『銀魂2 掟は破るためにこそある』がいよいよ公開!>>

将来弁護士を目指したいと思っているのですが、法科大学院に行くにはどうすればいいでしょうか?今からでも間に合いますか?
金銭面としてはいくらくらい用意すればいいのでしょうか?
周りにそういう友達がいないので、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>> 既習者で受験したいのですが、予備校等に通ったほうが良いでしょうか?もしお勧めの予備校がありましたら教えてください。

//

まず、私は司法試験予備校などの講座を受講したことはなく、いわゆる予備校本も使ったことはないので、その点についてのアドバイスは的確ではない可能性があることをお断りしておきます。

----------
LS入試対策講座などの受講が必要かどうかは、入学を希望するLSの過去問などを見て判断して下さい。

あなたが、まったく法律学の勉強をしたことがない場合、LS入試までに法学部の学部生が4年間で学習する法律知識、法的思考力、論文作成能力を身に付けなければならないことになります。たとえば10ヶ月で450時間くらいの授業時間になるようです。

また、授業料は安く見ても80万円くらいはかかりそうです。

加えて、法学部出身者や旧司法試験受験者を相手に入試を戦うことになるので、競争率も高くなります。LS入学を目指している学部生や、旧試験に何度もチャレンジしている人たちは、意識も高いし知識も豊富なので、かなり不利になると思われます。

そのあたりも含めて、LS入試対策講座を受講して既修者入試を受けるのが得策か、未修者入試で入って1年間で学部4年分の勉強をするのが得策か、決めることになるでしょう。

なお、未修者クラスといっても、まったく法律と関係ない、いわゆる「純粋未修」の人より、実際には「既修者入試を敬遠した(あるいは併願で未修者試験だけ合格した)法学部出身者」の方が多い(全く法律と無関係の人より法学部出身者の方が多く受験している)ことも珍しくないらしい、ということも付記しておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

法律はもう10年以上勉強しております。他士業の資格は持っており、実務はいろいろとやってきたのですが、自分のできる仕事に限界を感じ、弁護士でなければ解決できない事件・職域の壁にぶち当たり、それにずっと悩んでおり、このたび一念発起して法科大学院受験を決意しました。たかをくくらず未修者で1からまじめに勉強しなおしたいと思うのですが、いくつか大学院に電話をかけるとどこも適性試験を受けていなければ受験資格がないと言われました。

今年の適性試験は受けていません。ですので、来年の6月まで待たなければいけないのでしょうか?

私立・国立は問いません。適性試験を受けずに受験できる法科大学院があれば教えて下さい。早くこの奮いたつ気持ちを実現させたいのです。今すぐにでも入学したい気持ちでいっぱいです。

お礼日時:2008/09/02 19:16

>> 両方とも受験しなければいけませんか? //



通常は片方だけで良いと思いますが、まれに、どちらか一方の試験結果しか利用できない法科大学院(LS)もあるようなので、出願したいLSの受験要領を確認しつつ、いずれを受験するのか(もしくは両方受験するのか)決めることになるでしょう。

>> それぞれ、何月にあるのでしょうか? //

本年度は、日弁連:6月8日、大学入試センター:6月22日に実施されたようです。第1回の試験を除いて、前者は通例6月上旬に実施、後者は通例6月下旬に実施、という感じです。

>> 申し込み方法等 //

それぞれの実施団体にお問い合わせ下さい。

>> (1)(2)の適正試験の上に、各大学の個別の入学試験があるのでしょうか? //

そうです。一般的に、未修者で受験する場合は適性試験の成績が既修者での場合に比べて重視される傾向にあるといわれていますが、評価基準は公表されていないのがふつうです(未修者で適性試験の結果がギリギリでも入試結果が良ければ合格することもある、既修者で法律の知識が豊富でも適性試験の結果が悪いと不合格もあり得る、ということ)。

基本的に、適性試験は、判断力、論理性、思考力などを問う問題になっていて、対策本もいろいろと出ているので、自学自習で合格ラインに達することは可能です。

未修者の入学試験では、小論文、グループディスカッション、面接などを通じて、判断力、論理性、思考力のほか、表現力や構成力、人格的な要素も見られることが多いようです(たとえば、他人の意見を批判するときの言い方など)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に参考になりました。ありがとうございます。既習者で受験したいのですが、予備校等に通ったほうが良いでしょうか?もしお勧めの予備校がありましたら教えてください。

