これから50名の部下を率いて、リーダーとして仕事を行います。


ここでお聞きします。
過去の日本軍の評価の低い指揮官とその理由についてお教え下さいませ。最近、戦争物のドラマや映画を見るにつけ、どうして泥沼状態を回避出来なかったのか不思議なのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

日本軍の具体例ではなくより一般論に近いものですが


ドイツ陸軍のハンス・フォン・ゼークトの言葉に指揮官と部下の関係を
表した有名な言があります。

軍人は4つに分類される。
有能な怠け者。これは前線指揮官に向いている。
理由は主に二通りあり、1つは、怠け者であるために部下の力を遺憾なく発揮させるため。そして、どうすれば自分が、さらには部隊が楽に勝利できるかを考えるためである。


有能な働き者。これは参謀に向いている。
理由は勤勉であるために自ら考え、また実行しようとするので、部下を率いるよりは参謀として司令官を補佐する方が良いからである。また、あらゆる下準備を施すためでもある。


無能な怠け者。これは総司令官または連絡将校に向いている、もしくは下級兵士。
理由は自ら考え動こうとしないので、参謀や上官の命令どおりに動くためである。


無能な働き者。これは処刑するしかない。
理由は働き者ではあるが、無能であるために間違いに気づかず進んで実行していこうとし、更なる間違いを引き起こすため。
    • good
    • 0

旧日本軍の抱えていた問題は、実は現代の日本の企業にも共通する問題なのです。

その共通項は「上部組織に行けば行くほど仕事しない」ということです。もっとシンプルにいえば「司令官が決断しない」ということです。上位の指揮官になればなるほど瑣末な業務からは開放されますが、その決断の結果は大きくでます。司令官の決断次第で結果は大きく変わります。残念ながら、日本人はこの「プレッシャーのかかる決断」ができない民族性を持っています。ですから、上部組織になればなるほど本来の仕事をしなくなるんです。
そのいい例が、まず空母機動部隊の司令官であった南雲中将。彼は水雷出身で航空機については全くの素人でした。もちろん、アメリカの提督とて航空機には素人はいたのですが、南雲中将はもうからっきし「俺は飛行機のことはわからん」という感じでした。その本質について自分なりに勉強した痕跡はなく、とにかく部下まかせで部下がなにをいっても「よかろ」としかいわなかったそうです。
また悪名高いインパール作戦は「あの」牟田口中将によって立案されましたが、作戦半ば敗色が濃厚になってくるとさすがの牟田口中将も「こりゃ無理だ」と思い始めるようになります。しかし自分から「もうダメです」とは言い出せず、後に「(もう作戦を辞めようって思っていることは)表情から察して欲しかった」と実に日本人らしいコメントを残しています。インパール作戦は始めてみると「計画通りになんぞいかずムチャクチャ」というのがほどなく判明しますが、「一度始めた以上今さら辞めるってわけにはいかない」と強引に進めることとなります。またインパールの占領予定日は天長節(天皇誕生日)に合わせるように「事前に決められ」、前線には「天長節までに占領するように」とプレッシャーがかけられました。

さて、こういった事情から見てふと思うのはバブル崩壊後のあの「失われた10年」です。バブルが崩壊し不況が深刻化する状況の中、政界も財界も「まさかこんなにひどくなるとは思わなかった」の一言でなにもしませんでした。時の首相宮沢喜一氏は「ハードランディングなら誰でもできる」と言い放ち結局彼が選択したのは「何もしない」ということでした。経営者は「自分たちの前の経営者がやったこと」とドラスチックな改革は何ひとつできず、あの日産でさえ倒産寸前になり、その日産に改革を起こし救ったのは外国人のカルロス・ゴーンという有様です。

また、他の回答者さんも書かれている田中頼三提督の処遇についてですが、ルンガ海戦のとき、田中提督は艦隊の中央の位置で指揮しました。その理由は「夜戦だから中央にいたほうが先頭と最後尾の両方が確認しやすい」という極めて合理的な理由でしたが、日本海軍には「指揮官先頭」という「決まり」があり、それを無視したことが激しい批判の対象となりました。その批判の激しさは、何と同じ艦隊にいた別の艦船の戦友からも「戦後になっても」激しく批判されたほどです。
なにか「決まり」があると例え合理的な理由があろうとそれを破ることはタブーとなる、現代の日本企業でもよくある話です。

