最近岡野玲子さんの書いた陰陽師を読んでいるのですが、
途中からわけが分からなくなってきました。

陰陽道や平安時代の知識があまりないからだと思い、
一般の人向けに書かれた陰陽道のガイド本を
とりあえず読んだのですが何か違うなぁ…と感じました。

あのマンガを理解するにはどんな本を読めばいいでしょうか?
よい参考本などご存知の方がいましたら、ぜひ教えてください!

*わたしのマンガ読み込み不足だったらごめんなさい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

7巻以降は確かに難解になりますね。


とりあえず雨乞いの神社めぐりについては
各々巡った神社及び祭神について調べて見てください。
若狭彦&若狭媛、貴船明神、丹生津姫、菊理媛(白山神)
皆、水に関係深い神々です。
このことだけ理解していれば良いでしょう。
易経や風水についてはあまり深くは考えなくても読むのには変りがなさそうです。(難解すぎ)
エジプト神話については概略下記サイトの内容を理解すれば問題ないかと思います。
http://www.geocities.jp/onyadosuzume/newpage2-eg …

もちろんご自分でさらに調べれば理解度も深まり面白さも増すので
上記キーワードを参考に検索してみてください。
    • good
    • 0

本ではないのですが、こちらをおすすめしておきます。


たちはな亭
http://park17.wakwak.com/~tatihana/
「陰陽師の小部屋」をご覧下さい。

まだまだ全てにはほど遠いですが、初期から、あの難解な作品を良く紐解いています。
    • good
    • 0

岡野玲子さんは、いろいろな所にいろいろな要素を散りばめているので、


とりあえず「これ」を読めばOkというものはないと思うのですが……

う~ん、ちょっと違うかもしれませんが、高島易断の「高島暦」はどうでしょう。毎年の吉凶や方角を占う暦です。
十干十二支(干支)や24節気、28宿などの説明があるので、多少は出てくる用語の解説にはなるんじゃないかと思います。

あと日本の陰陽道は、中国の「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」が基になっているので、
学研のBookEsotericaシリーズ「道教の本」「風水の本」あたりがかすっているかもしれません。
(他に同シリーズの「陰陽道の本」「神道の本」も参考になるかも)

それから、何巻か忘れましたが、髪を振り乱し足を引きずって歩くところは、「禹歩」だと思うので、

http://homepage2.nifty.com/~meigaku/bunka0_9_hen …

囲碁のところは、「河図洛書」に関係しているようなので、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%9B%B3% …

を参照してみてください。

後は、古典や雅楽、神道あたりの知識が必要かと思います。(やっぱり、こちらの方がメインでしょうか……)

手元に本がないので、うろ覚えで済みません。
私もちゃんと理解できているわけではないので、
本当にただの参考です。
    • good
    • 0

原作(夢枕獏氏のもの)、映画(野村萬斎氏主演のもの)と見てきましたが、この漫画だけは途中で挫折してしまいました。



原作からあまりにもかけ離れ、正直にいえば「わけがわからなく」なってしまったことが原因かな、と思っています。

下記リンクにエジプト神話のことが載っているので、もしかしたらヒントになるかもしれません。
http://www.amazon.co.jp/review/product/459213233 …
    • good
    • 0

原作本を「文字」で読んでみるとか・・・。

文庫版(文春文庫)も出てますよね。


マンガは巻七~八あたりから難解になってきたというのは、よくある感想のようですね。

http://www.kanshin.com/keyword/235700
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q岡野玲子の陰明師

最近、すっかりハマっています。全12巻の予定で
雑誌の連載もいよいよ最終話の様ですが、12巻っていつ頃発売になるのでしょうか??お分かり方がいたら、ぜひ情報を下さい。

Aベストアンサー

私も陰陽師大好きです!
岡野先生のコメントには今年末と書いてありました。
13巻も出るそうです。
全12巻のはずだったのに…
巻ごとに12神将の名前を付けているのに13巻はどうするのでしょうねぇ?

