて一個ですよ。
ただ、まとめるとゴチャゴチャになって分かりにくいのでバラバラに載せているだけです。
仕掛品Aと仕掛品Bの勘定をまとめれば普通に工場が使っている仕掛品勘定になります。
仕訳を切るときは(あんまり工業簿記では仕訳の問題は出ませんが)
仕掛品 100/材料 100
といったように普通に切ります

Q貸倒損失と貸倒引当金の仕訳について

商法上の中会社です。

貸倒損失と貸倒引当金の仕訳について教えて下さい。

前期で貸倒引当金を3,500千円計上してあります。
全て一括評価分で、個別の計上はしておりません。

今年度で貸倒れが1件発生しました。売掛金は200千円ほどです。
この時の仕訳は
貸倒損失/売掛金
でよろしいのでしょうか?
(貸倒引当金を減額する方法は実務ではあまり使われないのでしょうか?)

今年度の期末で一括評価をすると3,800千円の貸倒引当金を計上することになりそうです。
差額補充法と洗替法の使い分けがわかってません。
この場合、3,500千円の貸倒引当金戻入益と3,800千円の貸倒引当金繰入額を計上すべきでしょうか?
それとも、300千円の貸倒引当金繰入額の計上のみでよろしいのでしょうか?
貸倒損失で200千円を計上している関係で違う計算になりますか?

また、今年度で単発取引で2,900千円の回収不能売掛金が発生しました。
#その会社は営業活動をしているものの裁判所の支払命令にも従わず1年以上も支払が滞っています。
#不動産・動産の差し押さえは額も少なく弁護士の見解によると実質的に困難です。
この2,900千円について
貸倒引当金繰入額/貸倒引当金
の仕訳を入れようと思っています。
この個別評価分は一括評価分と合わせて(個別2,900+一括3,800=6,700千円)
貸倒引当金の残高となってよろしいのでしょうか?

また、この個別評価分は、税務でも認められるのでしょうか?

ご教授下さい。
よろしくお願いします。

商法上の中会社です。

貸倒損失と貸倒引当金の仕訳について教えて下さい。

前期で貸倒引当金を3,500千円計上してあります。
全て一括評価分で、個別の計上はしておりません。

今年度で貸倒れが1件発生しました。売掛金は200千円ほどです。
この時の仕訳は
貸倒損失/売掛金
でよろしいのでしょうか?
(貸倒引当金を減額する方法は実務ではあまり使われないのでしょうか?)

今年度の期末で一括評価をすると3,800千円の貸倒引当金を計上することになりそうです。
差額補充法と洗替法の使い分け...続きを読む

Aベストアンサー

貸倒引当金は、期末の債権残高に対する評価性の引当金で、次期以降の損失に備えます。税務上、洗い替えすることが求められています。
貸倒損失は当期に発生した貸倒れ額の費用計上です。

>今年度で貸倒れが1件発生しました。売掛金は200千円ほどです。
この時の仕訳は
貸倒損失/売掛金
でよろしいのでしょうか?
→この仕訳でいいです。当期に発生した貸倒れですので貸倒損失に計上します。(会計理論上は引当金取り崩しもあり得ますが、税法からも実務ではあまり使いません。)

>それとも、300千円の貸倒引当金繰入額の計上のみでよろしいのでしょうか?
貸倒損失で200千円を計上している関係で違う計算になりますか?
→上記したように、期末債権額に対し貸倒引当金を計算し、洗い替えします。このとき、200千円の貸倒れ処理をしていたら、売掛金の期末残高はその分減っていますから引当金の計算で考慮する必要はありません。

>この2,900千円について
貸倒引当金繰入額/貸倒引当金
の仕訳を入れようと思っています。
>この個別評価分は一括評価分と合わせて(個別2,900+一括3,800=6,700千円)
貸倒引当金の残高となってよろしいのでしょうか?
→一括評価による貸倒引当金の対象と個別評価の債権額、貸倒れ処理をした債権額とが重なっていなければそれでよろしいでしょう。

>この個別評価分は、税務でも認められるのでしょうか?
→認められています。申告書の書式などについても下記のURLを参考にして下さい。

参考URL:http://www.rakucyaku.com/Koujien/M/H07/H700200

貸倒引当金は、期末の債権残高に対する評価性の引当金で、次期以降の損失に備えます。税務上、洗い替えすることが求められています。
貸倒損失は当期に発生した貸倒れ額の費用計上です。

>今年度で貸倒れが1件発生しました。売掛金は200千円ほどです。
この時の仕訳は
貸倒損失/売掛金
でよろしいのでしょうか?
→この仕訳でいいです。当期に発生した貸倒れですので貸倒損失に計上します。(会計理論上は引当金取り崩しもあり得ますが、税法からも実務ではあまり使いません。)

