「たそがれ清兵衛」「蝉しぐれ」「武士の一分」「山桜」という4つの映画は藤沢周平氏の小説が原作だと思います。これらの小説は、文庫本でいうと、何というタイトルの本に入っているのか教えてください。
 また、藤沢氏の小説の主人公は、下級武士で、剣の達人というのがパターンなのでしょうか。私は氏の小説を一冊も読んだことがありません。上記の映画は、ほとんどワンパターンのように美しい女性に愛される剣の達人ばかりです。それが気になって質問しました。
 因みに、私は上記の映画作品はどれも好きです。でも、剣術の弱い下級武士は、ダメなのでしょうか。映画「花よりもなほ」のような小説もあったらいいなあと思いまして。

 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちは。


●たそがれ清兵衛
「たそがれ清兵衛」に収録されています。個性的な下級武士の話がいっぱいつまっている短篇集です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31745033
●蝉しぐれ
「蝉しぐれ」に収録されています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18460223
●武士の一分
「隠し剣秋風抄」が原作のようです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31379621
●山桜
「時雨みち」に収録されています。

 私は藤沢周平さんの作品が大好きなんですが、上記のような下級武士の悲哀のようなものより、市井に生きる人々を書いた作品の方が好きです(武士物は歴史も絡んでくるもんで(^_^;))。元岡っ引きで今は堀師になっている伊之助の捕物シリーズとか、橋をテーマにした「橋ものがたり」直木賞受賞作の「暗殺の年輪」「時雨のあと」などなど精一杯生きる江戸の人達が哀愁を持って書かれています(暗殺の年輪は武士モノもありますが)。また「たそがれ清兵衛」には前述の通りかなり個性的な武士達がでてきますので、御希望の方がいらっしゃったと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31507865
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31198393
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/00861506

 ご参考までにm(__)m。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。少しずつ読んでいきたいと思っています。先ずは、映画の原作、そして市井の人々のものを。

お礼日時:2008/08/19 07:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございます。「たそがれ清兵衛」から読んでいこうと思っています。

お礼日時:2008/08/19 07:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデュマの小説三銃士は剣で戦ってるのに、なぜ三銃士と言うのですか?

デュマの小説
三銃士は剣で戦ってるのに、なぜ三銃士と言うのですか?

Aベストアンサー

>表題の銃士とは、元々は最新式のマスケット銃を装備した乗馬歩兵で竜騎兵の一種だが、『三銃士』の中では銃撃戦は少なく、剣での斬り合いが主になっている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%8A%83%E5%A3%AB

>銃で武装しているのに、銃を使わないのはおかしな話に思えるがじつは当時の銃は、1対1の戦いにはほとんど役立たなかったのだ。
http://blog.livedoor.jp/oobaka1/archives/52037163.html

銃より剣で戦うほうが話の流れの上で似合うんでしょうね。

Q種田山頭火の俳句、「うしろすがたのしぐれてゆくか」

種田山頭火の「うしろすがたのしぐれてゆくか」という句がありますが、これはどのように解釈すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

この句の前に【自嘲】とありますが、
本来自分には見えないはずの後姿にたとえて
自分の人生を客観的に象徴したのではないでしょうか。
彼の壮絶な人生に思いを馳せながら読むと理解が深まります。

Q俳句「山また山山桜また山桜」の作者

山また山山桜また山桜 という俳句を詠んだ作者を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは~

阿波野青畝(あわの・せいほ)だと思います。

参考URL:http://www1.u-netsurf.ne.jp/~hiiragi/hanaharu/sakura/sakura.html

Q翻訳家 川村哲郎氏と中上守氏について

SFやファンタジーなどの翻訳をされている川村哲郎(かわむらてつろう)氏と中上守(なかがみまもる)氏は同じ人ですか?それとも別人ですか?

お二人の経歴が良く分からないのですが、どちらも昭和5年(1930年)生まれの東大文学部卒(中退?)と略歴にあります。[それだけしか情報がありません]
同一人物の本名とペンネームの関係かなとも思ったのですが、全く別人のような気もしますし、訳が分からなくなりました。

Aベストアンサー

同じ人です。川村哲郎が本名で、中上守は筆名です。
ご存命なんでしょうかね。

Q呂氏春秋と春秋左氏伝

こんにちは。今、中国古典にはまってまして質問なのですが、呂氏春秋と春秋左氏伝はおなじ「春秋」の文字が入っておりますがこの2書はまったく違う内容でしょうか。それともどちらかを読めばよいでしょうか。大体同じ内容だとしたらどちらを読むべきでしょうか。アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

春秋左氏伝
「『春秋左氏伝』(しゅんじゅうさしでん、旧字:春秋左氏傳、ピンイン:Chūnqiū Zuŏshìzhuàn)は、孔子の編纂と伝えられる歴史書『春秋』の代表的な注釈書の1つで、紀元前700年頃から約250年間の歴史が書かれている。通称『左伝』(さでん)。『春秋左伝』、『左氏伝』ともいうことがある。現存する他の注釈書として『春秋公羊伝』、『春秋穀梁伝』とあわせて春秋三伝(略して三伝)と呼ばれている。三伝の中で、左伝は最も基本的だとされている。『左伝』の作者は、魯の左丘明であるといわれているが、定かではない。一説には、古くからあった史書を前漢の劉歆が「春秋左氏伝」と改めて左丘明の著として宣伝し、自らが擁立していた王莽の漢王朝乗っ取りの根拠にしたのだという康有為らの有力な異説があるが、これも立証されているわけではない。

『左伝』は他の三伝と異なり、豊富な資料を元にし、詳細に『春秋』を補っており、現在の春秋時代を理解する重要な資料として知られる。特に、当時の戦争に関する記載は詳細である。また、同時期を扱った歴史書『国語』は『左伝』と一対の作品とみなす説があり、「春秋外伝」と呼ばれた。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E7%A7%8B%E5%B7%A6%E6%B0%8F%E4%BC%9D

呂氏春秋
「呂氏春秋; 簡体字: 吕氏春秋; ピン音: Lüshi chūnqiū; ウェード式: Lü-shih ch'un-ch'iu)とは、中国の戦国時代末期、秦の呂不韋が食客を集めて共同編纂させた書物。呂覧(りょらん)ともいう。秦の始皇8年(紀元前239年)に完成した。十二紀・八覧・六論から構成され、26巻160篇。その思想は儒家・道家を中心としながらも名家・法家・墨家・農家・陰陽家など諸学派の説が幅広く採用され、雑家の代表的書物とされる。書名の由来は1年12ヶ月を春夏秋冬に分けた十二紀から『呂氏春秋』、八覧から『呂覧』とする。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%82%E6%B0%8F%E6%98%A5%E7%A7%8B

春秋左氏伝
「『春秋左氏伝』(しゅんじゅうさしでん、旧字:春秋左氏傳、ピンイン:Chūnqiū Zuŏshìzhuàn)は、孔子の編纂と伝えられる歴史書『春秋』の代表的な注釈書の1つで、紀元前700年頃から約250年間の歴史が書かれている。通称『左伝』(さでん)。『春秋左伝』、『左氏伝』ともいうことがある。現存する他の注釈書として『春秋公羊伝』、『春秋穀梁伝』とあわせて春秋三伝(略して三伝)と呼ばれている。三伝の中で、左伝は最も基本的だとされている。『左伝』の作者は、魯の左丘明であるといわれているが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報