ツーバイフォーと在来工法はどちらが寿命が長いのでしょうか
ちなみに,一般的にどれくらいの寿命なのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

気密性能と断熱性能が十分であり、外壁通気層があり、きちんと機能する24時間換気があれば、どちらも同じです。



気密と断熱がセットでないと、暖房を使用する現在、北海道で昔問題となったナミダタケ事件のような壁内結露を引き起こし、木が腐り極端に寿命が短く可能性があります。
日本の高温多湿の気候のためだとか、風土に合っているいないとかいう、根拠の無いことを言う人がいますが、そうではありません。
温度と相対湿度の関係、温度により露天温度がどうなるかを調べてみれば、明らかなことです。

気密性能と断熱性能を具体的に言えば、東京の気候でC値0.5cm2/m2、Q値1.5W/m2Kくらいを下回るのが望まれます。
日本の住宅が短命なのは、先進諸国に対し、これらの性能がまだまだプアーなことも一因です。
http://allabout.co.jp/house/longlifehouse/closeu …
「200年住宅」では、「省エネルギー等級4相当以上もしくは次世代省エネ基準に対応していること」が、性能基準として条件となっています(東京でQ値2.7W/m2K以下と相当甘いですが)。
http://allabout.co.jp/contents/sp_eco_c/housetre …

スウェーデンも住宅先進国ですが、特にドイツを調べてみれば分かりますが、日本の超高断熱のQ1住宅(Q値1W/m2K以下)より厳しい省エネ基準が掲げられています。
http://daikyohome129.livedoor.biz/archives/50366 …
http://daikyohome129.livedoor.biz/archives/51448 …
http://daikyohome129.livedoor.biz/archives/50698 …

また、24時間換気ですが、現在は測定まで義務付けられていないため、ただ付けただけのもの、家の気密が不十分でショートカットが生じている場合など、正しい換気量が確保されていない場合が多いことに注意が必要です。
http://blog.smatch.jp/dannetu/archive/554

上記以外が十分な上で、消耗部分のメインテナンスがされていれば、家の寿命は、基礎のコンクリートの中性化が進みますから、かぶり厚がどれだけあるかによって強度が保たれる期間は決まってくるでしょう。
多くは、60年程度が想定されているはずですから、実際には、100年くらいは持つのではないでしょうか。
    • good
    • 2

日本の気候条件なら在来の方が長いと思います。

    • good
    • 2

 どっちもどっちでメンテ次第だと思います。


 地域にもよるでしょうけど憶測ですが50年はもつと思います。また住まい手がきちんとメンテをしてもたせるべきでしょう。
 それ以上の期間となると、代替わりが起こったりまだ家としては使えてもメンテナンスの費用と内外装の不便さ見た目のボロさなどからメンテをやめて立て替える人がほとんどになると思います。

 大事にメンテにしかるべき費用をかけて使用すれば、何年ということではなく立て替えたくなったときが寿命となるとは思います。
    • good
    • 0

現代の工法なら在来工法がもつと思う



それに在来工法の方がリホーム・メンテナンスなどが容易にできます
ツーバイフォーは、壁で耐震をとっているため 雨漏りなで壁を傷めたりした場合の補強・修理が容易でない
容易でないと言う事は費用がかかるという意味です

地震での耐震が心配でしたら 屋根をカラーベストなどで軽くするなりしれば、在来工法をお薦めしたいです
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄筋コンクリート・在来工法のお風呂のリフォームについてシステムバスは可能か?在来工法の場合お勧め床材・壁材

鉄筋コンクリート・在来工法のお風呂のリフォームについて、
・システムバスは可能か?
・在来工法の場合、滑りにくい、掃除がしやすい、ヒンヤリしない 、床材・壁材はあるか?
という相談です。

築20年の中古住宅を購入しましたが、お風呂は、
・周囲が鉄筋コンクリート
・広さ約1.5坪(D176×W237×H210)
・在来工法(壁・床とも20cm角タイル張り)
です。
現状、床・壁ともタイルで、目地がカビる・床の触感が冷たい、滑るという不満があります。リフォームは目地も少なく、風呂全体が暖かいステムバスが希望だったのですが、リフォーム業者(2社)に相談したところ困難とのことでした。
業者によると、
・システムバスは高さが足りず不可能。(配管を埋めるスペースが無い。無理に入れると天井高が1800程度と低くなる)
・在来工法でも、例えば床はTOTOのカラリ床のようにひんやりしない触感で目地が少ないものが希望だったのですが、あのような一枚板にすると周囲のコンクリ部分の凸凹に沿ってゆがみが目立つため、20cm角程度のタイルが適当、例えばINAXのサーモタイルがお勧めとのことです。また、床暖房や断熱材も通常は可能だがウチの場合タイルのすぐ下がコンクリートで削ることができないので×とのことです。壁も同様に20cm角のタイルがお勧めだそうです。