一方、欧米の指揮官というかまあチャーチルやルーズベルトについてですが、英米軍は北海を通じてソ連(当時)に支援物資を積んだ船団を送り続けました。これは世界でも最も苛酷な海のひとつである北海の厳しさとドイツ軍の激しい攻撃によって「世界中のどの戦場より大きな損害」があったにも関わらず英米軍は沈められても沈められても船団を送りました。
また、ドイツ国内に爆撃機で爆撃をしました。これが大変な損害を出し、その是非については現代でも議論になっているほどです。世界軍事史上唯一の「負傷者より戦死者が多い戦場(爆撃機は墜落すると10名一気に戦死するから)」となり、その戦死者は2万人にも及びます。あの悪名高い特攻の戦死者が約2千名といえばそのすさまじさがわかるでしょう。
英米軍は「勝つため」なら、若者を殺しても殺しても戦場に送り続けました。その「勝ちたい執念」は我々日本人には到底及びません。
    • good
    • 0

 御質問の内容は、誰にとっての評価か?の視点によって変わります。


上層部にとって好ましいことと、部下の兵士にとって好ましいことが一致しないこともあります。
 また、過去の日本軍をケーススタディとして捉えるなら時間軸も加わります。戦中と戦後で評価が変わる場合もあります。
 他の回答者の方が例示されているように、戦果ををあげても評価されない場合もあれば、インパール作戦のように失敗しても高級幹部への責任追及が実質的に無い場合もあります。

 次も他の回答者の方が言及されていますが、戦争が政治の延長線上にあることを考えれば当時の戦争の泥沼状態は政治が起こしたものと言えるでしょう。

 そういった部分をふまえて、個人的に思い浮かぶのは、作戦遂行能力が劣っている上に部下や民間人を見捨てて敵前逃亡した、牟田口中将、富永中将、木村大将あたりです。
 「敵前逃亡」=与えられたミッションの放棄
 「部下を見捨てる」=チームメンバーを見捨てる
 「民間人を見捨てる」=隣のチームや組織を見捨てる
といった印象が理由です。
    • good
    • 0

前述された方がいらっしゃいますが、政府が「無責任な体系」だったと思います。



よく、日本はアメリカの工業力、科学技術力に負けたと言われますが、軍事力・外交力が両輪にならなければ戦争は戦えません。


>どうして泥沼状態を回避出来なかったのか不思議なのです。

泥沼状態を回避できるのは、一指揮官では無理です。
その責務は「政府」にあります。

また、回避できなかったのではなく、回避する気が無かったということです。
会戦前には回避に向けた努力がありますが、会戦した後は「なるべく有利な条件でいつ終結させるか?」という観点が薄かったように思います。

よく言われることですが、サイパンが陥落してから日本の制空権はアメリカに奪われました。
ゆえに、日本中が大空襲を受けたのです。
「制空権を握った側が勝利する」、21世紀にもつながるこの定理は日本が作った(マレー会戦)にも関わらず、戦争を終結させられなかった。

ソ連に仲介を求めるなどした経緯はありますが、この点で政府の外交努力がもっとあれば、東京大空襲も、広島・長崎の原爆投下も回避できたかも知れません。

しかし、国体護持が最大の優先課題だった当事の現実だったこと、大陸での利権を得ていたことを考えると、これを書いてる私も含め後知恵です。

もちろん、過去の失敗に学ぶことは非常に重要なことに変わりないのですが。
    • good
    • 0

御質問とは逆の例をあげましょう。


御質問の意図には沿っていると判断します。

昭和17年11月末、ガダルカナル島への輸送任務(輸送船の護衛ではありません)についていた、田中頼三少将率いる駆逐艦8隻は、優勢な米艦隊(重巡4軽巡1駆逐艦6)のレーダーに探知され、待ち伏せ攻撃を受けました。
このルンガ沖夜戦の結果は、日:駆逐艦1沈没、米:重巡1沈没・重巡3大破
帝国海軍最後の圧勝となりました。
戦中戦後を通して、この戦いにおける田中少将の指揮は米側から絶賛されていますが、この戦いの後、田中少将は陸上勤務となり、二度と最前線へ出ることはありませんでした。「卑怯者」という誹謗中傷のせいだとか、上層部へ意見具申して煙たがられた等の話はありますが、明確な理由は不明です。

教訓を読み取るとすれば、信賞必罰が公明正大に行なわれない組織は滅びる、ということでしょうか。人には妬みがありますので、上の方には曇りのない目を心がけていただきたいものです。
    • good
    • 0