お礼日時:2008/08/20 21:33

基本的には学士の学位が必要です(4年制大学卒業)。

内部進学では、成績優秀者について3回生からの飛び級入学(1年の短縮)を認めている大学もあります。その上で、入学試験に合格すれば入学資格が与えられます。入試の競争率は、全国平均で7~8倍程度かと思われます。

入試の前段階として、いわゆる「適性試験」があります。大学入試センターおよび日弁連の実施している試験で、大学入試センター試験と同じく、法科大学院入学のための最低条件になります(公立・私立の法科大学院を問わず)。

法科大学院は3年制が基本ですが、法律学の基本的な能力を有している者については最初の1年が免除されます。ふつう、出願時に3年制(未修者)で受験するか、2年制(既修者)で受験するか、選択します。併願を認めている大学もあります。

未修者試験では、法律学の知識はいっさい問われません。論文試験・面接試験などにより、社会常識と論理的思考力を備えているかが試されます。したがって、他学部出身者でも問題ありません。既修者試験では、法律学の知識を問われます。

金銭面では、受験費用等は別にして、授業料が年間150万円程度かかるのがふつうです。大学・学年により、多少の幅があります。なお、教科書等は、だいたい1教科に2~3冊(場合によっては5冊以上)必要で、1冊3,000~4,000円程度です(最初に買ったものが自分に合わないときは買い替える学生も多いです)。したがって、書籍費が年間10万円近くかかることがあります。

入学後については、大学によりさまざまですが、一定の進級要件・卒業要件が課されているのがふつうです。たとえば、全科目のうち半分以上がC評価だと卒業できないとか、あるグループの科目をすべて単位取得していないと翌年度の科目が受講できないなどです。

基本的に、単位認定は学部よりもかなり厳しく、C評価・F評価(不合格)がクラスの半数に及ぶこともママあります。また、小テスト、中間試験、レポートなど、課題が非常に多いので、1日最低10時間以上の自習が必要といわれます(授業は1日平均2コマくらいなので、合わせて13時間)。

したがって、遠距離からの通学はかなり不利で、片道1時間以上をかけて通学する学生は、あまり多くないといって良いでしょう。離職しなかったり、アルバイトをしながら掛け持ちで通う学生もいますが、かなりハードな生活になります。

なお、最終合格については、各法科大学院の上位30%以内に入っていないと厳しい、と聞きます。また、任官希望の場合は司法試験の成績で上位100人くらいが目安、弁護士でも上位1,000人以内でないと良い求人はない、と聞きます。公設事務所や法テラスなどで働くという道もあり、もちろん素晴らしい仕事だと思いますが、必ずしも高給とはいえないので、有名事務所で働きたい人にとっては「良い求人ではない」ということでしょう。

その他、入学に必要な事柄は、受験予定の法科大学院にお問い合わせ下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご回答ありがとうございます。
詳細に渡って知ることができました。
成る程と納得しながら読ませて頂きました。

「適性試験」というのは(1)大学入試センター(2)日弁連の実施している試験の2つがあるようですが、両方とも受験しなければいけませんか?

それぞれ、何月にあるのでしょうか?

申し込み方法等も教えていただけないでしょうか?

(1)(2)の適正試験の上に、各大学の個別の入学試験があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

お礼日時:2008/08/15 22:02

各法科大学院にお問い合せ下さい。

それが確かだと思いますし、第一どこにお住まいかも分かりかねます。

また、弁護士志望と言うことですが、法科大学院に通う以前に相当の難関であることはご存じでしょうか。

覚悟と忍耐と、何より学力が必要です。

この回答への補足

素人さんは黙ってて下さい。
そんな事を聞くために質問したのではありません。
サーバー容量の無駄になりますので、下らない書き込みはしないで下さい。

補足日時:2008/08/15 21:56
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法学部以外の学部からの法科大学院への進学。

こんにちは。初めての投稿です。
弟が高校3年生で進路について悩んでいるので、そのことについて相談させて頂きます。

弟は、大学卒業後、法科大学院への進学を希望しています。大学も法学部へ進みたいのですが、この間のセンター試験で思うような結果が出ず、志望大学である名古屋大学の法学部への合格は難しいようです。
法科大学院について調べた結果、法学部以外から入学することも可能なようですので、弟は同大学の経済学部の受験も考えているようです。
経済学部を卒業し、法科大学院に進学した場合、法学部を卒業されている学生さんに比べて、他学部からですとどの程度大変なのでしょうか?

