アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

私は夫の会社の経理をしております。
貸倒損失?のことでわからないことがあります。

ある取引先の売掛金の回収(80万円ほど)が出来なくなりました。
再三請求を出しているのですが、電話にも出てくれませんし、会社に行っても居留守を使いまいます。全く連絡がとれなくなりました。
夫はもう回収することは不可能だと思っております。
夫は会社に損失を与えてしまったことに随分責任を感じているようで、
回収できなかった売掛金全額を自腹で負担すると言っております。

私はそこまでする必要はないように思えるのですが・・・。
うちの会社は売上が伸びておりますので、今期もかなりの税金を納めなくてはならないと思います。
そこで質問なのですが、上記のように自腹で売掛金の損失分を負担した場合、税金上はどうなるのでしょうか?
無知な質問で申し訳ありません。
どなたか教えてくださると助かります。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

法の専門家ではありませんが、ご提案として…



不払いの原因が業務上のトラブルによるもので無く、単に支払いに応じないのであれば、「少額訴訟」の手続きを取って見ては如何でしょうか。
確か60万円までは請求可能(それを超過した債権は自主放棄)なので、ダメもとでやってみるのも良いかと思います。

もしくは全額回収する望みを持ちたい場合は、まずは内容証明を出すことですが、もしこのどちらかを既にやってましたらゴメンナサイ^^;

あと、会社がご主人さん経営のものであれば、個人が損失補填するのはもったいないと思います。但し先方が支払いに応じない程度では貸倒損失と認められない可能性が高いので、損失処理するのは暫く先になります。何か回収不能となった事実(倒産や債権の時効、債権放棄等)を経て最終的な処理となります。
    • good
    • 0

>私は夫の会社の経理をしております。



<事実関係の整理から>
 夫と会社の関係→旦那さんが会社を経営しているとの前提で解釈します。

<税法的に正しい処理>
 会社を経営している旦那さんが、回収できない債権相当額を補填
   → 会社と経営者は別人格ですから、贈与された会社は法人税を納付
     する必要があります。
     (法人の所得となります)
       ※売掛債権の補填ではなく、法人所得として処理します。
        例: 現金 80万円/ 受贈益 80万円
 債権の売買
   未回収債権を、会社がご主人へ売却(債権者はご主人さん)したので
   あれば、法人は債権を売ったのですから課税関係は発生しません。
   但し、契約書を作成するなど権利関係を明確にしておく必要があります。
   債権を購入したご主人は、債権者となりましたので当該取引先へ請求
   等を行い債権を回収する権利が発生します。

 会社は貸倒損失を計上
   ※現在の状況では、貸倒損失として計上できません。
    (貸倒が確定していません)
    貸倒が確定した(債権先の倒産、不渡り等々)場合には、債権相当
    を貸倒損失として損金計上ができます。


<一般的には>
 当該80万円を個人で補填しなければならない理由(80万円がなければ会社が
 倒産する等)がなければ、あえて個人が債権を補填する必然性はありません。
 法的な手続きをしても尚、回収が不能な場合には当該金額が貸倒損失として
 法人税法上の損金として認められますので、わざわざ会社の不良債権を個人
 へ移転する必然性が感じられません。
  ※補填するメリットがまったくありません。
    • good
    • 0

> 自腹で売掛金の損失分を負担した場合、税金上はどうなるのでしょうか?



自腹の是非等を傍らに置いて、税法上の取扱いに絞れば、負担の仕方によります。

単に穴埋めのために現金を支出したのならば、贈与による課税関係が生じます。他方、債権を買い取る・第三者払いをするなどであれば、売掛金額と同額である限り、課税関係はそこからは発生しません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金払いの悪い取引先。最良の集金方法と取引の継続

小売店に商品を卸す商売をしています。20年になります。
売上は、多くの人が困難な局面におかれているように、決して良い状態ではありません。ただ、この1年、売上は横ばい状態ですが、入金状態が著しく悪くなっています。掛売りが主体です。取引先との契約は「〆から最大50日の完納」なのですが、なかなか約束を守ってもらえません。

分割にしてでも毎月払う誠意を見せてくれている先は、とにもかくにも、平然と「売れていないから払えない」と開き直る先や(委託販売契約ではありません)、何度請求しても何か月も支払わずにいる先も著しく増えてきました。

私はメーカーや輸入業者には、きちんと入金しています。ですから、全然お金が残りません。支払日前は大変です。

98年に、一度、支払い態度の悪い先を大胆に削ったことがあります。売上は減りましたが、金回りは良くなり、支払日の前には余裕ができました。その中の数社は、その後、倒産や閉店などに追い込まれているものの、中には、営業を続けている店もあります。ここまで景気が悪くなると、多少支払い態度が悪くても「数」として取引を継続した方が賢明なのかとも悩む今日此頃です。