しかしタイルでは基本的に今の風呂と同じだと思うので、私の不満はあまり解消されません。

そこで質問なのですが、
・ウチのような風呂にも取り付け可能なシステムバスはあるでしょうか?
・在来工法の場合、滑りにくい、掃除がしやすい、ヒンヤリしない 、ウチの風呂に取り付け可能な床材はあるでしょうか?また、目地が少なく掃除しやすい壁材はあるでしょうか?

知識が少なく、業者さんに言われるとそうなのかな、と思ってしまいます。各種パンフを見たり、TOTOとINAXはショールームも行きましたが在来工法のサンプルはあまりなく参考になりませんでした。

よろしくお願いします。

鉄筋コンクリート・在来工法のお風呂のリフォームについて、
・システムバスは可能か?
・在来工法の場合、滑りにくい、掃除がしやすい、ヒンヤリしない 、床材・壁材はあるか?
という相談です。

築20年の中古住宅を購入しましたが、お風呂は、
・周囲が鉄筋コンクリート
・広さ約1.5坪(D176×W237×H210)
・在来工法(壁・床とも20cm角タイル張り)
です。
現状、床・壁ともタイルで、目地がカビる・床の触感が冷たい、滑るという不満があります。リフォームは目地も少なく、風呂全体が暖かいステム...続きを読む

Aベストアンサー

#2のcyoi-obakaです。 補足説明確認致しました。

結論から申します。
1620タイプのUB設置出来ます。
但し、基礎レベルが不明ですが、どちらにしても既存の下地及び仕上は全て撤去する条件です。
そうしますと、床で6cm、壁で2.5~3.0cmは躯体までの仕上代があると予想できます(防水及び勾配考慮で)。
従って、有効空間は、W;2430mm×D;1820mm×H;2340mmと成ります。
ここで、床段差は想定で10cm程度に成っています。
使用するUBは、低床マンションタイプ又は低床木造用階上タイプを選択する事(天井はフラットタイプです)。
排水管位置は変更出来ないとするので、通常通りの躯体据え置きとする。
ここで、確認なのですが、出入口下端は、約10cm高くなる!! この事だけは了解して頂かないと、UBの設置は諦めるしかありません!
いかがでしょうか?  了解が得られたとして、次に進みます。

高さは、本体自体が納まる寸法2270mm以上確保出来そうですが、若干天井換気扇がキツいかもしれません!
もし、施工が出来ないようでしたら、壁換気とする!
これは、通常は行いませんが、RC造を頻繁に設計や施工をしていれば、割合ぶつかる事なんです(特に階高の低い場合)。
UBを現場加工で壁パネルに換気扇用開口(もちろん開口補強をする)を設けるのです。換気扇の点検等は屋外から行える事が原則ですが、UB内からもグリルを外せば点検出来ます。

こんな感じです。いかがでしょうか?
現場を見てないでの意見ですから、100%OKとは言えませんが、参考にして下さい。
以上です。

#2のcyoi-obakaです。 補足説明確認致しました。

結論から申します。
1620タイプのUB設置出来ます。
但し、基礎レベルが不明ですが、どちらにしても既存の下地及び仕上は全て撤去する条件です。
そうしますと、床で6cm、壁で2.5~3.0cmは躯体までの仕上代があると予想できます(防水及び勾配考慮で)。
従って、有効空間は、W;2430mm×D;1820mm×H;2340mmと成ります。
ここで、床段差は想定で10cm程度に成っています。
使用するUBは、低床マンションタイプ又は低床木造用階上タイプを選択する事(天井は...続きを読む

Qツーバイフォーで在来工法用サッシを使えませんか?