皆さん負けたときの反省についてご指摘ですので、別の観点から。



どうやら日本人は、勝っている時の「勝っている理由の分析」「勝っている裏で発生している危険の徴候に関する分析」が極めて不得意のようです。たとえば、得意ならば、そもそもバブルの途中で気が付いて足抜けしていた企業が多かったと思います。あれだけ多くの専門家が警鐘を鳴らしていたのですから。

さらに、スタッフ時代になぜ勝っていたかの分析をしないために、上司になってからも「優秀なスタッフとしての成功体験の後進への押し付け(自分が成功した方法以外での取り組みの否定)」、「自分が理解できない新たな技術や理論に対する生理的な拒否感」などが多く見られるようです。組織が大きければ、上司としての資質に欠ける方は「管理職待遇でスタッフの仕事をさせる」などの逃げ道がありますが、組織が小さいと、代替がききません。

戦争との関連では、そもそもミッドウェイにしても、インド洋での兵装転換に関わる問題(勝ったからうやむやになった)が活かされなかったことも原因の一つだと思います。ちなみに、ミッドウェイ後は対応していたじゃないか、というご意見もあるでしょうが、その後は、それ以前のような質・量的優位を回復したことはありませんので比較ができません。

ちなみに海軍でも、栗田・細萱など悪名高き指揮官はたくさんいますが、彼らは必ずしも失敗から学ばなかったわけではなく、また、軍官僚としては極めて優秀だったようですね。成功学・失敗学だけでなく、人事部門で、どのような部門にはどのような人材が必要かをきちんとデータをとって管理できれば、問題は減るでしょう。

突き詰めていえば、どの人がどのランクに向いているか。同じランクであっても、マネジメント型なのか、率先垂範型なのか、学者型なのか、焚き付け型なのか等々、本人のタイプによって、過去から何をどのように学ぶべきかが変わると思います。
    • good
    • 0

これから部下を率いて仕事を行うことと、日本軍の評価の低い指揮官の理由を知りたいということの関連性がイマイチよくわからないのですが。



とりあえずこれだけ。
>※戦いで負けたとき、あるいは、たまたま勝ったにしても、想定以上の損害が出たとき、その原因を研究しない、反省しない。
つまり、戦訓所見などというものは存在してないし、あったとしても取り入れるわけが無い、そうおっしゃっているのでしょうか?

>ときには、ノモンハンでの敗北のように、闇に葬る。敗北・失敗から学ばない、失敗を隠していたということです。
一例として、
「ノモンハン」事件より得たる航空部隊編制装備上の意見の件
「ノモンハン」事件より得たる地上部隊の編制装備に関する意見提出の件
というようなものがネットでさえ見れたりするんですが。
そんなもんは存在していないし、あったとしてもそんなもの日本軍のことだし反映されるわけないってことでしょうか?

>でも、それまでの空母による戦いで、「戦闘時の空母上空の守りの弱さ」
大鳳の開発建造の時期はいつだったのでしょうか?
また、MI作戦の第一航空艦隊はミッドウェーに進出予定の第六航空隊の零戦を搭載し、戦闘機を増加させています。
その後の空母の戦闘機の比率も増加しているように見えますが。

戦訓を学ぼうとしない日本軍、よく言われることですが本当なんですかね?
    • good
    • 0

理由は、大西巨人の言葉を借りて一言で言い表すと、


「累々たる無責任の体系」ということに尽きますね。
これが日本軍の体質のすべてを言い表してる。

具体的な人物例をあげるならば、
牟田口廉也、富永恭次、木村兵太郎、河辺正三、辻政信などなどが
日本の無能指揮官の代表としてよく上げられます。
彼らに共通することは、全員が、東条英機(つまりトップ)の腰ぎんちゃくで
個人的な縁故関係でその地位についていたということと、
同様の理由で数々の失敗にもかかわらず責任を追及されること無く、
無責任でのうのうとしていたということです。
部下には厳しく、上にはへつらう、そんなタイプばかり。

簡単な教訓としては、組織が公明正大ではなく、責任の所在も明らかでなければ、
どんなこともうまくいかず、最終的な破滅を招くということでしょう。
下には責任を押し付け、上には責任が上がっていかないようなシステムでは、
成功しないことは当然です。
    • good
    • 0