出来るだけ早く、どちらの学部を受験するか決めなければならないようです。
申し訳ありませんが、早急にご回答お願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。私は名古屋在住阪大法学部卒で現在司法試験浪人中という身分の者です。
端的に現状を言いますと、法学部は法科大学院2年コースに入るには「多かれ少なかれ」効率的ですが、入るための内容を期待するのは無理です。外部からだと、法学部=弁護士になるための内容と思いがちですが、司法試験合格者の90%ほどが予備校とのダブルスクール出身者です。それは現在の制度になってからも(むしろ以前より)かわりません。要するに、法学部へ行ってもほとんどの人が予備校で勉強しないと合格できていないというのが現状であり、逆に他学部でも予備校に行って合格する人が結構います。
どんな点についての回答をしたら御希望に添えるかわかりませんが、ロースクールについて申しますと、センター試験のような形で論理力等の試験(就職試験で企業が課す試験みたいなものと思ってください)があり、2年コースは専門科目が必要となります。この前者の試験を突破するために、今法学部生が予備校へ行って必死で勉強しています。法律でないものをです。また、法学部であるにもかかわらず、ロースクール既習者試験の専門科目に対応できないために未修者試験でいった人もたくさんいます。
要するに、日本のこれまでの法学部はその程度のこと(というと批判的ですが実務でなく法学という学問を教えてきた)しかやってこなかったのです。それでロースクールで一括して実務家を養成しようとしているだけで、およそこの法学部の性格は今後もさほどかわらない(私立でない限り)と思われます。
私の立場から結論を申しますと、どの学部でも予備校へいくなら同じ。法学部なら2年コースに有利というだけだと思います。

こんにちは。私は名古屋在住阪大法学部卒で現在司法試験浪人中という身分の者です。
端的に現状を言いますと、法学部は法科大学院2年コースに入るには「多かれ少なかれ」効率的ですが、入るための内容を期待するのは無理です。外部からだと、法学部=弁護士になるための内容と思いがちですが、司法試験合格者の90%ほどが予備校とのダブルスクール出身者です。それは現在の制度になってからも(むしろ以前より)かわりません。要するに、法学部へ行ってもほとんどの人が予備校で勉強しないと合格できていない...続きを読む

Q大学院へ入るには?