住宅のデザインをしております、ツーバイフォー工法でプランニング中です。
ツーバイフォー用のサッシは最大幅で1間半サイズしか無いようなのですが構造的には2間開口までは可能なのでなんとか2間幅の掃き出しにしたいと考えています、在来工法用の半外付用で2間幅のサッシを使用する事は可能でしょうか?納まり上注意点などありましたら教えていだだけないでしょうか。

Aベストアンサー

枠組壁工法における開口幅は告示によれば4mまでですから在来用の2間もののサッシは取り付け可能です。他の回答者の方がおっしゃられているようにそのサッシが取りつく耐力壁線上に1/4以上の耐力壁が確保されていること、マグサのメンバーの確認をちゃんとすれば問題はありません。半外付けであれば納まり上も問題ありません。枠組壁工法が日本でOPEN化された1974年にはこの工法用と謳ったサッシはありませんでしたから特に意識することなく在来用のサッシを転用していました。後、このサッシを1階に取り付けるとすると、このサッシの下の土台は910mm間隔で基礎に固定することをお勧めします。掃出しサッシを取り付けると土台中央部がむくるという現象がよく発生しますので2間幅ならそのようにした方が良いかと思います。また、2階建ての1階ですと、マグサの断面は構造計算で確認なさった方が良いかと思います。構造用集成材、もしくはLVLで414は最低でも必要かと思います。あるいはこの分壁を206とし、614とかになるのではないでしょうか。(計算によって高さが16インチ以上になるかもしれません)

枠組壁工法における開口幅は告示によれば4mまでですから在来用の2間もののサッシは取り付け可能です。他の回答者の方がおっしゃられているようにそのサッシが取りつく耐力壁線上に1/4以上の耐力壁が確保されていること、マグサのメンバーの確認をちゃんとすれば問題はありません。半外付けであれば納まり上も問題ありません。枠組壁工法が日本でOPEN化された1974年にはこの工法用と謳ったサッシはありませんでしたから特に意識することなく在来用のサッシを転用していました。後、このサッシを1階に取り付けると...続きを読む

Q高性能在来木造工法(MEP工法)について

新築計画中で会社を選んでいるところなのですが、

ブライトホームの高性能在来木造工法(MEP工法)の評価というのはどのようなものなんでしょう?

メーカのHP以外に書かれているHPが見つけられなかったので、一般的な意見が知りたいです。

http://www.brighthome.co.jp/~syohin/koho/default.htm

Aベストアンサー

平たく言えば金物工法の木造軸組みに、パネル工法でパネルに断熱材があるというものですね。
このような工法は色んなところから出しているので特に目新しいものではありません。

まあ全体としては性能が出しやすくよいやり方だと思いますよ。

それよりは施工実績が重要なのですが、見たところ平均でC値も1.0をきっているようですからまあまあでしょう。
断熱性能も寒冷地(北海道など)でなければ十分かと思います。

Q在来工法と2×4のどちらかにしようと思っています。

古い家の立て替えを計画しています。(1)在来工法(積水ハウス・住友林業)(2)2×4(三菱地所ホーム・三井ホーム・住林ツーバイフォー)の5社を候補に考えています。
・2世帯住宅(夫の母親、私達夫婦、子供2人)
・子供が2人アトピー、残る3人も花粉症
・昔かたぎの姑ですので、基本的な生活としては、就寝時を除く一日中窓という窓が開いていることになる。真冬でも;;(ただし、花粉の時期位ははしっかり言えば協力してくれるかも)
・箱の形は工法に合わせるとしても内部の間取りは、1階と2階ではかなり違いが出る

【質問(1)】シックハウスについてきになります。2×4では、機密性が高すぎで、化学物質が抜けにくいと思ってきましたが、今時の在来工法でもかなり機密性が高く、むしろ24時間換気を徹底している2×4の方が安全なのか?と思い始めましたが、如何でしょうか?
【質問(2)】上記5社の中でシックハウスについてより熱心なメーカーはありますでしょうか?
【質問(3)】5社を比較検討するにあたり参考になるサイト、本などご存知でしたらご紹介願えませんでしょうか。
【質問(4)】ご自身でこの中で順位をつけるとしたらどのような順位を付けられますか?またその理由も教えていただけると嬉しいです。良い点も悪い点も是非お聞ききしたいと思います。

本来でしたら設計士などに依頼しじっくりと家について考えたいなどと夢を見ておりましたが、二世帯住宅を建てるという部分で精神的な負担も多く、手っ取り早く話を進めてしまいたいという気持ちが強くなり、ハウスメーカーを選ぶことにしました。
お恥ずかしい話しですが。

他にも参考になるような事がありましたらいろいろアドバイスいただければ幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