>>過去の日本軍の評価の低い指揮官とその理由についてお教え下さいませ。

最近、戦争物のドラマや映画を見るにつけ、どうして泥沼状態を回避出来なかったのか不思議なのです。

第2次大戦の日本軍(陸軍・海軍)について書籍を読んだり、映画をみたりすると、負けるのはしかたないにしても、どうしてあんな負け方をするのか?って不思議に思えてきますが、その原因は現代社会にも引き継がれています。

原因は、

※戦いで負けたとき、あるいは、たまたま勝ったにしても、想定以上の損害が出たとき、その原因を研究しない、反省しない。ときには、ノモンハンでの敗北のように、闇に葬る。敗北・失敗から学ばない、失敗を隠していたということです。

もし、戦いが敗北に終わったとき、その原因を追及すれば、上官の作戦計画を批判することになります。現代風に言うなら、上司批判、OB批判ということになるわけです。上官の考えが柔軟で、部下からの進言をどんどん採用するような方であれば、そんな批判を受けると、次回の作戦立案を改善するはずですが、そうでなければ、「貴様!上官を侮辱するのか!歯をくいしばれ、ボコ!ボコ!ボコ!」っていうことになります。それを見た周りの兵士たちは、心では、「こんなバカな作戦計画を作って・・」と思いながらも、何も言わなくなり、「飛んで火にいる夏の虫」状態で死んでいったわけです。

例えば、有名なミッドウエー海戦では、日本は主力航空母艦4隻とその全艦載機を喪失しました。でも、それまでの空母による戦いで、「戦闘時の空母上空の守りの弱さ」「地上攻撃と船舶攻撃の兵器切り替え時(爆弾か魚雷か?)の混乱」は指摘されていました。でも改善されることはありませんでした。

アメリカの軍事史の研究家は、「日本軍は失敗から学ぶことは、一切無かった」と言い切っていたのが印象的でした。逆に米軍は、敗北の理由を研究し、さらに新兵器を何年もかけて開発したり、「これはまずい」となれば、柔軟に作戦を変更していましたね。(もちろん、米軍にも官僚主義があって、「うちの魚雷に欠陥は無い!」って根拠なく主張する上官の影響で、命中しても爆発しない欠陥魚雷を長く使い続けるってこともありました。で、日本軍は「米軍の魚雷は怖くない」って、なめていたようです。もちろん、改良後は、ボコボコ日本の船舶が沈められましたが。)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会的階層の低い人ほど尻が軽い?

テレビで海外のスラムを取材したドキメンタリーを見ました。その村では貧しく女の子も10代の半ばで出産していました。取材されていた女の子も13歳で1人16歳に2人目を出産していました。
 日本でも海外でも社会的階層が低い女子の方が10代での出産が多い気がします。なぜですか?
あと階層の低い人間の方が男女問わず初体験が早くその後も奔放というイメージがあるのですが実際の所どうなんでしょうか?

 新聞でとある女子高生に過去の恋愛・セックスについてをインタビューしていました。彼女はこれまで6人の人間とセックスしていて新聞ではその人数が多いと書いていました。しかしその後の文章で「彼女は国立大の入試を控えている・・・・」と書いていて決して学力の低いアホ高校生では無いという事を強調していました。つまりこれはこの文章を書いている側の人間も低学力人間(ガラの悪い人間)は尻が軽いと思っているんですよねえ・・・。でも実際の所男女ともどうなんでしょうか?もちろん40歳になっても処女、童貞の人もいると思いますが

Aベストアンサー

実際、社会階層が異なると、文化も異なります。
あなたの疑問は、そこから来ているのでしょう。

あなたの疑問のヒントとなる本に、
佐藤俊樹の「不平等社会日本~さよまら総中流」があります。
内容は、日本でも「父親が高学歴で高収入なら子供も高学歴で高収入」であり、
「父親が低学歴で低収入なら、子も低学歴で低収入」という
階層社会が定着している現実を、細かいデータを元に説明しています。

社会階層における性意識、結婚時期の違いは社会学でも大きなテーマです。
一般に社会階層内では、独自の文化を形成し、それは階層ごとに異なります。
昔、アメリカのストリートギャング達は、一般的な社会階層とは
異なる文化を形成していることを社会学者が発見し、
それを「サブカルチャー」と名づけました。
今では階層ごとの文化はメイン、サブというよりも、
並列に並んで広がっている感じです。