1.支払いが悪い取引先に、取引関係を継続させながら入金を促す最良の方法は?
2.支払いの悪い取引先、どのレベルで(どういった段階で)、縁を切りますか?
3.そのほか

どうぞアドバイスください。

小売店に商品を卸す商売をしています。20年になります。
売上は、多くの人が困難な局面におかれているように、決して良い状態ではありません。ただ、この1年、売上は横ばい状態ですが、入金状態が著しく悪くなっています。掛売りが主体です。取引先との契約は「〆から最大50日の完納」なのですが、なかなか約束を守ってもらえません。

分割にしてでも毎月払う誠意を見せてくれている先は、とにもかくにも、平然と「売れていないから払えない」と開き直る先や(委託販売契約ではありません)、何度請求して...続きを読む

Aベストアンサー

うちは書籍を卸してもらってますが、最近宅急便のコレクトサービスに変更をお願いされました。

私はちゃんと支払っていましたが、営業の話によると支払わない人もいるそうです。

コレクトなんかお勧めです。

ただ、それを了承してくれるかはグレーゾーンだそうです。うちはちゃんと払うので全然、お構いないですが・・・。

確かに売れないと払いたくないときもありますよね。
勝手な言い分ですけど。

1、強引に支払い方法を変えてはだめ
2、期日を過ぎた客もそれなりにお大事に
3、期日を守る文書を毎月送付する
4、期限を守らなかったら即座に電話する
5、滞納が毎月のように続いたら、何度かの警告の末に手を切る。

以上のことができれば私も苦労しないんですけどね(^_^;)。

Q相手が倒産し、売掛金が回収できない場合の仕訳等について。

建築業をしています。
10年前に、お得意先のA社が倒産。売上約20万円が回収できませんでした。
8年前、別のお得意先B社が夜逃げ。約10万円の売上が回収できませんでした。

昨年までは税理士さんに決算をお願いしていました。「A社・B社の件は売掛金として30万円残っているのかな?」と思ったのですが、元帳を見ると、【A社・B社ともにそれぞれ1000円の売掛金】が残っているという状況でした。
税理士さんが回収不可能ということで処理してくれたのかなとも思ったのですが、それにしても何故2社とも1000円分ずつ売掛金として残っているのかが分かりません。
今年度分の決算は事情があり税理士さんに頼めず自分自身で決算をしている状況です。


(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、
「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

(3)税理士さんが残した【1000円の売掛金】というのは何か意味がありますか?「売掛金を回収できなくても、1000円分は売掛金として残すこと。損金にはできない」といったような決まりごとがあるのでしょうか?とても不思議です。

質問が3つになってしまい申し訳ありませんが、1つでもわかれば教えていただけると助かります。宜しくお願いいたします。

建築業をしています。
10年前に、お得意先のA社が倒産。売上約20万円が回収できませんでした。
8年前、別のお得意先B社が夜逃げ。約10万円の売上が回収できませんでした。

昨年までは税理士さんに決算をお願いしていました。「A社・B社の件は売掛金として30万円残っているのかな?」と思ったのですが、元帳を見ると、【A社・B社ともにそれぞれ1000円の売掛金】が残っているという状況でした。
税理士さんが回収不可能ということで処理してくれたのかなとも思ったのですが、それにしても何故2社とも1000円...続きを読む

Aベストアンサー

(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

→お書きのとおりです。

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

→「貸倒損金(販)」です。売掛金や営業上の受取手形の場合は販売費一般管理費で処理し、貸付金などの営業外債権については営業外費用で処理します。厳密には以上ですが、違っても実害はありません。

(3)税理士さんが残した【1000円の売掛金】というのは何か意味がありますか?「売掛金を回収できなくても、1000円分は売掛金として残すこと。損金にはできない」といったような決まりごとがあるのでしょうか?とても不思議です。

→【1000円】は備忘価額です。これは、法人税法基本通達9-6-3によるもので、「一定期間取引停止後弁済がない場合等の貸倒れ」の規定を適用されたものと思われます。この規定は、備忘価額を残すことを要件に損金算入が認められており、税理士さんはこの規定を適用されたのでしょう。
なお、備忘価額は1,000円に限られず例えば1円でも構いません。

(1)2社とも1000円を回収するのは不可能なので、仕訳は
[振替伝票]
借方:貸倒損金 1000円 / 貸方:売掛金 1000円
でいいのでしょうか?