古い家の立て替えを計画しています。(1)在来工法(積水ハウス・住友林業)(2)2×4(三菱地所ホーム・三井ホーム・住林ツーバイフォー)の5社を候補に考えています。
・2世帯住宅(夫の母親、私達夫婦、子供2人)
・子供が2人アトピー、残る3人も花粉症
・昔かたぎの姑ですので、基本的な生活としては、就寝時を除く一日中窓という窓が開いていることになる。真冬でも;;(ただし、花粉の時期位ははしっかり言えば協力してくれるかも)
・箱の形は工法に合わせるとしても内部の間取りは、1階と2階では...続きを読む

Aベストアンサー

No.7です。
VOC測定にて、規定値以上の数値が出た場合は・・・
ベイクアウトです。
放散源を除去するか、放散を促進するかしかありません。
よっぽど気を使う建物で、1ヶ月ベイクアウト期間を取った所もあるんですよ。
工事期間に、ベイクアウトを含むVOC測定期間を足して工期とし、計画的に規定値以下になるようにするのが理想です。
今は、平成14年度の建築基準法改定により、居室に使う材料の主たるものは黙っても、F☆☆☆☆を使う事になるはずです。ハウスメーカーも工務店もゼネコンも関係なくです。たぶん・・・。確認検査を受けるのに必要になってきますから。
ただ、それは全ての使用材料の事ではないですし、居室以外の室等は該当しなかったはずです。(毎度記憶で打っているので、”はずです”ばかりですみません。ここ最近、民間物件では居室として使わない建物を作る事が多かったもので)
どんなにベイクアウトしても規定値以下にならないから、おかしいと思っていたら、換気扇による負圧に引っ張られて、別室に放散源があって廊下を経てVOCが拡散していたとか、床下ピット内で使っていた配管のジョイントに使っていた接着剤が問題だったとか言うことが実際ある事なのです。
だから隠蔽部分に問題箇所があった場合、放散源の除去が難しくニッチモサッチも行かなくなる事があるので、下地の段階から気をつかうのです。

2・3年前までは、再検査なんて事を良く聞きましたが、今の建築材料はVOCの観点では革新的に技術が上がっておりますので、きちんとやっていればまず大丈夫です。
前は、F☆☆☆☆の製品が少なかったのに加え、ベイクアウトの知識も無く、サンプルの採取の方法もよくなかったので、規定値以下に中々いかなかったのをゴマカス悪い人もいたようですが、今は第三者機関が責任も持って測定するので、そういう事もありません。

又、他のお礼文にあったようにシックハウスについてハウスメーカーはダメという事はないと思います。
物件数が多い分、必ずシックハウスについて気を使う顧客はいて、そういうノウハウも積み重ねられているはずです。
大きいところが良かろうとは必ずしも思いませんが、担当者が直接そういう物件を行っていなくても、やはり人数分の経験値がある人がいる。知識を共有できる人がいるという利点もあります。
腕のいい工務店に直接頼んだと言っても、今だにMSDSという言葉(我々には常識的ですが質問者さんが知る必要がある言葉とは思いませんので説明は控えさせて頂きます。)について知らない工務店もいるくらいです。
出所のしっかりした天然木だけで組み上げたログハウスを建て、天然材以外の仕上はなにもしないというのならまだしも、何処に頼んでも、化学物質は使う事になります。
今、問題は建材では無く、メインは現地で使う接着剤や塗料です。家具も使っている糊が問題なのです。合板ではなく、高い無垢材のフローリングにしたとしても、塗るものがダメならダメです。クロスやキッチンパネルを貼るには、何処にたのんでも接着剤を使います。もし、既製品の建具ではなく、天然木で扉を作ったとしても、結局塗装する事になります。
タイルを貼るのにだって、接着剤が入っているのです。
如何にそれらからのVOCの放散を少なくするかが問題なので、僕はハウスメーカーがイイかは解りませんが、ダメだとは思いません。
あくまで僕の考えです。
因みに僕はハウスメーカーの人間ではありませんよ・・・・。

それと、天然素材のいい物として、珪藻土があります。
最近逸りで、漆くい見たいな見た目でガサガサした仕上げになる塗り材料です。
その効果は調湿効果の他に有機化合物を吸収してくれる効果があります。
壁一面だけや、アクセント位に使ったのでは意味ないですが、天井や壁全面を珪藻土にすると住環境の安定には有効といわれ注目されています。
一考してみるのも手かもしれません。
ただ、名ばかり珪藻土で、天然材以外の物質も混入してる場合があり、その場合効果は薄れるでしょう。
いずれにしても、クロスよりは少し高価になります。
天然材は、えてして高いものですよ。