Q漫画家の岡野玲子さんと手塚治虫との関係。

手塚賞を受賞した岡野さんのコメントに、「義父の名を冠する賞を戴き・・・」とありましたが、すると、岡野さんは手塚治虫の息子(手塚真さんでしたっけ)の夫人ということになりますよね?
そうなんですか?
確か手塚氏には「ルミとマコとチイ」という作品があって、ルミとチイは女の子だったはず。
詳しいことを教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。
ご質問の意味するところはもしや
「玲子さんは手塚治虫氏の実の娘かと思っていたのだが・・・」ということでしょうか?
答えは#1#2のみなさんのご回答の通りで、真氏夫人ということになります。

マコは長男の真さん、ルミ子さんは長女、チイ子さんは次女、のようです。
るみ子さんには、父として漫画家としての治虫氏のことなどを綴った、
「オサムシに伝えて」「こころにアトム」などのご著書があります。
チイ子さんは・・・今どのような活動などされているのかはわかりません。
でも岡野玲子さんではありません。

10年ほど前になりますが、とある雑誌(若い男性向け)の「日本の美女NO.1は誰だ」という特集で、
「女にウルサイ有名人が美人十傑を選ぶ」というページにおきまして、
手塚真氏も女性10名の名前を挙げていらっしゃるのですが、
その中に「岡野玲子」と入っています(^^
すでに「手塚夫人」と紹介されています。
「魔女のような部分が魅力です」と語っていらっしゃいます・・・

(蛇足ながら、今、手元に1992年6月号のその雑誌があるので、詳しく書かせていただきました・・・つまらん特集号をいつまでも持っていてすみません・・・)

ご参考になりましたら幸いです。

参考URL:http://ja.tezuka.co.jp/manga/sakuhin/m097/m097_01.html

こんばんは。
ご質問の意味するところはもしや
「玲子さんは手塚治虫氏の実の娘かと思っていたのだが・・・」ということでしょうか?
答えは#1#2のみなさんのご回答の通りで、真氏夫人ということになります。

マコは長男の真さん、ルミ子さんは長女、チイ子さんは次女、のようです。
るみ子さんには、父として漫画家としての治虫氏のことなどを綴った、
「オサムシに伝えて」「こころにアトム」などのご著書があります。
チイ子さんは・・・今どのような活動などされているのかはわかりません。
でも...続きを読む

Q陰陽師がらみのマンガありますか?

タイトルに「陰陽師」となくても、陰陽師が活躍しているマンガはありますか?
あったら教えて下さい。

Aベストアンサー

あしべゆうほさんの「雷鳴の符」はどうでしょうか?
秋田書店のボニ-タコミックスデラックスから発売されてます。
発行数は少ないのですが、8月に発売されたばかりなので、大きな本屋さんならまだ手に入ると思います。

作者のあしべさんは、「悪魔の花嫁」「クリスタル★ドラゴン」などで有名な方です。
「雷鳴の符」は、久々の和物ですが、ファンタジーものの作品や、その画力の素晴らしさには定評があるあしべさんの世界を堪能することができます。

それから、安倍晴明公に関する小説やマンガを集めた書評ページのURLを載せておきますね。

参考URL:http://seimei.nihon.to/booksbbs/index.cgi

Qマンガ道の霧野涼子が死んだのは実話?

藤子不二雄Aが描いた、
「マンガ道」
これの2巻で、
「霧野涼子が自殺した」
って描写が出てくるんだけど、
これって、実話がベースになってるの?

それとも、話を盛り上げるために、
適当にでっちあげた?

Aベストアンサー

話を盛り上げるために、でっちあげました。


霧野涼子のモデルになった方は現在もご健在です。
先月、藤子不二雄Aのデビュー60周年を記念して放送されたNHKBSの「まんが道をゆけ!」
にてモデルになった方ご本人が登場しています。

又、藤子不二雄Aは少年の頃に憧れていた霧野涼子のモデルの人と再会する機会があったが、
「すっかり老けていたため、がっかりした」と何かのインタビューで答えています。

Q昔読んだマンガについて

小さいころ(おそらく1987年ぐらい)に読んだマンガで、
ストーリーをぼやっと覚えているぐらいなのですが、
実際にどなたの作品だったのか今でも気になっています。

太った女の子が痩せるという話で、おそらく「ぶ~け」に
載っていたとおもいます。
絵の感じから、もしかしたら松苗あけみさんかなとも思っています。

ご存知のかたがいらしたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

松苗あけみ/ぶーけ/1987年頃掲載、の条件を満たすとなるとNo.1様のおっしゃる様に「純情クレイジーフルーツ」がビンゴでしょうか。
主要4人の女子高生の一人、桃苗がダイエットに挑み周りがそれを阻止しようとする…というエピソードがありました。ただ、「純情クレイジーフルーツ」の掲載期間は82~88年に渡るので、そのエピソードがいつ頃のものだったかは覚えていません。

※もうひとつ、単に「太った女の子が痩せる」という話で思い浮かんだのが、大島弓子の奇作「ダイエット」なんですが、こちらの掲載年・掲載誌は条件とは異なり、1989年1月号のASUKAに掲載されています。こちら読み切りです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報