最新閲覧日:

 「たそがれ清兵衛」「蝉しぐれ」「武士の一分」「山桜」という4つの映画は藤沢周平氏の小説が原作だと思います。これらの小説は、文庫本でいうと、何というタイトルの本に入っているのか教えてください。
 また、藤沢氏の小説の主人公は、下級武士で、剣の達人というのがパターンなのでしょうか。私は氏の小説を一冊も読んだことがありません。上記の映画は、ほとんどワンパターンのように美しい女性に愛される剣の達人ばかりです。それが気になって質問しました。
 因みに、私は上記の映画作品はどれも好きです。でも、剣術の弱い下級武士は、ダメなのでしょうか。映画「花よりもなほ」のような小説もあったらいいなあと思いまして。

 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちは。


●たそがれ清兵衛
「たそがれ清兵衛」に収録されています。個性的な下級武士の話がいっぱいつまっている短篇集です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31745033
●蝉しぐれ
「蝉しぐれ」に収録されています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18460223
●武士の一分
「隠し剣秋風抄」が原作のようです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31379621
●山桜
「時雨みち」に収録されています。

 私は藤沢周平さんの作品が大好きなんですが、上記のような下級武士の悲哀のようなものより、市井に生きる人々を書いた作品の方が好きです(武士物は歴史も絡んでくるもんで(^_^;))。元岡っ引きで今は堀師になっている伊之助の捕物シリーズとか、橋をテーマにした「橋ものがたり」直木賞受賞作の「暗殺の年輪」「時雨のあと」などなど精一杯生きる江戸の人達が哀愁を持って書かれています(暗殺の年輪は武士モノもありますが)。また「たそがれ清兵衛」には前述の通りかなり個性的な武士達がでてきますので、御希望の方がいらっしゃったと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31507865
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31198393
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/00861506

 ご参考までにm(__)m。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。少しずつ読んでいきたいと思っています。先ずは、映画の原作、そして市井の人々のものを。

お礼日時:2008/08/19 07:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございます。「たそがれ清兵衛」から読んでいこうと思っています。

お礼日時:2008/08/19 07:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