Q連合軍最高指揮官

第二次大戦中、ヨーロッパでは、ただ一人、アイゼンハワー将軍が連合軍最高指揮官でした。
何故、太平洋では戦域を分けて、ニミッツ提督とマッカーサー将軍の二人の連合軍最高指揮官が存在したのでしょうか。
米軍内部の陸海の争いがあったのでしょうか。
個人的には、太平洋の戦は、マッカーサーに負けたというより、日本の連合艦隊がニミッツの太平洋艦隊に敗れたイメージがあります。

Aベストアンサー

もともと太平洋における攻勢(反攻)の指揮官はニミッツでしたが、海軍主導を快く思わなかったマッカーサーが陸軍の長老であることと、フィリッピンやオーストラリアがあまり考慮されていなかったために強く主張してそちらのルートも攻勢のルートとなり、マッカーサーが最高指揮官になりましたがあくまでも副次的なルートでしかありませんでした。
しかし、もともと陸軍はヨーロッパ戦線に全力を集中しており、太平洋方面は海軍にまかせる方針であったために、太平洋にまわせる兵力はあまりなく、そのためマッカーサーの攻撃は大規模なもことはできませんでしたし、海軍も精鋭はニミッツルートで必要であったので、マッカーサーに配属されたのはヨーロッパの戦線が片付くまでは二流の部隊ばかりで、あまりめだつものがないのはそのためです。

Q低炭水化物ダイエットで軽い吐き気がします

低炭水化物ダイエットを始めて4日目です。
軽い吐き気がずーっと続いているのですが、これはかなり危険な兆候でしょうか。

Aベストアンサー

 strash さん、こんにちわ。スポーツトーレナーです。

 全体カロリーは、スーパーローカロリーダイエット以下ですね。脳に最低限必要な炭水化物が足りていないです。ただし、これ自体が「吐き気」につながることは考えにくいです。通常眠くなったり、やる気がなくなったりします。

 気持ち悪い原因として考えられるのは、カルシウム、塩分、その他ミネラル要素の不足が主と思われます。これらをタブなどで摂るようにしましょう。ビタミンも不足しているのは事実ですが、それ自体で気持ち悪くなる事は考えにくいです。ですが、ビタミンも総合材などで摂るようにしましょう。


 体重制限のあるスポーツの場合の集中減量では、摂取カロリーはもっと厳しく行う場合もあります。

 また、炭水化物をゼロにするというのは、野菜や果物を食べていればあり得ないです。ご飯やパンだけが炭水化物ではありません。


 改善例です。

 メニューを見ると、鳥(ささみ、卵白身)の鳥由来がタンパク質の主なのが気になります。そのためどちらかを低脂肪乳やヨーグルトをカルシウムの為に摂りましょう。

 油分も少ないので、朝食か昼食にオリーブ油やバターを摂るなりにしてください。せっかくですからマーガリンは止めましょう。

 塩分やミネラル分が不足しているかもしれません。

 発酵食品を最低一つ摂りましょう。その際は、野菜も摂って乳酸菌がお腹で生きられるようにしましょう。



 このレベルになると専門家の指導が必要です。現にご本人に分からない原因不明の気持ち悪さが出ています。
 最低でも、炭水化物量が120g程度になるようにしましょう。脳に必要な糖分を摂るスーパーローカロリーダイエットの原則です。
 ローカロリーダイエットは、基礎代謝分を摂る事を基本としています。

 無理しないでもうちょっと摂りましょう。それで様子を見る方が良いと思われます。
 

 strash さん、こんにちわ。スポーツトーレナーです。

 全体カロリーは、スーパーローカロリーダイエット以下ですね。脳に最低限必要な炭水化物が足りていないです。ただし、これ自体が「吐き気」につながることは考えにくいです。通常眠くなったり、やる気がなくなったりします。

 気持ち悪い原因として考えられるのは、カルシウム、塩分、その他ミネラル要素の不足が主と思われます。これらをタブなどで摂るようにしましょう。ビタミンも不足しているのは事実ですが、それ自体で気持ち悪くなる事は考え...続きを読む

Q戦時下の兵隊さんについて

お世話になります。

実はながらく疑問に思っていたことがありました。というのも私の祖父の話です。

祖父は旧制半田中学を卒業後、志願して海軍にはいり、航空戦艦日向に乗り込み、同艦が呉にて停泊中に座礁。その後は陸軍に編入。満州辺で終戦を迎え、一時はロシアの捕虜となり、漁船をかっぱらい脱走。北九州に上陸し、そのまま同地の炭鉱にて仕事を始め、しばらく後、落ち着きを取り戻した郷里(名古屋)に帰りましたが、そこで家族と一悶着。結局は流れて、僕の生まれ育った静岡県に居を定めると言った、例としては若干古いのかもしれませんが、スギちゃん風に「ワイルドだぜぇ!」といった青年時代を過ごしていました。