>それとも、300千円...続きを読む

Q仕掛品の計算

製造業で仕掛品の計算をする時に、生産に携わった従業員や役員の給与を仕掛品に含めていません。というのも、その製品を作るのに誰が何時間携わっているかを把握するのは困難だからです。このような場合はどうやって仕掛品の計算をすればよいでしょうか?また、税務署が来たら、このような場合、仕掛品が過少と言われてしまうのでしょうか?その際、どのように金額を算定するのでしょうか?
製造業の経理の方は仕掛品の計算をどうされているのでしょうか?

Aベストアンサー

仕掛品の計算は、原価計算によることが原則ですが、ほとんどの中小企業では原価計算ができないので、売価還元法によっています。
売価還元法によれば、(期首仕掛品原価+当期製造費用(材料費+労務費+経費)+期首製品原価)/(当期売上高+期末製品売価+期末仕掛品売価)がみなし原価率となり、それぞれ期末製品売価及び期末仕掛品売価に原価率を掛ければ原価がでます。なお、中小企業の場合は、仕掛品は認識せず材料費のみで集計し、製品のみ売価還元法で計算することが多いと思います。

Q貸倒引当金・貸倒損失・決算について教えてください!(長文です)

昨年度から複式簿記で会計処理をしています。
簿記を勉強してみたものの、実務処理にてわからなくなってしまい、教えて下さい。

質問(1)
H18年度決算にて貸倒引当金を計上しました。
   貸倒引当金繰り入れ 1500 / 貸倒引当金   1500 

H19年度、H18年度分の売掛金のうち 500 回収できませんでした。
回収できなかった時点で、次のように仕訳します。
   貸倒引当金     500  / 売掛金   500

H19年度決算時にH18年度分を戻入
   貸倒引当金   1500   / 貸倒引当金戻入   1500
さらに、H19年度分決算時の売掛金に対して、貸倒引当金を計上、
   貸倒引当金繰入  900  /  貸倒引当金  900

これで合っているでしょうか?これだと、次のようになります。
 (借)貸倒引当金  2000   (貸)売掛金      500
                貸倒引当金戻入  1500
    貸倒引当金繰入  900    貸倒引当金    900

決算時に貸倒引当金が、
  (借)2000  (貸)900 で(借)1100になってしまいます。
何だかおかしいと思うのですが、どこが間違っているのでしょうか?
いろいろと調べていたらややこしくなって、整理がつきません。
解かりやすく教えていただけると助かります。

質問(2)
職種は建設業です。
請負・常用で仕事していますが、請求した金額どうりに入金されません。内金やら請負部分での調整です。取引先は1箇所です。

請求金額よりも多く入金された場合は売上としていましたが、
少なく入金された場合は、
(借)  貸倒損失    (貸)  売掛金
でいいのでしょうか?
それとも、1年間トータルで考えて、売上・貸倒損失はあまり使わないようにして、年度末に調整とかは可能でしょうか?
月ごとに請求した金額よりも、売上や貸倒損失(未入金)が発生するので、トータルで計算すると、そんなに大きい金額差ではないんですが、
売上が増えると消費税が増えるし、損失が増えるのもどうかと思うのですが、いかがでしょうか?

素人質問でわかりづらいかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。





 

昨年度から複式簿記で会計処理をしています。
簿記を勉強してみたものの、実務処理にてわからなくなってしまい、教えて下さい。

質問(1)
H18年度決算にて貸倒引当金を計上しました。
   貸倒引当金繰り入れ 1500 / 貸倒引当金   1500 

H19年度、H18年度分の売掛金のうち 500 回収できませんでした。
回収できなかった時点で、次のように仕訳します。
   貸倒引当金     500  / 売掛金   500

H19年度決算時にH18年度分を戻入
   貸倒引当金   1500   / 貸倒引...続きを読む

Aベストアンサー

期中に貸倒金として処理し、貸倒引当金を洗替えで処理した場合(#1の方の処理)と、私の書いた処理とでは利益に何ら差は生じません。

先の方法では、費用となるのは貸倒金の500と貸倒引当金繰入の900で1400、収益は貸倒引当金戻入の1500、差額100の利益

後の方法では、費用は貸倒引当金繰入の900、収益は貸倒引当金戻入の1000、差額100の利益

また、売上値引は売上を使用しても問題ないです。簡易課税の場合にもどちらを使用しても(よほど特殊な場合以外は)消費税額に影響はしないですし、そんなことで税務署は文句を言ったりしません。