→お書きのとおりです。

(2)弥生会計08で仕訳を入力しているのですが、「貸倒損金(販)」と「貸倒損金(外)」の2種類あります。
両者の違いが分からずどちらを選んだらいいのでしょうか?

→「貸倒損金(販)」です。売掛金や営業上の受取手形の場合は販売費一般管理費で処理し、貸付金などの営業外債権については営業外費用で処理します。厳密には以上ですが、違って...続きを読む

Q休憩のない職場って普通ですか?

はじめまして。よろしくお願いします。

質問というか、皆様の意見を聞きたいです。


あるアルバイト募集に応募しました。
その仕事は、私のやりたい仕事でした。

重労働なんですが、それは覚悟してました。

面接を受け、一日体験をすることになりました。


覚悟していたつもりなんですが、本当に体にキツイ仕事でした。

驚いた事は、休憩が一度もないんです。
お昼休みはもちろん、5分の休憩もないんです。

お昼休憩がないのは、本当に忙しい人は食べられない所もあるみたいなので、
それはしょうがないかなと、少しはあきらめがつきます。

ただ、20キロの物を運んだりする重労働なのに、5分の休憩もないってどう思いますか?

その日は、7時間ぶっ通しで働きました。
トイレと水分補給だけ許されました。


キツイ仕事でも頑張る覚悟はありました。
でも休憩が無いことは予想外でした。。

途中、10分でも5分でも、1回でも休憩があれば、その後の疲れややる気が全然違うのに・・。

7時間後はぐったりでした。。


教えてくれた方は二人いたのですが、二人とも私より年上だし、
しかも一人は50代なのに文句も言わず黙々と働いています。

私は体験だったので、7時間で終わりましたが、他の二人はそのまま仕事を続けていました。


やりたい仕事だったので、夢がふくらんではりきっていたのですが、
予想とは大きく違く、やめたい気もしてきました。。

ちなみに、時給も驚くほど安いです。


周りに話すと、そんな重労働で休憩が無い所なんてありえない。やめた方がいいと言われます。
少し頑張った所で、長くは続かないと。。

ちなみに、社長や事務職の人は、普通にお昼休憩とってるみたいです。

やめるなら、今やめた方が、こっちも会社の方にも良いと思って、今悩んでます。


こういう職場ってどう思いますか?

はじめまして。よろしくお願いします。

質問というか、皆様の意見を聞きたいです。


あるアルバイト募集に応募しました。
その仕事は、私のやりたい仕事でした。

重労働なんですが、それは覚悟してました。

面接を受け、一日体験をすることになりました。


覚悟していたつもりなんですが、本当に体にキツイ仕事でした。

驚いた事は、休憩が一度もないんです。
お昼休みはもちろん、5分の休憩もないんです。

お昼休憩がないのは、本当に忙しい人は食べられない所もあるみたいなので、
それはしょうがないか...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

私も、体力勝負のアルバイトをしたことがあります。
質問者様のお仕事とは少し違うかもしれませんが、発送の仕事で、20キロの物を運んだりはしませんでしたが(台車では運んでましたけど……)力仕事と言って良い仕事だったと思っています。

その職場では、勤務が5時間未満の日は30分、5時間以上の日は1時間の休憩がありました。忙しい時期で8時間を超えそうな時には、さらに15分ずつ交代で休憩、とか。
特にお昼休みというのは無くて、休憩の間にご飯食べて来てね、って感じでしたね。お昼前後に休憩をとれることが少なくて、遅い日は4時ごろに休憩に入ってご飯食べることもありましたけど、休憩(というかお昼休み?)は必ずありました。

シフトが早い日は、「休憩なんかしないでその分稼ぎたい」なんて思うこともありましたけど、休憩は必ず取るようにと言われていましたよ。

今は、事務系のバイトをしていますが、6時間勤務で45分の休憩がお昼にあります。


「この環境では身体が持たない。働いていけない。」というのは、立派なやめる理由になると思いますよ。
職場を選べる状態ならば、同じ仕事をするにしてももっと環境の良い職場で気持ちよく働いて欲しいと思います。

こんばんは。

私も、体力勝負のアルバイトをしたことがあります。
質問者様のお仕事とは少し違うかもしれませんが、発送の仕事で、20キロの物を運んだりはしませんでしたが(台車では運んでましたけど……)力仕事と言って良い仕事だったと思っています。

その職場では、勤務が5時間未満の日は30分、5時間以上の日は1時間の休憩がありました。忙しい時期で8時間を超えそうな時には、さらに15分ずつ交代で休憩、とか。
特にお昼休みというのは無くて、休憩の間にご飯食べて来てね、って感じでしたね。お昼前後に休...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報