そこまでは、まぁ誰にでもある武勇伝にすぎないのでしょうが、僕が疑問なのは、現在、押しも押されぬ老人となり、日々デイサービスなどを利用しながら、余生を楽しく過ごしているのですが、そのデイサービスで、どうやら利用者数人で麻雀を打っているそうです。

てか、あの人、麻雀なんていつ覚えたんでしょうか?デイサービスでもどうやら強いらしく、祖父自体も半分ボケてますが、半分以上ボケておられる老人相手に「イカサマ麻雀」も打っているらしく、なんやら普通に麻雀を覚えたイメージがないんです。

(※デイサービスの職員の方の話だと、かなり大胆なイカサマで、自分の手前の山に良い手の牌をあらかじめ作って乗せ、配牌が終わって、みんなが自分の配牌を整理している瞬間、ヨイッショ…といった慣れた感じで、山の上に乗せた良い牌と自分の配牌をそっくり変えてしまうそうな…そんな姿を他人様に見られて…最悪です…)

そして、祖父は自営で仕事をしており、またその業態は接待麻雀のようなことが無い業態でしょうから、戦後に覚えたとは考えにくいんです。祖母に聞いたら「戦争中に麻雀ばっかやってたから…」といっていましたが、戦争中ですからね…内地にいた祖母は祖父が公費で海外に出かけ遊んでいるイメージしかないのかもしれませんが(そんな感じの祖母なんです<m(__)m>)戦争中って…

ただ、祖父が麻雀を覚えるチャンスって、祖母が言うように戦争中しか思い当たらないんですね…

そこで質問です。戦争中の兵隊さんは麻雀を打ち、覚えるといった事は可能なのでしょうか?
正直、祖父にも聞きましたが「自然とね…覚えた…」と証言しており、「子供のころから3・3ロッポウは見ずに引けってね…アンタの曾祖父に教えてもらったさ…」と言ってましたが「3・3ロッポウ」は花札ですよね(-_-メ)
モウロクしており、正確な情報を得る事が困難なため、こちらでご教授賜りたく、お願いいたします。

お世話になります。

実はながらく疑問に思っていたことがありました。というのも私の祖父の話です。

祖父は旧制半田中学を卒業後、志願して海軍にはいり、航空戦艦日向に乗り込み、同艦が呉にて停泊中に座礁。その後は陸軍に編入。満州辺で終戦を迎え、一時はロシアの捕虜となり、漁船をかっぱらい脱走。北九州に上陸し、そのまま同地の炭鉱にて仕事を始め、しばらく後、落ち着きを取り戻した郷里(名古屋)に帰りましたが、そこで家族と一悶着。結局は流れて、僕の生まれ育った静岡県に居を定めると言った、例...続きを読む

Aベストアンサー

えー、日本でもっとも長い伝統をもつ遊戯クラブ、日本麻雀聯盟は1929年創設で、初代総裁は菊池寛でした(日本でメジャーになったのは、関東大震災の直後、上海で西欧諸国の人がひらいたチャリティー麻雀大会後のことです)。日本で麻雀牌を最初に製品として販売したのは、菊池寛が創設した文藝春秋社です。

で、当時はよかれ悪しかれ日本は大陸中国と深く関わっており、昭和初期の麻雀ブームがこの動きとぶつかって、第一次マージャンブームがおきます。
当時はいまとちがったルールで、リーチがないとか、上海と北方で上がりの手がちがったりとかしたそうです。山本五十六も海軍きっての麻雀好きで、ルールしらない部下に一回(局)だけプレイさせて

「長官、わたし牌にぎるのは生まれて初めてです」
「やればおぼえるから」

という按配だったといいます。

艦隊が青島、香港などにはいると、象牙の麻雀牌を日本にもちこむ(当時は禁止ではないですが、関税がかかります)のに四苦八苦で、神戸・横浜ではないところに入港させ、税関の人を軍艦挙げて大歓迎し飲ませ酔わせ、そこで「気の利いた」古参の経理下士官が、ハンコを借りて通関済みのハンを押してしまう、というのを、聞いたことがあります