Q仕掛品の進捗率による原価計算について

現在仕事で労務管理のようなものを任されています。
簿記の知識はほぼない状態です。

原価計算を行う際、仕掛品については進捗率によって原価を算出する方法をとっているようです。
疑問なのが、仕掛品がその後複数のバリエーションによって使用される場合の進捗率です。
例えば後工程A、Bをもつ仕掛品Aがああり、後工程Aは残り1工程、後工程はB残り2工程で完成品が出来るとします。この場合、月末時点で仕掛品Aが存在していた場合、仕掛品Aがどの製品の仕掛品であるかが分からない場合、その仕掛品の進捗率が分からない為、原価を求めることが出来ないのではと思っています。

よく分かっていない事が多く、曖昧な質問になっているかもしれませんが、アドバイス頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

御社が現在採用されている原価計算はどのようなものなのですか?
何方か知っている方は居りませんか??

ザットご質問文を拝読して思ったのが、「工程別原価計算(非累加法)」を採用為されては如何でしょうか?
  http://www25.tok2.com/home2/masatoru/boki/main98.html

採用していただけるとした上で・・・原価計算を『前工程』と『後工程(A)』『後工程(B)』に区別いたします。
> 後工程A、Bをもつ仕掛品A
これは『前工程』に属します。
後工程へ流せる状態になった時が進捗率100%
で、この場合においても問われのが
  進捗率100%=「完成品」だが、後工程のA又はBへ投入を
  していないので、何れの『後工程』でも「投入分」として計上が
  できない。
これは『前工程』の「仕掛品」に計上しておく物ではありませんので、適切な勘定(「前工程完成品」)で別途計上して下さい。


> よく分かっていない事が多く、曖昧な質問になっているかもしれませんが、
> アドバイス頂ければ幸いです。
私も上手く説明できていないと思いますので、ご不明点を補足欄にご記入頂ければ幸いです。

御社が現在採用されている原価計算はどのようなものなのですか?
何方か知っている方は居りませんか??

ザットご質問文を拝読して思ったのが、「工程別原価計算(非累加法)」を採用為されては如何でしょうか?
  http://www25.tok2.com/home2/masatoru/boki/main98.html

採用していただけるとした上で・・・原価計算を『前工程』と『後工程(A)』『後工程(B)』に区別いたします。
> 後工程A、Bをもつ仕掛品A
これは『前工程』に属します。
後工程へ流せる状態になった時が進捗率100%
で、この場...続きを読む

Q経理の売掛金回収

経理の仕事の中で「売掛金回収」という仕事があるという事を知りました。
これはつまり「お金を払わない業者から、督促なり訪問するなりして売掛金を回収する」というものですよね?
私は以前、広告会社に勤めていた事があり、広告料金を払わない法人相手に電話をかけ督促をしていた事があります。お金がないのか、何度も督促されるのが頭にきたのか「そんなもん払わんぞ!!」と怒鳴り散らしてくるお客さんもいました。
当時は私は簿記のぼの字も知らなかったので、これが売掛金回収という仕事だという事は知らなかったのですが、今考えたら当てはまるのでは?と思えてきました。
また破産して売掛金が回収出来なくなった法人の、破産の処理というのも担当していました。
これらは経理の仕事の一貫なのでしょうか?
精神的に続けるのが困難になり、鬱病になった事がありますので、経理の仕事が私が想像しているような仕事なら経理をされている方は凄いなあと思ってしまいます。
実際、売掛金の回収、それに伴うクレーム対応や破産処理などは経理に付随する業務なのでしょうか?

Aベストアンサー

☆売掛金とは,このように理解してください。

大会社の本社
支店がありました。ここに下記の担当者がいました。
A経理担当とB営業担当がいました。
Bは得意先に請求書を届けました。そうして(借方)売掛金2千万円/(貸方)商品2千万円の売掛金計上仕訳伝票を起こしました。

期日にBは現金を回収してきました。それをAにわたしました。
Aは(借方)現金2千万円/(貸方)売掛金2千万円このような仕訳伝票を起票しました。

☆整理するとBが起票の伝票の借方とAが起票の貸方が帳合できました。
Aは入金した金額を本社へ送金します。これが一般的な流れです。

☆取引に際してBは契約・覚書等を交わすのは,もしかの時の権利なのです。
得意先が破産しました。その時契約・覚書等に基づいて担保の差し押さえをします。

あなたが最後に質問として書いていた。実際,売掛金の回収,クレーム,破産対応はBの分野です。
Aは会社としての分野を担当し処理します。参考にしてください。


人気Q&Aランキング