こんにちは。
大学を卒業すると、大学院に行く人がいますよね。
最近は理系の人はけっこうたくさん進学すると聞きます。
大学院というのは、やはり大学みたいに受験があるのでしょうか?
それとも、大学で良い成績を取った人が
進学したいと思ったら簡単に行けるのでしょうか?
もし、入試があるのなら、その内容も、
また、大学院の様子やそれがどのようなものなのか
教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
そうですね。今年はいつも以上に不況のせいで大学院にいく人が多かったそうです。
大学院は基本的には試験がありますよ。
しかし、たぶん、大学によってでしょうけど試験が免除される
条件があります。全体の3割に入っているとか
規定の単位を何年までに取るとか。その大学、いや、自分の入った学科によっても
変わってくるのではないでしょうか?
この条件を持った人は簡単にいけます。
しかし、他の大学や、他の研究室に移りたいという場合は
試験を受けないと駄目です。まぁ、他の研究室程度なら試験免除の
条件をもっていける可能性があるかもしれませんが。
要は、それぞれ大学、学部、学科によって変わってくるわけです。
入試の内容ですが。私は卒業した大学のそのまま院にすすんでいるので
一概には言えませんが。授業で習ったことです。
また、私の大学では入試問題が学務室にあって閲覧することができました。
その問題も先生によっては同じ問題を毎年だすとか、何個かの過去問からだす
とか結構通りやすい内容になっていると思います。
しかし、逆にこのような内部的な情報によって合否が決まるため
他大学の大学院に進むのは結構大変だと思います。
友達がいれば、まだ楽かもしれませんが。
また、東大とかの大学院ではそういった決まり無く問題が出されるためか
やる気がある勉強熱心な方なら入り安いとも聞いたことがあります。
要は、傾向とかがないのでは無いかと思います。
ただ、大学院の入試問題は大学の入試問題と違ってほぼ表に出回ることは
ないので出版されたりすることはないと思います。
よって、他の大学がどうこうはあまり知ることはないため情報は少ないと思います。
また、大学院の様子がどうかということですが。
私自身の感想とすれば、あまり楽しいとも思えません。
非常に興味があって思った研究室に入られたのであれば、それなりに
大学で学んだこと+αとなり充実したものだと思いますが。
就職がないからとか、就職が良くなるだろうからとか、なんとなく
といった場合少し考えないといけません。
私の場合、4年の配属の時点で「新しい研究室で新しい内容」なんて言葉に
誘われて配属され、あれよあれよというまに院の試験があり
研究室を替わるということがしにくい構造のため、研究室を替わることが
できず、なんだかこの院という深く学ばなければいけない時期なのに
何をしているんだろう・・・・と思うことがあります。
私の場合は特殊ですが、院に行けば2年間多く大学に通い
何を身に付けたかを就職の時に聞かれることでしょう。
私の場合自分が何をしたいかを気づくのが遅かったためか
今のままではかなり路線を元に戻すのは大変なのではと
非常に苦しんでます。
研究分野は結構みなさん同じようなことを選びます。
すると重なった人は別の人気のないところに行かされ
そのまま院に行くと、自分は何をしているんだろう。なんて思うことも
あるでしょう。
4年で卒業すれば、一年間と短い間だけ卒業の研究をしたんだなと言う感じで
見てもらえると思いますので、取る方もそんなに多くを期待していないと思います。
しかし、院までいって4年生と同じか?というわけにもいかないと思われます。
あくまでも個人的な意見ですが。
まず、自分は何をやりたいのか?それをできる環境なのか?院に行かないと
それは実現でき無いのか?また、スキルアップできるのか?
先に考えてみた方がいいと思います。

はじめまして。
そうですね。今年はいつも以上に不況のせいで大学院にいく人が多かったそうです。
大学院は基本的には試験がありますよ。
しかし、たぶん、大学によってでしょうけど試験が免除される
条件があります。全体の3割に入っているとか
規定の単位を何年までに取るとか。その大学、いや、自分の入った学科によっても
変わってくるのではないでしょうか?
この条件を持った人は簡単にいけます。
しかし、他の大学や、他の研究室に移りたいという場合は
試験を受けないと駄目です。まぁ、他の研究...続きを読む

Q行政書士・司法書士の大学在学中合格について

皆様はじめまして。
私は今年大学の法学部に入学したものです。
私が法学部に進学しようと考えたきっかけは、中学生の時に弁護士になりたいと思ったことでした。
しかし、司法制度の改革により法科大学院に進まなければならず、
金銭面でかなり難しくなってしまいました。
旧司法試験での現役合格も考えたのですが、あまりにも現実的ではない(私が受けることが出来るのは、旧司法試験最後の1回のみです。)と思い、大変悔しいのですがあきらめることにしました。
私の家はあまり裕福ではないので、(大学も、私のために無理をして通わせてくれています。)親からの援助は無理だと思います。
そうして考えた結果、今は無理でも長い人生の中で成就していこうという結論に至りました。

ただ、せっかく司法試験の勉強を必死にしようと思って大学に入学したのに、何もせず貴重な大学生活の時間を無駄にはしたくない(通わせてくれている親にためにも)と思い、以前から興味があった行政書士・司法書士の資格を取得しようと考えました。

そこで、皆様のアドバイスを聞かせていただきたいです。
(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?
出来たら、4年に進級するまでに合格をしたいです。

(3)試験科目はそれぞれ調べてあるので分かっているのですが、基本書・参考書はどういったのを使えばよいですか?
 皆様が実際に使ってみて、これは良かったと思ったものを教えていただけると大変嬉しいです。

(4)予備校等に通わないと合格は難しいでしょうか?
金銭的に現状は難しいのですが、必要であればバイトをして、お金を貯めたら通おうとは考えています。しかし原則、利用はしないつもりです。

生半可な考えでは通用しないというのは、十分承知しています。
しかし、そのための覚悟も出来ているので、ぜひ皆様の良きアドバイスを聞かせていただきたいです。
モチベーションを上げるためにも、厳しいご意見もお待ちしています。
どうぞよろしくお願いします。