当然陸軍でも大はやりです。紙の麻雀牌などは手作りもメーカー製もありました。
捕虜になってもマージャンはプレイされており、シベリアで使われた木で作られた手作りの麻雀牌が、舞鶴の抑留、引き上げ記念館に展示されています。

家庭でも文藝春秋の麻雀牌は普及していたので、戦前の方が一般の人も遊ぶ機会が多かったと思います。
家庭マージャンですね。

お祖父様のやり方は、積み込みという初級のイカサマであります。
お金かけているのなら、お止めした方がいいと思いますが、そうでないのなら、むしろそれをおぼえた時の「武勇伝」をシッカリと聞いてさしあげるのが、いいとおもいます。

えー、日本でもっとも長い伝統をもつ遊戯クラブ、日本麻雀聯盟は1929年創設で、初代総裁は菊池寛でした(日本でメジャーになったのは、関東大震災の直後、上海で西欧諸国の人がひらいたチャリティー麻雀大会後のことです)。日本で麻雀牌を最初に製品として販売したのは、菊池寛が創設した文藝春秋社です。

で、当時はよかれ悪しかれ日本は大陸中国と深く関わっており、昭和初期の麻雀ブームがこの動きとぶつかって、第一次マージャンブームがおきます。
当時はいまとちがったルールで、リーチがないとか、上...続きを読む

Q身長低くて、体重軽い奴のほうが得?

今日、筋トレ番組(SASUKEだったっけ?)見ていたら、最初のステージ越した5人が全員体重60kg切っているというざまでした。身長も5人中4人が170cmを切っているというざまでした。

懸垂、腕立て、ベンチプレス、などは身長低くて、体重軽い人のほうが腕が短いため、回数をこなせるように思います。

逆に身長が高いと、それだけで握力が強かったり、投げる球が速かったりし、いろんなスポーツで活躍できそうです。

私みたいに身長172あたりで、体重73くらいの奴がなにをやっても中途半端で一番体格的に恵まれてないと思いました。
それだけならまだしも、生まれつき病弱で、間接が弱く、すぐに体を痛め、まったく使い物にならない体です。しまいにはゴミ虫の集合体と言われてしまう始末でした。

やっぱこの体格じゃ何をやっても厳しいですかね?

Aベストアンサー

"身長低くて、体重軽い奴のほうが得" とは、必ずしもそうだとは言えないと思いますよ。

今回のSASUKEでは、たまたまそういう体格の人が第1ステージクリアしてきましたが、
第1ステージにある、ジャンピングスパイラルや、反り立つ壁。あとは、
少し離れたところにジャンプして飛び移らなければいけない。などは、身長低い人の方が
不利ではないかなと思ったりします(手足が届く範囲がギリギリだったりして)。
今回それらをクリアしてきた5人は、その不利と思われる部分をものともしないしないだけの
トレーニングを積んできた結果ということでしょう。
(実際、弘道お兄さんは過去、時間に余裕はあっても、反り立つ壁にやられました)

番組を見ていたのであれば、その弘道お兄さんが第1ステージクリア後、
「人間、やればできるもんですね。目標を持ってあきらめずにやればできる」
というようなことを言ったのを、聞いていたと思います。

スポーツをやるのに、身長や体重、年齢は関係ないのではないかなと思います。
いかに自分の体格や体質に合ったトレーニングを積んで鍛えるか。だと思います。
自分の体質に合わないトレーニングをしてしまうと、身体を壊してしまう結果につながります。

なので、質問者さまが "生まれつき病弱で、間接が弱く、すぐに体を痛め" やすい体質であるなら
それに見合ったトレーニング方法をみつけ、やれるところから少しずつ少しずつ、部分的にでも
徐々に鍛えていけばいいのではないかなと、私は思います。

"身長低くて、体重軽い奴のほうが得" とは、必ずしもそうだとは言えないと思いますよ。

今回のSASUKEでは、たまたまそういう体格の人が第1ステージクリアしてきましたが、
第1ステージにある、ジャンピングスパイラルや、反り立つ壁。あとは、
少し離れたところにジャンプして飛び移らなければいけない。などは、身長低い人の方が
不利ではないかなと思ったりします(手足が届く範囲がギリギリだったりして)。
今回それらをクリアしてきた5人は、その不利と思われる部分をものともしないしないだ...続きを読む

Q女性の戦闘指揮官は、どれくらい実在したのでしょうか?

女性の戦闘指揮官は、どれくらい実在したのでしょうか?