やっと話は戻りますが、もちろんVOC測定には費用がかかります。
我社が幾らで頼んでいるかは秘密とさせて頂きますが、普通は箇所数×3~4万円位はかかるでしょうかね?断言はません・・・
工事請負の中にその条件を含めばVOC測定の費用も施工を頼む所に含む事となるかと思います。検査を受けるのは施工者で、検査の上問題ない事を確認した建物を引き渡すのです。
なので、再検査になった場合の費用は、施工者が負担するのが僕の周りでは普通です。

最後になりますが、気密性の高まりによりシックハウス症候群の問題もアレルギーの問題も多くなってきたのは確かです。古来よりある隙間がある建物は自然の調湿にまかせ、アレルゲン(花粉症のように屋外の物をアレルゲンとするののを除いて)となるものを排出し易くしていたでしょう。姑さんは、故意でなくてもベイクアウトと同じ効果を継承してきたのかもしれません。
住み易くなる事と引き換えに人間は何かを手放していっているのかもしれませんね。

子供のアレルギーについては人事ではなく本当に気になります。
お子さんのアレルギーの改善を祈っています。

又、長くなってしまいました。お恥ずかしい・・・

No.7です。
VOC測定にて、規定値以上の数値が出た場合は・・・
ベイクアウトです。
放散源を除去するか、放散を促進するかしかありません。
よっぽど気を使う建物で、1ヶ月ベイクアウト期間を取った所もあるんですよ。
工事期間に、ベイクアウトを含むVOC測定期間を足して工期とし、計画的に規定値以下になるようにするのが理想です。
今は、平成14年度の建築基準法改定により、居室に使う材料の主たるものは黙っても、F☆☆☆☆を使う事になるはずです。ハウスメーカーも工務店もゼネコンも関係なくで...続きを読む

Q鋼管杭工法とコロンブス工法はどちらがよいですか

軟弱地盤で改良工事が必要といわれ、鋼管杭工法をすすめられましたが、コロンブス工法だと液状化対策にもなると知り、興味を持っています。(地下水があり液状化も心配しています。)しかしコロンブス工法は施工実績が11年と短く、建て替えまでの数十年、もつものなのか、それも心配です。どちらにしたらよいか、おすすめはありますか。費用はあまり変わらないようなので、より安心できるものにしたいと思っています。

Aベストアンサー

費用はあまり変わらないようなのでと
ありますが、ある程度は、高くなるのでは?
と思っています。
結構、工事側は、段取り等の手間は、増えますし。
その手間を経費に反映するぐらいに
するぐらいの工事会社でなければ、理解できているのか?
と思います。

「より安心なもの」ですよね。
これは、なかなかプロでも判断しにくいものとも思います。
他の方も書いていますが、もっとデータが必要
というものもありますが、
最終的に、「さぁ、どっち?」と言われれば
判断する方の経験や感覚によるものが多いと思います。

要は、どっちでもOKと判断するのが一般的ですね。
地盤は、基本、最終、値段です。
ただ、鋼管杭工法がOKとなっているならば、10人中9人は
鋼管杭工法を採用すると思います。
理由は、
実績。一般的に施工されいて工事的なミスは少ない。
他に関連する工事にも影響がないですし、まわりの業者さんも
段取りを理解している。
工事は、単純に性能だけではなく、多くの事が関連してきます。

ただ、このケースでコロンブスを採用する場合と思うのは、
どれだけ、液状化に重点をおいているかどうか?でしょうか?
質問者様が、液状化メインで考えているならば、コロンブスという
選択もあるでしょう。

費用はあまり変わらないようなのでと
ありますが、ある程度は、高くなるのでは?
と思っています。
結構、工事側は、段取り等の手間は、増えますし。
その手間を経費に反映するぐらいに
するぐらいの工事会社でなければ、理解できているのか?
と思います。

「より安心なもの」ですよね。
これは、なかなかプロでも判断しにくいものとも思います。
他の方も書いていますが、もっとデータが必要
というものもありますが、
最終的に、「さぁ、どっち?」と言われれば
判断する方の経験や感覚によるも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報