皆様はじめまして。
私は今年大学の法学部に入学したものです。
私が法学部に進学しようと考えたきっかけは、中学生の時に弁護士になりたいと思ったことでした。
しかし、司法制度の改革により法科大学院に進まなければならず、
金銭面でかなり難しくなってしまいました。
旧司法試験での現役合格も考えたのですが、あまりにも現実的ではない(私が受けることが出来るのは、旧司法試験最後の1回のみです。)と思い、大変悔しいのですがあきらめることにしました。
私の家はあまり裕福ではないので、(大学...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
まずは入学おめでとうございます。
すでに有益な回答が寄せられているようですが、法学部生としてお力になりたいと思い回答させて頂きます。

(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

全く無謀とは思いません。きちんと計画を立て、努力すれば在学中に両方合格できるでしょう。

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?

私の先輩は、大学2年の秋に行政書士試験に合格しました。
難易度や科目から考えても、まずは行政書士ですね。
大学2年の秋に行政書士合格、4年の夏に司法書士合格という計画ではどうですか?
なぜなら、行政書士合格後、登記関連の法律の勉強や、行政書士試験の勉強で得た知識を、司法書士試験の出題形式や傾向にあわせていく作業が必要だと思います。
そうすると、司法書士は3年の夏だと少し間に合わない気もします。3年の夏は挑戦のつもりで、4年の夏が本番くらいが現実的かと思います。

(3)試験科目はそれぞれ調べてあるので分かっているのですが、基本書・参考書はどういったのを使えばよいですか?

まずは民法からはじめるのがいいと思います。次に憲法。民法、憲法までは1年の間にやりつくしましょう。
大学の春休みは長いので、1年生が終わった後の春休みから、行政法、商法を始めるくらいがいいかと思います。
参考書は、Wセミナーのコンパクトデバイス、伊藤塾の試験対策講座、LECのC-BOOKあたりの読みやすいのがいいと思います。
行政書士、司法書士の試験は論文の出題はありませんが、可能な範囲で司法試験などの論文問題集に目を通してみると理解がぐっと深まるかもしれません。
民法の勉強できっちり法的思考力を磨いてください。これは本当に大事です。
せっかくの法学部なんですから、授業のみならず、いろいろ教授に質問しましょう。

(4)予備校等に通わないと合格は難しいでしょうか?

行政書士は、法的思考力を身につければ、あるいは暗記の力技で、予備校抜きで何とかなるでしょう。
ただし、最近行政書士試験が少し変わって、記述形式の問題について、暗記では対処しづらいような印象も受けます。
しかし、司法書士については短期で合格するには、予備校のノウハウを利用するほうがいいかも知れません。
いずれにしても、まずは行政書士でしょうから、行政書士試験合格後に、司法書士の過去問を解いてみて、予備校抜きでは不足だと感じる部分だけでも、おそらく登記関連の法律や、記述式の試験の部分になると思いますが、予備校を利用することを検討してみてはどうですか?
検討するのは行政書士試験合格後ないし2年から3年になるときくらいでいいかと思います。
勉強の妨げにならない程度で、社会勉強だと思ってバイトをすれば、2年後には、必要最小限の予備校費用は稼げなくもないかと思います。

最後に、途中でも書いたアドバイスですが、法的思考力を身につけてください。
高校の勉強の延長気分で勉強すると、暗記に陥りがちで、力がつかないことになりかねません。
きちんと条文を読んで、どのように解釈されているか、文言に忠実なのか、広げて解釈しているのか、限定して解釈しているのか、なぜそのように解釈されているのか、なぜその解釈の必要性があるのか、なぜその解釈が許されるのか、不利益を受ける人はいないのか、というような視点を持ってみるといいと思います。

頑張ってください。

はじめまして。
まずは入学おめでとうございます。
すでに有益な回答が寄せられているようですが、法学部生としてお力になりたいと思い回答させて頂きます。

(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

全く無謀とは思いません。きちんと計画を立て、努力すれば在学中に両方合格できるでしょう。

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?

私の先輩は、大学2年の秋に行政書士試験に合格しました。
難易度や科目から考えても...続きを読む


人気Q&Aランキング