Aベストアンサー

戦国時代(日本)には、女性の戦闘指揮者がいたといいます。
岡山市灘崎町にある「常山(つねやま)城」では、
城主の妻が指揮を執り、城内にいる女性たちと共に甲冑を着け、
男性と共に戦ったそうです。(全員討死)

全国には、まだまだこのような女性がいたと思います。

Q現在最も車体が軽い軽トラック教えて

現在もっとも車体が軽い軽トラックの車両重量は何キロありますか?
また此処最近の軽トラックで重量の思いのは、何キロありますか?
(荷台は固定式の普通の物)

Aベストアンサー

ダイハツ・ミゼットが軽いでしょう。
車両重量350kg 今の軽四のほぼ半分ですね。探せば今現在も中古ですが売られいます。
初期型は確かこれより30kg軽かったと思いますが、私の住む地域に1台走っていましたが最近見かけなくなりました。

Q戦時下の日本

には検閲があったらしいのですがどのようなものが検閲の対象になったのですか?それに戦争に負けた戦後にもあったとか。詳しくないのでご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

戦時中の検閲に私信の手紙が検閲の対象になっていたとの話しは聞いたことはありません。戦地に出征している人に出す慰問の手紙は検閲はありませんが、戦地から送られてくる返事には検閲があり所々墨塗りの箇所がありました。出版社などは検閲を意識したでしょうが、一般人は検閲など意識していませんでした。
敗戦後の昭和27年までの被占領期間中の検閲は私信の封書を開封して検閲した後、GHQのマーク入りのセロテープで閉じてありました。葉書は墨塗りで検閲していました、墨塗りの所に何が書いてあったか調べようと電灯にかざして調べようとよくやっていした。この時に初めて検閲を意識させられた記憶はあるが、敗戦時まで一般人が検閲など意識することなどありません。戦後の人々が勘違いしているようですが、戦前から民主主義国家で普通選挙が実施されて言論の自由もあり、有名な反軍演説を行った勇気ある議員がトップ当選出来る世の中です。言論封殺するような私信の検閲など出来るわけがありません。ただ治安維持法の対象になっていた者達の私信はどうなっていたか、私にはそのような人たちの情報がありません。戦地と内地との情報のやり取りは現在でもあまり変わりは無いと思います。

戦時中の検閲に私信の手紙が検閲の対象になっていたとの話しは聞いたことはありません。戦地に出征している人に出す慰問の手紙は検閲はありませんが、戦地から送られてくる返事には検閲があり所々墨塗りの箇所がありました。出版社などは検閲を意識したでしょうが、一般人は検閲など意識していませんでした。
敗戦後の昭和27年までの被占領期間中の検閲は私信の封書を開封して検閲した後、GHQのマーク入りのセロテープで閉じてありました。葉書は墨塗りで検閲していました、墨塗りの所に何が書いてあったか...続きを読む

Q性犯罪の刑罰が他国と比べて軽いのは何故?

性犯罪の刑罰が他国と比べて軽いのは何故?

タイトルの通りです
セクハラは冤罪が多く、罪がある程度軽いのはまだ分かりますが
レイプなどの決定的な犯罪も他国と比べると刑罰が軽いですよね
何故なのでしょうか?
日本独自の背景があるのでしょうか

Aベストアンサー

日本の裁判は、裁判官が法律に基づく裁判をせず、判例主義の裁判をするからです。

すべての裁判官は法律に基づき良心に従い、日本国憲法及び法律にのみ拘束される(日本国憲法第76条第3項)。

日本の裁判官は、個々に、法律に基づき独立して、裁判(判断)をするのが建前です(日本国憲法)。

しかし、日本の裁判官は、裁判の判例を参考にして、量刑を言い渡すことにより、犯罪の被害者の精神的苦痛を考慮せず、判決を言い渡すことにより、刑罰が軽くなるのです。

Q官軍の指揮官のファッション

幕末・毎時維新時の、官軍の指揮官がかぶっていたあのヘビメタのような赤色などのロンゲのかつらは、一体なんでしょうか?

Aベストアンサー

 あの「かつら」見たいなのが、有名な

   「徳川家康に過ぎたるものが二つあり 唐の頭に本多平八」

 唐の頭(チベットなどに生息するヤクの毛を使った飾り)だったりします。
   http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q119508686

 家康が一生懸命集めた物を、官軍が押収して惜しげもなく使ってしまうことで、時代が変わった事を顕示する為にやったのかなと、個人的には思っていたりするのですが…。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報