出産前後の痔にはご注意!

掲題について一般にはビート・タケシ氏の作品のように言われてますが、私の記憶ではタケシ氏がはやらせるずっと以前に、TV番組を本にした『欽ドン』という本に載っていた作品です。

この言葉が流行った時(もう、10年以上前だったと思いますが)、「盗作じゃん!」と思いましたが、既に『欽ドン』の本は手元になかったので、永年じくじたる思いを抱え続けていました。

どうでもいいことなのかも知れませんが、歴史的にこの言葉がタケシ氏の発案のように刻まれるのは、なんとなく納得がいかないというか、わだかまりがあります。

どなたか『欽ドン』(何巻もありますが)のバックナンバーを持っている方で確認できる方はいませんでしょうか?

あるいは、そんなこと気にするな、という説得力のある意見があれば、わだかまりが解消するのですが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

『カラスの勝手でしょ』というのが流行った時、


その数ヶ月前テレビの『欽ドン』のレコード大作戦で
採用されていたので、まさかウラ番組でパクっているとは
思いもよらず驚いたことがあります。

お笑いの方は、本や他番組で、日々ネタを集めているのでしょうね。
それで、面白いと感じたものを、時にはそのまま、
時にはアレンジして使ってみるのでしょう。

ウケれば、何度も使う"持ちネタ"になるのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お笑いの世界ではパクリは常識ということでしょうか。

お礼日時:2002/12/15 17:36

コント、小話などのネタは著作権など全くありませんので


使ったもの勝ちのようですね。
ドリフターズのネタも、私のネタをパクったものだったと、
パクられた曲芸師がテレビで話していました。
落語家、林家三平もコントのネタを、放送作家の人が考えたものを
うまく高座で使いました。
落語、漫才のネタは、パソコンのフリーソフトと思えばいいでしょう。
受けるネタは、何処かで誰かが使っていたものと思っても
間違いはないでしょう。
余談ですが
永六輔の著作のほとんどが、巷で庶民が話しをしていたものを
書き写したものばかりです。著作権など文芸作品以外
ないと思えばいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
著作権がないなんて、発案者は報われないですよね。

お礼日時:2002/12/15 17:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤信号、みんなで渡れば怖くない?

って、格言ありますよね?

誰が決めたのでしょうかね?

Aベストアンサー

欽ちゃん(萩本欽一)のラジオ番組での【欽ちゃんのドンといってみよう】

 でのリスナーの投稿です


 http://ja.wikipedia.org/wiki/欽ドン!


 https://www.google.co.jp/search?client=opera&q=きんちゃん どーんと行って 赤信号&sourceid=opera&ie=UTF-8&oe=UTF-8#q=%E6%AC%BD%E3%83%89%E3%83%B3%EF%BC%81%E3%80%80%E8%B5%A4%E4%BF%A1%E5%8F%B7


 有名な 赤信号、みんなで渡れば怖くない

 他には


 落し物 名前変えれば 僕の物

 などありますね



 


人気Q&Aランキング